<< リービング・ラスベガス | Main | ネットワーク定例会 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.10.17 Monday author : なぎさ

ブルー・スチール

ブルー・スチール
ブルー・スチール

90年の作品、原題も同じ「BLUE STEEL」
新米警察官のメーガン(ジェイミー・リー・カーティス)に忍び寄る殺人鬼の恐怖を描くサスペンス

製作にはオリバー・ストーン。そして監督は「ハートブルー」「ストレンジデイズ」の作品も手がけたキャスリン・ビグロー
私は彼女の作品のなかで「ブルー・スチール」が一番好きです。
ちなみにビグローの元夫は「ターミネーター」「アビス」「タイタニック」などの監督、ジェームス・キャメロンなのです。

この映画の良さと言えば、とにかくジェイミー・リー・カーティスがかっこ良い!拍手
この頃のジェイミーは本当にスタイルが抜群なのです。
警官の制服が似合うこと!
お尻がちっちゃくて、キュッと上がっていて、おまけに脚が長〜いびっくり
最近はもっぱら‘お母さん’役が多くなったみたいで残念。

こんな風に「強い女性」の映画って好きだな〜。
凛としていて聡明なんだけど、すごいセクシーとかね。
また、かっこいい女性の映画をご紹介しまーす。
| 映画 《ハ行》 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:06 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/30
TRACKBACK
夢であった警察官となり、ニューヨーク市警へと赴任となったメーガン。しかし、パトロール中に強盗を射殺した事を、現場の証拠不足から過剰防衛と責められてしまい…… 『ハート・ロッカー』『K-19』のキャスリン・ビグロー監督、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』の
| シネフィルも萌えヲタも | 2011/02/23 2:22 AM |