<< M:i−2 | Main | 15ミニッツ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.08.10 Thursday author : なぎさ

スキャンダル



“摂理”の教祖ぐらいのスケベさです(*/▽\*)

原作はピエール・ショデルロ・ド・ラクロの「危険な関係」。
1782年に出版され、以来何度も映画化されてきたという本作。
1959年にはフランスで当時、最も美しいと言われた俳優ジェラール・フィリップが、
1988年にはジョン・マルコヴィッチが演じたプレイボーイ。
アジアでは初めての映画化だそうです。

背景は朝鮮時代の貴族のお話しです。
長官の妻チョ夫人(イ・ミスク)は、良妻賢母を演じながら陰では男遊びに興じているという“スケベ夫人”です(´∀`i)

そのいとこであり、詩・書・画に長け、武術にも精通しているチョウォン(ペ・ヨンジュン)だが、何故か官職を拒み続け、落とせない女性はいないとばかりのホストぶりを発揮しているプレイボーイ。

この二人は幼い頃の初恋相手であり、お互いの遊興を知りながら黙認し続ける間柄でもあったわけです。
ある日チョ夫人が、夫の幼い側室ソオク(イ・ソヨン)を誘惑するようチョウォンに命じます。
ところがチョウォンの専らのターゲットは、9年間貞節を守っているというヒヨン(チョン・ドヨン)にありました。
しかし、ヒヨンは厚い信仰心を持ち、信念を貫き通すようなしっかりした女性。
名うてのプレイボーイであるチョウォンでも、そう簡単にはモノにできませんでした・・・
("¬_¬)

見て〜 (゚ω゚)ノ゛

ヨン様ってめがね取ったら、な〜んていやらし〜ぃ目なんでしょ((〃"◇"〃))

でも、あのエロエロなまなざしが、たまりましぇん(*´I`人)

この映画を一層、“スケベ満開”にしています!


貞節を守り続けてるというソヨンを演じたのが、あの『ハッピーエンド』で大胆なヌード&ベッドシーンを演じたチョン・ドヨンです。
あれを観ている私には、彼女のイメージがどうしても清廉潔白な女性には思えませんね。
チョウォンに言い寄られても、無視したり拒否したりするのですが、いつでも脱ぐ気マンマンに見えてしまうのですよ。(ノ_・。)


チョウォンをたき付けるチョ夫人が、イ・ミスクさんというのも驚きでした。
私の中で彼女は優しくて品の良い女性像。
でも本作は、これまでに観た彼女のイメージとは全く違っていて、美しいけれどキツく見えました。

で、この時代の既婚女性がしているヘアースタイル。
みつ編みを頭の上に乗せている・・・どっかで見たことあるなぁと考えていたら、わかりました!

難民キャンプを訪問する時の黒柳徹子でした!ヾ( ̄▽)ゞ

更には韓服の下、“さらし”のようにきつく胸に巻きつけた下着みたいなもの。
そしてこの当時のパンティーでしょうね、サイドを紐で結んだオムツ状の布。
それらを、スルリスルリと脱がしていくヨン様の手・・・(# ̄ー ̄#)ムフ

ヨン様はこれが映画デビューとなっていますが、ほんとは1995年の『初恋白書』という作品のチョイ役で出てるんですね。
今となっては消し去りたいような過去なんでしょうが。

まぁ〜この方も『冬ソナ』のヒット以来、孫末代まで食べていけるほど稼いだでしょうが、その分、自由というものが無くなってしまいましたね。
精神を病んでいるとも聞きましたが、最近のロン毛スタイルを見ると、確かにどこか病んでいそうですね。
いくら精神的に落ち込んでいるからと言っても、“摂理”なんかには入信しないで欲しいものです。

余談ですが、韓国では女性も“立てひざ”をして座るのが正式ですよね。
正座は“罪人”の座り方なのだそうです。
“チマ・チョゴリ”は、その座り方をしても美しく見えるようなデザインになってますね。
これをもし、日本の着物でやったら・・・
賭博師です。)゚0゚(
梶芽衣子さんですね。

品良くまとまってる“エロさ加減”が気に入りました!


