<< ラブ・レター〜パイランより〜 | Main | オオカミの誘惑 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.04.03 Monday author : なぎさ

クローサー



冒頭・・・
赤く染めたショートヘアーのナタリー・ポートマンが少し微笑みながら歩いてくる。
向こうから、トレンチコートのジュード・ロウがこれまた少し微笑んで歩いてくる。
少〜しスローモションで・・・ん〜いい感じ、いい感じ・・・バックに流れる音楽もね♪
彼と彼女なん?
恋してる感じ・・・ステキよ♪

そしたら、N・ポートマンが車にぶつかる。
慌てて駆け寄るJ・ロウ。
すると道路に横たわる彼女が彼を見て一言・・・「ハロー、ストレンジャー」・・・って???


えーっあんたら知り合いとちゃうんかい!

この時点で、アタシの心はさ〜っとサメサメ&ヒキヒキ。
なんだか不吉な予感・・・そーです!N・ポートマン演じるアリスという女の子が、かなりの“不思議ちゃん”なのだ。
こんな挨拶アリ?初対面なのに・・・。
で、この後、出会ったばかりのJ・ロウと即、同棲しちゃいます。

それにアリスはストリッパーって設定です。
本編の中でも、過激なスタイルで演じてますけど・・・ん〜、やっぱりストリッパーには見えないですね彼女。
幼い感じが・・・途中から『レオン』の時の髪型ともかぶってたりしましたし。。。

その後も酷いことに、本作は“ヤッタ”とか“イッタ”とか、そっちの話しばっかり!
も〜うんざり!
いやぁ、嫌いじゃないんですけどね、そっちの話し。
でもここでは、嫌気が差しました。


ええ〜、その他にもジュリア・ロバーツも出てますよ写真家アンナとして。
アリスと同棲しながらもJ・ロウ演じるダンは、アンナにも心を寄せます。
アンナもダンに気持ちが傾いてます。

そいでからクライヴ・オーエンは医師役ラリーとして出てますけど、この医者がスケベーというか、ネットの“バーチャルS○X”を勤務中にやってます。

で、その相手は女性になりすましたダンです。

ほいで、このダンが、寂しい写真家のアンナと“エッチドクター”のラリーをうまく騙して引き合わせます。

始めは二人ともダンに騙されたと知り、相手に違和感を感じますが、すぐに打ち解けて、この二人引っ付いちゃいます!

引っ付くかぁ〜フツウ!

こんなシチュエーションで会ってるのに・・・。

これねぇ〜もともと舞台劇だったんですよねぇ。
そしてJ・ロバーツの役は、ケイト・ブランシェットだったらしいです。
ん〜K・ブランシェットのほうが、これは雰囲気が合ってたでしょうね。

監督はあの『卒業』マイク・ニコルスなんですよ。

じぇ〜んじぇん感情移入も出来ぬまま見終えてしまいました。
結局、これは何を言いたかったのでしょ。



参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪



参加しています↓ワンクリックお願いしま〜す♪
にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《カ行》  | 06:56 | comments(12) | trackbacks(8) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 06:56 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん、こんにちは。
ホーント、私もどこにも共感できる部分がなくて、観ていてつまらなかったです。
あんなに変なシチュエーションで簡単にくっついたり離れたりするのが、どうしても理解できなくて。
K.ブランシェットの予定でしたか。確かにそのほうがあっていたかもしれないですね。
| shake | 2006/04/03 8:36 AM |
なぎささん、知り合いじゃないから「ハロー、ストレンジャー!」って言う台詞が“効いて”いるんじゃないですか〜。私は大好きです、この作品。(すみません!)
ブロードウェイでは大ヒットしたらしいですね。
劇場で観た時と時間が経過してからとは印象が変わってきた作品です。〜人間って一皮むけばこんなもんさ!〜皮肉屋ニコルズの言いたいことは、これに尽きます。
4人の中で追っていけばいいのはポートマンとロウの言動です。そして一部嘘をついているけれどポートマンだけが真摯に生きてます!後はすべて虚飾で生きざるを得ない男女ばかり、ロウは優柔不断だし・・・。いっちばん!腹黒いのはロバーツ!イヤな女の役でした〜。(嫌)
でも、映像はクリアでセンスいいと思いませんでした?
冒頭に流れていたダミアン・ライスの曲に惚れて彼のアルバム買った私は“ストレンジャー”でしょうか?(笑)
| viva jiji | 2006/04/03 9:46 AM |
『不思議ちゃん』ポートマンかぁ、、、私もきっとダメなクチだな。。。
それに下半身が暴れん坊将軍のJ・ロウはあんまり観たい気にならなくって、私。。。

