<< クローサー | Main | 作品インデックス(2006年4月〜6月の間に鑑賞) >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.04.04 Tuesday author : なぎさ

オオカミの誘惑



始めに言わせて下さい・・・

チョ・ハンソンssi好きですラブ


うっひ〜言っちゃった拍手

原作は、19歳の女の子がネットで書いた青春小説がもととなっている。
まさに、今が“旬”の韓国若手イケメンスター、カン・ドンウォンと、チョ・ハンソンが共演する青春映画。

本国では“ドンウォンホリック(中毒)”なる現象まで起こっているという人気急上昇のカン・ドンウォン(画像左)は身長186cm、25歳。

そして、近々公開のチェ・ジウとの共演でも話題の『連理の枝』に出演したチョ・ハンソン(画像右)は身長187cm、25歳。
元サッカー選手であり、モデルもしていた。
本作がスクリーンデビューとなる。

その二人が高校2年生を演じる。




父親の死をきっかけに、再婚した母親のもとで生活することになった高校3年生のハンギョン(イ・チョンア)。
田舎育ちのハンギョンは、外見も全然“イケてない”女子高生。

そんな彼女が転校してきたことで、同じ学校の番長でモテモテのヘウォン(チョ・ハンソン)と、敵対する隣の学校のこちらもモテモテ“一匹オオカミ”のテソン(カン・ドンウォン)が、ハンギョンの純粋さを感じて恋をする。

しかしテソンとハンギョンには、ある“秘密”があったのだ。
そのことで苦しむ二人。
そしてヘウォンもまた、ハンギョンとの恋愛に苦しむのだった。

ドンウォン演じるテソンは泣くシーンが何度か出てくるのですが、その涙が美しい〜。
あのクールな瞳にキラキラした涙をためてウルウルしている彼は、なんとも絵になる!



ヒロインを演じたイ・チョンアも、本作がスクリーンの本格デビューとなった。
彼女はこの時、20歳になっていたようだが、ずっと幼く見えた。
心なしかデビュー当時の斉藤由貴を思わせる顔立ち。
二人の“男前”に言い寄られ、さらにハンソンとの熱いキスシーンが2回もある!
何とも羨ましい〜よ、おばちゃんは・・・。

監督は『火山高』でもメガフォンを取ったキム・テギュン
本作でも激しいアクションシーンがあったが、ノーワイヤ&ノースタントでドンウォンとハンソンは挑んだ。

廃工場でのケンカのシーンは5日かけて撮影され、ハンソンはこの時、腕を脱臼している。
雨を降らし、寒さと過酷なアクションの連続に、二人とも相当ダメージを受けたようだ。
他のシーンで、ドンウォンはハンソンの足蹴りを顔面にくらったらしい。
ハンソンは身体を鍛え、今ではヨン様顔負けの素晴らしい肉体美になっているらしい・・・。(是非、見たいものだ)

同じ歳ということもあり二人はプライベートでは仲が良いみたい。
いつも韓国の俳優さんの層の厚さには感心する。
しかも、若手とはいえ皆なかなか演技もしっかりしていて、ただカッコいいというだけでなく身体を鍛え役作りに励む、映画に対する姿勢は徹底している。

今、日本で若手という俳優の中にこのようなレベルの人がいったい何人いるのでしょ?
私が知らないだけかもしれないが、見渡しても名前が出てこない!


あ〜それにしても、ハンソンにあんな風に後ろから羽交い絞めされてみたい!
車の助手席に座らされて「俺と付き合うか5分以内に答えろ!」と“脅迫”されてみたい!
スニーカーを履かせてもらいたい!
「携帯が鳴ったら絶対でろ!」と強く言われてみたい!
ハンソンの胸で泣いてみたい!・・・。
そして、あんな風に唇を・・・
お〜いまた始まったぞ〜医者呼べ〜・・・すんません。。。

ラストは韓国映画お得意の“悲しい悲しい結末”が・・・。
いつもながら韓国映画は音楽も良し!
エンドロールのバックで、雪とたわむれる三人がなんとも微笑ましい。
DVD買おうかなぁ・・・レンタル中に何度も観ちゃったよ
ポッ


