<< ポセイドン・アドベンチャー | Main | 難題バトン2 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.06.06 Tuesday author : なぎさ

ポセイドン



息をもつかせぬスリル冷や汗

段々、本当に息苦しく感じてしまうほどの臨場感!


『Uボート』に続き“海洋モノ”を手がけたウォルフガング・ベーターゼン監督が、34年振りに生まれ変わらせた『ポセイドン』。

この34年間での映像の進歩は、迫力満点のアドベンチャー・パニックを見せてくれた。

まずオープニング
ディラン(ジョシュ・ルーカス)がデッキをジョギングしています。
それを上空からスーッと船体を“なめるようにして”走るカメラワーク。
デッキに乗ったかと思うと、パーンと引きの映像へ。
再びデッキの上のディランに近づく。

ここで、この船がどれだけ大きいかが一目瞭然です。

この素晴らしい撮影はジョン・シール
『パーフェクト・ストーム』では、ウォルフガング・ベーターゼン監督とコンビを組んでいる。
日本未公開の作品ながら『ラングーンを越えて』という秀作も生み出しているカメラマンです。

客室の豪華さも、ラムジー(カート・ラッセル)の部屋には、ロフトまであることを見れば分かります。

新年のカウントダウン直後、一気に大津波をくらってポセイドン号は転覆します。

さ〜、そこからですよ。
次から次へと押し寄せるスリルと恐怖モゴモゴ


昨日UPしたオリジナル版『ポセイドン・アドベンチャー』では、スコットという牧師が皆を引っ張って救出までこぎ着けましたが・・・


本作ではカート・ラッセル演じる、元消防士で、ニューヨーク市長になった過去のあるラムジーと、ジョシュ・ルーカス演じる正体不明のギャンブラー、ディランの二人がおもに“切り込み隊長”として進みます。

K・ラッセルの娘ジェニファーをエミー・ロッサムが扮しますが、先日の『夢駆ける馬ドリーマー』のダコタチャンよりか、ロッサムのほうがラッセルの娘としては年頃がしっくりきました。

そしてやはりこちらでも、小さい男の子は健在!
本作では、バツイチの母マギー(ジャシンダ・バレット)の息子として、コナー(ジミー・ベネット)君が出ています。

しかし、オリジナル版の少年ロビン君は船に詳しい知識を持っていましたが、このコナー君にはそれがありません。

ごく“フツーの子”でしたたらーっ

私が気になったのは、ウエーターのバレンタイン。
これを演じたフレディー・ロドリゲスは『夢駆ける馬〜』の騎手役をしてた人。
K・ラッセルと、お互いに自己紹介するシーンがあったのですが、あの作品を先日観たところなので、私の中では“ツボ”でした。

ところがこの彼が、その後とっても悲惨な目に遭います。泣き顔

顔・・・そっくりよねぇ〜、ディロン家の三男坊“ラッキー”・ラリーのケヴィン・ディロンって。
おまけに、イヤらしい役!


でもね、今回この方、リチャード・ドレイファスがねぇ〜、この役だったら他の俳優でも良かったんでは〜?と感じましたよ。
風貌はアッテンボローみたいになってきましたね。
せっかくドレイファスを出したのなら、もうちょっとこの人物に“ヒネリ”があっても・・・。


映像自体は、私は充分に楽しめたし、迫力からすれば当然のことながら、34年前のものとは比べようも無いほどの“チカラ”がありました。

ただ、生き残った10名の背景に、分かり辛い人がいましたねぇ。


まず、謎のギャンブラー、ディランですが、あの俊敏な動きは長年海兵隊にいたというバックグラウンドがあったのですねぇ〜。

それから「私は設計士だ」とは言ってましたが、あとはよく分からなかったネルソン(R・ドレイファス)。
終ってチラシを見たら、この人は自殺願望の男・・・だったと分かって驚きました!

もう一人、コナー君のママ、マギーって“バツイチ”のワーキングマザーだったの?!
これもよ〜分からんかった。。。

前作では、転覆している事を現すのにトイレを使ったのが印象的でした。
男性トイレの“あさがお”が逆さになっていたことがリアルでしたよ。

そういう細かい部分の表現には欠けていたかなぁ。
とにかくCGと最新映像で押しまくった感は見受けられました。
が、しかし、もう一度映画館で観ておきたい!



