<< スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと | Main | 最近バトン >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.10.04 Wednesday author : なぎさ

レオポルド・ブルームへの手紙



いったい、どこに隠れていたのでしょう?
こんな良質の作品が!!!


いつだったかDVDの予告編で見かけて観てみたくなったのですが、さらに興味が湧いたのは、いつもお世話になっている『映画と暮らす、日々に暮らす。』のviva jijiさんのレビューを拝見してからでした。(こちらを↑クリックしてみてください。とても丁寧にレビューされています。)

ひと頃前には、こうした文学的な映画がたくさんあった気がするのですが、アニメーションや、VFXやらCGをふんだんに使ったアクションものの台頭で、おコチャマにも判りやすいような作品作りになってしまって、いつしかこういう文学作品が少なくなったと思うのは私だけでしょうか?

この作品を「解りにくい」と仰る方もおられるようですが、監督のメヒディ・ノロウジアン氏は、観る人に理解させようとむしろ親切に丁寧に描いているように感じました。
決して抽象的でもないし、変に芸術的な描き方もしていないのです。

この作品の見どころは、二つの物語が同時に進行していくというところ。

タイトルにある、レオポルド・ブルームという名前は、アイルランドを代表する文豪ジェームズ・ジョイスが1922年に出した「ユリシーズ」の主人公の名前。

なんだか、と〜っても長いお話らしいです・・・自慢じゃないですがワタクシ読んでません。

その本の中には、スティーヴンという作家志望の文学青年や、メアリーという名前も出てくるそうです。

でもでも、「ユリシーズ」を未読でも充分この映画は理解できます。
読んでない私が言うのですから・・・。

もし・・・
一度の過ちで妊娠してしまったら・・・。

そして
生まれたその子を、愛することができなかったら・・・。

ましてや
その子が生まれた日に、夫と娘を亡くしたとしたなら・・・。

レオポルド(デイヴィス・スウェット)と、母メアリー(エリザベス・シュー)二人だけの暮らし。
愛されることなく育ったレオ。

いつも、過去の過ちを悔い、全てが自分のせいだと自暴自棄で生きているメアリー。

もう一つのお話し

殺人罪で15年服役したスティーヴン(ジョセフ・ファインズ)は、刑期を終えダイナーで働くことに。

服役中、彼のもとへ届いた手紙。
レオポルドという少年が書いたもの。

“僕は母の烙印です。”

愛されたいと思いながら、実の母親に愛を注いでもらうことなく生きてきたレオ少年と、自分が似ていると言うスティーヴン。

これ以上は言えないので、とにかくご覧になってみてください。
セリフの行間も心地良くって、わざと艶のない映像に仕上がってるところも素敵です。

なにより、役者一人一人が好演しています。

デニス・ホッパーがまたまた憎たらし〜!
この人見るといつも思う“三角定規みたいなお顔”メアリー・スチュアート・マスターソン
相変わらず“かったるそ〜な表情”のデボラ・カーラ・アンガー
そしてサム・シェパード、ジャスティン・チェンバースなどが脇を固めます。

主演のE・シューは『B・T・T・F2』のジェニファーからもう17年。
だいぶ大人になりましたねぇ。
『リービング・ラスベガス』からは、こうした体当たり演技で売ってますね。

で、主役のJ・ファインズですよ、この映画の決め手は!!!
とにかく淡々と演じていますが、ラストのクライマックスでは豹変させてます。
そのメリハリ加減がまた秀逸です。

秋の夜長にココロに響くとても良い作品です。
ぜひ〜♪

| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 14:39 | comments(8) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:39 | - | - | pookmark |
COMMENT
熱いコメント&TB、ありがとうございました。
なぎささんの文中にもございますが、もちろん、たくさんお金をかけた大作ものも映画鑑賞の大きな楽しみですがたまにはこういうジンワリ、ハートに染み入るヒューマン・ドラマも実にいいものです。
奇をてらわないで観る私たちの思いと目線をきちんと把握しながら撮ってくれたような秀作、と思います。
もし、まだ観ていない方がいらっしゃるならば、そうそう、なぎささんチへは大勢の訪問者さんがいらっしゃるんですものね。
レンタル屋さんの棚にひっそり1枚ぐらい並んでいるはずです。
なぎささんとナンカ、どっかのオバサン(私のこと、viva jiji)にだまされた、と思って観て下さ〜〜い!
ねっ?なぎささん!!
| viva jiji | 2006/10/04 5:27 PM |
こんばんわぁ。あっしゅです。
へぇ〜。なんだか良さそうな映画ですねぇ。
見たこと無いなぁこの映画は、、、。