参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪



参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《ア行》 | 06:04 | comments(17) | trackbacks(19) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 06:04 | - | - | pookmark |
COMMENT
おはようございます。。
ふふふふふ、、、ここにも一人、、堕ちた人が…
こうなったら、この海にとことん溺れるしかないですよ。。。
この海は深くて広いから、泳ぎきらずどっぷり漂っていましょう。。(笑)
私、原作も読んだんですけど、、最初はなじめず、うむ?ってな感じでしたが、最後は号泣でした。。機会があったら読んで見てください。あ〜でもこんな二人に一度に愛されちゃったら、そりゃ悩むよな〜。。出来れば時間差でせめてきてほしいのに、人生ってままならないわ。。
私はテソンに「ヌナ」って呼びかけられたいわ〜。。
あさから萌えてしまった。。
| Tani-Boo | 2006/04/04 8:19 AM |
こんにちは!TBありがとうございました!
いぁこれ、、いつ、何回見ても、いいですyo、、、
ただのラブコメじゃないですものね。
またよろしくお願いしますね。
| 猫姫少佐現品限り | 2006/04/04 12:46 PM |
呼吸停止しそうだったので二回どまり(笑)
セリフの強引さも彼が言うから良いのですよね。
これをアノ人やこの人、夫なら・・すまない!夫を
引き合いに出すことじたいルール違反でござんす。
5分もなにも・・もっ!即答に決まってるじゃん。。★
| グロリア | 2006/04/04 1:25 PM |
>TaniーBooさんへ
コリアンの海にプッカプッカ浮いている、なぎさですw
作者が当時まだ十代の女の子ということで、ストーリーはいたって少女漫画の様相なのですが、恐るべし韓国映画!それでも十分その世界に浸れます・・・私のように年甲斐もなく!
ミクシィのコミュでゴソゴソ調べていたら、ハンソンは年上の女性が好きだとか・・・いや〜ん、私にもちょっと可能性が・・・お〜い、熱あるんちゃうかぁ医者を呼べ〜!
すんません。。。
TaniーBooさん、テソンいやドン君に、あんな風に「ヌナ、ご飯おごって〜」などとせがまれちゃった日にゃぁ〜・・・ねっ!なーんだっておごっちゃうよね♪


>猫姫少佐現品限りさんへ
TB&コメントありがとうございました!
ホントですねぇ。
韓国映画は夢物語のような作品でも、きっちり感動を与えてくれます。
あなどれません!
こちらこそ、またよろしくお願いします☆


>グロリアさんへ
呼吸、止まっちゃいそうでしたか!
確かに、アタシは過呼吸に陥りそうでした(笑
は〜い、そうなんです♪
アノ強引なヘウォンの力ずく攻撃!・・・受けてみたい。。。
それが夫なら・・・絶対ケンカ沙汰・・・ってアタシもすまない!です。
そしてハンソン君の次回作『連理〜』の次は、ヤクザの組員を演じる『熱血男児』(なんちゅう〜タイトル)、その次は『特別市の人々』ですって。
オファーがすごいんですねぇ。
いずれも楽しみ☆

| なぎさ | 2006/04/04 4:58 PM |
TBありがとうございました。
わたしもチョ・ハンソンに一票です〜。
あの、ワイルドで強引なトコロから優しくなるところで、完全にノックアウト!です。
| | 2006/04/04 5:30 PM |
↑すいません、名前入れ忘れました(汗)
「なすがまま。」のウリしおと申します。
良かったらまた遊びに来てくださいねん
| ウリしお | 2006/04/04 5:32 PM |
なぎささん、こんにちは ^^
TB&コメント、どうもありがとうございました。
なぎささんはヘウォンに落ちましたか・・・!
わたしはこの作品はテソン派です。テソン大好きです ^^
でもふたりとも格好いい〜!から悩みますよね。
ハンソンssiは「連理の枝」、ドンウォンssiは「ドゥエリスト」と
2人とも日本公開間近の作品がありますし、これからさらに
注目される俳優さんだと思います。
| tamayuraxx | 2006/04/04 7:42 PM |
TBどうもでした〜
イケメン二人とちょっといけてない女の子の三角関係
ちょっと いやかなり羨ましいです・・・・
では〜
| さくさく | 2006/04/05 12:14 AM |
>ウリしおさんへ
ウリしおさんもハンソン派ですね!
そ〜、アノ強引なチカラ技って女性は弱いですよねぇ。
でもアレって、ハンソンだからいいけど、嫌いなヤツにされたらただの脅迫ですよ〜(笑
またお邪魔させていただきます!


>tamayuraxxさんへ
テソンも素敵です♪
どちらかというと彼のような弟が欲しい〜って感じです!
あんなにカッコ良くて背が高くて、非の打ち所の無いような二人に言い寄られるなんて有り得ない・・・けどあったら夜も眠れないだろうねぇ(笑

はい!二人とも新作で頑張ってますね♪
ただ私は兵役のことが心配です・・・。
もう済ませたのでしょうか?