それでも、オリジナルでは救助隊が来ましたが、本作では最後まで“自力で脱出”したというのは良かったと思います。

あと、K・ラッセルの命をかけた名演技!!
これは必見です!


前作の2年後に、特撮技術を活かして『タワーリング・インフェルノ』が作られましたね。
今度はぜひ、この作品をリメイクしていただきたい。
最新技術を駆使したものを、この目で観てみたい。


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のため暫くの間コメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。




| 映画 《ハ行》 | 09:59 | comments(23) | trackbacks(68) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:59 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは。
とにかく迫力がありましたね。息止めたりしながら観てました(笑)
やはり劇場での鑑賞がいいですね。
そうそう『タワーリング・インフェルノ』好きです。これもパニックものですよね。リメイクはどうだろう…観てみたいかもしれません。
| ゆかりん | 2006/06/06 12:57 PM |
こんにちは。
私は試写会で観たのですが、あまりの迫力にびっくりしてしまいました。水が苦手な私にとってはちょっと試練の映画だったりして(笑)。観ていて息苦しくなってしまいました。
オリジナルはもっと人間が描かれていましたが、これはこれで面白かったと思います。
TBさせていただきますね。
| dim | 2006/06/06 4:59 PM |
あ、エミー・ロッサムだ・・・と、思わずクリスティーヌに反応してしまった私です(汗

オリジナルとは少し違うんですね・・・
でも映像はやはり凄い?
なぎささんが、もう一度劇場で・・というんですから、気になります!!


ところで!!
またしても、バトンのお願いをしても良いでしょうか?
明日にでも記事UPしますので、ご覧になってから決めてくださいませ〜

| | 2006/06/06 6:24 PM |
>ゆかりんさんへ
これは劇場の大きなスクリーンで観るべき映画ですよね!

酸素が欲しくなる映画って感じです(笑

『タワーリング〜』も、30年以上前の映画ですから、今の最新技術でリメイクすれば凄いものになると思うんですよねぇ。
リメイクについては本作でも、賛否両論あるようですが、映像の進歩を体感できるということでは、リメイクも悪くは無いと思うんですよね〜。


>dimさんへ
私も水が苦手です。。。
だから息を止めて潜水するシーンを観てて、アップアップしました〜(笑
そしてもし、こんな状況に自分が置かれたら・・・いざとなれば必死で泳いで、必死で息も止めれるのだろうか。。。
以前、船酔いの恐怖を体験しましたが、これを観たら余計に船って怖いです。

そうですよねぇ、私もこれはこれで良かったです!

| なぎさ | 2006/06/07 7:48 AM |
>お名前が・・・
エミー・ロッサムとラッセルの父娘は良かったですよ。
娘に好きな人ができて、ラッセルは「花嫁の父」の心境になっちゃうんですけど、本作の最後は悲しい結末になります。

これはぜ〜ひ映画館で観る映画ですよ〜♪

おっ、バトンですか?
承知しました!
もう一度ご連絡くださいね☆
お待ちしておりま〜す♪
| なぎさ | 2006/06/07 7:53 AM |
あちゃ〜(汗)名なしのゴンベエになっていました・・
この書き方じゃあ、私だとわかるキーワードも無いですね(涙)失礼しました〜〜〜

Dでごじゃりまする!!
| D | 2006/06/07 8:43 AM |
>Dさんへ
は〜い、Dさんですね!
何となく雰囲気では感じてましたが・・・。
OKですよ〜♪
でも、5人というのが無理だと思うので、回す人が少なくなりますがバトンはさせてもらいますね☆
| なぎさ | 2006/06/07 2:28 PM |
 TBありがとうございます。
個々の役者さんの洞察、興味深く読ませて頂きました。
確かに、チラシを見て「あぁ、そうだったの〜?」という事、ありましたよね。(^_^;)フィルム時間をもう少し長くして個々の背景を挿入して欲しかったと言う感はありますね。
 これからも時々遊びに来させて頂きます。宜しくお願いします。
| ぺろんぱ | 2006/06/07 3:50 PM |
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
TB有難うございました♪ 