でも、毎度のことのようにキャスティングに騙されて観ちゃうんでしょうけどね(^^;)
| ヨッシー | 2006/04/03 10:56 AM |
>shakeさんへ
いやぁ〜参りました!
入り込めない作品は、最後まで退屈です。。。
私も、この4人の誰にも共感できませんでした。
セリフがどんどん私を素通りして行きました〜(笑


>viva jijiさんへ
はい、残念ながら拒絶反応が出っぱなしでした!
まず、あのセリフ回しが入ってこないんです。。。
舞台劇によくある、非現実的な会話みたいな感じが・・・。
冒頭からそれを感じてしまったら、あとは観終えるまで修行のような忍耐が必要でした。
唯一、あの曲は良かったです♪
特典に入っていたPVをしっかり聞きましたよ。
そっかぁ〜一番の腹黒はJ・ロバーツだったのか・・・。


>ヨッシーさんへ
ヨッシーさんも受け付けないでしょ「不思議ちゃん」!

うっひひひ〜、あ、あば、暴れん坊将軍の下半身・・・って・・・想像したらおっかしぃ〜!
まるで下半身だけ人格が別みたいなアソコって!
J・ロウファンって多いでしょ。
私は彼にさほど魅力を感じないんですが。
まぁ、これだけは好みですけどね。
| なぎさ | 2006/04/03 6:54 PM |
私も、全くだめでした。
「一体、何がしたいねんー!!」とイライラ。
皆、何を考えているのかわからない人たちばかりでした。
そんな私は、まだまだviva jiji さんのような理解力をもっていなかったのかもしれません。
舞台はなかなか評判がよかったみたいですね。

留守中においで頂いたようで、有難うございました!
| 有閑マダム | 2006/04/04 3:05 PM |
>有閑マダムさんへ
ブログへおかえりなさ〜い♪
なんだか変ですね。
実際はシンガポールへ帰られたのに・・・。
そして日本での休暇はいかがでしたか?
まだ少し肌寒い日本列島。
桜はちらほら咲いてますが花冷えでしたでしょ。

さてさて、こちらの作品は理解に苦しみました。
観ている途中に、よそ事を考え出したら、これはもうダメですね。
それだけ感情移入できてない証拠!
舞台は好評だったんですかぁ〜。
だからと言って、映画化しても成功するとは限らないのです
ね☆
| なぎさ | 2006/04/04 5:21 PM |
私これはすごく期待して大喜びで見たんですよ。
でもなんか、あれ〜?という感じになっちゃって
ぐちゃぐちゃしてきて途中嫌になりました。
ジュリア・ロバーツの影薄かったなぁ・・・
ナタリー・ポートマンは頑張ってたけど
やっぱり宇梶が強烈過ぎてもうダメ。
濃かったです、クライヴ・オーエンε=( ̄。 ̄;)フゥ
| ジュン | 2006/04/04 9:53 PM |
>ジュンさんへ
典型的な期待ハズレ作品でしたよね!
私は全編に渡っての、あのセリフ回しが拒絶反応出っ放しでした!
これも元が舞台劇ってことの影響なんでしょうか?
だとしたら、舞台劇の映画バージョンは私には合わないです。。。
確かに!ジュリアの存在感は薄かったですね。
あの役柄自体が彼女のカラーじゃないですもんね。
そ〜、宇梶が濃すぎます!(納得&笑い
| なぎさ | 2006/04/05 6:13 AM |
こんにちは〜(^^)
ミケも今作は共感できなくてあまり楽しめませんでした^^;
ナタリー・ポートマン目当てで観たんで、彼女を観れただけでまぁ良いかって思うようにしましたが(笑)。彼女が色んな髪型で出てくるのは面白かったし。それ以外は…今となっては印象に残ってないです(笑)
ジュード・ロウのプレイボーイっぷりはミケにとってはヤな感じ〜と見えてしまって、未だに彼のこと魅力ある俳優さんだとは思えてません^^;
| kobitopenguin | 2006/04/05 5:06 PM |
>ミケさんへ
いっしょですね!
私もダメでした。。。
ポートマンちゃんは今度公開の作品では坊主頭ですよねぇ。
でも似合ってる!
彼女は『レオン』の子役時代から、この子は大人になってもキレイに違いないと思ってました。
欲を言えばもう少し身長があればさらにスクリーンにはえるでしょうね。
j・ロウは私もダメです。
特に本作では情けない男でしたね。
| なぎさ | 2006/04/05 6:07 PM |
すごい〜!
大体同じことを感じて、同じところで(心の中で)突っ込んでますね!笑

