<< SAW ソウ | Main | 妹の恋人 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.03.25 Saturday author : なぎさ

イルマーレ



有り得ないことだとわかっていて
 
も・・・それでも泣けるんです悲しい


1998年を生きる男性ハン・ソンヒョンイ・ジョンジェ)。
2000年を生きてる女性キム・ウンジュチョン・ジヒョン)。

二人は、海辺に立つ<イルマーレ>(イタリア語で「海」の意)と呼ばれる家の郵便受けに手紙のやり取りをする。
消印の無い手紙・・・最初は何かの間違いか、いたずらかと思う二人だった。
二人の間には2年という時間が“ねじれ”ていた。


ソンヒョンは幼い頃に父に捨てられ、心に傷を負った男性。
ウンジュは恋人ジフン(キム・ジム)に捨てられ、それでもなお彼が忘れられずにいる女性。
でもね、この元彼のジフンって、じぇ〜んじぇ〜んイケてないんですけどパクッ

そんな二人が時間のねじれを飛び越えて、手紙で心を通わせ慰め合う。
しだいに会いたいという気持ちがつのる二人。

ウンジュが済州島(チェジュ)で会うことを約束する。
時は2000年3月11日の午後3時。
2000年を生きる彼女にとっては、たった1週間先の約束でも、1998年を生きる彼にとっては、2年も先の約束だった。

そしてその当日・・・ウンジュは浜辺でひたすら彼を待つ・・・。
何時間たっただろうか、彼は姿を見せなかった。

「どうして忘れてしまったのだろう・・・」
もう一度、会う約束をする二人。
今度は2週間後の・・・3月25日!(だから今日UPしました)

時を越え、孤独な男女が出逢うことは可能なのか・・・。

とにかく、イ・ヒョンスン監督のこだわりの結果、とても素敵な映像に仕上がってます。
革新的なフィルム現像方法により、色彩の彩度と明度を極めることに成功したと言われている。

監督曰く・・・
「都会の男女の孤独感から生まれる愛を描いた。
表面的な愛ではなく、心の底から触れ合う愛に共感して欲しい」・・・と。


二人が心を通わせる手段が“手紙”というのが風情がある。
お互いの筆跡や文章から、どんな人だろうと想像を膨らませる。


チョン・ジヒョン『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』とは全く違った、内向的で自分の意思表示が上手くできない控えめな女性を好演。

そして本作で初めてお会いしたイ・ジョンジェssiが最高!
父親への恨みや、暗い過去を引きずりながらも寡黙に生きるソンヒョンを、さり気なく演じていた。
良いねぇ〜この方ときめき
笑顔も素敵だわラブ

(また始まった!え〜もう、春ですから発情しまくってますイヒヒ
公開間近のチャン・ドンゴンと共演の『タイフーン』も楽しみ!


この<イルマーレ>と呼ばれる家↑のロケーションは、ソウルから車で2時間行った所の江華島という所から、更にフェリーで西へ渡った先にある小島、席毛島(ソンモ)という島に建てられました。
ちなみにこの家は外観のみで、中は空洞らしいです。
夜になるとライトアップされ一層美しかった。

この映画が公開され“幸運を呼ぶ”として、本編でロケされた駅や遊園地、カフェ、街路樹の道などをカップルが訪れるようになったとか。

追記:昨日、観た『SAW ソウ』のグロさに、思わずこの爽やかラブストーリーを鑑賞せずにはおれませんでした!
・・・癒されました〜。
ありがとう『イルマーレ』って感じです


参加していま〜す♪ワンクリックお願いしま〜す☆


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《ア行》 | 07:37 | comments(25) | trackbacks(29) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:37 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささん おはようございます

この映画 今のところ私の中では1番好きです
イ・ジョンジェssiが素敵だってことが すべてなんですけどね(笑)
風景も綺麗だったし とても癒されます
何度も見たい作品だと思いました

ところで今日「タイフーン」見に行ってきます
またやられちゃうかも!

| ぴょん | 2006/03/25 8:49 AM |
「表面的な愛ではなく、心の底から触れ合う愛に共感して欲しい」・・・と。」・・・・ウウウッーウッ、クッ、来るぜ、浸みるぜ、まだ観てなくても、ヨサゲな雰囲気ビシバシ!来るよ!なぎささん!
それよっか、なぎささん、聞いてくれる?!
他に観たいのがあるので、立て続けに去年話題になった邦画3本「電車男」「妖怪大戦争」「交渉人真下正義」観たのよ。・・・聞いてくれてる?(ヒツコイ)・・・私・・怒りまくりから落胆し過ぎて、全身・・・失意のヘドロ状になって・・・画面の前で気を失って・・・娘の「ママ!ママ!」でシャバに戻りましたあー。(笑)
近く“憤怒”の記事をUPしますです!読んで下され!頼んます!