中々迫力がありました。 映画館で 手に汗握ったのも 久々です^^

家で観てたら もうギャーギャー 煩かったと思いますo(*^▽^*)oあはっ♪
| とんちゃん | 2006/06/07 9:17 PM |
 トラックバック、感謝します。
私の評は、多くのファンが大絶賛する中、辛辣な評論を書かれた人の中でも、特に酷評です。人それぞれなのは承知ですが、私のような酷評にトラックバックしていただき、ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣 
| 冨田弘嗣 | 2006/06/08 1:43 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/06/08 9:27 AM |
はじめまして、アリゾナから来ました。
この作品アメリカでは、いまいち伸びませんでしたが、自分では大満足の作品でした。
久々に、観ている間中、肩に力が入りっぱなしの作品です。
映像の迫力は素晴らしいですよね。
ただ、ご指摘の通り、リチャード・ドレイファスが上手く生かされてなく、テキサス訛りのわざとらし過ぎるケヴィン・ディロンの役はいらなかったのではと思います。
また、遊びに来ます。
| かめ | 2006/06/11 6:46 AM |
>かめさんへ
テンプレートを最近変えたので、お分かりにならなかったと思うのですが、かめさんには以前にもTBやコメントを戴いておりました。

アリゾナからのブログということで、私はとっても興味を惹かれました〜☆

そうなんですってねぇ、この作品は本国ではイマイチ評価が悪かったそうですね!
私は、素直に緊張感がって迫力もあって、良かったと感じました。
公開中に、もう一度、観ておきたいと思うくらい。
ケヴィンは嫌味な言葉でののしって、すぐ「あの世」に行きましたねぇ〜(笑
オリジナルも10名が共に行動し、6名が生還を果たす・・・人数的には同じだったので、もしかするとケヴィンは数合わせだったのでしょうか〜(笑

私もお邪魔させていただきますね!
| なぎさ | 2006/06/11 10:20 AM |
ああレビュー見るだけで、どきどきしちゃいます。。
観たいけど、、観にいけるのか?私。。
CGとかの技術の進歩はすばらしいですよね
でも、それを見せるだけの映画にはなって欲しくないな〜と近頃の映画を見てて思います。
『タワーリング・インフェルノ』ポール・ニューマン好きの私としては、、正直あのままにしていて欲しいっす。。。
| Tani-Boo | 2006/06/11 10:51 AM |
>tani−booさんへ
こんにちは〜♪
34年という月日は、映画にも大きな進歩をもたらせたってことが、よ〜く分かりました!

私はスティーブ・マックィーン大好きなんですが、『タワーリング〜』を現在の技術で蘇らせたらどんなだろ〜という興味が凄くあるんです♪

P・ニューマンにマックイーンが最後に言うセリフ・・・
「誰かが建て方を聞きにくるまではな・・・」
クゥ〜ッ、渋かったねぇ〜お二人とも!!

あっそうそう、本作のK・ラッセルが意外にもカッコ良く観えました〜☆
| なぎさ | 2006/06/11 11:49 AM |
これもう見られたんですね〜!さすが早いわ♪

予告を観て気になっていたんですが、
やっぱり面白そうですね☆

それと、私がグータラしている間に、
すっかりブログの雰囲気が変わってしまって
いたんですね!私も頑張らねば!

| batako | 2006/06/13 2:07 AM |
>batakoさんへ
コレ、面白いですよ〜♪
巷や本国では、評判良くなかったみたいですが・・・。
私にはハラハラ&ドキドキ感が持続できて良かったかな、と。
それに映画館のスクリーンで観る映画ですねぇ〜。

テンプレートを久々に変更してみました〜♪
去年のブログスタートから3回目です。
今回のは、一番気に入りましたよ☆
たまに変えると気分転換になって良いものですね!
これからも、どうぞよろしくで〜す!
| なぎさ | 2006/06/13 6:59 AM |
TBありがとうございます。
オリジナルの記事をTB返しさせて頂きます。
公開中のこの「ポセイドン」はあまり評判がよくないですが
それはそれで観てみたいです。

いつもちょくちょく覗かせていただいてますよ。
また遊びに来ます。(^^)
| laerl38 | 2006/06/22 12:36 AM |
>laerl38さんへ
ごめんなさ〜いlaerlさん!
私ったら、『ポセイドン』のほうをTBしていましたね。
本当に申し訳ないですm(_)m
『ポセイドン・アドベンチャー』もUPしているので、そちらの記事をもう一度、TBさせていただきます!
いつもお越し戴いて光栄です☆
これに懲りず是非、また遊びにいらしてくださいませ。
| なぎさ | 2006/06/22 10:59 AM |
いえいえ、新作をTBして下さる方、他にもいらっしゃいますし、
比較するのも面白いなぁと思うので、私の方はそのままにさせて頂いてます。(^^)

