<< オーバー・ザ・レインボー | Main | キャスティング・ディレクター >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.04.16 Sunday author : なぎさ

連理の枝



“天に在りて願わくは 比翼の鳥と作らん
 
地に在りて願わくは 連理の枝と為らん”


唐の第六代皇帝・玄宗と楊貴妃の悲劇を読んだ白楽天「長恨歌」の末尾の一節。

初日の初回で鑑賞。
先日の『タイフーン』より観客は多い。
ただし、年齢層は高し。
“アジュマ&アジョッシ”ばっかり・・・これもチェ・ジウ効果か?!
チョ・ハンソン目当てで来たような人・・・私以外にいたのかなぁ?

意外だったのは、悲しいばかりの映画ではなかったこと!
前半は、かなり笑えるコメディータッチに仕上がってた。
先日観た『プロデューサー』より笑いが起きてたよ。
まぁ〜、おばちゃん&おっちゃんが多いので笑い声も大きかったのはあるけど。

で、後半に来て一気に悲しみムード全開になります。
映画館でこれほど本気泣きしたのって初めてかも。。。
声が出そうになった。
家なら間違いなく号泣だったけど、必死でこらえました〜。




また、良い感じに本国では“バラードの皇帝”と呼ばれるシン・スンフンの主題歌が流れます。
♪ナ ダシ テオナド〜 ノマ〜ヌル サラン ハル コヤ ナエ ジョンブィン ノマヌル・・・(もし生まれ変わっても 君だけを愛したい 僕のすべてである君だけを・・・)♪

はっきり言いましょ!
隠しようもなくこれは“ザ・韓流映画”でございます。
正統派メロドラマ。
したがって、この雰囲気が苦手な方は、どうしようもなく白けてしまうでしょう。
ところが、過去においてその“韓流カラー”を横目で見て白けていた私が、

今、ド〜ップリ“ザ・韓流”の波に乗っ

ております。


・・・“クサイ”と言われても、また死ぬんかいと言われても、突っ込みどころが満載と言われようが・・・泣きたいから泣くのです!・・・ってアレ?ちょっと開き直ってますぅアタシ?


チョ・ハンソンのプレイボーイ役ミンスは良く似合ってる!
あんなふうに、カクテルを目の前でサ〜ッと作ってくれて、その後グラスにジッポのライターでスッと火を点けてくれたりしたら・・・こ〜りゃ、オンナはまいっちゃうわぁ〜ときめき

チェ・ジウ演じる不治の病に侵されたヘウォン。
これが意外と面白い女性として描かれています。
変装しては勝手に外出してしまう。
元気そうに見えるけれど、いつ発病するかしれない“時限爆弾”を抱えて。

二人の友人役で脇を固めるチェ・ソングク(asキョンミン)とソ・ヨンヒ(asスジン)。
ハンソンが高すぎて、ソングクは背が低そうに見えるけど、身長180cmもある。


タイトルにもある連理の枝の木は、500万円をかけて牛島に植えられたらしい。
この木の下で、チェ・ジウが“永遠の愛”を誓ったとあって、すでに名所となっているとか。
日本でもJTBから、本作のロケ地を巡る2泊3日のツアーが企画されております。

公開中にあと数回はハンソンに“会いに”行くでしょう・・・完全にイカレてますニコニコ


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ

最近、英語のみのスパムコメントに困っております。
皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、スパム防止のため暫くの間コメントは管理者の承認後にUPさせていただきますことをご了承ください。
申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。











| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 09:57 | comments(26) | trackbacks(56) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:57 | - | - | pookmark |
COMMENT
キタ------ \(・∀・)/------ちょと電車男風)
やつぱり、、初日の初回ですか、、、
アジュマ&アジョッシってことはご夫婦づれなのか?
それとも、、それぞれグループでお越しなのか?

それを見に行くだけでも劇場に足を運びたい。。
だって、、アジュマ達たら坐った途端にカバンを開けて食べ物を配るんですもの、、持ち込みあかんやろ?といいながらも何が出てくるか?楽しみに見てるんです。。私。

先日シン・スンフンssiのMVも見てきました。。
予告編もばっちり見ました。。これで予習はOK!
後は、劇場に足を運ぶだけです。。。
声をあげて泣かないように気をつけて
テッシュを山もりポケットに仕込んで出かける所存!
| Tani-Boo | 2006/04/16 11:58 AM |
>TaniーBooさんへ
そーなの!夫婦連れが多かった!
後はおばちゃんの小団体。
だから笑うところもハデに笑ってました〜♪

