<< 大変な結婚 | Main | ドット・ジ・アイ dot the i >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.05.27 Saturday author : なぎさ

爆裂野球団!



今から100年前の1905年、韓国に初めて“野球”というスポーツが伝わった頃のお話し。

↑の画像、左上のソン・ガンホが中尾彬に見える・・・。

『ケロン星からの使者』TAKIさんに、教えていただいて観賞しました!
もちろん、ソン・ガンホが主演ということで!
ここにもガンホさまが、堂々の演技で存在いたします〜。

宣教師がキャッチボールをしている姿を目撃したホチャン(ソン・ガンホ)は、そこで初めて野球というものに出会う。
実は彼、“科挙制度”(今でいう国家公務員試験)の廃止で、なりたかった“暗行御史”(皇帝の隠密のこと)の夢をあきらめ、目標を失っていました。



宣教師と共にいた女性ジョンリム(キム・ヘス)は外交官の父を持ち、海外留学の経験もあるアメリカナイズされた人だった。

ホチャンは彼女に一目惚れ、彼女が立ち上げた韓国初の野球チーム“YMCA野球団”に加入する。

時は、日本の統治時代。
彼らの練習場は、日本軍の駐屯地にされ、練習もままならない状況に。

チームのメンバーだったデヒョン(キム・ジュヒョク)とジョンリムは“抗日運動”の活動家でもありました。

デヒョンは同じチームのグァンテ(ファン・ジョンミン)の父親が“親日派”だったため、暗殺しようと家に侵入し負傷する。

野村ひでお(鈴木一真)率いる日本城南クラブとの大事な試合に、負傷して出場できなくなったデヒョン・・・。

逆転をかけた“ココ一番”で登場したのは、父親(シン・グ)の反対にあい野球を諦めたホチャンだった!



韓国野球史に残る強いチームとしてその名を留める“YMCA野球団”を描いた本作。
WBCでの強い韓国選抜チームの記憶も新しいところですね。

日本統治時代という背景もありますが、さほど“ドギツク”描かれていないので、すんなり観れます。
鈴木一真の父親として、将校役で伊武雅刀も出演してます。
所々、日本語の会話シーンもあります。

それからラスト近くで、馬夫として出ていたのはチョ・スンウ。
ホチャンがなりたかった、元“暗行御史”だった彼は「私を誰だと心得る〜」と叫びます。
このシーンは彼の『春香伝』という作品のパロディーらしいです。

チームメートの一人、使用人として働いていた男が素晴らしい野球センスをみせるという役をしていた人は、『復讐者に憐れみを』の中で刑事役だったイ・デヨンさん。
ここでは、全く違うキャラだったので驚きました。

しかしなんと言ってもこれもまた、ソン・ガンホの控えめでいてインパクトのある独特の演技が光る作品となっています。

初めて野球に出会った時のホチャン。

ジョンリムの父親の葬儀の時に、間違ってホチャンがジョンリムを想って書いたラブレターが大きな声で読れ焦るホチャン。

厳格な父に隠れてしていた野球だったが、試合を見に来た父親の姿に慌てるホチャン。

なんだか、この人はこういう演技が実に上手です!

日本はこの30年前に、もうすでに野球が入ってきていたそうです。


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のため暫くの間コメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。













| 映画 《ハ行》 | 08:55 | comments(2) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:55 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんはー*
この映画、ソン・ガンホさんの演技が光りましたねー
キム・ジュヒョクさんも存在感あったと思うんですが、
やっぱりソン・ガンホさんが、この映画で、抜群の存在感でした。
笑わせてくれるところもあれば、、ちょっとじーんと
するところもあったり。
何か田舎の風景も、ほのぼのしていて、こういう映画も
良いですね〜☆
役者揃いの映画でしたねー。
| あゆみ | 2006/05/28 11:14 PM |
>あゆみさんへ
コメント嬉しいです〜♪
ガンホssiが出ている作品って、ど〜やっても、やっぱり「ガンホ節」が光っちゃってますよね(笑
観ているほうも、その「こぶし」の利いた演技に入りこんでしまうし!
この作品は、あゆみさんの仰るように、田舎の風景や、胸に来るシーンもありましたねぇ。
「スポ根」ものとは、また一味違った本作。
でも、とっても良かったです!
| なぎさ | 2006/05/29 8:25 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/286
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/05/27 9:42 AM |
イチロー語録/イチローに学ぼうへようこそイチロー語録をあちこちから集めます。イチローファン、MLBファン、野球ファンのみなさんのお越しをお待ちしております。
| イチロー語録/イチローに学ぼう | 2006/05/28 3:43 PM |
今までに何度か、こういった噂は聞いたのだが 今回のイチロー選手のFAに関しては、信憑性が高いと思える。 イチロー、今季後にFAの可能性も=米紙が報道−大リーグ・マリナーズ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000042-jij-spo 29日付の米紙シ
| ウェブマスターの最新情報 | 2007/01/30 2:29 PM |
グッキ主演 キム・ヘス全21話韓国ドラマ「グッキ」は逆境に負けず夢を追いかけ運命を開拓していく“韓国初の女性企業家”のサクセスストーリーで、主演には「愛の群像」に出ていたキム・ヘスです。子役の演技に多くの視聴者が涙し、毎回視聴率が40%を超える快挙で、
| 韓国ドラマLOVERS!@韓国情報☆ | 2007/05/13 11:24 PM |