<< 家の前の学校 | Main | 私は「うつ依存症」の女 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.10.19 Wednesday author : なぎさ

さらば、わが愛/覇王別姫

さらば、わが愛/覇王別姫
さらば、わが愛/覇王別姫

妖艶な美の世界が繰り広げられる・・・「さらば、わが愛 覇王別姫」
約3時間にも及ぶ大作ながら、時間を感じさせないほど観る者を魅了する作品。

激動の中国近代史を背景に、京劇の古典である「覇王別姫」を男役と女形で演じる二人の京劇役者の愛の悲劇を描く。

主演のレスリー・チャン本当に美しいびっくり
素顔は昔の太川陽介にちょっと似てるかなと思いました。
菊仙という娼婦役のコン・リーは初め見たとき、高木美穂そっくりって思いました。
覇王役を演じる小楼を兄のように慕いながらも愛していた蝶衣(レスリー・チャン)のいじらしいまでの‘女心’を感じる。

惜しくも、レスリー・チャンは2003年4月1日にホテルから飛び降り自殺してしまった。

京劇は現在も演じられていて、弟子たちは苦しく辛いスパルタ特訓を受けて一人前となっていく。

叶うことのないせつない想いに耐える蝶衣の、はかなくも美しい物語です。
| 映画 《サ行》 | 16:23 | comments(2) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:23 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、こんにちは ^^
ずっと見たいと思っていたこの作品、ようやく見ることができました。
とても切なく美しい物語ですね。
蝶衣の妖艶さにうっとり・・・
レスリー氏が存命でないことが本当に惜しまれます。
| tamayuraxx | 2006/03/18 4:17 PM |
>tamayuraxxさんへ
TB&コメントありがとうございました!
悲恋でせつない作品でしたねぇ。
確かに、この時のレスリー・チャンの美しさは、その辺の女優より美しいのでは?!と思うほどでした!
尚且つ色っぽ〜い♪
再びカイコー監督作品に出て欲しかったと残念に思います。
| なぎさ | 2006/03/18 5:43 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/35
TRACKBACK
本日、おすすめ映画は、1993年香港映画「さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)」です。この映画は、監督チェン・カイコーで、出演レスリー・チャン、 チャン・フォンイー、 コン・リー、などです。ストーリーは、いじめられっ子の少年が京劇養成所につれてこられそ
| マイ・シネマパラダイス | 2005/11/04 9:46 PM |
さらば、わが愛/覇王別姫 出演:レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リー 他 監督:チェン・カイコー (1993年 香港) ---Story--- 1924年、北京。 ある遊女の幼い息子・小豆が、京劇の劇団に預けられた。 女形として過酷な訓練が始まるが、先に
| Four Seasons | 2006/03/18 4:07 PM |
原題:Farewell to My Concubine (1993) 日本で言えば昭和の初期から40年代まで、中国・北京を舞台に京劇の古典『覇王別姫』を演じる2人の役者の愛と憎しみが時代の波と共に描かれる。 京劇で男役の段小樓(チャン・フォンイー)と女役の程蝶衣(レスリー・
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/15 4:53 PM |
さらば、わが愛 覇王別姫アスミックこのアイテムの詳細を見る この作品は京劇の演目『覇王別姫』を巧妙に取り入れて日中戦争から文化大革命、そして現代の中国までを背景にして50年間の二人役者の愛憎を映像化した秀作である。 1993年 カンヌ国際映画祭パルム・ドー
| 僕のつぶやき。 ネットの窓から。 | 2008/07/05 5:14 PM |