<< 自己紹介バトン | Main | 奇跡の輝き >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.05.07 Sunday author : なぎさ

ゲロッパ!



TV放映していたのを、野球延長で30分も待って鑑賞した。
リアルタイムで観たのは、夫が裏番組の「PRIDE」を録画していたから・・・。

寝たらよかった。。。でゲロッパパクッ

面白くな〜いでゲロッパパクッ

寒い・・・さむい・・・ひたすら

さ・む・い・映画だゲロッパ!


なぁ〜んかねぇ、笑わせよう、笑わせよう、としてるのがみえみえで、それがまた、ち〜っとも面白くないんだわ〜。

そりゃ井筒監督は奈良の出身で、根っからの関西人ってことだから「お笑い」についての自分なりのこだわりやら、思いがあるんでしょ〜ケド・・・センス悪い悪い!

第一、西田敏行は、どー見ても“その筋のモン”には見えなーい!
関西弁も一生懸命に喋ってらっしゃるけど、ビミョーにヘン!
彼はやっぱり“釣り”してるほうが似合ってる。
もっと関西弁ネイティブの俳優さんはいなかったの?

そのくせ、関西出身(兵庫県西宮市)の常盤貴子は標準語って設定だよ。

そこいくと、山本太郎は良いねぇ〜。
彼は兵庫県宝塚市の出身だから、関西弁も安心して聞ける!
あ〜見えて彼はなかなか親孝行の良い青年なんですよ。
私は大好きですね!

本作で良かったのは彼と、藤山直美さんだけかな!
直美さん、ファンキーなダンスも上手じゃないですかぁ〜。
ノリノリだったね。

いや、この作品って出演者はけっして悪くないですよ。
こんだけのメンツ揃えておきながら、この演出は悲しすぎる・・・。
借金取りの役してた塩見三省さんなんて、面白い俳優さんなんだけどねぇ〜。


ところで、このヤクザの組長羽原(西田敏行)は、大のジェームス・ブラウンのファンという男。
間もなく刑務所に服役することになっている彼は、その前に25年前に生き別れた娘かおり(常盤貴子)と再会することと、ジェームス・ブラウンのコンサートに行きたいと願っていた。

JB(ジェームス・ブラウン)は1933年生まれ。
現在、73歳!
“ファンク界の帝王”と呼ばれる彼は、あのマイルス・ディヴィスでさえ「彼(JB)に影響を受けた」と言わしめるほどの影響力を持つ。

しかしその一方で、2004年には妻に対するDV(家庭内暴力)で逮捕され、1990年にも、麻薬関連で一時服役している。

彼は、驚異的な記憶力を持っていると言われている。
過去に世話になった全ての人々のフルネームを、現在でも覚えているという逸話があるほど。

そのJBのそっくりさんを初めとする、ものまねタレント達が登場してステージで歌う会場が“ラグーナ蒲郡(がまごおり)”。
愛知県に2002年オープンした“海のテーマパーク”らしい。


観終わって気づいた。
私は井筒監督の作品を、だいたい“10年間隔”で観ていると・・・。
86年の『宇宙の法則』、今は亡き古尾谷雅人が主演の人間ドラマ。
こちらも出演者はかなり良かったが、内容はゲロッパ!

続いて96年『さすらいのトラブルバスター』。
鹿賀丈史主演・・・どんな内容だったか定かではなくなってる。
久本雅美も山城新伍も出てた・・・。

で、今作は2003年作品だったけど、こうして振り返ると段々“見苦しく”なってる。
『パッチギ』はどうだろうか?
それを観て、それも“ゲロッパ”なら・・・井筒さん、あなたの作品は・・・封印しよう。


本日はもう1本『自己紹介バトン』もUPしています。

参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《カ行》  | 09:59 | comments(4) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:59 | - | - | pookmark |
COMMENT
いやホント、山本太郎クンしか印象に残ってません!「ほな、さいなら映画」でしたよ。(笑)ブンブクブンに太ってまった西田敏行、ぜんぜん踊れてないじゃないですか、井筒監督ナンボ言うたかてJ・ブラウンは古過ぎまッ!インパクト、ない!ない!時代錯誤や、オジンの単なる郷愁や!「パッチギ!」観ましたよ。10年以上籍を置いていたこの街の映画サークルから脱会した原因は、この会主催の新年会で前年度邦画ベストワンにこの「パッチギ!」が選ばれたことです。“もう潮時だ!”と思いましたね。・・・「あなたたちの趣味には私はついていけないと・・・」でも高校生の青春ものだから、もしかしてなぎささんの心のどこかにヒットする可能性もあるから一概には言えませんけど。
| viva jiji | 2006/05/07 11:28 AM |
観る気マンマンだったのに、すっかり録画を忘れてしかも30分過ぎてから観始めたんですが、
>寝たらよかった。。。でゲロッパ
>面白くな〜いでゲロッパ
>寒い・・・さむい・・・ひたすら
>さ・む・い・映画だゲロッパ!