いつも楽しく読ませて頂いてます。
ありがとうございます。
| laerl38 | 2006/06/23 12:21 PM |
>laerl38さんへ
ご丁寧に恐縮です!!
こちらこそ、ありがとうございました♪

本作はリメイクでしたが、オリジナルの秀逸な作品と比べれば骨格が描ききれていない部分も確かにありますが、これはこれとして、リメイクそのものの映像技術を堪能できる仕上がりでした。

今後もリメイク作品がチラホラ公開されますが、さて、出来映えのほうはいかがでしょうかね。

私もそちらへ遊びに行かせていただきますね☆
| なぎさ | 2006/06/23 4:02 PM |
こんばんわ。あっしゅです。
すごく津波で船が沈んでいくシーンは見ごたえあったように思えますが、やっぱりタイタニックには負けますねぇ。
すべてがうまく行き過ぎていると思いました、、、。
| あっしゅ | 2006/10/13 1:06 AM |
>あっしゅさんへ
こんにちは〜あっしゅさん♪
これね、スクリーンだとかなり凄かったですよ!
船内に海水が入っていくようなシーンでは、思わずこちらまで息苦しくなってきて(ノ〜^;)ゞ
ストーリー的には、完全にオリジナルにも負けてますし、あっしゅさんの仰るように「すべてがうまく行き過ぎ」ですねぇ(´qp`*)
| なぎさ | 2006/10/13 2:50 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/296
TRACKBACK
身を固くして画面に見入る水難災害体験映画!
| Akira's VOICE | 2006/06/06 12:14 PM |
『POSEIDON』公開:2006/06/03(05/27)監督: ウォルフガング・ペーターゼン出演: カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル、ミア・マエストロ 大晦日の夜
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/06/06 12:48 PM |
ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル主演 巨大豪華客船ポセイドン号は 順調な航海を続け  ボールルームでは 新年パーティを行いカウント・ダウン間近でした そこに思いもしない大津波が押し寄せてきます 新年カウント・ダウン直後に 船は大きな横波を受け横
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/06/06 2:16 PM |
監督 ウォルフガング・ペーターゼン 主演 カート・ラッセル 2006年 アメリカ映画 98分 パニック 採点★ リメイクの是非については、後日たっぷりと。基本的には肯定派ですが。 さて、映画ファンならタイトルぐらいは聞いたことがあるであろう『ポセイドン・アドベンチ
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/06/06 2:30 PM |
監督 : ウォルフガング・ペーターゼン 出演 : ジョシュ・ルーカス / カート・ラッセル / エミー・ロッサム      公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/poseidon/ 35年前のパニック・ムービーの普遍の傑作「 ポセイドン・アドベンチャー 」のリメイ
| MoonDreamWorks | 2006/06/06 4:28 PM |
ジャパプレみごとにハズレ(涙)、生ジョシュ・ルーカスは観れませんでしたが、幸運にも試写会はあたったので本日行ってきました。 ポセイドン号は世界屈指の大型客船。20階建てビルに相当する高さを誇り、800の客室と13のデッキを備えている。乗客の大半は新年の幕開
| オバサンは熱しやすく涙もろい | 2006/06/06 4:55 PM |
 今年40本目(映画館での干渉のみカウント)は、僕が映画好きになったきっかけの1つであるポセイドンアドベンチャーのリメイク版ポセイドンを先行ロードショーで見てきました。
| よしなしごと | 2006/06/06 10:40 PM |
プロデューサーのアーウィン・アレンとロナルド・ニーム監督が1972年に世に送り出した「ポセイドン・アドベンチャー」は、低予算のアメリカンニューシネマがハリウッドを席巻する中、
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/06/07 1:57 AM |
先行上映で観て来ました! リメイク元「ポセイドン・アドベンチャー」は観ていません。 豪華客船沈没のお話ってことで「タイタニック」を想像していましたが、全然違った感じでした。どちらかというと「タワーリング・インフェルノ」に近いかな。 もう少し、1人1
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/06/07 6:19 AM |
『ポセイドン』鑑賞レビュー! 原題?Poseidon 10、9、8、7、・・・・・ 新年のカウントダウンが 大惨事への秒読みに変わる....。 次々と襲いかかる“究極の瞬間”に 一瞬たりとも目が離せない! 34年ぶりに傑作アドベンチャーが
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/06/07 1:03 PM |