>さくさくさんへ
こちらこそ〜感謝です!
ヒロインのイ・チョンアって、余りにもフツー過ぎましたね。
冒頭のシーンなんて映画に出るルックスじゃない!なんて思ってましたけど、後半にいくにしたがって可愛くなってませんでした?
これも監督の狙いだったんでしょうか(笑
| なぎさ | 2006/04/05 6:07 AM |
なぎささん、こんばんは〜。
うふふ〜、伝わってきましたぞ!!
かなり“お熱”ですな??
ホント、カッコ良かったですよね〜。
エンドロール、私も印象に残りました。悲しい結末だけに、あれは嬉しかったですね。
TBありがとうございました。
| izumi | 2006/04/10 10:14 PM |
>izumiさんへ
はい、も〜すっかりイカレております(笑
これを観てからというもの、ハンソンの新作『連理の枝』が待ち遠しいのです!
前売り券やら、サントラまで買っちゃってます!
来日してた時、ファンミも開催されていたと聞き、そこまでは行けなくとも、ネット上でこっそり様子を探っております。。。
| なぎさ | 2006/04/11 5:49 AM |
こんにちは♪
私、チョ・ハンソンssi演じるヘウォンのファンです^^ 私は強引でオレ様なヘウォンがすきだったんですが、あの掴みどころのないテソンがすきって人が多かったみたいですね。私は『デュエリスト』でドンウォン君にハマっちゃいました!なので、デュエリストもTBさせていただきますね^^
| いまのまい | 2006/07/15 12:30 PM |
>いまのまいさんへ
あたしも、あたしも!
イ・チョンアちゃんになりたかったです(笑)
この時のハンソンはスリムで、どこか幼さも残しつつ、でもやること強引・・・みたいなのがバッチリはまってて良かったですね d(゜〜゜*)d

『デュエリスト』のドンちゃん、舞うように闘う姿、美しゅ〜ございました!
| なぎさ | 2006/07/15 3:36 PM |
なぎささん こんばんは

今年もヨロシクお願いします

私もチョ・ハンソンにやられちゃいました
アクションもありで 楽しかったです
多分私も何度も見るかも・・・
TBさせていただきま〜す
| ぴょん | 2007/01/11 5:58 PM |
>ぴょんさんへ
ぴょんさん こちらこそ今年もよろしくです!!!

