<< 南極日誌 | Main | 四月の雪 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.04.29 Saturday author : なぎさ

tokyo tower〜東京タワー〜



きっと恋は、するものじゃなくて・・・
 
    ・・・落ちるものなんだ・・・

いやぁ〜、頑張って欲しいなぁ・・・この二人じゃなくて

キョンキョンと亀梨クン拍手

20歳の年の差なんてなによ!
大丈夫・・・恋は“落ちる”ものだから。。。

私の好きなあの人・・・チョ・ハンソン 25歳
私・・・○○歳
その差・・・ン歳  この年の差でもアリかも・・・(あるわきゃねぇ〜だろ悲しい

自分のことはあり得ないので置いといて、本作の二人ねぇ〜。。。
まず第一に、岡田准一にしろ、松本潤にしろ、あたしゃ恋愛対象として見れませんわ!
可愛すぎるというか・・・なのでこれ、感情移入ができない!

そして、二人とも

前髪を切れ〜!うっとうしい!

じゃぁこの人なら感情移入できそうっていう他の若手俳優は・・・と見渡しても、日本ではこの人っていう若手がいない。


おまけに、黒木瞳扮する詩史(しふみ)の夫がコノ人→岸谷五朗。
あたしゃこの人も苦手なタイプ。。。しょんぼり
顔も声も好きになれない。
まっ、この人が夫なら、よそに目が行ってもしかたないっちゃ〜しかたないかも。。。
これが、佐藤浩市とか高橋克典とかなら、そもそも浮気しないかも〜。
個人的に好きなもので。

人妻は可愛い・・・楽しみに飢えてるか

ら・・・


このセリフ、ちょっとドッキリしちゃいましたびっくり

松本潤の不倫相手には寺島しのぶ。
この人、けっこう良い演技だったような気がする。
で、これも夫が「雨上がり」の宮迫なんだよねぇ〜。
「明日から出張だから、今日は酢豚だな」・・・嫁のお尻をなでまわす宮迫。
あのシーンを、“車三つで轟”の轟さんでやって欲しかったなぁ〜

うっぷんを晴らすかのように彼女はフラメンコを習う。
このフラメンコも良かったんじゃないですか。
さすが歌舞伎界の娘だけあって、踊りのジャンルは違ってもDNAにあるんだろうね!

だけど寺島しのぶの顔が、松本潤の2倍

あったよ。。。


でもねぇ〜、この透(岡田准一)は、詩史の好きな音楽を聞き、彼女の好きな小説を読み、彼女から電話がかかってくるからとバイトもしないの。
こんなにドップリ浸られたら、なんか怖い。。。

で、結局、この二人の悲恋の結末は、詩史の夫に見つかり、透の母親(余貴美子)の知れるところとなったっていくわけです。

でも最後はきっちりハッピーエンドです!

一般世間では、そうはいかないだろうね。
親、兄弟、親戚・・・いろんな人たちがからんできちゃう。
その前に“世間体”ちゅうものが立ちはだかるし。

なんで女性が年上で、男性が年下となると、こんなふうになっちゃうんでしょ。
逆の場合は余り言われないのに。

いいじゃな〜い、こういう恋愛、こういう夫婦があったって。
オンナは年下の彼のためにいつまでも若くキレイでいようと努力するし、オトコは年上の彼女をいたわったり、もっと年老いたら“介護”したり・・・。

でも、男の人って年上でも下でも、“甘えん坊”だったりするよね。
年上だから“大人”ってこともないと思うんだけど。

それにしても黒木瞳の“背中”がキレ〜イ!
無駄なお肉もついてないし・・・あのカラダだったら20歳下の男性とでも・・・ノープロブレムだわね!