それにしても本作は皆さん酷評されてます。。。
有り得ない設定・・・泣かそう泣かそうとしてる・・・ベタすぎる等々上げればキリがないほどに(涙
TBするのもはばかられます。
だけどこの「ベタさ」が良いんだけどなぁ〜、ねぇTaniーBooさん!

| なぎさ | 2006/04/16 12:08 PM |
早速TBR有難うございます。
この映画は昨日見てきました。
感動・笑い・BGMと3拍子揃ったいい映画だったと思いました。会社の先輩には笑わせていただきました。
またクリックさせていただきます。
| あっしゅ | 2006/04/16 12:13 PM |
>あっしゅさんへ
うわぁ〜今まさにコメントとTBをさせていただいたところでした!
酷評の嵐の中(笑)あっしゅさんの記事に癒されました〜。
ハンソン見たさに足を運んだ私ですが、内容的にも満足でした。
初めからメソメソムードかと思いきや、けっこう笑えたのは良かったです♪
私もまたお邪魔させていただきますね☆
| なぎさ | 2006/04/16 12:21 PM |
コメントありがとうございました〜♪

スミマセン、韓流どっぷりのなぎささんに
あのような失礼極まりないトラックバックを送ってしまいまして・・・(^o^;

チェ・ジウはどーもニガテです。

そういえば、先週の土曜日、「タイフーン」をしてきました。
この映画とは打って変わって硬派な韓国映画で口直しと言ったトコロでしょうか。
スゴイ迫力で腰が抜けました(^o^;ひゃ〜
| こっちゃん | 2006/04/16 3:40 PM |
>こっちゃんさんへ
いえいえ〜、とんでもないですよ〜、映画の好みは十人十色ですから色々な感想があって良いのだと思います。

私もチェ・ジウにはあまり関心がないです。。。

『タイフーン』ご覧になられました?!
スケールの大きな作品でしたね。
ちょっと突っ込みたくなるトコもありましたが、イ・ジョンジェの思わぬカッコ良さに許せました(笑
| なぎさ | 2006/04/16 4:22 PM |
こんにちは♪
TBありがとうございました。
いやぁ、韓流の波に乗った方の感想もとても気持ちが良いです!
いいもの読ませていただいてありがとうございます。
そうなのよね、誰がなんといおうと入り込める人は入り込めるのよね。
私だって「え?この映画でなんで泣くの?」と言われることがありますもん!
そして好きな俳優が出ている映画は何度も通います!
(昨年は最高7回でした)
ということでなぎささんも何度も通ってね!
| ミチ | 2006/04/16 6:19 PM |
なぎささん、こんにちは。
TBとコメント有難うございました。
かなりの映画党そしてかなりの韓流党でいらっしゃいますね。
私はチェ・ジウ大好きの、そのアジョッシですよ ^^;
冬のソナタが日本列島に上陸する前から、こっそりチェ・ジウファンだったのに皆に知られてしまってサミシ〜イです。
これから時々遊びに来させてくださいね。
TB遅らせてもらいます。
| かつ | 2006/04/16 10:12 PM |
TBありがとうございましたm(__)m
ワタシもお返しTBさせて頂きました。

すごい沢山の映画を見られてるんですねw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
参考にまた、遊びによりますね!では!
| 猫野トクコ | 2006/04/16 10:50 PM |
>ミチさんへ
なんだかひいき目で鑑賞しているので、その分は差し引いてくださいませ〜(汗
そうなんですねぇ、好きな俳優さんが出てると言うだけで気持ちが入り込みますし、公開中は気になってしかたないんです〜(笑
ミチさんが7回も通われたという方はどなたなのでしょう?
とっても気になるわ〜!


>かつさんへ
かつさん、すみませんm(_)m
気持ちがあせって、自分のURLを間違ってしまったようです。。。
かつさんはチェ・ジウがこんなにブームになる前からのファンなのですねぇ〜スゴイ!
分かる気がします・・・ブレイク前から応援している方が、人気が出て注目されるのは嬉しいけど、誰かに取られてしまいそうで寂しいという感じ。
私もね、まだ日本ではさほど人気が急騰していない、今のハンソンのほうが安心です(笑
四天王みたいに注目されないほうが良いかなぁ〜なんて・・・。
私もまたそちらへ伺いますね!


>猫野トクコさんへ
こちらこそ、ありがとうございます!