映画 「ポセイドン」 を観ました。
| ようこそMr.G | 2006/06/07 1:50 PM |
『ポセイドン』POSEIDONジャパンプレミア、武道館にて。映画に合わせて、レッドカーペットならぬ“ブルーカーペット”でした。 72年に製作されたパニック映画の金字塔『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクを、なぜ今!? CGでなんでも作れるようになったからって、
| 試写会帰りに | 2006/06/07 2:08 PM |
「ポセイドンアドベンチャー」といえば私の中では「タワーリングインフェルノ」と並ぶパニック映画の名作。初めて劇場予告編を目にしたときはリメイク版を制作してたの全然知らなくて、「アレ?これってポセイドンアドベンチャーに似てない?」なんてトンチンカンなこと
| カノンな日々 | 2006/06/07 3:16 PM |
ポセイドン 試写会@九段会館 「今を楽しめ」 意外と短く98分。人喰い鮫もゾンビもエイリアンもでなくて(当たり前だ)、迫りくるはただの海水。でもそれでこんなにハラハラするとは〜 72年版は全く記憶にないので比べられませんが、リメイクでどっか新しくなっ
| 駒吉の日記 | 2006/06/07 5:44 PM |
ニューイヤー・イヴのパーティーの最中、豪華客船ポセイドン号は巨大波の影響で転覆、生き残った人々が決死のサバイバルを試みる、というシチュエーションはそのままに、登場人物の設定は全て入れ替えた『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク版です。お話は最早別物
| 【徒然なるままに・・・】 | 2006/06/07 8:36 PM |
1972年に公開されたパニック映画の代表作『The Poseidon Adventure』のリメイクである『POSEIDON』を観て来ました。トレイラーで在り得ないくらい巨大な津波に豪華客船が襲われているシーンを見て、「何だ?この大胆過ぎる作品は!」と感じたのが観たいと思ったキッカ
| 蛇足帳~blogばん~ | 2006/06/07 8:40 PM |
「ポセイドン」 2006年 米 ★★★★★ 大興奮でした。いや〜〜手に汗握るってこの事なのね〜〜と改めて思いました。ご存知「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクですが 元の映画は全く覚えてません。 (TVで 観たかもしれないけど・・?) 大晦
| とんとん亭 | 2006/06/07 9:12 PM |
公式サイト STORY ポセイドン号は世界屈指の大型客船。 20階建てビルに相当する高さを誇り、800の客室と13のデッキを備えている。 乗客の大半は新年の幕開けを祝うため、贅をこらした大食堂に集まっていた。マイケル・ブラッドフォード船長が乾杯の音頭を
| Polka dot movie | 2006/06/07 9:37 PM |
今日は、カート・ラッセル・ディ。2本観た映画の2本とも彼が出ています。この映画でも「元消防士?」骨太なパパさんです。バック・ドラフトもファイア・フラッシュも知り尽くしているのですよ。
| 映像と音は言葉にできないけれど | 2006/06/07 10:36 PM |
今日は、風が強いですね〜。雨は降らなかったけど、夕方から強風です。さて、この映画「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)のリメイクです。「ポセイドン・アドベンチャー」(goo映画より)ジーン・ハックマンがよかったのよね〜〜。仲間を先導していくタフな牧師だ
| ぷち てんてん | 2006/06/07 10:55 PM |
映画『ポセイドン』の試写会に行った。 豪華客船のパニックものといえばどうしても
| いもロックフェスティバル | 2006/06/07 10:57 PM |
「ポセイドン」九段会館で鑑賞 どうしても「海猿」と比較してしまうのは仕方の無いことだと思います。内容に違いが無いのです。どうして同じ時期に内容の同じものを封切るのか不思議。洋画と邦画の違い?「海猿」は皆さんが書いている通り余計な演出が多すぎるけどう
| てんびんthe LIFE | 2006/06/08 1:05 AM |
梅田ピカデリー 今から約30年前の「ポセイドン・アドベンチャー」は名作である。神父役のジーン・ハックマンが甲板で『神はお忙しい。世界で起こる大きな事故や災害に手をとられている。いくら祈っても、私たち
| 映画評論家人生 | 2006/06/08 1:40 AM |
 「ポセイドン」を鑑賞してきました名匠ウォルフガング・ペーターゼン監督が、「U・ボート」「パーフェクトストーム」に続いて挑んだ海洋スペクタクルは、1972年の名作「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。ストーリーは・・・4000人が乗った豪華客船ポ
| 日々“是”精進! | 2006/06/08 4:47 AM |
パニック映画の火付け役ともなり、「タイタニック」にも多大な影響を与えたとされる映画史上屈指の傑作「ポセイドン・アドベンチャー」の34年ぶりのリメイクとなる本作。 オリジナルから格段のスケールアップした「ポセイドン」はこれまでにないFX・CG映像を駆