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ


皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のため暫くの間コメントは、管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。

| 映画 《タ行》 | 06:57 | comments(9) | trackbacks(7) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 06:57 | - | - | pookmark |
COMMENT
おはようございまーす。
ゴールデンウイーク初日なのに、、仕事してます。
(って割に、ネットサーフィンしている私。)
この映画岡田萌えしている友人に引きづられ初日に行きました。
(もち、彼女のおごり)
岡田君きれいでした。
でもやはり、、寺島しのぶがぴか一でしたね。。
あの迫力凄かった。。黒木瞳さんかすんでいましたよ。。
車で松潤に突っ込むところはもう、、
きっと今後も良い意味でも悪い意味でも松潤(役名忘れちゃったよ。)の頭の中にしっかりくっきり、彼女のことは刻印されているな〜と思うとちょっとうらやましくもありますね。

私、、、上下20歳ぐらいはカモ〜ンです。。(笑)
| Tani-Boo | 2006/04/29 8:24 AM |
おっと、ネットサーフィンで波乗りしてますねTani−Booさん!
連休もお仕事ですか?
連休明けにお休みなのかな?
ほ〜ほ〜、劇場鑑賞されたですか。
あの甘ったるいセリフを聞くと、ちょっと鳥肌ねっ(笑
なんか、このお二人ってドラマで親子役したことあったんですってね。
ちょっと近親相姦じゃない・・・うひひ。

逆切れする寺島しのぶは見ものでした!

あら〜ん、Tani−Booしゃん、20歳はノープロブレムですか?
私もねぇ〜、上はちょっとだけど、年下なら欲しすぃ〜(笑
| なぎさ | 2006/04/29 12:20 PM |
いいね〜不倫。でも出来ない。
理性と腹の肉が邪魔して出来ない。
もしもシリーズで・・もし出来たら私はエリック。
・・・もちろんハンソンですよね?

全然違う話ですが昨日「ハイド・アンド・シーク」観ました。ご覧になりましたか?
すごく面白かったです。ロバート・デニーロはいいね。
ダコタも上手い!
| toto | 2006/04/29 5:11 PM |
観ましたか〜。ふふふふ。
コレ、私の中では女版渡辺淳一と思われる作家、江國香織の欲望を映画化したものだと、岡田准一のおしり公開シーンで確信が持てました。
楽しみに飢えてるのは人妻じゃなくてアナタではないのか、と。

そして私も密かに応援してますキョンキョン@40歳。相手がジャニーズてとこがまたベタでいいっすね☆

TBさせてくださ〜い
| ヨッシー | 2006/04/29 10:50 PM |
こんばんは〜。
確かに寺島しのぶの顔、大きかったですね。(笑)
顔が大きいのも歌舞伎役者の血筋かもしれないですよね(汗
こういう年の差カップルって、今はいいけれど、数年後は確かに「介護」も出てきますよね・・・。私だったら、きっとそういういろんなことが頭の中をめぐってしまって、その一歩を踏み出せずに終わっちゃうんだろうなぁ・・。
| shake | 2006/04/29 10:52 PM |
> 人妻は可愛い・・・楽しみに飢えてるから・・・

きゃー!私もこの台詞にちょっとドキッとしました。
でもあんな何十歳も下の男に言われたら、腹が立ちます!
ただでさえ松本潤ってあんま好きじゃないのに。。
もう、なんだコノヤロー!って。笑

なぎささんって、チョ・ハンソンとそんなに歳が
違うんですかっ!?失礼かもしれませんが、そんなに
変わらないぐらいかと思ってました…!
| batako | 2006/04/30 1:27 AM |
>totoさんへ
totoさん、こんにちは〜♪
>理性と腹の肉・・・
まさに!
エリックという方を、私はまだ知らないのですよ。。。すみませ〜ん。
これから覚えていきますぅ。
はい!私はハンソンです・・・または『僕カノ』のチャン・ヒョクでも!

