<< B型の彼氏 | Main | エターナル・サンシャイン >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.07.29 Saturday author : なぎさ

ゲス・フー 招かれざる恋人



普段、私のように

「人種差別なんかするヤツは大嫌いだ!」(゙`Д´)

と『ゲド戦記』のテルーのように息巻いて言っている人間ほど、いざそういう場面にさしかかると思いっきり態度に出てしまうかもしれません。

1967年『招かれざる客』のリメイクと言われている本作ではあるが、オリジナルとは少し立場を変えて表現しています。

オリジナルでは、リベラルな白人の両親の元へ、娘が黒人医師の男性を結婚相手として連れて来る・・・というお話しでした。


で、こちらの作品は、裕福な黒人の両親の元へ、娘が白人の男性を結婚相手に連れて来る・・・というお話しです。

これを観ていて考えたんですけどね。
ウチにもまだ6歳ですが娘が一人おりましてね。
将来、この子がもし「おとうさん、おかあさん、私、この人と結婚したいの」
と言ってですねぇ

アゼルバイジャン人を連れてきたら・・・q|゚Д゚|p
いや
トリニダード・ドバコ人だったら・・・(―""―;)
それとも
トンガ王国に嫁ぎたいと言ったら・・・Σ( ̄□ ̄;)


なんていろいろ考えさせられてしまったわけです。

もちろん私も夫も普段から人種をウンヌン言うことはしません。

でもそれは正直なトコ、現実的に身近な問題ではないから客観視しているだけのことかもしれませんね。

日頃は日本人としてのアイデンティティとか、民族意識みたいなものを意識することはありませんが、それも日本という小さい島国の中で生活しているからでしょうね。

まぁ、娘が海外に嫁いでくれていたら、日本が沈没するというような場合は好都合かもしれないですけどね。(i¬_¬)

話を本編に戻しまして・・・
この作品、なかなか良いです。
単なるリメイクとかパロディという枠を超えているような感じがするので、この作品の持つオリジナル性が高いという気がしました。


俳優陣のキャラがそれぞれに合ってますねぇ。
黒人の父親パーシーにはバーニー・マック
この方はスタンダップコメディアンですかね。
日本で言うなら漫談師でしょうか。
このジャンルのコメディアン、日本には少ないように思いますが、しいて言うなら綾小路君麿長井秀和、死亡説まで出たつぶやきシロー、最初からダンディでもなんでもなかったダンディ坂野・・・コイツは人間か?猫ひろしヾ( ̄▽)ゞ

その妻マリリンにジュディス・スコット

その両親の娘テレサをゾーイ・サルダナが演じます。

で、テレサが連れて来る彼氏のサイモンには『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャー


そもそも娘が連れて来る結婚相手でも単なる彼氏でも、父親にすれば気に入らないのは万国共通ですね。
長年、“手塩にかけて育てた”大事な娘を、一瞬にしてどっかのオトコに獲られてしまうような気持ちが男親にはするのでしょう。

私の父なんて、夫を連れて来たときに日本刀持って待ってましたからね。
(嘘ですよ)

反対に母親には、そんな気持ちは無いようなんですよねぇ。
“行かず後家”に終るより、良い人がいれば一刻も早く嫁いで欲しい、という世間体が先立ってありますからね (´Д⊂)。゚゜。 キンジョノ メガアル

普通ならおめでたいことなのですが、連れて来た相手が両親の意にそぐわない人物だったなら話はややこしくなります。

そんな“犬猿の仲”だった義父とムコ殿が織り成す連帯感、友情、絆といったところも見どころです。

そういや「世界はひとつ、人類みな兄弟」・・・などと偽善的なことをのたまっていた笹川とか言う競艇界のドンだった悪どいオヤジがいましたよね。
奇麗ゴト言う人ほど腹黒いです。


参加しています↓清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪


こちらも参加しています↓
清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。
m(_ _)m
| 映画 《カ行》  | 15:56 | comments(7) | trackbacks(12) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:56 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは♪

TBありがとうございました。
アシュトン大好きなんです☆
でも今回はそんなにハジけていなかったかな。
| mig | 2006/07/29 5:49 PM |
>migさんへ
いつもありがとうございま〜す!
migさん、アシュトン君のFANですか(*^ー゜)
役柄が彼の等身大な感じで、とっても良かったと思います。
私は本作が初めてでしたが、近々『バタフライ・エフェクト』を観る予定で〜す♪
| なぎさ | 2006/07/30 4:07 PM |
リメイクというよりも、別物として面白かったですよね。
娘が連れてきた結婚相手、万国共通で父親が気に入らないっていうのが面白いです。
じきにウチの娘にも彼氏ができるでしょうが、夫はどんな反応を示すのかな、なんてちょっと考えちゃいました。
| shake | 2006/07/30 5:58 PM |
なぎささんのお嬢さんは6歳なんですね。
お父さんがこういう問題で悩むのはあと10年ちょっと先かな。
でもすぐ来ますよ、そんな日が(*^m^)vふふ

私はこの作品とってもお気に入りです。
あんな形相で睨まれたら彼氏びびりますよね。
いっしょにベッドに入るのも勘弁して欲しい(爆)
たくさん笑えてそれぞれの愛も十分感じられて
いい内容だったなぁと思いました。
| ジュン | 2006/07/30 6:18 PM |
>shakeさんへ
ですね、オリジナルとして楽しめました♪