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/06/08 9:47 AM |
『パーフェクト・ストーム』の監督さんだからあの映画のような結末になってしまったらどうしようかなってドキドキしながら98分間映画を楽しむことが出来ました。ただのB級パニック映画にちょっと豪華キャスティングというような感覚で見れたのでかなり緊張しっぱなし
| Alice in Wonderland | 2006/06/08 1:02 PM |
公開間近ということで 画像を変更してみました! 全米でも 「ダビンチコード」の前に大ヒットした 1972年「ポセイドンアドベンチャー」の リメイク作品「ポセイドン」の試写会に行ってきました。 はっきり言って 「ダビンチコード」よりも 迫力があり面白かったで
| bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/06/08 6:42 PM |
いやー、気持ちいいくらいにパニック映画でした!!  タイタニックが嫌いな私にはこういうののほうがいい。  人物の背後関係も津波のわけも ばっさりと斬捨御免! あっという間に転覆して4000人の乗客が数百人まで減ってしまうんです。 ムスカがいたらきっとこう
| 色即是空日記+α | 2006/06/08 9:40 PM |
       かつて名作と呼ばれ1972年に公開されたパニックムービー、ポセイド
| 粉雪の日々是、映画なり | 2006/06/08 10:00 PM |
昨日は出掛ける予定だったのですが、家に居て時間ができたので公開初日のポセイドンを観に行ってきました。ジーン・ハックマン主演ポセイドン・アドベンチャーのリメイク版だそうです。残念ながら観たことはありませんが・・。 大晦日、航海中の超豪華客船ポセイドンが
| 雨の日だってドライブを | 2006/06/08 11:21 PM |
「Poseidon」2006 USA 監督は「トロイ/2004」のウオルフガング・ペーターゼン。出演はカート・ラッセル、ジョッシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミリー・ロッサム、ジャシンダ・バレットetc. 前回の主人公はジーン・ハックマン演じる神父だが、本作では
| ヨーロッパ映画を観よう! | 2006/06/08 11:56 PM |
映画「ポセイドン」観てまいりました。 オリジナル版である「ポセイドン・アドベンチャー」は、その昔TVで放映してたのを観たという記憶はある。 しかし・・・観た、という事しか覚えておらず、肝心の内容はきれいさっぱり てな訳で、今回のリメイク版を観て
| 固ゆで卵で行こう! | 2006/06/09 9:31 AM |
UHBさん主催の試写会。 脱出アクションとしては面白いが、感動する手のものではない。 感情移入する時間がないまま話が進んでいく。 『タイタニック』と比較したCMを打っているがそれは可哀想。&#63896; ただ、息もつかせぬピンチの連続に客席でリキんで
| この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/06/09 9:53 AM |
そして温泉旅行の3日目は帰る日なんだけど、 電車が15時過ぎだったんで、駅前のバーミヤンでずっと3人でまったりしてた♪笑 そして、そのまま電車乗って帰った後は・・・・・ 実はうちの知人が 試写会「ポセイドン」 の券を譲ってくれて見に行くことに!!! 18時半
| ☆えみたんの日記帳☆ | 2006/06/09 10:43 AM |
1972年公開の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクということで期待と「ま、どうなんだろか?」という疑問半々で映画館へ… あ〜まぁ、やっぱりね…という気分。 オリジナル作品の持つ、ハラハラドキキに人間模様を織り込んだ味わいは全く無く、単なる昨今の
| 道楽主義宣言ver.2 | 2006/06/09 11:53 AM |
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、その他 大晦日の晩、超豪華客船ポセイドン号では新年を迎える為の盛大なパーティーが催されていた。自分の腕を信じるプロのギャンブラー。娘と恋人との姿に苛立ちを隠せない元市長
| いつかのダイアリー | 2006/06/09 8:08 PM |
ポセイドン 上映時間 1時間38分 監督 ウォルフガング・ペーターゼン 出演 カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス リチャード・ドレイファス エミー・ロッサム ジャシンダ・バレット 評価 6点(10点満点)  「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。オ
| メルブロ | 2006/06/10 10:23 PM |
見てきました~&#63889; おもしろかったです! いろんなとこのレビューではめちゃめちゃに言われてますが 昔のポセイドン知らないし~ すごく楽しめました。 時間的には短かったので最初は大丈夫かな~短いとたいしたことなさそ~って思ってたけど。 ハラハラで、ト
| ちわわぱらだいす | 2006/06/10 11:53 PM |
