<< 《す》の作品 | Main | 《せ》の作品 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.07.04 Tuesday author : なぎさ

オープン・ウォーター



取り残される 気付かない 誰も

海に呑み込まれる


360度見渡しても海・・・
そこへポツンと浮かぶ男女のダイバー2人

噂には聞いてましたが、怖ぁ〜っコレ ((( ̄□ ̄;;

特殊効果なし、CGなし、スタントなしよ〜奥さん

主演のお二人、偉かったわ〜 Σ(゚Д゚;)

なんせ海岸沖32キロのところで、120時間以上も海に浸かって撮影されたらしいわ〜。
しかも周りには本物の鮫がウヨウヨよ〜 (」゚O゚)」
“オープン・ウォーター”とは“開放水域”のこと。

2004年1月、サンダンス映画祭で喝采を浴びたという本作。
監督/脚本/撮影/編集:クリス・ケンティス
その妻であるローラ・ラウも撮影を担当し、製作も兼ねている。

自身もスキューバー・ダイバーであるケンティスは、ダイバーのこうした事故がわずかではあるが実際に起こっている事を知る。
戦時中、アメリカの軍艦・インディアナポリスの兵士が漂流したなどの体験も調べた彼は

人間が抱く根源的な恐怖を実話に基づいて映画化したのである。


ダニエル(ダニエル・トラヴィス)と、スーザン(ブランチャード・ライアン)はワーカホリックの夫婦。
7ヶ月も前から計画していた、カリブ海でダイビングを楽しむ旅行にようやく出かける事ができた。

ツアーボートで水深18mのポイントに着いた。
ガイドが「ウツボ、アカエイ、エンゼルフィッシュ・・・鮫もいますが、この辺の鮫は人を襲いませんので、見たくない方は目をつぶっていてください」と説明。

水中ではバディ・システム(二人一組)で行動。

午前9時45分、入水 35分間の海中散歩を楽しむ

はずだった・・・

午前10時25分、ダニエルとスーザンが海面に出た時には、スタッフの手違いでボートは立ち去った後だった。

始めはのんきにジョークも飛び交うほど余裕で会話する二人。

午後1時・・・午後4時・・・午後6時・・・

二人の体は次第に衰弱していきます。

脱水症状

海面の揺れによる酔い

空腹感

疲労

眠気

精神的にも

絶望感

焦燥感

恐怖感


人を襲わないとガイドが言っていた鮫が襲いかかって来ます。
二人の周りをグルグル泳ぎます。
いつ、食い殺されるかわからない恐怖。

怖いのは鮫だけじゃありません。
クラゲがスイムスーツの上からでも刺してきます。
小魚でも脚をかじりに来るのです。

広い海原に漂う二人の間にも、精神的に追い詰められ口論が始まる。
お互いを責め合う二人・・・

やがて日も暮れて、夜がやってきます。
しかも・・・雷雨・・・

海面はアクアマリン色からドス黒い暗黒へと変化。


誰も来ない・・・助けに来ない・・・ (i´w⊂)
「あなたならどうやって生き残る?」

この夏 海には行けない

私は日焼けも怖いし、第一、泳げないので海は行きましぇ〜ん!
ヾ(^◇^*)ゝ


参加しています↓清きクリックお願いしま〜す♪


こちらも参加しています↓清きクリックお願いしま〜す♪
ブログランキング・にほんブログ村へ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のためコメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。


| 映画 《ア行》 | 14:27 | comments(11) | trackbacks(12) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:27 | - | - | pookmark |
COMMENT
釣りのえきす・ブログのdotaです.
TBありがとうございました.
これからもよろしくお願いします.(^O^)/

しかしこの映画は…いやぁホント・・・こわい!
こわくて、何もなすすべもなく…
救いのない映画でしたねぇ...
実話の、行方不明のご夫婦はもっとこわかったんだろうなぁ...
| dota | 2006/07/04 3:45 PM |
こんにちわ♪
いろんな意味で怖かった作品ですね。
自然の怖さも、単純な思い違いの怖さ、
そこにある普通の怖さ。
そして、極限の人間の弱さ…。
惜しむらくは、そこに演出が無かった事が痛い。
ただ映し出される画面を見ても面白くなかったです。
内容の割に時間も長かったしね。

てな感じで、TBありがとうございました。
| 耕作 | 2006/07/04 4:36 PM |
>dotaさんへ
こんにちは〜♪
こちらこそ、よろしくお願いします(*^▽^*)/~

実話ってところに、よけい怖さが増しますね(ノ_<。)
それでも、最終的には救助が来ると思って観てたんですが・・・あ、あんなことに(´Д⊂゙
| なぎさ | 2006/07/04 4:38 PM |
>耕作さんへ
TBとコメントありがとうございました!

自然の前に人間は無力ですねぇ。
スイムスーツを着ている事と、一人ではなく夫婦で、というのが不幸中の幸いかと思ったんですがね〜。

翌日までいなくなった事に気づかないなんて・・・。
| なぎさ | 2006/07/04 4:43 PM |
これ観たかったやつだぁ〜
怖いよね〜!!
私も海は遠くで眺めているのがいいよ〜
これは今公開中?DVD?
| toto | 2006/07/04 8:10 PM |
実話だと言うことが一番恐怖です。
人災です。こんなの見たらダイビング行けない。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
| 千幻薫 | 2006/07/04 11:52 PM |
>totoさんへ
これはねぇ去年の今頃、劇場公開されたようです。
私はDVDで観ました〜♪
79分間という短い作品なので、ちょ〜ど良い見応えです。
これ以上長くダラダラ見せられちゃっちゃ〜、うんざりしたかもしれませんが、その辺りウマイです!
お互い、海に入らないから現実味、薄いですね☆