いや、とにかく、
韓国映画!スバラシ!(応援!応援!)


| viva jiji | 2006/03/25 9:09 AM |
>ぴょんさんへ
いいなぁ〜!
試写会に当選されたのですよね♪
イ・ジョンジェssiはプロモで来日してましたよね〜。
インタビューでも飾らない感じが、これまた良かったです!
そう言えば、チョン・ジヒョンちゃんも『デイジー』で来日してますね!
彼女はアレが「素」なんでしょうか?
私には、とってもつまらなさそ〜に写るんですけど。。。
それとも日本が嫌いなのかしら?

『タイフーン』の公開が待ち遠しいで〜す!


>viva jijiさんへ
あ〜、viva jijiさんが気を失ってる場面がぁ〜目に浮かびますぅ〜。。。(笑
3連チャンでやられましたか?!
それは「三途の川」も思わず渡ってしまいそうです(汗
近頃の邦画で「コレ!」ってのは無いですねぇ。
この現象は、どこに問題があるのだろう?
俳優の質の低下か、監督か、良いシナリオの不足か・・・?

この『イルマーレ』も、さっそくハリウッドがリメイクしたらしいです。
サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスで!
原作の女性は駆け出しの声優ですが、サンドラは女医だそうです。
今や韓国映画はリメイクの宝庫なんでしょうね☆
| なぎさ | 2006/03/25 10:11 AM |
なぎささん、こんにちは ^^
TB&コメントありがとうございました。
なぎささんはイ・ジョンジェssi出演作をこの作品で
初めてご覧になったのですね。
ジョンジェssi出演作は何作か見ましたが、「ラスト・プレゼント」や
「オーバー・ザ・レインボー」もいい感じでしたよ。

グロい映画を見た後に爽やかな話を見たくなるというのは
とてもよくわかります・・・。
| tamayuraxx | 2006/03/25 3:34 PM |
>tamayuraxxさんへ
こちらこそ、ありがとうございました!
は〜い、イ・ジョンジェssiはこの作品で、初めてお会いしましたです!
他の出演作も観たくなってきました♪
なんででしょ?韓国の俳優さんってすっごく男前とかではなくても、な〜んか素敵に見えてしまう。
映画の中で男性が女性に謝るときの韓国語「ミヤネヨ(ごめん)」とか「ミヤナダ(すまない)」とかっていう言葉にとろけそうになってます〜(笑
| なぎさ | 2006/03/25 8:09 PM |
こんばんわ。TBありがとうございました。
とっても叙情的で心が安らぐラブファンタジ−ですよね。
映像も本当にきれいで私の大好きな作品のひとつです。
| キャサリン | 2006/03/25 11:21 PM |
>キャサリンさんへ
こちらこそ、ありがとうございました!
検索で貴記事を発見しTBさせていただきました。
コメントも入れず失礼致しましたm(_)m
キャサリンさんは、この作品で韓国映画がお好きになったとありましたね。
わかります!
幸せになれる予感がつまった作品ですよね♪
| なぎさ | 2006/03/26 7:33 AM |
きゃはぁ〜〜これも観たのですね・・
良いです、この作品もやっぱし二回目のほうが良かったです。日本人でこんな描写をすると白けてしまうかもしれないけれど、韓国は当時この手の作品が結構多い、ダブっちゃって時代年数を増やしたという作品もあります。イ・ジョンジェは韓国ではチャン・ドンゴンより人気の俳優だと聞いております。「黒水仙」という作品ではニッポンまで来ましたが、渋い刑事で素敵ですよ、「タイフ〜ン」はドンゴンの知名度ありきで宣伝してますが、ジョンジェのカリスマに倒れるかもよ〜〜〜いや、この二人が同じスクリーンに登場ってだけでもゾクゾクいたします。
| グロリア | 2006/03/26 11:22 AM |
>グロリアさんへ
ど〜しましょ、グロリアさん、韓国映画は素敵過ぎます!!
本作もDVDが欲しいくらいです♪
音楽もよかったんですよねぇ〜。
そう!邦画だとこれが白けちゃいます、絶対に。。。
イ・ジョンジェって本国では、そんなに人気あるんだ〜。
『黒水仙』ですね・・・リストに入れます!
『タイフーン』の彼はまた別人のようですね。
いやぁ〜ん、あのカリスマに倒れてみた〜い☆
ねぇ〜グロリアさ〜ん♪
| なぎさ | 2006/03/27 5:37 AM |
こんばんは、なざささん。
いい映画でした。美しい映像といい音楽がよくて、心に残る映画になりました。なぎささんの記事を観てよさそうだっので観ました。トラバさせて頂きます。それでは、またよらして頂きます。
| ねこすけ | 2006/03/31 12:34 AM |
>ねこすけさんへ
ほ、ホントですかぁ〜!
私のつたない記事で観てみようと思って頂けて、感激しております!
そうでした、あの曲も素敵でしたよね♪
映像は言うことなしで、オシャレな雰囲気がありましたね。
ところでスパゲティの茹で具合は、あんなふうに壁に投げつけるのでしょうか・・・(笑
| なぎさ | 2006/03/31 6:00 AM |
こんばんは。遅ればせながらトラックバックありがとうございました。チョン・ジヒョンの映画が見たくて『イルマーレ』借りました。
『デイジー』も楽しみ。
| Wendy | 2006/04/01 11:38 PM |
ありえない事なのですが、そこが映画の魅力で時を隔てて思いを寄せるというのがなんともロマンテックで、ラブストーリーのムード−UPに一役買っていると思います。