『ハイド・アンド〜』はまだ未観です。
良かったですか?
近日公開のダコタちゃんの新作『夢駆けるドリーマー』は観に行こうと思ってます♪


>ヨッシーさんへ
おっ、ヨッシーさん、ご覧になってましたよねぇ〜。
昨日お邪魔して検索したけど、無かったので感違いかと思ってました。
あとで、お邪魔してみます。
渡辺淳一の空気は感じられますね!
うふふ。。。それを岡田クンのお尻で確信とな(笑
確かに、いいケツ・・・いや、可愛いお尻でしたな♪

でしょ〜、キョンキョン&亀ちゃんの恋愛は、私たち主婦にも勇気をくれました!(って、どんな勇気?)


>shakeさんへ
松本潤の顔が小さすぎるってのもあるんでしょうね。
もこみちクンも小さいですよねぇ〜。
最近の若い男の子は、顔が小さすぎかな。

若い時は良いとして、いずれくる「現実」は年齢による「老い」ですよね!
夫が50歳で、妻は70歳になってるわけですから・・・。
この辺に来ると、ちょっとキツイですねぇ。


>batakoさんへ
そうそう、私もドキッとした後に「ムカッ」とするに違いない!
私も松本潤って女の子顔なのが好きじゃないです。

あ〜、batakoさん!
私とハンソン・・・そんなに差はないですよ〜ん。
私の方が5歳上だけ・・・(グーンと鼻が伸びた!←嘘をついたピノキオ)
でもね、ハンソンが25歳で、岡田准一って一つ下の24歳なんですよね〜。
なんだか幼く見えますよね!
| なぎさ | 2006/04/30 10:27 AM |
好きになるのには年の差なんて関係ない!というのを見せつけられた作品でしたね。
そりゃ黒木さんはキレイですもんね〜。
ま、一般人にはこんな恋愛は無理ってことで(笑)

でもやっぱり不倫はいけないと思う!!
| ゆかりん | 2006/04/30 6:48 PM |
>ゆかりんさんへ
キョンキョン&亀梨クンの話題でタイムリーだったので、録画してたのを観たのですが、ある意味、羨ましいけど有り得ないですねぇ〜。

「不倫は文化だ!」と言った、靴下を履かない元トレンディー俳優もいましたが・・・やっぱり、ダメなものはダメですよね(笑
| なぎさ | 2006/04/30 9:30 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/258
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/04/29 7:39 AM |
「東京タワー」やってます。 いつもお邪魔してますvivajijiさんのブログの記事(17番目)。 これを読ませて頂いて、むしろ、どんくらい寒イボが出るのか怖いもの見たさで 観ちゃっ
| そして今夜も眠れない | 2006/04/29 10:52 PM |
中高年女性向けの、夢物語。 20歳も年上の女性に若い大学生が惚れてくれるのですか?
| シェイクで乾杯! | 2006/04/29 10:53 PM |
テレビでやっていたのをビデオに録画し鑑賞。 不倫はイヤだけど、年下好きの私としては女が年上の年の差恋愛バンザイです!! 黒木ひとみ&岡田准一の不倫年の差カップルは、あまりにも映画用の美しい恋愛でチョットねぇ。。。岡田君だから許せるけど、好きな女の
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/04/29 11:23 PM |
公開:2005/01/15監督:源孝志原作:江國香織    『東京タワー』(マガジンハウス刊)出演:黒木瞳    岡田准一    松本潤    寺島しのぶ 他 売れっ子CMプランナーを夫に持つ41歳の詩史は、自身も青山の一等地でセンスのよいセレクトショップ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/04/30 6:43 PM |
東京タワー プレミアム・エディション こないだTVでやっていた 「東京タワー」 これ最初は、あのリリーフランキーさんの やつかと思っていたんですが 調べたら全然違っていたんですね
| サクサクっと・・・ | 2006/04/30 9:55 PM |
劇団ひとりのベストセラー小説「陰日向に咲く」が岡田准一主演で映画化されます。この小説は劇団ひとりの作家デビュー作として昨年1月に幻冬舎から出版され、売り上げ65万部を記録。5つの短編が絡み合う連作小説集で、それぞれ情けない落ちこぼれが主人...
| | 2007/05/02 11:55 PM |