ぴょんさんもハンソン派になりましたか?!
これってドンウォン派とハンソン派に分かれる傾向があるみたいで。
この時のハンソン君はホントかっこ良かった!
最近、ちょい太り気味なのが気になります。
TBありがとうございました!
| なぎさ | 2007/01/12 9:12 AM |
なぎささんこんばんは♪
なぎささんはハンソン派でしたか・・・
Nakajiはドンウォン派でしたわ♪
| Nakaji | 2008/01/18 11:06 PM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜♪
これを観た時はハンソン大好きでしたぁヾ(´▽)ゞ
この後、劇場で『連理の枝』を三回も観たほどでした。。。
ところが彼、この後かなり太っちゃって・・・。
今ではもぉこんな感じじゃない。
ドンちゃんも好きですよぉ〜♪
基本的に"不良好き"な私には、今作は胸キュンでした!!!
| なぎさ | 2008/01/19 4:22 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/239
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/04/04 6:16 AM |
すっかり原作本読んでから、前以上に溺れております。 映画を見直そうとしましたが、よく考えたらDVD友人に貸し出し中でした… どうにも我慢出来ずにそれならばと 自分でフォトシネマ <THE CALL OF THE WOLF> 作りました。 えっと、、、自分用なので、
| Hello, How are you today? | 2006/04/04 8:21 AM |
監督 : キム・テギュン主演 : イ・チョンア / チョ・ハンソン /      / カン・ドンウォン /公式HP:http://www.ookami-yuwaku.com/ 300万件を超えるアクセスがあったという爆発的な人気を呼んだインターネット青春小説の映画化だそうです。インターネ
| MoonDreamWorks | 2006/04/04 8:53 AM |
オオカミの誘惑 あ〜、、、またやられたぁ、、、 学園ものコメディー、おもしろい!と思いながら見ていたんだケド、あ!斉藤由貴に似てる! うわ!E〜感じ??とか思いながら。そしたら、途中で来るのです。韓流お得意の「事故死」!!を暗示するシーンが!で、悲劇
| 猫姫じゃ | 2006/04/04 12:45 PM |
【オオカミの誘惑】 ■製作年度:2004年 ■製作国・地域:韓国 ■上映時間:115分 ■監督:キム・テギュン ■出演:カン・ドンウォン  チョ・ハンソン     イ・
| 夏の香りのする秋に読む童話 | 2006/04/04 1:12 PM |
原題:Romance of Their Own 18歳の少女が書いて話題になったインターネット青春恋愛小説の映画化で、韓国での公開当時はコンサート会場さながらの様を呈したという・・。 チョン・ハンギョン(イ・チョンア)がソウルの高校へと転校し、自分のことを好きだと
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/04 1:15 PM |
オオカミの誘惑 出演:チョ・ハンソン、カン・ドンウォン、イ・チョンア 再婚した母親を頼ってソウルにやってきた高校生のハギョン(イ・チョンア)は、友だちと待ち合わせしている
| なすがまま。 | 2006/04/04 5:33 PM |
オオカミの誘惑 デラックス版 出演:チョ・ハンソン、カン・ドンウォン、イ・チョンア 他 監督:キム・テギュン (2004年 韓国)---Story--- 父を亡くし離れて暮らしていた母と暮らすため、地方からソウルに やって来た高校生のハンギョン(イ・チョンア)。
| Four Seasons | 2006/04/04 7:32 PM |
オオカミの誘惑 デラックス版 イケメン二人とちょっといけてない女の子との三角関係な 「オオカミの誘惑」 タイトルからイメージするとなんだか危ない映画?
| サクサクっと・・・ | 2006/04/05 12:11 AM |
おはようございます。。     もう、朝っぱらから、、すでに萌え〜状態で        これは、やはり「春だから」としか…言い訳が出来ない。。 いつもお邪魔するbog『UkiUkiれいんぼーでい』のなぎささんが、エントリーで『オオカミの誘惑』のレビューを
| Hello, How are you today? | 2006/04/05 6:41 AM |
オオカミの誘惑 コレクターズBOX(初回限定生産) この前「1%の奇跡」を見て、カン・ドンウォンをまた見たくて レンタル屋さんで借りてみました。
| 〜〜もりーの片翼〜〜 | 2006/04/06 5:20 PM |
再婚した母親を頼ってソウルにやってきた高校生のハギョンは、友だちと待ち合わせしているところ、馴れ馴れしく話しかけてきたテソンと出会う。
| ただの映画好き日記 | 2006/04/10 10:12 PM |
オオカミの誘惑 コレクターズBOX(初回限定生産)カン・ドンウォン キム・テギュン チョ・ハンソン ジェネオン エンタテインメント 2005-09-22売り上げランキング : 91おすすめ平均 ★少女漫画な展開★ドンウォン様〜☆やっと会えるのね!!!期待通りだよ^^Amazonで
| ○blog | 2006/04/17 9:19 AM |
カン・ドンウォンファンの友人からずっと薦められてて、やっと見ることができました。この映画で有名になっただけに、カン・ドンウォンがとっても格好いいと聞いていたので、かなり期待しながら鑑賞しました。が、申し訳ないけど、なんか私の好みでは無くて、かえって全
| のらりくらりと・・・あくせくと・・・ | 2006/04/26 8:34 AM |
【story】 ソウルに上京したハンギョン(イ・チョンア)は、見た目も性格も「普通」な女子高生。ある夜、好きな男の子に振られ、バスの中で泣いているハンギョンの頭に、上履きが飛んできた!投げたヘウォン(チョ・ハンソン)は高校イチのツッパリだが、ハンギョンの純
| NOW☆MAY☆room〜まいのシネマノート | 2006/07/15 10:59 AM |
オオカミの誘惑 デラックス版 カン・ドンウォン コレ見たかったのヨ〜 やっと TVで放送してくれました レンタル店に行くと いつも貸し出し中だったのよね でも 吹き替えだったわ(-_-); ■□ちょいすじ□■ 父親が死亡したことで再婚した母のもと 
| 韓流大好き! | 2007/01/11 5:50 PM |
威風堂々な彼女出演 カン・ドンウォン/ペ・ドゥナ全20話「オオカミの誘惑」などでお馴染みのカン・ドンウォンはこの韓国ドラマ「威風堂々な彼女」で俳優デビューしました☆共演には「リンダリンダ」などに出演していた、「個性ある新世代女優として注目を集めるペ・ド
| 韓国ドラマLOVERS! | 2007/04/29 5:03 PM |
私たちの幸せな時間は、死刑囚の男と自殺未遂を繰り返す女の出会いと 愛を描いた韓国映画です。本国では300万人を動員し、 『ユア・マイ・サンシャイン』『私の頭の中の消しゴム』を抜き、 ラブストーリー映画の興行記録を更新した話題作なんだそうです
| 映画情報ガイド | 2007/07/06 3:35 PM |
オオカミの誘惑’04:韓国 ◆監督:キム・テギュン◆出演:カン・ドンウォン, チョ・ハンソン, イ・チョンア, チョン・タヘ ◆STORY◆韓国の人気俳優、チョ・ハンソンとカン・ドンウォン共演のラブストーリー。純朴な女子高生・ハンギョンは、転
| C'est Joli | 2008/01/18 11:03 PM |