<< 海辺の家 | Main | GOAL!ゴール! >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.05.17 Wednesday author : なぎさ

ラブ・オブ・ザ・ゲーム



このブログ開設以来、初めてです・・・ケビン・コスナーの作品をUPするのは・・・。

私がK・コスナーを初めて観たのは『追いつめられて』という、三角関係とスパイ事件をからませたサスペンスで、1987年の作品だった。

ペンタゴンの中を颯爽と走るコスナーを見た時

「な〜んて脚の長い素敵な俳優さんラブ
と思ったものです。

そして『アンタッチャブル』のエリオット・ネス!
アルマーニの衣装に身を包んだ彼は、有無を言わさず

「ザ・アメリカン」なカッコ良さがてん

こ盛りでした〜ラブラブ


その後も、いろいろ観てきましたが、近頃はトンとご無沙汰しておりました。

で、久々に観た本作・・・旬を過ぎた彼が演じる、これまた旬を過ぎた投手の役。
むしろ、今の彼だから演じられる役だと思った。

デトロイト・タイガースのエースピッチャーだったビリー(K・コスナー)も40歳になり、19年間で4100イニング出場の輝かしい記録も、今では引退を勧告されている老投手。

優勝を目前にひかえたヤンキースを相手に、マウンドに立ったビリーは、何と「完全試合」を成し遂げるような勢い。

試合中、彼の頭をよぎったのは、別れを告げて離れていった恋人ジェーン(ケリー・プレストン)のことや、自分を野球に導いてくれた父親のこと・・・。

ニューヨークに住むジェーンと、フロリダのビリーは遠距離恋愛をこれまで大事に育んできたが、彼の怪我が原因で二人の中は雲行きが怪しくなる。

ジェーンは「あなたは野球さえあれば、完璧な存在でいられる。」と言う言葉を残し、イギリスへ旅立とうとしていた。

スポーツ選手の奥さんって大変そ〜。
体調管理やら、メンタル面のケアやら・・・あたしゃ絶対ムリ!

本作でも、怪我でイライラしたビリーがジェーンに向って言う言葉
「そばにいて欲しくない!イライラする!気が滅入る!」
こ〜んなこと言われた日にゃ〜、そばにおれませんよねぇ〜奥さん!


で、このジェーンが若くして産んだ娘ヘザーに、昨日の作品にも出ていたジェナ・マローンちゃん。
彼女がビリーに懐いちゃうんですよ〜。
この子、なかなか容姿も良いし、いい演技する女優さんだ。
これからが楽しみ。

けど、野球選手って比較的、結婚が早いじゃないですか。
なのにビリーはこの歳で独身!しかも結構、遊び人なんですよねぇ。

相手役のK・プレストンってトラボルタの奥さんよね。
悪くはないけれど、遊び人だった主人公ビリーが一目惚れする相手には・・・ど〜だろう?


投手と言えば捕手!
ここでは女房役の捕手にこの人ジョン・C・ライリーです!
い〜女房役を果たしてますグッド
合ってるねぇ〜この人は、名バイプレーヤーだね。

試合はビリーの好投と、チームメートのナイス守備によって最終イニングを迎えます。
「あと一人!」から、ツーナッシング!「あと1球!」
私、スポーツの中では唯一と言っていいほど、野球のルールなら分かるのです。
その辺りの臨場感は味わえました。

ジェーンのセリフに「ここはアメリカでしょ?野球は国民的スポーツじゃなかったの?」というシーンが・・・。
WBCで、あれだけアメリカのメンツをかけて挑んだものの、ジャパン野球に負けてしまった今、このセリフも通じないかもしれないねイヒヒ

K・コスナーも、野球が好きなのも分かるし、ラブストーリーしたいのも分かるけど・・・も〜、この手の作品は通用しないやねぇ〜
パクッ


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のため暫くの間コメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。

| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 10:14 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 10:14 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは〜。
ケビン・コスナーは好きでした(過去形 ^^;)
エリオット・ネスはかっこ良かったですよね〜。彼って他にも野球物に出演していますよね?あとゴルフとか。
スポーツ物よりもJFKや13デイズが似合うように思いますわ。
なのでこの作品は未見です。野球のユニよりもスーツと甲冑コスプレになびいてしまう今日この頃・・・失礼しました!
| J美 | 2006/05/17 2:12 PM |
>J美さんへ
こんにちは〜♪
私も、過去形になっちゃってます!
野球モノと言えば『さよならゲーム』でしたね。
ゴルフものは『ティン・カップ』。
『JFK』は良かった〜♪
『13デイズ』は未観なんです。。。
もう、とっくの昔に「色男」では通じなくなっちゃってますから、ここらで極悪人の役とか、はたまた思い切ってコメディーにも挑戦するとか、大きなイメチェンが必要ですね。
| なぎさ | 2006/05/17 9:26 PM |
ケビン・コスナー、私も好きだったころがあります!

野球もの好きですよねぇ
スーザン・サランドンと競演してた作品でも
ちょっと遊び人&苦労人の野球選手でした
| D | 2006/05/18 2:08 AM |
>Dさんへ
あ〜、Dさんも「過去形」ですね〜(笑

彼がハリウッド映画に颯爽と現れたあの頃は、誰しも「素敵!」と思ってしまいましたよねぇ〜。
・・・そして、そのスターも、年をとるのですねぇ(笑

ありました!
『さよならゲーム』ですね。
この作品って、ティム・ロビンスも出てましたよね。
コレがきっかけで、このお二人は結ばれたのでしたっけね。
| なぎさ | 2006/05/18 9:36 AM |
トラバありがとうございました。
すいません。
私はケビン・コスナーが苦手なので、
サム・ライミ監督ということで観ました。
野球シーンはとてもよかっただけに、
恋愛ドラマが・・
| eigahujin | 2006/05/18 1:44 PM |
>eigahujinさんへ
K・コスナーにつられて観た、という作品でもなかったのですけどね(笑
サム・ライミ監督は、俳優をカッコ良く見せる手法を熟知していらっしゃいます!
『クイック&デッド』なんて最高でしたもの!
だから、旬を過ぎたコスナーのピッチャーも、「見られた」んだと思います。
| なぎさ | 2006/05/19 8:03 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/276
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/05/17 10:41 AM |
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント ラブ・オブ・ザ・ゲーム For LOVE of the GAME アメリカ 1999年 ケビン・コスナー、ケリー・プレストン、ジョン・C・ライリー、ジェナ・マローン、ブライアン・コックス 【ストーリー】 デトロイト・タイ
| 映画を観よう | 2006/05/18 2:11 AM |
日記:2006年6月某日 映画「ラブ・オブ・ザ・ゲーム」を見る. 1999年.監
| なんか飲みたい | 2006/07/01 11:53 AM |
ケビン・コスナー主演の野球選手が主人公のヒューマン・ドラマ。 ビリー・チャペルは20年間、デトロイト・タイガースの中心として活躍してきたベテラン・ピッチャー。彼はこの試合に優勝がかかっているヤンキースを相手にマウンドに立っていた。球団からは引退かトレー
| Yuhiの読書日記+α | 2008/09/21 10:50 PM |