美しい映像と心地よくも切ない音楽、心に響く台詞。素敵な作品ですよね。


TBさせていただきます。
| rain | 2006/07/06 12:31 AM |
>rainさんへ
ですよねぇ〜☆
大好きです、この作品!
主演の二人も雰囲気良いし♪
そ〜そ〜、映像にこだわる監督さんらしく、どのシーンもスタイリッシュで素敵でした!

TBありがとうございました☆
| なぎさ | 2006/07/06 4:37 PM |
こんばんは♪
TBありがとうございました!
韓国映画はスターさん主導でない映画はいいものが多いな〜と思います。
主演の二人も、風景も音楽も良かった〜。
昨今のブームが早く去ってまたこういういい作品がたくさん公開されるようになるといいな〜って一映画ファンは願ってます。

| ミチ | 2006/07/07 10:14 PM |
>ミチさんへ
コメント&TBありがとうございました!
>スターさん主導でない映画はいいものが多い
なるほど〜、その通りですねぇ。
私、本作でイ・ジョンジェssiの存在を知りましたが、主演のお二人のナチュラルな演技が印象に残りました。
| なぎさ | 2006/07/08 2:53 PM |
こんにちは!
初めてまともに観た、韓国映画です。
韓流といえば、なぎささんですから、早速レビューを拝見しにやって参りましたぁ!!

>革新的なフィルム現像方法により、色彩の彩度と明度を極めることに成功したと言われている。

納得です!映像がとにかく綺麗で驚きました。
澄んだ空気が目に見えそうな映像でした。

それとあの家は、やっぱり中は空洞だったのですね。
どうみてもありえない家だったので。(笑)

このところ、ホラーばかり観ていたので、久しぶりに爽やかな映像を観て、すっかり癒されました♪
| shake | 2006/07/10 12:03 PM |
>shakeさんへ
韓流といえば・・・と、私を連想していただけるなんて、とっても嬉しいです!
そう言えば、shakeさんのレビューに韓国作品って珍しいですよね。
でも、いかがでしょ、なかなか良い作品でしたでしょ〜♪

あまり韓国の色が濃くない作品ですよね!

