<< 《よ》の作品 | Main | 日本沈没 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.07.18 Tuesday author : なぎさ

反則王



上司にヘッド・ロックをかけられたら、とりあえずくすぐりましょ(〜¬_¬)〜コチョコチョ

それでもダメなら・・・オー人事!オー人事!へ


韓国の名俳優ソン・ガンホが『シュリ』と『JSA』の間に撮った、一見おバカ映画のようだけど、笑いとペーソス溢れる“サラリーマン奮戦記”であります。

遅刻常習、成績不振の銀行員イム・デホ(ソン・ガンホ)は、毎日、上司(ソン・ヨンチャン)から“ヘッド・ロック”をかけられるダメ社員。

同僚のウニ(キム・ガヨン)に密かに想いを募らせるも、相手にしてもらえない。
そんな冴えない毎日を解消しようと、デホはある日プロレスラーになる決意をする ヾ(。`Д´。)ノ〃オリャ!

そしてついに、デホは反則プロレスラー「阿修羅X」としてデビューする (b^ー')ヤッタ!

いやぁ〜今作はかなり、ガンホさんの本気プロレスにやられました〜。

ラスト10分の壮絶なるプロレス。
相手はキム・スロさん演じる、日本から凱旋帰国したというレスラー、ユ・ビホ。

二人とも撮影が終った時は、失神状態だったとか Σ( ̄□ ̄ii

撮影で使ったカメラは『マトリックス』でも使用された、汗の一滴までも捉えるという優れもの。


もちろん、「阿修羅X」は反則レスラーですから、噛み付き、目突きは当たり前。
ゴムパッチン、粉、スリッパ、栓抜き、フォーク、ありとあらゆる反則を使いアブドラ・ザ・ブッチャーさながらです。
“カンチョー”だって“有り”の怖いもんなしです ( ̄^ ̄)凸 カカッテコイ。。。

でもね、それだけじゃないのです。
バック・ドロップや卍固め、ブレン・バスター、四の字固めなど、プロレスの王道をいく華麗なる技も出てきます。

ガンホさんもスロさんも、かなり訓練したとお見受けします。
お二人とも身のこなしが美しく、ロープの上に立って後ろ向けに宙返り、なんてのもやってます!

こういうのを観ると、韓国の俳優は偉いと感心しますね〜。
何やっても本気度全開ですもん!
 (*´―`)人パチパチ


命懸けてますよ〜、バックドロップなんて素人がやったら、頚椎痛めてヘタしたら半身不随なんてことにもなりかねませんからね。


また、プロレスジム館長(チャン・ハンソン)の娘ミニョン(チャン・ジニョン)が、デホのプロレスへのひた向きな努力に触れ、いつしか恋心が芽生えてきます。
チャン・ジニョンと言えば『オーバー・ザ・レインボー』で記憶を無くした男性と共に、その人が好きだった女性を探し出す手伝いをしてあげるヨニという役をしていた女優さん。
本作では感じが違っていたので、気が付きませんでした。

そう言えばもう一人、シン・ハギュンが友情出演として不良役で出ていたんですが、これも気づかなかったf^。^゛

実はこの作品、モデルがいたのです。

昼間は銀行員として働き、夜はプロレスラーとして活躍していた、韓国の“力道山”こと、キム・イルさん(日本では“大木金太郎”という名前だった)
この映画公開時51歳で、銀行の支店長兼現役レスラーとして活躍。
マスクも“虎”だったとか。

私は本作、“GEO”の中古ビデオを180円で購入して観たんですが、DVDの日本語吹き替え版では、主人公デホの声を故・橋本真也さんがしているそうです。

なんと裏エピソードでは、タレントのダンカンがこの作品で、デホのデビュー戦で血を浴びる観客として出演していたそうですが、劇場公開時にカットされたのだとか。
阪神ファンのダンカン、まったく何を考えているのでしょうか┐(´〜`)┌

主人公デホが勤める銀行は、本物の銀行でロケされています。
韓美銀行のとある支店で、この韓美銀行は『私にも妻がいたらいいのに』でもロケ地として使われているのです。

“笑い”の頻度は少ないものの、その“笑い”がセンス良く、ラストに上司に向って復讐しようとするデホまで全部笑えます。
2000年上半期、本国で最大のヒットとなったこの作品。

失神するまで戦った二人のプロレスを観るだけでも価値あります(*σ^―^)σ よ〜ん!