えぇ、えぇ、まさにそうでした。(-_-;)
寒すぎるギャグ、ドッチラケでしたねぇ。いい俳優さん使っているだけになんとも勿体無い。
「パッチギ!」観たいと思っていたけど、やっぱり私もやめておこうと思います。。。
ホント、寝ればよかったです。(´・ω・`;)
| shake | 2006/05/07 12:10 PM |
こんにちは。
TBありがとうございました!
やっぱり『ゲロッパ!』ダメですよね(苦笑)
笑えないしあまり意味がわからない。。
あっ、でも『パッチギ!』はオススメですよ♪
僕はかなりお気に入りの作品です!
『パッチギ!』で感動したので、期待して『ゲロッパ!』を
観たらガッカリしてしまいました。。
もし『パッチギ!』ご覧になったら感想聞かせてくださいね☆
| こーいち | 2006/05/07 2:41 PM |
>viva jijiさんへ
やっぱりですか!
「ほな、さいなら映画」。。。まさしく!
方言を話す作品って、どうしてもその地で育った人じゃないと微妙なニュアンスが違うんですよね。
そこが気になったりしちゃうんです。
太郎君や直美さん、それに岸部一徳さんらだけで、やってほしかったなぁ〜。
以前にviva jijiさんのレビューにありましたが、藤山直美という名女優を、どうしてこうも使い切れないんでしょ!
ここでも、やっぱり中途半端な役でしたよね。
へぇ〜『パッチギ』が脱会の原因だったですかぁ。
それにしても10年間も在籍されてたんですねぇ〜スゴイ!


>shakeさんへ
shakeさん、30分の見過ごしは、ノープロブレムですよ!(笑
私も何度も寝てしまおうかと思ったんですが、意地になって観てやりました(キッパリ
録画ならCMも飛ばせるものを、すべてリアルタイムで見通したわけですから・・・時間返して欲しい。。。
井筒ちゃん、もうダメかもねぇ〜shakeさん。


>こーいちさんへ
うわぁ〜、こちらこそ、ありがとうございます!
そうですか!『パッチギ!』はいけますか?!
なるほど、こーいちさんはそれで本作にも期待されて観たのですね。
本作は、何と申しましょう、ギャグのダダすべり、リズムが悪い、極道モノとJBの融合がわざとらしい・・・などなど、ダメ要素が満載でしたね!
『パッチギ!』、百聞は一見にしかずでいずれ観てみたいと思います〜♪
そのときは是非TBさせてくださいね!
| なぎさ | 2006/05/08 10:46 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/265
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/05/07 10:12 AM |
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:] 青春度[:サッカーボール:][:サッカーボール:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】 井筒和幸 【出演】 塩谷瞬 /高岡蒼佑 /沢尻エリカ /楊原京子 /尾上寛之 <ストーリー> 1968年の京都、お寺の息子松山
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/05/07 2:32 PM |
「ゲロッパ!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:西田敏行、常盤貴子、岸部一徳、山本太郎、桐谷健太、他 *監督:井筒和幸 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/05/08 2:25 AM |
2003年日本監督/井筒和幸出演/西田敏行 岸部一徳 常盤貴子 山本太郎    長塚圭史 ラサール石井 寺島しのぶ 益岡徹   トータス松本 益岡徹 藤山直美 岡村隆史   小宮孝泰 根岸季衣収監を数日後に控えた組長・羽原(西田敏行)は組の解散を子分達に
| お茶の間オレンジシート | 2006/05/10 9:57 PM |
今日、21:00〜(実際は野球延長で21:30〜)日本テレビで 『ゲロッパ!』がやっていた。 《私の
| しましまシネマライフ! | 2006/05/21 2:04 AM |
団塊世代西田敏行 団塊世代の覚悟を語る婦人公論に西田敏行の団塊世代健康論が書かれていました。 タイトル 『もう逝ってもいいかなと思える生き方をしたい』(以下、部分抜粋)心筋梗塞で倒れて九死に一生を得たのは、3年半ほど前、2003年の3月のことです。年齢
| 西田敏行団塊世代の健康 西田式生き方 | 2007/04/07 5:59 PM |