<< フィラデルフィア | Main | イナフ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.05.11 Thursday author : なぎさ

シャイン



小さい頃、買ってもらったオルガン・・・。
全く興味を示さない私に、母は諦めていとこにあげてしまった。
それをもらったいとこは、今ではエレクトーンの講師になっている・・・。モゴモゴ

オーストラリア・メルボルン出身のピアニスト、デイヴィット・ヘルフゴットの半生を映画いた作品。


たぶんジェフリー・ラッシュを見たのはこの作品が初めてだったと記憶する。
以後、彼を意識して観ているけれど、こんなに“七変化するカメレオン俳優”も珍しい。
どの役が来ても、完璧にこなせる素敵な俳優拍手

監督は、TV界でキャリアをスタートさせた、ウガンダ出身のスコット・ヒックス
現在はオーストラリアを拠点として、再びドキュメントの世界に戻ったらしい。


若い頃のデイヴィットを演じたのは『トゥーム・レーダー』シリーズでもお馴染みノア・テイラー
この当時、27歳だったにもかかわらず、演技力で18歳のデイヴィットを堂々と熱演!

「ウィキペディア」によると、1947年、ユダヤ系ポーランド人移民の両親のもとに生まれたデイヴィットは、6歳から父にピアノの手ほどきを受ける。
幼い頃から数々のコンクールに出場し、優秀な成績を収めた彼は“神童”と呼ばれていた。


14才の時、寄付を募りアメリカ留学のチャンスに恵まれるも、父親の反対に合い、不本意ながら留学を諦める。

19才の時、今度はロンドン王立音楽学校の奨学生に選ばれる。
父親の反対を押し切って、半ば勘当同然に留学を果たす。

しかし、“難曲中の難曲”と言われるラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第3番」を演奏した直後に倒れる。
ピアノ演奏に対しての“認識機能障害”を起こしたのだった。

このラフマニノフという人は、ロシア出身のピアニストであり、作曲家。
ロシア革命の時、アメリカに亡命し、アメリカで亡くなった。

背が高く、巨大な手を持っていた彼は“マルファン症候群”という遺伝子疾患で、異常に手の指が長かった。
そのため、離れた鍵盤にも余裕で指が届いたという。
後世のピアニストが発狂するような難曲を作曲した。


1970年に帰国、パースに戻った彼は、最初の妻クレアと結婚。
しかしそれもつかの間、結婚生活が破綻した彼は10年余りに渡り精神病の治療を受ける。

1984年から、パースのワインバー「リッカルドス」で、医者から止められていたピアノ演奏を再開。

そして、占星術師のギリアンと再婚。
各地でリサイタルを開き、現在はニューサウスウェールズ州で、妻のギリアンと共に暮らしている。



深く掘り下げられてはいなかったが、彼と父親とのぬぐいきれない“確執”がある。
息子を溺愛する父ピーターだったが、その背景にはこの父親が育ってきた環境にも原因がある。

ユダヤ人として受けてきた迫害や困難。
一家が離散してしまう悲惨な体験をしてきた父ピーターにとって、家族の絆は何ものにも変えがたい“宝”であったに違いない。

貧しいけれどつつましく誠実に生きる、そんな厳格な父親をアーミン・ミューラー・スタールが演じます・・・上手いの一言です!

デイヴィットという人は、周囲の人々に恵まれていたように思う。
幼少の頃、レッスン代金も払えない家庭環境の彼を、無料で教えてくれたローゼン先生。
アメリカ留学を反対された彼を励まし、見守ってくれた作家のキャサリン。
ロンドンの大学での恩師・パークス教授。
精神科の病院で知り合い、彼を自宅に引き取ってくれたパイプオルガン奏者のベリル。
レストランでピアノ演奏をする彼を、応援してくれたウェイトレスのシルヴィア。
そして彼に、再び生きる喜びをくれた妻ギリアン(リン・レッドグレーブ)。

こんなにも暖かい人たちに支えられ、生きてきた彼。
何より彼を支え続けてきたものは、“ピアノ”と、・・・“父の愛”ではないだろうか。



参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《サ行》 | 11:05 | comments(8) | trackbacks(7) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 11:05 | - | - | pookmark |
COMMENT
むふふふ☆
コレ、過去に感想書いてますのでTBさせてくださーい♪
| ヨッシー | 2006/05/11 7:40 PM |
可愛いブログですね。