数だけは毎日更新しているので増えてます。。。
洋画が多かったのですが、最近はこの通り、韓国映画も勢力を増しておりまして(笑

つたない記事ですが、いつでも遊びにいらしてくださいね!
私もお邪魔させていただきます♪
| なぎさ | 2006/04/17 9:38 AM |
はじめまして^^TBありがとうございました。
たくさん映画を見られてるんですね。韓流も!「連理の枝」は面白いところもあると聞き、心が動きました。
見てみようかな〜。
昨日家族が映画館に行ったら、老若男女超混みこみだったそうです。公開ラッシュのようですね。(ちなみに見たのは「3丁目の夕日」。1日1回ですがまだやってました^^)
まだ見てませんが、TBさせて下さいませ。私もTBで悩んでいます。気持ちよおく分かりますよ!
| cocoan | 2006/04/17 5:55 PM |
私もこの映画そのうち見に行こうと思ってます!
そんなに泣けるなんて…!
私も泣けるでしょうか?
今まで、泣けると聞いて見に行った映画で泣いた試しがないので今回こそは期待出来るかなと思ってますヾ(´▽`;)ゝ
私は、チェジウが好きですね〜。
冬ソナはBSでしかやってなかった一番最初の頃から母と見ていて、透き通るように白くて、なんて可愛い人なんやぁ〜と思ってたんです!ヨン様も結構好きですけどね。
| 荒井 覚子 | 2006/04/17 5:55 PM |
おおー!すごいハマりっぷり!!

私はまさしく“白けてしまった人”だったので、
終始“白けて”ました〜。笑

「連理の枝」の前日に試写会で観た、「ダンサーの純情」
の方が、私的には泣けました!でもこれまた“ザ・韓流”で、
白けてしまうと突っ込みどころは満載です。。。
| batako | 2006/04/17 10:42 PM |
>cocoanさんへ
はじめまして!
そしてTB&コメントありがとうございます!
ぜひ、ご覧になって〜『連理の枝』♪
鑑賞前に、あまり予備知識を入れずに、どちらかというと「ラブコメ」という感覚で観られた方が感動が増すような気がします。
宣伝では思いっきり「お涙頂戴の純愛メロ」のような触れ込みになってますけど、コメディー要素もあるので・・・。
これからGWにかけては、新作ラッシュですよねぇ。
近いところではナタリー・ポートマンの『Vフォーヴェンデッタ』です。
cocoanさんもスパム被害に遭われてますか?
凄く迷惑ですよねぇ。
私は英語のみのコメントを一度に200件近く付けられます。
サーバーの防御をすり抜けてやって来るのです。
こうして皆さんと交流できることがブログの喜びなのに、そんな輩に邪魔されたくないですね。
また、遊びにいらしてくださいね!


>あきちゃんへ
おぉぉ〜!あきちゃん♪
本作は意見がはっきり別れるところですが、私が思うにこれは宣伝の触れ込みのような「純愛メロ」だけではない映画です。
なので「ラブコメ」くらいの気持ちで観に行かれる事をオススメします!
私の場合はハンソンが出てるということだけで「泣きスタンバイモード」になっちゃってますが・・・。
ジウ姫のブレイク前からのファンなのねぇ。
お母さんがヨン様ファンというのは、もう有名(?)ですよね(笑
ジウ姫はもう三十路ですよね。
でも本作の彼女、可愛いです!
そして背が高い彼女が並んでも、ハンソンが高いので絵になります。(187cmなんだよ〜☆)
「韓流」が嫌いでなければ楽しんでいただける作品かとおもいます!
あっ、そうそう後で【ミクシィ】にメッセージ入れるね!


>batakoさんへ
そ〜なんですよbatakoさん!
とにかくハンソンが好きなので、あのラストには想像していなかったので余計に泣けました。。。
『ダンサーの純情』というと韓国のジョン・トラボルタと言われるパク・コニョンと、韓国民の妹と称されるムン・グニョン主演による作品ですね!
うわぉ〜観たいです!
「ザ・韓流」は受け付けない人には、相当拒絶反応が出てしまうでしょうねぇ。
かつて、私もその一人でした(笑
しかも去年の秋までは・・・。
それが今ではハングルを勉強したいとまで思っているアタシです(恥
| なぎさ | 2006/04/18 10:24 AM |
お邪魔します。。
>“クサイ”と言われても、また死ぬんかいと言われても、突っ込みどころが・・
クサさがたまりません!病気、誰かが死ぬ・・これはもうお歳暮やお中元セットのようなもの、またかって、思ってもやっぱり嬉しい・・・
このクサさしばらく待ちますです。
中村獅童、あたしもこの方苦手なんです。ハニワを意識したのにはウケましたが、意味もなく苦手なのです。この作品有名なのだけれど、多分これも一生見ることはないお話。
| グロリア | 2006/04/18 1:23 PM |
>グロリアさんへ
グロリアさ〜ん、聞いてくださ〜い。。。(涙
本作の酷評の多いこと、多いこと!
中には本気で怒ってる方いらっしゃいますから。
このクサさが分からんのですねぇ〜そういう方々は!
そ!そ〜ですとも!
お歳暮やお中元セットなのですよね!(拍手
でも本作は、あまりにも「純愛メロ」で宣伝しすぎてます。
意外と「コメディー性」も多く盛り込まれているので、「ラブコメ」的に思わせておいて、ラストに泣かせる・・・というパターンの宣伝のほうが効果的だったかもです。
ちょうど『僕カノ』みたいな雰囲気あるので。

