<< コニー&カーラ | Main | 氷雨 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.08.01 Tuesday author : なぎさ

シュレック



不覚にも涙が・・・(i´W⊂)゚。・゚

昨晩、TBSで放映されてましたね。
未観だったんです、コレ。

近年のアニメーションは、CGなどの技術はもちろん言うまでもなく向上していますが、それだけじゃないですね。

ストーリーがそれ以上に良いです!
(*´I`人)スバラシ!


“いい歳こいた大人”が充分堪能できて、かつ、子供にも理解できるし楽しめる、という作りになってます。

まず驚いたのが、昔からよく知られているおとぎ話の登場人物たちが、売られ捨てられていく風景です。
あんな名作の主人公が捨てられてくって、どーよと一瞬、思うのですが後にちゃんとフォローがあります。
で、捨てられた彼らが向った先が、“怪物”と呼ばれて恐れられている緑色した大男“シュレック”の住む沼なんです。

外見と内面は違う・・・シュレックはそのことを思い悩む実は心優しい怪物なんです。

と〜っても良い話しなんですが、どうしても引っかかるのが、あの人の声ですね。
シュレックの声優を担当した濱田雅功です η(´Д`υ)ダイナシ!


シュレックによって幽閉されていたお城から助けられる、フィオナ姫の声を担当した藤原紀香は良かった!
彼女フィオナ姫にピッタリです!巧いです!

それだけに、シュレック役の浜ちゃんの声が興ざめしてしまいました。
(―""―;)


彼がドラマで演じることには差ほど違和感ないのですが、声優となると全くダメダメですねぇ。
そもそも、彼の声とシュレックのような大きなキャラクターとは、合っていないわけです。
浜ちゃんの声はけっこう高音です。
なので、小動物なんかのイメージには合うかもしれませんが、こ〜んな大男の出す声にしては、声に重みがないわけです。
関西弁に関しては目をつぶったとしても、上滑りなアノ声はいただけないですね。

・・・え?『2』(04年)でも彼が声優したんですよね・・・そ、でつか
(//∂∂//)

それにしても、よくこんなんで“元請け”からOK出ましたよねぇ。
まぁ、『トトロ』のお父さんの声を担当した糸井重里よりかはマシですけどね。


私が思うに、脇役のドンキーを担当した山寺宏一さんのカバーが無かったら聞くに堪えないものだったと思います。

さすがプロというような仕事されてました山寺さん(゚▽⌒*)/⌒★。゚・。

そりゃそうですよねぇ〜ドンキーのオリジナル版はエディー・マーフィーなわけですから、山寺さんとしても気合入りまくりですよね。


あ、そそ、ファークアード卿の声優だった伊武雅刀さんも、さすがプロ!良い〜仕事してました。
だってアニメの吹き替えって大事ですよ!
映像やストーリーが良くても、声ひとつで秀作にも駄作にもなってしまいます。
近頃はプロの声優さんじゃ作品自体が話題にならないからか、俳優ばかりを起用するようになりましたねぇ。
器用な人なら巧く吹き替えられますが、これってセンスの問題でもありますよ。
センス無い人は、フツーの声出して吹き替えてたりするんですよね。
キャスティングする時、そこんとこもうちょっと考慮して欲しいです。
<(`ヘ´)>

で、なんと言ってもやっぱりフルCGの映像ですけどね、5年前の作品ですけどそれでもスゴイよね。
フィオナ姫の左頬に小さなホクロありましたよね。
そんなものまでバッチリ描かれてました。

日中は美しいフィオナ姫が、陽が暮れるとたちまち森三中の村上になってしまうんですけど・・・

原作は1990年にウィリアム・ステイグが書いた同名の著書。

監督は『ナルニア国物語』も手がけたアンドリュー・アダムソンと、ヴィッキー・ジェンソン

2001年春・夏期に公開された本作は、新たに開設されたアカデミー長編アニメーション賞の初受賞となった作品。

今週末公開される『森のリトルギャング』もドリームワーク作品ですね!
こちらも楽しみです☆。・++・。☆。・++・。

テレビ放映されてるアニメを観てると、こんなものを観て大きくなったらどんな大人になるんだろうと少々気を揉むよな作品もあります。
そんな中、海の向こうからやって来るこうした“現代版のおとぎ話”で、大人も子供も心が癒されます。


参加しています↓清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪


こちらも参加しています↓
清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。
m(_ _)m
| 映画 《サ行》 | 14:44 | comments(9) | trackbacks(3) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:44 | - | - | pookmark |
COMMENT
●いつも来ていただいてありがとうございます。
ご存知と思われますがウチのブログで恒例の『今月(8月)の常連様』というのをやっています。
もし良かったらあなた様のブログを紹介してくださいまし。
8月一杯まで上がり続けます。
私が出張でパソにいけなかった場合に役立つのでよろしくお願いいたします。
| moviemania1999 | 2006/08/01 8:55 PM |
僕もコレ大好きで何度も見てます。
僕はハマちゃんがとっても合ってるとおもうけどなぁ。
ソコは初見と何度も見てるのとの違いかな?
(最初に違和感があったかどうかは忘れましたが)