主演のお二人の透明感ある演技も良かったですし。

私もこれは『SAW』のあとの一服の清涼剤のように観ました!!
コテコテ油っぽい作品の後は、ペパーミントシャーベットのような爽やかさです(笑)
| なぎさ | 2006/07/10 4:54 PM |
こんにちは♪
滅多に観ない恋愛映画なんですが、コレは良かったです〜っ。
あのお家は外観だけなんですね。
とてもステキなんですが住むには怖いなと、、、

チョン・ジヒョンは他に観た作品では元気が良すぎるイメージでしたけど、こういう役もいいですね。
相手役の俳優さんもステキでした。
| ゆかりん | 2006/09/07 1:11 PM |
>ゆかりんさんへ
TBとコメントありがとうございます!
そうでしたか、ゆかりんさん恋愛モノはあまりご覧になってなかったですか〜。

あのお家、実際住むとなれば大変そうな環境ですよね(´qp`)ムヒ!

ジヒョンちゃん、これでは抑えた演技でしたよね。
二人が会えそうで会えない・・・切ない感じがとっても良かったです♪
| なぎさ | 2006/09/07 2:57 PM |
よかった〜♪

CATVで放映されていたので録画したのだけれど、すっごく得した気分♪
もう何度も観ちゃいそうです!

イ・ジョンジェいいですねぇ〜♪
「タイフーン」もチェックしなくちゃ!
| D | 2006/10/08 8:23 PM |
自分の感想をUPしてからなぎささんのレビューを読み返してみて『風情』という言葉を書かれていたのにびっくり。。。私も同感です。

リメイク版、観るのを躊躇するくらい良かったです。

TBさせていただきまする!

| ヨッシー | 2006/10/09 12:20 AM |
>Dさんへ
これ、絶対良いですよねぇ〜♪
へぇ〜CATVでしてたんですか?!
それはもう「保存版」ですね!

そうそう、素敵でしょイ・ジョンジェssi。
この作品では柔な感じの青年を演じてますが、『タイフーン』の彼は逞しい男ですよ〜(人´I`*)



>ヨッシーさんへ
おっと!ヨッシーさん!
TBありがと〜♪
ヨッシーさん、韓国映画って珍しくないですか?
韓国系はお好きじゃないのかと思ってました。

これはね絶対、本家のこちらがオススメです。
なんと言っても主演の二人が、ナチュラルだけど泣かせる演技が素敵ですもん(*^◇^)b

では、そちらへもお伺いに・・・。
| なぎさ | 2006/10/09 2:47 PM |
なぎささん、こんにちわ。
TB先でお見かけしてTBさせていただきました。
韓国映画の中で大好きな一作です。
私もこの作品でイ=ジョンジェのファンになりました。チョン=ジヒョンにとっては「猟奇的な〜」よりも彼女の代表作だと感じています。
心に残る映画なので、いまだに熱い気持ちが蘇ります。
| erabu | 2008/12/13 5:38 PM |
>erabuさんへ
erabuさん こんにちは♪
お立ち寄りくださって嬉しいです!