おぉ!グロリアさんも獅童は苦手ですか!
芸能ニュースぐらいでしか見たことなかったですが、作品で観てもやはり受け付けませんでした(笑
| なぎさ | 2006/04/18 9:16 PM |
本日レディースデーなので、仕事帰りに劇場にいってきました〜。
もう、ハンソン君目当ての邪眼全開でみましたよ。。
そんなに酷評されるほど悪くはないと思いました。
悲恋というより、私にはどちらかというとある意味ハッピーな恋愛に感じました。こういう形もありかなと。。
TBさせてくださいね。。
| Tani-Boo | 2006/04/19 10:42 PM |
>Tani−Booさんへ
ご覧になったんですね!
できるなら駆け寄ってハグハグしたいよ〜ん♪
そ〜でしょ、でしょ〜、そんなに悪くはないよねぇ!!
言えてますねぇ本作は「ハッピーエンド」な映画かも・・・。
二人はあの世で結ばれることになるのでしょうから。
これね、ハンソンも死ぬことになっているけど、実際には彼の死は描いてないでしょ。
それが良かった!
観てる者に後の事を想像させてくれてるなぁって気が付きました。
こういう愛の形もあるのですねぇ〜(遠い目のアタシ)
| なぎさ | 2006/04/20 9:41 AM |
なぎささん
TBさせて頂きました。
いや〜〜〜〜、あまりまともな文章が書けないのですが・・・。
そしてTB返し、さんきうで〜〜す!(*^-^)ニコ
| fran(フラン) | 2006/04/23 5:23 PM |
>フランさんへ
こちらこそ〜TB嬉しいです〜♪
ちょっと期待ハズレさせてしまったのが申し訳ないのですが。。。
じ、次回を待ちましょ、ねっフランさん(笑
| なぎさ | 2006/04/24 9:43 AM |
なぎささん、こんにちは ^^
なぎささんはハンソンssiお好きだとのことなので、
この作品はたまらない1作だったのではないでしょうか。
わたしは事前に酷評されている記事を幾つか見ていたので、
どうだろうと思いつつの鑑賞でしたが、思ったより良かったです。
わたしもチェ・ジウssiにはあまり関心がないので、
ヘウォンにはあまり感情移入できませんでしたが、
ハンソンssiが素敵でした。
ただ・・・あの長髪はどうなのでしょうね?
もう少し短いほうがいいのに・・・と見ている間中思っていました。
| tamayuraxx | 2006/04/27 8:44 PM |
>tamayuraxxさんへ
ご覧になったのですね!!
おぉぉーーーっ、嬉しいです♪「思ったより良かった」というお言葉っ!
そしてハンソンが素敵だったとのご感想も!
実は私、昨日、2回目を鑑賞してまいりました。。。
何度観ても、ハンソンに心を奪われるのです(笑
スクリーンに向って、好き好き光線を送り続けておりました(恥
は〜い、そうなんですねぇ〜、あの髪型が悔やまれます。
『オオカミ〜』のような髪型か、来日した時の短髪が似合いますね!
むさ苦しく写ってましたよねぇ。
公開中にあと何回会いに行けるかなぁと考えています。
| なぎさ | 2006/04/28 8:10 AM |
なぎささんこんばんは。
私の周りでも、評判イマイチですが、私はこの映画好きです。チャンスがあったらまた見に行きたいと思うくらいに・・・
ストーリーが読めようが、またこの展開?と言われようが、好きなものは好きです、私も。
充分に泣かされ、家に返ってからもしばらく余韻に浸っていました。
シン・スンフンの曲も良くて、すぐCD注文しました。
| aki | 2006/04/30 12:21 AM |
>akiさんへ
akiさん!ありがとう!嬉しい〜嬉しいですよ〜(涙
>チャンスがあったらまた見に行きたい
感激です!そこまで言っていただいて・・・。
私、3回観ました!
何度観ても泣けるんです。。。窓越しにハンソンが「サランヘ〜」と繰り返すシーン!!
スンフンssiが歌うあの主題歌は、この映画にピッタリでしょ。
でも、あの曲は実はこの作品のために作った曲じゃないのだそうです。
それでも、映画としっくり合ってる!
シン・スンフンという歌手は凄いですぅ♪
あの曲も、暗記しちゃいました〜(笑
akiさん、また遊びにきてくださいね!ぜひ〜♪
| なぎさ | 2006/04/30 10:41 AM |
TBどうもありがとうございます。
私は先月の25日に見に行きましたよ。最後の木のシーンは感動しました。確かこの木が500万もかけて作ったそうで、すごいですね。
| かなやす | 2006/05/06 1:57 PM |
>かなやすさんへ
そうらしいですねぇ〜。
済州島の横にある小さな小島・牛島に植えられているらしいです。
きっと新たな観光名所になっていることでしょう。
| なぎさ | 2006/05/07 8:55 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/246