私も最初はブログのUp苦労しました。
頑張ってください。

私のブログ参考になれば幸いです。 

From LA with LOVE ^^
| UEDA | 2006/05/12 5:31 AM |
>ヨッシーさんへ
TBあんがと〜♪
ヨッシーさんもこの映画、好きなのね☆
純粋無垢なデイヴィットをそのままに演じてたJ・ラッシュは、さすがです!

| なぎさ | 2006/05/12 10:38 AM |
>UEDAさんへ
ようこそ〜こんにちは♪

ブログ開設から、早や半年が過ぎました。
ブログという言葉さえ知らなかった私が、今ではたくさんのブロガーさんたちと交流させていただけるまでになりました。
はるばる「遠くより」ありがとうございましたm(_)m

つたない当方のブログですが、またお越しください☆
| なぎさ | 2006/05/12 10:42 AM |
TBありがとうございました!
viva jijiさん宅でいつもなぎささんのお名前を拝見していましたが、はじめまして。
ラフマニノフって病気もちだったのですが、どうりであんな難曲を作曲できたわけですね、勉強になりました。
小粋なピアノ演奏を見せてくれたジェフリー・ラッシュをはじめ、俳優陣の熱演には何度も胸が熱くなりました。
こちらからもTBを。
| リカ | 2006/05/13 10:05 AM |
>リカさんへ
おぉぉ〜そうでしたか!
viva jijiさんちで・・・これは失礼しましたm(_)m
改めて、リカさん、はじめまして♪
音楽関連は全くダメな私なのですが、この記事をUPするのに調べたところ、ラフマニノフのことも知りました。
本編でも彼の手の像が出ましたよね。
あれを見てもかなり大きな手でした。
J・ラッシュは初めからピアノが出来なかった人だとしたら・・・この人ってスゴイですよね!
| なぎさ | 2006/05/13 10:53 AM |
なぎささん、コメントありがとうございます。ジェフリーラッシュの他の作品はわかりませんがすごい演技ですね。
>maimaiさんへ
こちらこそ、ありがとうございました〜。
J・ラッシュって面白い俳優さんですよ。
いろんな役をしてますので、また機会あればご覧になってみてください。
ことごとく違う人に見えちゃいますよ。
| なぎさ | 2007/09/24 4:35 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/271
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/05/11 11:22 AM |
大好きな映画です。 ストーリーの運び方はいたって単純。 すごくわかりやすい。 にもかかわらず、実話ということも手伝ってちゃーんと感動出来る。 良い! そしてデイヴィッド・ヘ
| そして今夜も眠れない | 2006/05/11 7:41 PM |
シャイン唐突だけど、私のいちばん好きな楽器はピアノピアノ、そしてピアニストを主題とした映画はたくさんあるけれど、私が今まで観たことあるのは「ピアノ・レッスン」と「ピアニスト」くらい。ということで、実在のオーストラリアの天才ピアニスト、デヴィッド・ヘル
| 気まぐれ映画日記 | 2006/05/13 10:09 AM |
毎日楽しくて元気なんだけれど、ちょぴり最近体脂肪率が気になり始めているママさんダイエットしたいと思っている子育て中のママさん   に ちょっと今流行のいい話をお聞かせします。子供が保育園や幼稚園に行き始めても、パートや派遣で働きに行くのっ...
| 知って得する情報 | 2007/01/19 3:50 AM |
1995年 オーストラリア ドンドン引き込まれていきます。 精神を病んでる姿は
| 映画DVDがそこにある。 | 2007/09/21 10:21 PM |
シャイン’95:オーストラリア ◆監督:スコット・ヒックス「ヒマラヤ杉に降る雪」「アトランティスのこころ」◆出演:ジェフリー・ラッシュ /ノア・テイラー/アレックス・ラファロヴィッツ/アーミン・ミューラー・スタール ◆STORY◆激しい雨の晩、ワイ
| C'est Joli | 2008/01/23 10:26 PM |
SHINE 1995年:オーストラリア 監督:スコット・ヒックス 出演:ジェフリー・ラッシュ、ノア・テイラー、ジョン・ギールグッド、アーミン・ミューラー・スタール、アレックス・ラファロウィッツ、リン・レッドグレーヴ、グーギー・ウィザース デヴィッドは、音
| mama | 2008/02/14 12:33 PM |