>千幻薫さんへ
そ!これって完全なる人災ですよねぇ〜。
こんな目に遭わされたら、たっぷり損害賠償取ってやれ!って気になりますよねぇ。
ダイビングされる方なら身近で怖さ倍増ですね!
| なぎさ | 2006/07/05 3:05 PM |
怖いですよ〜〜これ。
水の中にいて波に揺られていると酔うって初めて知りました。
揺れなければいいけど私船嫌いなんですよ。
海も波打ち際くらいしかいたくないし・・・
大海原のど真ん中っていう設定は怖すぎますね。
それにしても気づくの遅すぎo(><)o
係員も同乗者も誰もわからないままなんて悲惨な話でしたね。
| ジュン | 2006/07/06 12:23 AM |
>ジュンさんへ
私も、それ思いました!
水面の揺れで酔うんですね!
私も以前、すっごい船酔いしてから船は遠慮してます。
クルマに酔ったことのない私ですが、船酔いの辛さは今でも覚えてます。
これは、もう人災ですよねぇ〜。
| なぎさ | 2006/07/06 4:31 PM |
こんばんは〜♪
生粋の迷子気質を持つ身としては、とても他人事とは思えぬ映画でしたねぇ^^;
実話の方は、この後もう一捻りある展開を見せるんですが、そっちの方も映画化して欲しいものです。
| たお | 2007/02/16 9:43 PM |
>たおさんへ
こんにちは!
たおさん、もしかして方向オンチの気質ですか〜?
私も、結構そういう気質持ってます!
ましてや、何の目印も目標も無い海の真ん中じゃ〜当然ですよねぇ。
えぇぇ!実話ではもう一捻りあるんっすか!
それ、知りたいです。
| なぎさ | 2007/02/17 3:38 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/314
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/07/04 2:37 PM |
製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 79分 監督 クリス・ケンティス 脚本 クリス・ケンティス 音楽 グレーム・レヴェル 出演 ブランチャード・ライアン 、ダニエル・トラヴィス 、ソウル・スタイン 、 エステル・ラウ 、マイケル・E・ウィリアム
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/07/04 4:36 PM |
休暇を取ってカリブ海に来た夫婦。ダイビングをするのだけれども、ガイドのちょっとしたミスで海に取り残されてしまう。。。 怖ぇぇぇぇ〜〜!下手なホラー映画よりも全然怖かったぁ。。。私は、泳げないのでとにかく水ものは怖い。あんな状況になったら、私だったら
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/07/04 11:34 PM |
実話に基づいた映画 「とにかくリアルにしたかった」と言う監督の意向で本物の鮫を使い(低予算ながら安全性はあったらしい)役者は長時間、海に浸かりっぱなしという過酷な撮影状態だったそうだ(汗) 鮫がウヨウヨいる海の中の撮影ってマジ怖かっただろうな (T▽T)
| Cinemermaid | 2006/07/05 7:40 AM |
「オープン・ウォーター」を観た。 観光用のボートで沖に出て、ダイビングを楽しんでいたカップルだが、ツアースタッフの不注意でボートが彼らを残して帰ってしまう。たがいを励まし合い、助けを待つ2人。やがて体力は
| 雑記のーと Ver.2 | 2006/07/05 5:35 PM |
【OPEN WATER】2004年/アメリカ 監督:クリス・ケンティス  出演:ブランチャード・ライアン、ダニエル・トラヴィス リゾート地で休暇を楽しむカップル。 最初のうちはエメラルドグリーンの海に南国の動植物がと
| BLACK&WHITE | 2006/07/06 12:19 AM |
原題:Open Water 事実に基づくドキュメンタリー風の作品なのに、静かに進む物語なのに、思いっきり見事なアンダーヘアーを惜しげもなくみせて、すばらしい・・・ スーザン(ブランチャード・ライアン)とダニエル(ダニエル・トラヴィス)の夫婦はどちらも仕事中
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/07/07 2:11 AM |
先日借りた、DVDの一枚だけ感想UPしようと思います。 (もう一枚の方は?とか突っ込まないように!危うく真っ二つにしかけたので/謎) ジャンル、ホラーとかって書いたんですが、 サスペンス?スリラー?パニック?でした!(;・∀・) 去年劇場公開する前に、予告を
| きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ | 2006/07/07 10:49 PM |
この映画が実話を基にした遭難映画だということは知ってましたが 何かのレビューに「一人だけだと気の毒で終わってしまうが、二人だとドラマが生まれる」 と書かれてあり、面白そうだったので観てみました。 DVDで鑑賞。 スーザンとダニエル夫妻はようやく取れた
| 映画、言いたい放題! | 2006/07/18 10:26 PM |
監督 クリス・ケンティス 主演 ブランチャード・ライアン 2004年 アメリカ映画 79分 サスペンス 採点★★★★ 全く協調性がない上に、ちょっとでも気になれば「なんだい、これは?」と立ち止まって見てしまう好奇心のせいで瞬く間にハグレてしまう、著しく集団行動に向
| Subterranean サブタレイニアン | 2007/02/16 9:42 PM |
 『《海》に伝わる最も怖い実話。』  コチラの「オープン・ウォーター」は、こっちゃんに★1つをつけられちゃった映画なんですが、観ちゃいましたぁ〜♪  めったに★1つなんてないから、逆に興味が湧いてしまって、思わず観ちゃったのですが、やっぱり怖かったし
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/08/18 8:59 PM |
『オープン・ウォーター』を観ました実際に海で起こった惨事を、CGや特殊技術を一切使わずに映像化したサスペンス・スリラーです>>『オープン・ウォーター』関連原題: OPENWATERジャンル: サスペンス/アドベンチャー/ドラマ製作年・製作国: 2004年・アメリカ上
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/20 8:05 AM |