>韓国映画の中で大好きな一作です。

良い作品ですよねぇ〜!
私も好きです♪

イ・ジョンジェ素敵な俳優さんですよね!
彼の『オーバーザレインボー』という作品も良かったです。

ジヒョンちゃんは透明感のある可憐な女優さんですよねぇ。
『デイジー』も良かったです。

ハリウッド版にはガックリでしたが、本家はやはり素敵でしたね!
映像も俳優さんも全てにおいて本家がダントツでした!
| なぎさ | 2008/12/14 4:36 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/222
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/03/25 8:01 AM |
イルマーレ THE PERFECT COLLECTION 私的には一番ツボにはまった映画です 星も5つ評価だけど 7つつけたいぐらい 私が1番好きな俳優は イ・ビョンホンssiで イ・ジョンジェssiは3番目くらいに好きだったのですが ん・・・イ・ジョンジェssi イ・ビョ
| 韓流大好き! | 2006/03/25 8:37 AM |
先月末に購入したDVD『イルマーレ The Perfect Collection』をようやく見ました。 レンタルと違っていつでも見られるという事があり、結局買ってから1ヵ月後の鑑賞と相成りました。
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2006/03/25 9:29 AM |
イルマーレ THE PERFECT COLLECTION 出演:イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン 他 監督:イ・ヒョンスン (2000年 韓国)---Story--- 1997年の年末。 海辺の家に引っ越してきたソンヒョン(イ・ジョンジェ)は、 消印のない手紙を受け取る。 その手紙は、新築
| Four Seasons | 2006/03/25 3:07 PM |
イ・ジョンジェ繋がりでこちらも鑑賞。もう何度目かは解らないほど見ている作品です。
| お気に召すまま | 2006/03/25 11:13 PM |
監督 : イ ヒョンスン 公開 : 2000.9.9 出演:イ ジョンジェ、チョン ジヒョン、チョ スンヨン、ミン ユンジェ、キム ジム、キム ムセン、チェ ユニョン イルマーレ情報 &#63835;『イルマーレ』関連作品をA
| 韓国風生活 ブログ版 | 2006/03/25 11:42 PM |
本日、2000年度韓国映画「イルマーレ」を観ました。 監督、イ・ヒョンスン。出演、チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、チョ・スンヨン、ミン・ユンジェなどです。 ストーリーは、1997年、海辺の家を失恋で引っ越す女性が、次に住む住人に自分宛にきた手紙を新しい住所に
| マイ・シネマパラダイス | 2006/03/31 12:23 AM |
久しぶりにDVDを。 気になっていたチョン・ジヒョンの『イルマーレ』 映像が綺麗。 淡い色使いが、心地よくて。音楽も穏やかで。 近頃、人の心の奥深い欲望を見るような小説ばかり 読んでいたので、新鮮で、優しい気持ちになる。 風景がとにかく綺麗で、建
| ★☆★Wendy★☆★ | 2006/04/01 11:35 PM |
イルマーレ もう1月3日かぁ はやいなぁ 今年は年末年始はあんまりTV見なかった 紅白すら・・・ でまた韓国映画ですが 今日は「イルマーレ」 猟奇的な彼女、僕の彼女を紹介しますのチョン・ジヒョン主演です
| サクサクっと・・・ | 2006/04/06 10:10 PM |
『イルマーレ』イジョンジェ/チョンジヒョン共演 시월애(Il Mare...時越愛).....イヒョンスン監督2001年作品 junsanga的評価 ★★★★☆(4つ、満足!5つでもいいけど...) 【1】自分の好きな映画の傾向ってやっぱりあるな!って思いました。基
| 韓ドラのたまり場 | 2006/05/30 12:19 PM |
「イルマーレ」 映像美あふれるSFラブ・ファンタジー。 海辺に立つ一軒家「イルマーレ(イタリア語で 「海」の意)」の郵便箱を通じて、2000年に 生きる女性と1998年に生きる男性が手紙を やり取りし、やがて愛し合うようになる。 原題は『時越愛』。 2000年の
| 月影の舞 | 2006/05/30 3:49 PM |
1998年に住む「彼」と2000年に住む「彼女」の文通ファンタジー。 携帯やパソコンが普及した今となっては、文通という言葉自体がなんだか古臭いような感じがしてしまいます。手紙だけで交わされる恋愛。すっごい超純愛作品ですねぇ。 最後まで観終わると、チョットコ
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/06/15 9:36 PM |
ワールドカップベスト8が揃ったとこで やっと1日くらいゆっくり寝られると思ったのに ・・・見てしまいました。深夜のBS. 録画して見てもよかったのに・・・。ネムネム・・・。 イルマーレイ・ヒョンスン チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ 松竹 2004-11-25売り上げ
| ペパーミントの魔術師 | 2006/06/29 5:25 PM |
松竹 イルマーレ 出演■チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ 監督■イ・ヒョンスン ?<ストーリー>  海辺にある一軒家「イルマーレ」に住んでいたキム・ウンジュ(チョン・ジヒョン)は、この家から都会のマンションに引っ越そうと荷造りをしていた