ナタリー・ポートマンとジュード・ロウの出会いとか、
ジュリア・ロバーツともう一人の男の人との
出会いとか、結婚(!)とか。

ありえない、ありえない。いやぁ、ありえない。

いい年して、どんだけダメな4人組だよ!と
突っ込みまくってました〜。
ビジュアルはオシャレで面白そうなんですけどね…!
| batako | 2006/05/03 6:34 PM |
>batakoさんへ
本作・・・これは、あまりにも面白くなくて引いてしまいました。。。
さっぱり分かりません。
何が言いたいんだか。
舞台劇の映画化というだけあって、あのセリフ回しからして私には拒絶反応が出ましたよ(笑
コレ、久々の「地雷作品」でしたね!
| なぎさ | 2006/05/04 7:47 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/227
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/04/03 8:25 AM |
こういう愛憎劇って、わずかでも共感できる部分がないと、観ていてつまらないんですよね。。。
| シェイクで乾杯! | 2006/04/03 8:38 AM |
大人の恋愛物語だと、宣伝していませんでしたか? 観てびっくり、聞いてびっくり! これが、大人? 恋におちることは出来ても、愛を育てられない人たちの話じゃないです? おしゃれ? スタイリッシュ?? ソニー・ピクチャーズエンタテインメン
| 有閑マダムは何を観ているのか? | 2006/04/04 3:12 PM |
【CLOSER】2004年/アメリカ 監督:マイク・ニコルズ  出演:ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン 新作DVDということで1泊2日のレンタ
| BLACK&WHITE | 2006/04/04 9:43 PM |
大人の恋愛ドラマ。 評価:♡♡ 2005年6月18日鑑賞。ナタリー・ポートマン見たくて。 内容:朝のラッシュアワー。通勤者で溢れるロンドンの街を歩くダン(ジュード・ロウ)は、小説家志望のジャーナリスト。交差点にさしかかった彼は、若い女性と目
| ミケの映画生活 | 2006/04/05 5:00 PM |
物語は4人の人物で展開される。その4人とはアンナ(ジュリア・ロバーツ) 写真家ダン(ジュード・ロー) 作家ラリー(クライブ・オーウェン) 医師アリス(ナタリー・ポートマン) ストリッパーアリス以外の3人の職業は、すべて観察者である。その観察の方法がそ
| 映画と出会う・世界が変わる | 2006/06/04 1:00 PM |
原題:Closer 訳の分からない、理解しがたい人々だ。英国発、30ヶ国語に翻訳されたP・マーバー戯曲の映画化、恋と不倫と浮気と嘘と真実に翻弄される物語。 最初の出会いはニューヨークから遊びにやってきたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)が交
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/07/18 1:17 AM |
日記:2006年7月某日 映画「クローサー」を見る. 2004年.監督:マイク・
| なんか飲みたい | 2006/07/18 9:34 PM |