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/04/16 10:22 AM |
 タイトルをよく読まずにいたので、“理力の杖”のようなものだと思っていた。難病だって魔法使いの武器である杖によって治してしまうファンタジーのような・・・
| ネタバレ映画館 | 2006/04/16 11:16 AM |
----このタイトルどういう意味? 「うん。白楽天の『長恨歌』というのにある一節 『天に在りては願わくば比翼の鳥と作らん』 『地に在りては願わくは連理の枝と為らん』。 つまり心も体もひとつに溶けあって深く結ばれた永遠の愛を 謳っているんだね」 ----よく知ってい
| ラムの大通り | 2006/04/16 11:37 AM |
今日は某スポーツ紙のサイトで当選した 『連理の枝』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★
| しましまシネマライフ! | 2006/04/16 11:47 AM |
評価:★9点(満点10点) 監督:キム・ソンジュン  主演:チェ・ジウ チョ・ハンソン チェ・ソングク     ソ・ヨンヒ 2006年 107min 青年実業家ゲーム会社の社長ミンス(チョ・ハンソン)は 愛をゲームとしか思っていなかった。そんなある日
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/04/16 12:00 PM |
●『連理の枝』2006年4月15日公開。韓国3月下旬公開。今、TVで『輪舞曲 RONDO』やってるみたいだけど一度も観た事ない(笑)いまさら『冬のソナタ』を観てます・・・といいつつ。もう半年たったけど後3話見たら終わり。確かにチェ・ジウの人気が
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2006/04/16 12:17 PM |
狙ったわけではないのだが、期せずして韓国映画3連発になってしまった。試写会にて鑑賞。 チェ・ジウだし、またまた韓国お得意の不治の病っぽそうだし、あんまりなぁと思っていたのだが、おっと意外な展開に意外な嬉しさ。映画の前半と後半で随分タッチが変わってくる
| 迷宮映画館 | 2006/04/16 12:49 PM |
映画 「連理の枝」 の試写をイイノホールにて。 ”連理の枝”とは、二本の樹の枝が成長するにつれ、寄り添いながら絡み合い まるで一本の樹のようになっていく様を表したものだそう。 白楽天の漢詩「長恨歌」の一節だそうです。 ”涙の女王”チェ・ジ
| ようこそMr.G | 2006/04/16 1:24 PM |
監督 : キム・ソンジュン 主演 : チェ・ジウ / チョ・ハンソン /       公式HP:http://www.renri-no-eda.com/「 連理の枝 」とは白楽天の著名な漢詩「 長恨歌(ちょうごんか) 」の一節。七夕の日に、長生殿において楊貴妃が玄宗皇帝に誓った言葉
| MoonDreamWorks | 2006/04/16 1:32 PM |
<チラシ> 楽しんでいただけたら・・・
| CINEMAチラシーズ | 2006/04/16 2:44 PM |
あ、忘れてた! こっちゃんはチェ・ジウが大の苦手だったんだ! v(。・ω・。)ィェィ♪ 【2006年 韓国映画/試写会にて鑑賞】 (2006.4/15 公開) 連理の枝(公式HP) 【お話し】若き青年実業家ミンス(チョ・ハンソン)は、数々の女性との恋愛を楽
| こっちゃんと映画をみまちょ♪ | 2006/04/16 3:08 PM |
★ツッコミどころは、山ほどありますが・・・(苦笑)面白かったです。ベタかと思った
| 空の「一期一会」 | 2006/04/16 4:13 PM |
「連理の枝」スペースFS汐留で鑑賞 韓国映画久しぶりです。作品は韓国恋愛映画の王道。クサイ台詞、病気、病院、携帯電話…。チェ・ジウが後半涙を何度となく流しますが、彼女でなくても良かったのでは?韓国恋愛映画はこのクサさを楽しんでしまわないと持ちません
| てんびんthe LIFE | 2006/04/16 4:19 PM |
映画館にて「連理の枝」★★☆ 難病モノは韓国映画の十八番だけど、ここまできたか!と感心するやら呆れるやら。ということで感想はネタバレを含みます。要注意です! 偶然の出会いからお互いに惹かれあうようになる前半では、へウォン(チェ・ジウ)もなぜ入院して
| ミチの雑記帳 | 2006/04/16 6:15 PM |
監督・脚本、キム=ソンジュン。2006年韓国。恋愛映画。出演、チェ=ジウ(ヘウォ
| erabu | 2006/04/16 7:49 PM |