参加しています↓清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪


こちらも参加しています↓
清き □_ρ(。。)クリック!お願いしま〜す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。
m(_ _)m


| 映画 《ハ行》 | 15:48 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:48 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちわ
TBありがとうございました^^
プロレスシーン、迫力ありましたね。
失神したというのも・・分かる気がします!
このシーンを見れて得した気分でした。

思っていたよりも真面目な映画でしたが、よかったですね。チャン・ジニョンさんがかっこ良かったです。

ブログ引っ越しました。映画が少ないブログですが、またよろしくお願いします。
⇒Http://hug1.blog67.fc2.com/
| cocoan | 2006/07/23 5:49 PM |
>cocoanさんへ
TBとコメントありがとうございました!
お引越しされたのですねぇ。
いつも韓国映画などの詳しい情報を載せていらっしゃるので、参考になります(^▽^)ノ

映画と言えども、韓国俳優さんは手を抜かず、ごまかすこともなく真剣勝負をしてたのには驚かされました!
| なぎさ | 2006/07/23 6:36 PM |
はじめまして!
『反則王』、ソン・ガンホさんが大好きですなので、
コメント&TBさせていただきました!

なぎささんの書く記事は素敵ですね!

| シャオ | 2007/07/13 5:48 PM |
>シャオさんへ
ようこそ〜♪
お出でくださいましてありがとうございます!!!

来てくださっただけでも、ありがたいですのに、その上TBとお褒めのお言葉まで頂戴して感謝&感激です!!!

シャオさんもソン・ガンホさんがお好きですか〜♪
良いですよねぇガンホさん☆
人柄が演技に出てる役が多いですよね。
これからもガンホさんは応援していきたい韓国俳優さんの一人です!!!
またお気軽にお越しくださいね〜♪
| なぎさ | 2007/07/14 9:15 AM |
こちらこそありがとうございました☆

リンクフリーというお言葉に甘えて、
リンクさせていただきました!

| シャオ | 2007/07/14 1:59 PM |
>シャオさんへ
あら、光栄です!!!
リンクしてくださるのですか!
こちらこそ今後ともよろしくお願いしますね〜♪
| なぎさ | 2007/07/14 5:43 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/326
TRACKBACK
ビデオメーカー 反則王 出演■ソン・ガンホ、キム・スロ、シン・ハギュン(友情出演) 監督■キム・ジウン <ストーリー> 落ちこぼれの銀行員イム・デホは、上司にヘッド・ロックをかけられては、屈辱的な日々を送っていた。そんな彼が、偶然目にしたプ
| enjoy! MOVIE☆LIFE | 2006/07/20 2:06 AM |
思いっきり笑いたくて見てみました。が、意外と真面目なスポ根映画でした。 いつも遅刻気味で成績不振のダメ銀行員イム・デホ(ソン・ガンホ)が、上司からの度重なるヘッドロックに耐えかねて仕返ししてやろうと、プロレスジムへ通い始める。そこで覆面レスラ
| cocoan★韓流よりみち日記 | 2006/07/23 6:01 PM |
愛する「ソン・ガンホ様(笑)」の2000年の作品で、上司のイジメに対抗する為にプロレスを習い、なぜか「反則王」というギミックでデビューするとう物語です。 吹き替えなしで(!)プロレス技や受身をやっている彼はやっぱりすごいなぁと思います。
| 奇跡の人の映画部屋 | 2006/11/26 11:45 AM |
主演のソン・ガンホさん 大好きです。 シリアスな役もこなす演技派と いわれていますが、 この作品を観ると ホントに幅広い演技力に 脱帽です。 惚れます! 内容は、 ダメダメ銀行員が プロレスをはじめて、
| 映画ほめちぎり | 2007/07/13 5:47 PM |