でも美女と野獣のディズニーに対するブラックなペーソスが最高ですよね?
最初は僕はそのドリームクラッシャーなブラック加減が気に入りました。
| motti | 2006/08/02 11:16 AM |
>moviemania1999さんへ
こんにちは〜♪
わぁ〜!またお誘いくださって嬉しいです
(*^▽^人♪
さっそく、そちらへお邪魔いたしま〜す三へ(*−−)ノGO!


>mottiさんへ
おぉぉ〜っ!mottiさんはアノ声が気にならなかったでつかぁ〜(´〜`A゛
『カーズ』のぐっさんくらい素人の域を超えてれば吹き替えも気にならないのですが、基本的に私は本職さんじゃない人のは拒絶反応出ます〜。。。

その分、ストーリーが素敵だったので合格点ですね!
ホント、『美女と野獣』と真っ向勝負って感じなとこ良いですねぇ(b^ー^)b
| なぎさ | 2006/08/02 2:43 PM |
私も観ました!意外と好きなんです、シュレック。浜ちゃんの吹替えも最初は違和感あったけれど慣れました^^;
我家でもドンキ−が一番人気!
TBさせてくださいませ。
| J美 | 2006/08/03 4:09 PM |
>J美さんへ
やっと観れましたって感じです♪
「1」も未観の間に、もう「2」もできてるっちゅうのに(ノ▽\*)ハジ!

そお〜ですよねぇ、あのドンキーちゃんがカワユイ♪
意外としっかりものだったりもする、オチャメなドンキーが好きです☆。:*:。
| なぎさ | 2006/08/04 3:04 PM |
 私も『シュレック』大好きですよ〜。
 いつもは家でそんな事言ったら大きくなった子供たちに馬鹿にされるので、一人の時に静かに見ます。
 『シュレック2』もよかったです。
 画像とお話しが好いですよね。 なんか夢があって楽しくて、心がキレイに掃除されそうな映画です。
 んで、話題になっている浜チャンの声は、まぁ気にならないです。 それよりお姫様が藤原紀香だっていうのは知らなかったです。 確かにピッタリきてました。
| かつ | 2006/08/05 9:50 PM |
>かつさんへ
かつさんもお好きですかぁ『シュレック』!
昨日観た、同じドリームワークス作品の『森のリトル・ギャング』もそうでしたが、かつさんの仰るように
>夢があって楽しくて、心がキレイに掃除されそうな映画です。
これが大事ですよね(b^ー^)b
それと、底抜けに明るいってことです!
それに比べて『ゲド戦記』の暗いこと(´〜`;)
あまり子供に見せたいと思わないですよ。
しっかり理解できるくらいの年齢ならいいですが、ウチの子くらいの幼児には暗くて怖いだけしかないように思えました。
そういう意味では、こういった作品のほうが安心して見せられますね!
藤原紀香、合ってますよねお姫様の声!
なんか映像とも似てたような・・・(=^▽^=)
| なぎさ | 2006/08/06 11:13 AM |
>なんか映像とも似てたような・・・(=^▽^=)
藤原紀香とお姫様の顔、そういわれれば・・・。
うわぁ。も一回みてみよっと。
| かつ | 2006/08/07 12:36 AM |
>かつさんへ
字幕版はキャメロン・ディアスが声をしてたんですよねぇ。
彼女の雰囲気も入ってる気もしますが、どっちかというと紀香さんのほうが似ていたと思うんですよね!
| なぎさ | 2006/08/07 1:54 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/336
TRACKBACK
ドリームワークスアニメ映画 「シュレック」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):シュレック(マイク・マイヤーズ/浜田雅功)、フィオナ姫(キャメロン・ディアス/藤原紀香)、ドンキー(エディ・マーフィ/山寺宏一)、
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/08/02 8:22 AM |
大人でも楽しめる・・・・・かも シュレック ? 2001年 アメリカ 監督 アンドリュー・アダムソン 先日のTV放映も合わせて観たのは2回。 アニメは子供に付き合ってみるくらいだが、シュレックとシュレック2は 意外と大人も楽しめるのだ。 確
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2006/08/03 4:12 PM |
(220)They judge me before even know me.     〔みんな、俺のことを知ろうともしないで、外見だけで判断する〕 シュレックというアニメのようなCG映画をやっていたのですが、これが結構面白いです。私は英語で聞いたわけですが、比較的簡単な会話が多く
| 英語の本を原書で読みたい! | 2006/08/14 9:57 PM |