<< バーティカル・リミット | Main | ウェルカム・トゥ・コリンウッド >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.09.02 Saturday author : なぎさ

ガン&トークス



依頼人の希望した日時に、望み通りの方法で殺人を請け負うという、男4人のプロの殺し屋たちを描くスタイリッシュな作品。

リーダーのサンヨン(シン・ヒョンジュン)は“営業”担当で、依頼人との記念撮影をするのが趣味。(上の画像、左上)

ジェヨン(チョン・ジェヨン)は狙撃の名手、そして信心深い。(右下)

ジョンウ(シン・ハギュン)は爆弾担当、方向オンチなのが欠点。(左下)

一番若いハヨン(ウォンビン)はサンヨンの弟、コンピューター担当。(右上)

ジョンウは依頼された標的の女性ファイ(オ・スンヒョン)に一目惚れ。
彼女が妊娠していると知ると、余計に実行に移せない。

サンヨンは、女子高生(コン・ヒョジン)に付きまとわれ迷惑するが、彼女は誰かを殺して欲しいようだった。
ところが、そんな女子高生に同情してしまうハヨン。

そしてこの4人を執拗に追い回すチョ検事(チョン・ジニョン)。

それぞれの持ち味をいかし、確実に殺人を実行していく男たち。
シビアな殺し屋とは正反対に、ニュース・キャスターのオ・ヨンナン(コ・ウンミ)に全員が憧れるという、どこかコミカルで人間臭い一面も持っている。

ウォンビンはこれがスクリーンデビュー作らしい。
彼、入隊後にヒザを悪くして除隊しましたねぇ。
その後、新作はまだのようですが、この作品では初々しい青年という感じです。

狙撃手ジェヨンを演じたチョン・ジェヨン『シルミド』で、勇ましい兵士役を熱演していましたが、こちらでは髪が長いので、なかなか分かりませんでした。

シン・ヒョンジュンは、イ・ビョンホン主演のドラマ『白夜』で観ましたが、このドラマがとてつもなくお金をかけたドラマだったのには驚きました。((〃"◇"〃))

シン・ハギュンチャン・ジン監督と学生の時に出会い、映画への道を勧められたそうです。
『JSA』以後は、オファーが増えたハギュンでしたが、監督との恩義を感じてこの作品に出演したのだそうです。

間もなく公開される『トンマッコルへようこそ』は、チャン・ジン監督の原作による作品で、架空のユートピア「トンマッコル」を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていくという人間ドラマ。
それにもシン・ハギュンとチョン・ジェヨンが出演していて、なんと音楽はあの久石譲さんです。

ラストシーンで監督と撮影監督が、4人に殺人を依頼するという役をカメオ出演しています。


この監督さんは、風刺のきいた脚本を書くブラック・コメディー作家として有名らしいのですが、私にはあまりピンときませんでした。\(_ _。)

殺し屋なのに、彼らの自宅には“SECOM”のセキュリティーがしっかり設備されてたのは可笑しかった。

あと、コン・ヒョジンは、『火山高』ではあまり目立たなかったものの、ピ君と共演したドラマ『サンドゥ 学校へ行こう』での高校教師役は良かったなぁ。
彼女、この映画の中で英語の長いセリフがあったんだけど、なかなか発音が良いのです。
韓国にお詳しい『口惜しいけれど韓流かつ』のかつさんにお聞きしたところ、韓国語は英語の発音がしやすいらしいのです。
韓国俳優さんの英語の発音がお上手なのは、そういう訳なんですねぇ。

まぁ、この映画全体の感想としては、中だるみっぽいリズムに少し嫌気がさした。
終わり?と思ったらまだ続いたりして、長いなぁ〜と思ってしまいました。
η(´Д`υ)

これ原題は『キラーたちのおしゃべり』ですって!

なんか垢抜けしないタイトル〜(# ̄ー ̄)


人気blogランキング参加してます←クリックして頂けたら嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログへ←こちらへも♪

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。


| 映画 《カ行》  | 14:24 | comments(2) | trackbacks(8) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:24 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは〜。
なんと私の名前が出ているではありませんか。
しかも「韓国にお詳しい」だなんて、顔かパルガッケ
デソ、心臓がトゥグントゥドンしてしまいますよ。

いや〜、映画の感想が書ければよいのですが観てないもので、、すみません。
『韓国語ジャーナル』という雑誌でのレビューを見た覚えがありますが、『キラーたちの無駄口(という意味が強い)』と言うだけあって楽しい映画らしいですね。
| かつ | 2006/09/03 1:05 PM |
>かつさんへ
こちらこそ、またまた勝手にお名前を拝借しております〜ヾ(´▽`*)ゞ
まだ一度も韓国へ行ったことの無い私にとって、かつさんの体験レポートを拝見させていただくだけで、なんだか韓国へ行けたような気になっております!!!

韓国映画を好んで観るようになる以前の私は、お隣の国なのに、日本にとって文化を学んだ恩義のある国なのに、私はほとんど分かっていませんでした。

今や日本に居ながらにして、映画や、かつさんのサイトへお邪魔して、韓国の素晴らしさを少しずつ学ばせて頂いてます〜(=´▽`=)♪
| なぎさ | 2006/09/03 2:01 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/388
TRACKBACK
韓国映画『ガン&トークス』
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2006/09/02 5:42 PM |
ウォンビンは人気ドラマ「秋の童話」や深田恭子との共演で話題となったドラマ「フレンズ」で注目を集め、可愛らしい笑顔がファンを魅了しました。
| 韓流スター情報館 | 2006/09/07 11:53 AM |
ウォンビンは、その人なつっこい笑顔でファンを魅了する人気俳優です。日本では見た目から韓国のキムタクなどと呼ばれています。
| 韓流スター情報倶楽部 | 2006/09/29 6:15 PM |
イ・ビョンホンは、落ち着いた大人の雰囲気とワイルドさをあわせ持つ魅力的な俳優。
| 韓流スター情報なび | 2006/10/07 9:34 PM |
ウォンビンは、愛くるしい笑顔でファンを魅了する人気俳優。
| 韓流スター情報なび | 2006/10/09 8:47 PM |
韓国、北朝鮮を分断している38度線。南北分断の象徴である共同警備区域(JSA)で北朝鮮の兵士が韓国の兵士に射殺される事件が起きた。
| 韓流スター情報館 | 2006/11/10 1:20 PM |
レディーゴー!出演 ウォンビン/チャ・テヒョン全8話この韓国ドラマ「レディーゴー!」は秋の童話にでていたアジアの貴公子ウォンビンの出世作です☆その他「猟奇的な彼女」の主演をしていたチャ・テヒョンや日本の芸能界で活躍しているユンソナがでています。大学の映
| 韓国ドラマLOVERS!@韓国情報☆ | 2007/05/06 12:31 AM |
●韓国俳優プロフィールカタカナ ウォンビン 漢字 元斌 英語 Won-Bin 区分 俳優、タレント、モデル 生年月日 1977年9月29日 身長/体重 178cm/63kg 血液型 O型 趣味/特技 写真撮影、バスケットボール、テコンドー 学歴 百済芸術専門...
| 韓国俳優大好き!韓国俳優ストーリー | 2007/05/24 8:17 PM |