「連理の枝」 在 天 有 願 作 比 翼 鳥 在 地 有 願 為 連 理 枝  (天に在りて願わくは 比翼の鳥と作らん) (地に在りて願わくは 連理の枝と為らん) 唐の第六代皇帝・玄宗と楊貴妃の悲劇を読んだ 白楽天「長恨歌」(ちょうごんか)より。 漢
| 本と映画の日々  そして、ゆめのつづき | 2006/04/16 9:03 PM |
「冬のソナタ」「輪舞曲〜ロンド〜」のチェ・ジウ 「オオカミの誘惑」のチョ・ハンソン主演の 「連理の枝」を初日の初回に観ました。 予告編を観ると 「僕の彼女を紹介します」「私の頭の中の消しゴム」 のイメージがあるのですが・・・ その後に同じ手を使わないのが
| bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/04/16 9:48 PM |
 今日、公開日早々から『連理の枝』を見てきた。 韓国でもおとといの4/13 封
| 口惜しいけれど韓流かつ | 2006/04/16 10:11 PM |
泣きました(/□≦、)エーン!! ジウ姫は、やっぱり泣きの演技がいいね。
| ?? | 2006/04/16 10:47 PM |
アポロシネマ8 先日、bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザのhiroさんから「土曜日に三番街シネマへ」とお誘いがあった。仕事で行くことができなかった。不愉快な気分にさせてしまったろう。申し訳な
| 映画評論家人生 | 2006/04/17 1:36 AM |
“連理の枝”とは漢詩の一節で 二本の樹がお互いの枝を絡ませ合い、 まるで一本の樹のように  成長した姿をいうのだそうです。 二人の想いのように、 一つに溶け合う、 永遠の愛。 残された時間はあとわずか。 青年実業家と最後の恋をするチェ・ジウ。 涙のヒ
| 花ごよみ | 2006/04/17 10:55 AM |
「連理の枝(れんりのえだ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:チェ・ジウ、チョ・ハンソン、他 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/04/17 1:10 PM |
『連理の枝』ついに本日より公開ですね^^ HPをみたら、いろいろのっています。 メディア情報もあったんですね。見逃してました・・。今週はたくさんお二人が出演されたようですが、まだ間に合うものもあるので、UPしてみました。スクリーンセーバーやアイコンな
| cocoan★韓流よりみち日記 | 2006/04/17 6:18 PM |
韓国女優、チェ・ジウ(30)が6日、都内で行われた主演映画「連理の枝」(キム・ソンジュン監督、15日公開)のジャパンプレミアに共演のチョ・ハンソン(24)と登場。 余命幾ばくもない女性を演じるジウ姫。“涙の女王”の異名がありながら、意外にも悲恋映
| アイドルNEWS | 2006/04/17 11:01 PM |
わてが丁稚の定吉だす。 4月15日公開の連理の枝を観て来ました。 化学調味料たっぷりの不自然に旨味があってコクがまったくない料理を食べたような、味わいの割りにアンバランスで不安な作品でした。 全ては様式美のような予定調和の世界の出来事で、その世界の持つ魅力
| メディアショップ駿河屋 なぜベス! | 2006/04/18 1:30 AM |
オフィシャルサイト → 連理の枝 若き青年実業家ミンス(チョ・ハンソン)は、数々の女性との恋愛を楽しむプレイボーイ。そんな彼が、ある雨の日に出会ったのは、病院へのバスを待つ
| 日々映画三昧 | 2006/04/18 3:58 PM |
難病を抱えた女性と、プレイボーイの青年実業家の恋愛を描いた、 韓国映画です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/04/18 8:01 PM |
『連理の枝』(2006年韓国)を観てきました。 ■監督 キム・ソンジュン ■脚本 キム・ソンジュン ■出演 チェ・ジウ 、チョ・ハンソン 、チェ・ソングク 、ソ・ヨンヒ 、ソン・ヒョンジュ ■ストーリー: 息苦しい病院を抜け出したヘウォン(チェ・ジウ)は
| Hello, How are you today? | 2006/04/19 10:39 PM |
二本の枝が絡みあい、一本の樹となるように、 ふたりの想いはひとつに溶けあう ――― それは永遠の愛。 主演は、竹野内 豊との、日韓二大スターの共演という鳴り物入りで、大コケ
| Prism Viewpoints | 2006/04/20 5:06 AM |
昨日は『連理の枝』を見に行きました。 難病ものはもう見なくていいという思いとチョ・ハンソンを見てみたいとの思いで迷いながら出かけました。 「連理の枝」とは、二本の樹の枝が成長するにつれ、寄り添いながら絡み合い、まるで一本の樹のようになっていく様を表し