| enjoy! MOVIE☆LIFE | 2006/07/06 12:33 AM |
BS2にて「イルマーレ」 海辺に建つ一軒家を舞台に2年の時を隔てた男女が愛をはぐくむラブ・ストーリー。 “イルマーレ(海)”と名づけられた海辺の一軒家。そこから引っ越していく女性ウンジュ(チョン・ジヒョン)は郵便受けに手紙をおいていく。それは新しい住人に
| ミチの雑記帳 | 2006/07/07 10:09 PM |
サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスが主演するという、この作品のリメイク(「The Lake House」)の予告編がなんとも切なくて、とても綺麗な映像にとても興味をそそられました。
| シェイクで乾杯! | 2006/07/10 12:04 PM |
アザーズニコール・キッドマン主演、監督は「オープン・ユア・アイズ」のアレハンドロ・アメナーバルです。トム・クルーズが製作総指揮を務めちゃっているゴシック・ホラーなんかね、この映画とにかく怖いのです 派手な特殊効果とかCGとかそういうものは一切ないのだ
| きららのきらきら生活 | 2006/09/05 11:45 PM |
『IL MARE』公開:2001/09/08製作国:韓国監督:イ・ヒョンスン出演:イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、チョ・スンヨン、ミン・ユンジェ、キム・ジム、チェ・ユニョン、ドゥナ、イ・インチョル☆story☆99年12月。“イルマーレ(海)”と名付けられた海辺の一軒家。こ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/09/07 12:56 PM |
9月16日(土) (15日からのつづき) 午前6時に「Live in ROSA」を出る。 丸の内線に乗り、 大手町で半蔵門線に乗り換える。 途中、爆睡。 見事に乗り過ごす(笑)。 起きたのはせんげん台。 急いで降り、新越谷に戻る。 家に着いたのは8時半頃。 パン
| CHEAP THRILL | 2006/09/17 6:27 PM |
監督:イ・ヒョンスン 出演:イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン、チョ・スンヨン、ミン・ユンジェ、キム・ジム、チェ・ユニョン、ドゥナ、イ・インチョル 評価:90点 (ネタバレあります) おお、ハリウッド版リメイク「イルマーレ」より、韓国
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/09/30 3:56 PM |
こんにちは、「夫婦de雫」事務局です。 9月23日公開の「イルマーレ」、もう皆さ...
| 雫:二松まゆみプロデュース『夫婦de雫』 | 2006/10/06 6:14 PM |
チョン・ジヒョン/イルマーレ ¥2,500 アサヒレコード 韓国 2000年 チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ 監督:イ・ヒョンスン  脚本:ヨ・ジナ 『リベラ・メ』 音楽:キム・ヒョンチョル  【ストーリー】 海辺にポツンと建つ一軒家「イルマ
| 映画を観よう | 2006/10/08 8:33 PM |
と言っても、キアヌ・普段着は結構ダサいのよ・リーブスとサンドラ・ブロック再共演のリメイク版じゃなくて、オリジナルの韓国映画の方。 いやいやいやいや。。。。。 なんですか。 まったく。 コレ。。。。。 ・・
| そして今夜も眠れない | 2006/10/09 12:20 AM |
〜 静寂や孤独の中から何かを感じ取る文化 〜 前回ご紹介したサンドラ・ブロック、キアヌ・リーヴス主演のSFラブストーリー『イルマーレ』のオリジナル版です。元は2000年の韓国映画、主演は『猟奇的な彼女』 『僕の彼女を紹介します』などで記憶に新しいモデル出
| Prototypeシネマレビュー | 2006/10/14 11:39 AM |
イルマーレ 時越愛 IL MARE 監督 イ・ヒョンスン 出演 イ・ジョンジェ チョン・ジヒョン 韓国 2001
| Blossom Blog | 2008/01/29 4:10 PM |
韓国映画 「イルマーレIl Mare」(原題 時越愛 시월애)を観ました。
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2008/05/11 6:35 PM |
 コチラの「イルマーレ」は、ありばばみょんのご紹介で観ましたぁ〜( v^-゚)♪  キアヌ・リーヴス&サンドラ・ブロックの共演でリメイクされちゃったオリジナルになるんですが、ハリウッド版リメイクの方の作品も今秋公開の予定で、映画館ではポスターなんかも貼ら
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/12/07 8:55 PM |
▼状況 弟のライブラリより拝借(2002年版?) ▼動機 「東京少女」を見て & チョン・ジヒョンを辿る ▼感想 作れるんだ・・・こういうの ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 99年12月。「イルマーレ」と名付けられた海辺の一軒家。この家から引
| 新!やさぐれ日記 | 2008/12/12 7:21 AM |
監督、イ=ヒョンスン。2000年韓国。原題『時越愛』。ファンタジー・ラブストーリ
| erabu | 2008/12/13 5:31 PM |