参加しています↓清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪


こちらも参加しています↓
清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。
m(_ _)m


| 映画 《サ行》 | 15:36 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:36 | - | - | pookmark |
COMMENT
エロエロでした。
これがウソンならほとんど鼻血でない私でもブーと豪快に出してそうです。
セットや衣装がとっても良かったですよね〜♪

やっとバトンしました!
お時間あるときにみてください。
はじめてのおつかいチックにぎこちないです。
ま。
許してやってね。
| AnneMarie | 2006/08/10 5:08 PM |
>AnneMarieさんへ
バトンは初めてと言われていたのに、快くお引き受けして頂き本当にありがとうございました<(_)>
早速、お邪魔しに参ります!

うんうん、これ!ウソンssiが演じてたら・・・私も釘付けだったに違いない(ミ^I^ミ)
更に鼻血も出てたに違いない(ノ▽\*)

朝鮮時代の風景や衣装がと〜っても素敵でした!!
| なぎさ | 2006/08/11 4:09 PM |
あはっ、観てしまわれましたか。
 私はまだです。何か抵抗感があって避けて通っていますが、なぎささんのレビューを見ると見たくなってしまうから不思議ですね。
 さらに上のAnneMarieさんの一言「セットや衣装がとっても良かったですよね〜♪」に心惹かれます。
AnneMarieさん、初めまして。
| かつ | 2006/08/12 3:47 PM |
>かつさんへ
ですよ〜かつさん!観ましたで〜す♪
実は随分前にメール便の予約してたんですね、で、今回送られてきたわけです。
レンタル店では、なかなか借り辛かったんですけどね(ノ〜\*)
でも、想像してたより美しくて良かったですよ☆
かつさんもいかがでしょ☆:*:。

あ〜良いですねぇ〜、どんどんお友達の輪、広げていきたいです〜(*^▽`)/~★

| なぎさ | 2006/08/12 4:45 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/344
TRACKBACK
スキャンダル 見ちゃった。ヨン様の映画。 実は冬ソナを見たことない私。ヨン様初体験。 原作「危険な関係」が有名なだけに、ストーリーはあらかじめ解ってる。 ここはひたすらに、ヨンさまの演技と、映像に集中だ
| cinema note+ | 2006/08/11 12:05 AM |
原題:The Scandal 18世紀韓国の貴族社会を舞台に、命を懸けて身を焦がす不倫と恋の駆け引き、不満と欺瞞が渦巻く貴族社会の男と女の危険な関係の物語・・。 チョ夫人(イ・ミスク)は、恋した男をあきらめ政府高官の夫と望まぬ結婚をしたことから日々悪巧み
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/08/11 12:47 AM |
黒柳徹子は、日本の女優・タレント・エッセイスト・平和運動家。愛称は「トットちゃん」。テレビ番組「徹子の部屋」の司会や、日本最大のベストセラーである「窓ぎわのトットちゃん」の著者として知られる。名前は、両親たちが男の子が生まれると思い「徹」と名づけてい
| 気になる言葉 | 2006/09/11 9:46 PM |
チョン・ドヨンは子供の役から大人の女性まで、幅広い年齢の役柄を見事に演じる実力派女優。
| 韓流スター情報館 | 2006/10/08 10:56 PM |
チョン・ドヨンは健康的な笑顔が魅力の清純派人気女優です。
| 韓流スター情報倶楽部 | 2006/10/16 10:28 PM |
チョン・ドヨンは健康的な笑顔が魅力の人気女優。映画「スキャンダル」ではペ・ヨンジュンの相手役を好演。
| 韓流スター情報なび | 2006/11/28 11:11 AM |