| Yuのつれづれ日記 | 2006/04/20 11:05 AM |
こんばんは。 雨模様の水曜日です。 今日は、昨日 一足先にイイノホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、キム・ソンジュン氏の新作映画について。 『 連理の枝 ( 連理枝 ) 』 ( ‘06年 韓国 ) 《 STAFF 》 監督 : キム・ソンジュン 脚本 : キム
| ** Paradise Garage ** | 2006/04/20 12:11 PM |
許されたわずかな時を生きるふたりの 永遠なる愛の約束 ■監督 キム・ソンジュン■キャスト チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ、ソン・ヒョンジュ、ジン・ヒギョン□オフィシャルサイト  『連理の枝』  おススメ度 ⇒★★☆ (5★満
| 京の昼寝〜♪ | 2006/04/20 12:17 PM |
韓国お得意の難病悲恋ものと思いきや、中盤までは完全なラブコメで、涙、鼻水用ハンカチの出番はありません。 プレーボーイでゲームソフト会社の若き社長チョ・ハンソン、発作が
| skywave blog | 2006/04/20 9:29 PM |
『連理の枝』鑑賞レビュー! 君に言えないことがある? 愛がはじまり 秘密が芽生える ? 許されたわずかな時を 生きるふたりの 永遠なる愛の約束....。 二本の枝が絡み合い、一本の樹となるように ふたりの想いはひとつに溶けあ
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/04/20 11:10 PM |
●強力なサポーター(脇役)が「笑い」で主人公をバックアップ。韓流悲恋の要素ぎっしりのこれぞ決定版!●『連理の枝』涙の方程式解読書〜韓流恋愛ヒットの作り方〜
| わかりやすさとストーリー | 2006/04/21 5:15 PM |
まぁ、いわば連理の枝の木の物語に頼りきった作品といっても言い過ぎではないように思う・・。とても「私の頭の中の消しゴム」を越えてはいない・・。 とはいえ、ラストの盛り上がりでは思わず少しは泣かせてくれるのだが・・入院中の命短きヘウォン(チェ・ジ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/22 2:02 AM |
昨日、レデース・デーに「連理の枝」「見てきました。久しぶりにレディース・デーでの鑑賞だったので、前方通路から後ろは満席のようでビックリしました。主婦ばかりがびっしり。私の中では、同劇場でアニメ以外でこんなに観客が多かったのは、久しく記憶に無いです。さ
| のらりくらりと・・・あくせくと・・・ | 2006/04/22 10:22 AM |
「死にゃいいってもんじゃない」不治の病。最後の恋。さんざん宣伝されて死ぬの分かってて観に行ってるくせに何を今更と怒られそうですが、もう設定だけじゃ泣けなくなってきてます。前からそうなんだけど、チェ・ジウさん。もっと年相応な役やったらいいのに。誰かの娘
| どっぷりレビュー | 2006/04/22 12:48 PM |
若き青年実業家のミンスは本当の愛を知らないプレイボーイ。ある日彼は、にわか雨で立ち往生していたヘウォンと出会い、さっそく口説きモード。そして、目的地の病院までヘウォンを送り届けるが、彼女はさっさと降りてしまう。落胆するミンスだったが、ヘウォンが置き
| 極私的映画論+α | 2006/04/22 2:55 PM |
やっと、行けました。 ジウちゃんとハンソンの映画。何?何?消しゴムを超えるラブストーリー?? そうかぁ〜〜〜??(←最初から疑い・・)  バリバリネタバレ
| ぐるぐるdiary | 2006/04/23 5:03 PM |
連理の枝 2006/04/15公開 監督・脚本:キム・ソンジュン チェ・ジウ チョ・ハンソン チェ・ソングク ソ・ヨンヒ ソン・ヒョンジュ ジン・ヒギョン 私たいてい病気で亡くなっちゃう運命の恋人を最期まで懸命に愛で支える系の話って泣いちゃうんで
| お熱いのがお好き | 2006/04/26 5:04 PM |
出演:チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ 他 監督:キム・ソンジュン (2006年 韓国)---Story--- 交通事故の後遺症の検査のため入院することになったゲーム会社の 若き社長・ミンス(チョ・ハンソン)は、病院に向かう途中で ひとりの女性
| Four Seasons | 2006/04/27 8:30 PM |