2006年5月13日鑑賞Tagline: Mayday... ストーリー全長337m、全高は68mで、20階建てに相当し、800の客室を有し、約2600名の乗客、1500名の乗員を収容できる世界最
| アリゾナ映画ログ | 2006/06/11 6:40 AM |
豪華客船が大波を受けて転覆した時の様子を描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/06/11 9:23 AM |
『ポセイドン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”に巨大な波が押し寄せ船体が180度転覆の危機に。生存者達は船内に残る者と、混乱する船内で出口を探すサバイバルに向かう者達と別れる事に
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/06/11 10:00 AM |
ポセイドン 2006年:米 監督:ウォルフガング・ペーターゼン『パーフェクト・ストーム』『トロイ』出演:ジョシュ・ルーカス『ステルス』,カート・ラッセル,リチャード・ドレイファス,エミー・ロッサム、『オペラ座の怪人』,ジャシンダ・バレット,マイク・ボゲ
| C'est Joli | 2006/06/12 12:27 AM |
大晦日の夜 転覆した<ポセイドン号> その決断、 その一歩、 その一息が、 最後かもしれない。 その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/06/12 11:18 PM |
「ポセイドン(2006年)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、リチャード・ドレイファス、ジャシンダ・バレット、エミー・ロッサム、マイク・ボーゲル、ミア・マエストロ、ジミー・ベネット、アンドレ
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/06/13 9:00 AM |
ネタバレあり。あなたが油断して見ていられるのは始めのほんの10分間。残りの時間体は硬直し、手には汗を握り、呼吸ができるということを忘れてしまうだろう。。。あ〜、怖かったー。「ポセイドンアドベンチャー」が大好きというにゃおと一緒に見に行ったのですが、「ポ
| シネマ日記 | 2006/06/13 10:17 AM |
オリジナル版1970年代のディザスター・ムービーの代表「ポセイドン・アドベンチャー」は数年前に自宅鑑賞して独り大いに盛り上がった。 今回のリメイク、これまたなかなかに心拍数の上がりっぱなしの・・個人的に表現するなら‘しょんべん手パニクリサバイバル映画’だ
| 雑板屋 | 2006/06/13 7:55 PM |
映画『ポセイドン』 先日、映画『ポセイドン』を観た。 『ポセイドン』とは1972年に公開された映画『ポセイドンアドベンチャー』のリメイク・で、 大津波により転覆した豪華客船を舞台にしたパニック映画である。 上下真っ逆さまになった船が完全に沈没してしまう前
| vanilla-zeros | 2006/06/15 9:12 AM |
水に、炎に、攻め立てられて、息苦しかった! 少々短い上映時間109分・・・短くて良かったわ! CG映像と解っていてもドキドキハラハラしちゃうね。 何かの時の為に。。。生
| 映画館で観ましょ♪ | 2006/06/16 9:27 PM |
2年に製作された「ポセイドン・アドベンチャー」の リメイク作品です     ポセイドン・アドベンチャー コレクターズ・エディション【初回限定生産】 豪華客船「ポセイドン」が大津波に巻き込まれて 転覆→逆さまになってしまい そこから脱出を図る
| そこで馬が走るかぎり | 2006/06/16 10:21 PM |
「ポセイドン」★★★ ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム主演 ウォルフガング・ペーターゼン 監督、アメリカ、2006年 あんな大津波が来るのが何故分からなかったんだろう、 まあ、昔はそうだったんだろうな。 そんなふうに設定を飲み込
| soramove | 2006/06/20 9:03 PM |
今、公開されている「ポセイドン」はこの作品のリメイクです。 ポセイドン号が沈没するところは同じで、登場人物などの詳細は違うらしいですが。 公開中の「ポセイドン」はCG満載で転覆シーンは凄いそうなのですが 総体的には今のところ、あまり評判がよくないみたい
| 映画、言いたい放題! | 2006/06/22 12:36 AM |
こんにちは、イー・ステート・オンラインの安田です。 先週の朝日新聞、朝刊の経済面...
| LOHAS(ロハス)な住まい・暮らしの情報Blog(ブログ) 無料動画で生活紹介 | 2006/06/22 12:41 PM |
久々に映画観にいった!彼氏と。レイトショーで1000円 ネタばれあり 「ポセイドン」。 はらはらしっぱなしやったまあまあよかったと思う。 こういうはらはら系を映画館で観たのは初めてかも。わざわざ行こうとか思わないし。 ただ、あっけなく死んじゃった人と
| くまいぬねこ | 2006/06/22 3:58 PM |
 私事で恐縮ですが、自分が十代の頃ロードショーで観た作品が3本たてつづけにリメイクされます。この作品と『日本沈没』、そして『犬神家の一族』。