そうそう、娘を持つ親なら考えますよねぇ。
「その時」夫の反応は?・・・って!
ウチの父は、結婚式で大泣きしてましたねぇ〜。
ウチの夫も娘にアマアマなので、きっとバスタオルが必要なくらい泣いちゃうかも(^ー^*)


>ジュンさんへ
ほ〜んと!
「その日」が来るのなんてあっという間かもしれないですね(=´▽`=)

あのお父さんとっても大きい人でしたね!
それだけでも威圧感ありますもん。
一緒に寝るなんて・・・(A^〜^;
| なぎさ | 2006/07/31 4:23 PM |
初めまして、TB返してくれてありがとう

この作品人種差別というか最初は白人だからみたいな感じだったけど
途中から肌の色云々じゃなくてただ娘の恋人はきにいらね!に変わって
たように思いました。
日本でも部落差別という訳の分からない差別が実在しました
もう今は部落差別って何?と言う世代だいになってきてるけど
アメリカの場合はいろいろな国籍の人が一杯いるから
大変ですね
白人黒人と言っても同じアメリカ人だからまだ良いけど
国籍が違うと習慣まで違うからまだ大変です。
いっそのこと国籍も変えたら面白方かもしれないですね
そこまで変えちゃうとオリジナルとかけ離れすぎちゃうか
| せつら | 2006/08/01 10:36 PM |
>せつらさんへ
こちらこそ〜、ようこそお越しくださいました!

あ〜、言えてますね♪
人種問題のテーマを全面に出してたオリジナルを飛び越えて、未来の婿どのVSパパの構図が色濃かったですねヾ(^▽)ゞ

考えてみれば日本だって単一民族でも無いわけですよね。
アイヌの人もいますし、韓国・朝鮮系の日本人の方もいらっしゃいますからね。
私ね、いろ〜んな国籍が混ざり合う方が、優秀な人が生まれそうな気がします。
その国の良い部分がルーツとして入りそうな気がするんですよねぇ。
アメリカなんて、人種のるつぼでしょ!
私も日本人以外の人との結婚に憧れました〜(^ー^v
| なぎさ | 2006/08/02 2:53 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/333
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/07/29 5:09 PM |
デミムーアの恋人で、先日ヤングピープルアワード2005でも1位に選ばれた アシュトンカッチャー{/heart/}の 待ちに待った新作{/kirakira/} FOX試写室にて一足早く鑑賞してきた♪ 彼女は、黒人。全てうまくいってた二人。 ある日、彼女の両親の銀婚式でお父さんに対面す
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/07/29 5:52 PM |
ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編GUESS WHO 2005年 アメリカ アシュトン・キャッチャーが出てる映画を観るのもこれで3本目。 身長1メートル89センチもあるそうだけど、相手役の俳優さんの方がデカかった!19
| cinema note+ | 2006/07/30 12:46 AM |
1967年度「招かれざる客」(原題:GUESS WHO'S COMING TO DINNER)をコメディ仕立てにした、現代風リメイク。
| シェイクで乾杯! | 2006/07/30 6:00 PM |
【Guess Who】2005年/アメリカ 監督:ケヴィン・ロドニー・サリヴァン  出演:アシュトン・カッチャー、バーニー・マック、ゾーイ・サルダナ、ジュディス・スコット 白人男性と黒人女性のカップルが結婚の約束をし
| BLACK&WHITE | 2006/07/30 6:21 PM |
どこかで見たことのある話。。。。 ミート・ザ・ペアレンツ だ!! って思ったら...
| 色即是空日記+α | 2006/07/30 9:56 PM |
Guess Who (2005/アメリカ) Guess Who・・・「誰だと思う?」 名作「招かれざる客」を題材にしたラブコメディ。 人種問題を扱っていますが、それだけではなく家族と愛がテーマになっています。 両親、その娘と恋人の2つのカップルが織り成す物語。テンポもよくて、
| 小部屋日記 | 2006/08/01 8:41 AM |
アメリカにおける人種差別を真摯に描いた往年の名作「招か れざる客」を黒人と白人を入れ替えてコメディタッチに仕上げ たリメイク作品です。 黒人家族の娘が恋人を連れて帰って楽しみに会ってみたら 白人だったと、主人公サイモン(アシュトン・カッチャー)がなん と
| La.La.La | 2006/08/01 1:53 PM |
2005年4月17日 Tagline: Some in-laws were made to be broken. ストーリー次第では、かなりリスクのでる人種問題を、軽めにコメディーに仕上た作品。 このテーマは中途半端な突っ込みの作品では、まったく面白くないし、突っ込みすぎると不快感を与える
| アリゾナ映画ログ | 2006/08/02 6:28 AM |
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計35) 『評論』 結婚
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/10/18 6:41 PM |
原題:Guess Who タイトルから「招かれざる客」(1967)のパロディかなと思うが、黒人と白人の立場は逆、さらに思いっきりコメディな全く別物・・愛と家族の絆は保たれるのか・・ パーシー(バーニー・マック)とマリリン(ジュディス・スコット)は結婚25年で銀
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/11/17 1:47 AM |
2005年製作のアメリカ映画 全米初登場1位、興行成績,915,888。 アシュトン・カッチャー主演によるラブロマンスコメディ。愛娘の恋人との対面に緊張の父親・パーシー。自分と同じ黒人で頼り甲斐のある男性を期待していたパーシーだったが、やって来た恋人は白人でし
| シネマ通知表 | 2007/02/16 10:04 AM |