いったいどこにこんな作品が隠れていたのでしょう
っていう作品で見つけたら嬉しいですよねぇ。
ボクもこういった作品を日々探し続けてるんですが
なかなか見つからないですぅ、、、。
涙できる作品知りません???
オススメ教えてくださいませませ。
| あっしゅ | 2006/10/05 12:44 AM |
こんにちは♪
TBありがとうございました。
内容も知らず、役者さんだけで選んで観ましたが、
思いのほか好い映画でした。
デニス・ホッパーの憎たらしさが、
香辛料のように効いてましたね。
| ひらで〜 | 2006/10/05 9:05 AM |
>viva jijiさんへ
ですよねぇ〜。
変に肩にチカラが入ってなくて、それでいて酷のある映画という感じがしました。
なかなか、こういう良い作品って出会えないものなんですよね。
これも、たくさん観ていくうちに巡り合う1本だとは思いますが。
イエ〜ス!!!まだの方は、私たち二人に騙されたと思ってレンタル屋さんの棚を探してみてくださいまし☆
| なぎさ | 2006/10/05 2:59 PM |
>あっしゅさんへ
こんにちは あっしゅさん♪
そうなんです!コレは2002年の作品なんですけど、余り知られていないようですね。
こういう掘り出し物が奥から出てくると、なんだか嬉しくなっちゃいますよね(人^▽^)♪
泣ける映画ではないのですが、展開が意外性があって、観ていくと「あ〜なるほど」って監督さんの作り方に思わずうなっちゃいます。

泣けると言えば最近ではやはり「フラガール」でした!
「涙そうそう」なんかより、よっぽど泣けました!
感じ方は人それぞれだから、コレは絶対泣けるって言い切るのも難しいものですねぇ。
泣ける映画も良いですが、笑えるのも良いですよね☆
| なぎさ | 2006/10/05 3:08 PM |
>ひらで〜さんへ

こちらこそ ありがとうございました!

>デニス・ホッパーの憎たらしさが、
香辛料のように効いてましたね。
こちらの表現、とってもナイスですね♪
ほんとに彼の存在はこの映画のワンポイントになってました!

この監督さん これ以外には作品を出してないようで残念です。
| なぎさ | 2006/10/05 3:11 PM |
TBありがとうございました。
私はこの映画、お友達ブログで知りレンタルしました。
とてもよく作られた作品だと思います。
展開の仕方もとてもよく考えられていました。
ジョセフ・ファインズが適役でしたね。

こちらもTBさせて頂きます。
| 小米花 | 2006/10/05 6:45 PM |
>小米花さんへ
こちらこそ TBとコメントをありがとうございました!
時系列が前後するあたり、ヘタをすれば判りにくくなりそうですが、これはスッキリと描かれていましたね。
ファインズ兄弟は、やはり役者ですねぇ〜。
このジョセフは、小細工せずに淡々と演じていたのが良かったと思いました。

また遊びにいらしてください♪
| なぎさ | 2006/10/06 2:50 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/429
TRACKBACK
レオポルド・ブルームへの手紙 CAST:ジョセフ・ファインズ、エリザベス・シュー 他 アメリカ、ミシシッピー州。囚人のスティーヴ(ジョセフ・ファインズ)は15年の刑期を終えて小さなダイナーで働いていた。スティーヴは、獄中の自分に手紙を書いてくれた少年
| **Sweet Days** | 2006/10/04 11:15 PM |
 彼は僕に似ているから・・・
| 悠雅的生活 | 2006/10/05 12:55 AM |
WOWOWで観ました♪
| ☆お気楽♪電影生活☆ | 2006/10/05 8:26 AM |
『レオポルド・ブルームへの手紙 』 ---Leo--- 2002年(アメリカ/イギリス) 監督:メヒディ・ノロウジアン 出演:ジョセフ・ファインズ、エリザベス・シュー、メアリー・スチュアート・マスターソン、デボラ・カーラ・アンガー 服役中のスティーヴン(ジョセフ・フ
| こんな映画見ました〜 | 2006/10/05 6:46 PM |
レンタルビデオのツタヤの今週の映画dvd ランキングでは、 「父親たちの星条旗・硫黄島からの手紙」が3位となり人気急上昇です。これまで月間ランキングで10位でした。昨日、近所のビデオをのぞくと、多くの貸し出し用dvd が棚に並んでいました。今週のツタヤ映画dvd
| 映画 dvd 最新情報 | 2007/05/17 11:49 AM |
レオポルド ブルームへの手紙 ¥4,230 LEO イギリス/アメリカ 2002年 ジョセフ・ファインズ、エリザベス・シュー、ジャスティン・チャンバース、デボラ・カーラ・アンガー、メアリー・スチュアート・マスターソン、ジェイク・ウェバー、デイヴィス・ス
| 映画を観よう | 2007/06/23 3:22 AM |