やっぱり泣かされましたね。 でも、好きな感じの映画で、もう1度観たいです。
| 華流→韓流・・・次は何処? | 2006/04/30 12:22 AM |
毎月1日は1000円で映画が楽しめるということで、『連理の枝』を見てきた。
| 古谷千秋(翻訳家:屋久島翔)BLOG | 2006/05/05 11:45 AM |
切ない純愛ものかと思っていたら、意外と笑い所の多い映画だった。設定に無理がありすぎだと思う。ミンスまで○○だなんて、やりすぎ!映画的ご都合主義、現実感なく、ちょっと冷めてしまいました・・。最後に真相を明かすのも新鮮味がない。あれは韓国映画のお約束なの
| こぶたのベイブウ映画日記 | 2006/05/05 6:18 PM |
第429回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人との出会いがどれほど貴重で奇跡的であるかはなかなか実感できない。  毎日会う友人や同僚と顔を突き合わせていれば、「会う」ことが当然に思えるのも仕方ないことだ。  
| まつさんの映画伝道師 | 2006/05/06 7:44 AM |
今日、和歌山のジストシネマで「連理の枝」を見てきました。 ストーリーは、浮気性の青年実業家と残り数ヶ月しか生きられない難病を持った女性が雨のバス停で出会い、二人ともわずかな残された時間での生き方や恋愛を描いた映画ですが、チェジウさんの泣かせる演技には
| かなやす日記 | 2006/05/06 1:56 PM |
「連理の枝」★★★ チェ・ジウ、チョ・ハンソン主演 キム・ソンジュン 監督、2006年韓国 青年実業家が雨の日に出会ったのは 不思議と気になる女性だった。 人気のチェ・ジウ作品は韓国と同時公開され 日本ではまあまあの出だし、 韓国では初登場6位、二週間
| soramove | 2006/05/06 7:43 PM |
残された時間を幸せだけでうめてあげたい公式サイトはコチラ連理の枝◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆主演の2人がお気に召さないのでふんっ(○`ε´○)てなもんだったのですが・・・何で怒ってんの?笑ストーリーも結末ま
| ?? | 2006/05/15 10:04 AM |
『連理の枝』チョハンソン/チェジウ共演 연리지(The Love Tree)キムソンジュン監督.....2006年作品 junsanga的評価 ★★★★☆ (4つ) ?この映画一番良かったのはエンドクレジットと共に流れるシンスンフン(신승훈)さ
| 韓ドラのたまり場 | 2006/05/20 6:36 PM |
チェ・ジゥ主演涙あふれる悲恋の物語
| めざせイイ女! | 2006/06/19 11:26 AM |
監督:キム・ソンジュン  主演:チェ・ジウ、チョ・ハンソン、チェ・ソングク、ソ・ヨンヒ 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) チェジウ姫が愛らしい魅力をふりまく難病もの。 韓国メロドラマのエッセンスがギュウギュウに押し込
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/09/17 1:53 AM |
愛する人の命が残り少ないと知った時...あなたならどうしますか? 自分の命が残り少ないと知りつつ...あなたは人を愛せますか? 人生最後の恋
| KAOMEAブログ版 | 2006/09/26 1:08 PM |
>映画『連理の枝』(キム・ソンジュン監督)★★★ やばい、この映画、ちょっと良かった( ̄□ ̄;) 皆、ごめん。。 ごめんとか言うなΣ( ̄□ ̄;) 内容は、昔からあるべたべたなラブストーリーです。 題材は、難病。 やっぱり、
| AI-z「出田直正(nao)の一日。」 | 2006/11/21 2:53 PM |
 雨の日、バス停で出遭った若い二人。 ヘウォン(チェ・ジウ)とミンス(チョ・ハンソン)  予告編 ヘウォンは不死の病で入院中だったが・・・その明るく行動的な性格と美しい容姿は、プレイボーイだったミンスを夢中にさせてしまった。 ミンスは、今まで付き合っ
| 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集 | 2008/03/21 4:34 PM |
 『二本の枝が絡みあい、一本の樹となるように、ふたりの想いはひとつに溶けあう−それは永遠の愛』  4/15公開のコチラの映画なんですが、試写会で観て来ましたぁ〜♪いっぱい笑えて、いっぱい泣けるステキな映画でしたよ〜。制作費以上の金額で、日本での上映権を
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/10/30 7:36 PM |