| シネクリシェ | 2006/06/23 7:11 AM |
今日は某フリーペーパーの携帯サイトで当選した 『ポセイドン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入
| しましまシネマライフ! | 2006/06/24 11:32 PM |
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 972年製作「ポセイ
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/06/25 10:23 AM |
オリジナルは1972年のパニックアドベンチャー大作。あれだけ完成度の高い名作を、今さらリメイクする意味があるのだろうか。疑問を解消するには観るしかない。レイトで鑑賞。
| 新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり> | 2006/07/01 11:38 PM |
映画「ポセイドン」を観てきたので感想を。 ポセイドン◇06年、アメリカ。ウォルフガング・ペーターゼン監督。72年に製作されたパニック映画の金字塔「ポセイドン・アドベンチャー」を最新の映像技術を駆使してリメイクしたスペクタクル超大作。大晦日の夜。北大
| NAOの日記 2006 | 2006/07/07 12:08 AM |
ポセイドン 2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット 申し訳ございません。 お見それいたしました、、、
| 猫姫じゃ | 2006/07/11 5:43 PM |
はい、これももうやってないですよね・・・。 だいぶさぼっちゃったな~^^; 監督  ウォルフガング・ペーターゼン 出演  カート・ラッセル  ジョシュ・ルーカス  ジャシンダ・バレット            リチャード・ドレイファス  ジミー・ベ
| PLANET OF THE BLUE | 2006/08/10 8:48 AM |
1972年、ジーン・ハックマン主演の「ポセイドン・アドベンチャー 」を ウォルフガング・ペーターゼンがリメイク。 本当は映画館で観たかった。(T^T) DVDで鑑賞。 大みそかの夜。 北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号ではカウントダウン・パーティの真っ最
| 映画、言いたい放題! | 2006/10/11 2:01 AM |
評価:★6点(満点10点) 2006年 98min   監督:ウォルフガング・ペーターゼン 主演:カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス ジャシンダ・バレット     エミー・ロッサム 北大西洋の真ん中で大勢の乗客を乗せた豪華客船が、異常ともい
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/13 12:50 AM |
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計32) 『評論』 ご存
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/11/07 5:20 PM |
【POSEIDON】2006年/アメリカ 監督:ウォルフガング・ペーターゼン  出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、エミー・ロッサム、リチャード・ドレイファス あるワンシーンをのぞけば素直に楽しめた作品で
| BLACK&WHITE | 2007/01/13 10:12 PM |
大晦日の夜。北大西洋を航海中の超豪華客船・ポセイドン号では、華やかなパーティーが開催されていた。
| 取手物語〜取手より愛をこめて | 2007/03/12 5:55 PM |
原題:Poseidon 「ポセイドン・アドベンチャー」からアドベンチャーを取ったら!?・・どちらかといえば1972年当時のCGに較べ格段に進歩したVFX技術をみせる映画みたい・・ 豪華客船ポセイドン号でのニューイヤーパーティーのさなか、異常波浪(
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/06/12 12:21 PM |
ポセイドン ¥1,335 Amazon.co.jp アメリカ 2006年 ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、ジャシンダ・バレット、リチャード・ドレイファス、ジミー・ベネット、エミー・ロッサム、マイク・ヴォーゲル、ミア・マエストロ、アンドレ・ブラウアー、ケヴィ
| 映画を観よう | 2008/03/06 8:08 AM |
 コチラの「ポセイドン」は、1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイクしたパニック映画なのですが、チケット代は当時に比べて倍近くでも、アメリカではオリジナルの興行収入に及ばなかったいわゆるコケちゃった作品です。  豪華客船の「ポセイドン」号が
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/09/10 9:59 PM |