<< ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 | Main | モンスター >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.03.13 Monday author : なぎさ

トゥーム・レイダー2



昨夜、地上波初登場!
ご覧になられましたか?!

アンジーのまたまた

ダイナマイト・セクスゥィー・バデェときめき

ストーリー自体は、前作同様ゲームの実写化ですので、荒唐無稽で無理やりな展開ですが、アクションものにかけては第一人者、カメラマン出身のヤン・デボン監督ですから迫力満点グッド

トレジャー・ハンターのララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)が、アレクサンダー大王が隠したという”“月の神殿”からメダリオンと、オーヴという黄金の玉を探し出し、オーヴに隠された“パンドラの箱”の所在をつきとめようと奮闘する。

そこへ悪の集団“シェイ・リン”という組織が、メダリオンとオーヴをララから奪い取り、“パンドラの箱”を悪用しようと解読に躍起になる。

“シェイ・リン”のボス、ジョナサン・ライスの手に“パンドラの箱”が渡れば世界に危機を起こすとあって、ララたちは阻止しようと彼らと戦う。

・・・というお話しですが、この悪党組織のボスにシアラン・ハインズです。
大好きな俳優さん。拍手
作品によって全く違うカラーが出せる人。
『ミュンヘン』では、彼とは分からない変身(?)ぶり!
本作では、悪い顔してますてれちゃう
この人と、ジェフリー・ラッシュ成り切り方は素晴らしい!

もうお一人、ララと共に悪の組織“シェイ・リン”の本拠地に進入する道案内に呼ばれた元軍人テリーにジェラルド・バトラーでございます。
『オペラ座の怪人』はまだ未観でして、恥ずかしながら本作で初めてお目にかかりました。
「たとえ手首を折られても、絶対、君にキスするぞ!」
たくましい腕、厚い胸板・・・よ〜ございましたラブ


前作でもララに忠実な部下のブライス(ノア・テイラー)と、ヒラリー(クリス・バリー)は健在でしたね。

でも、何と言ってもやはりアンジーのお姿です。
衣装は続投のリンディ・ヘミング
“シンプル・洗練・モダン”をテーマに作られた素敵な衣装の数々・・・とは言えもちろん、アンジーだからこそ“着映え”するのでしょうけど。


始めの黒いビキニ・・・70年代の“ボンドガール”を彷彿とさせます。
シルバーのウェット・スーツ・・・水中シーンでは日本製のものを使用したのだとか。(これです→)
それと、クッキリ写っていたあの“ビーチク”びっくり(アレ本物?)
特製の韓国の軍服風の衣装・・・背中にトラの刺繍がほどこされていた。


そしてアクションシーンには目を見張るものがありました。
ド肝を抜かれたのは、高いビルからバトラーと二人で飛び降りるシーン。
・・・むささび?・・・と思うほどのウィング・スーツに身を包んだ二人は摩天楼の間を颯爽と飛んでゆく。
これはスウェーデンのスタントチームの名演だそうです。

もう一つ、切り立った崖からこれもバトラーと二人で、ロープ伝いで真っ逆さまに落ちてゆくシーン。
このアクションは、他でも観たことが無くて新鮮だった。

アンジェリーナ・ジョリーは、運動神経に長けているのか、言われたら即、難なくやり遂げてしまうらしい。
まぁ、その陰には日々の努力も当然あるのでしょうが。

本作はギリシャの島で幕開けし、香港、中国は上海、クロフト邸のあるイギリス、そして最後はアフリカと、まさに世界を駆け巡るロケーション。

アフリカ、キリマンジェロの近く“命の揺りかご”と呼ばれる“パンドラの箱”が隠された場所に到着したララを出迎えたのは、ボコト族と呼ばれる人口2万人ほどの遊牧民だったそうだ。
その部族から80人の人たちが出演している。
映画など観たことも無いような人たちであったそうだ。

最後にララが言うセリフ・・・
「見つけてはいけない物もあるのね」

痛快活劇としては楽しめました!



にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《タ行》 | 10:57 | comments(9) | trackbacks(12) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 10:57 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは。TBありがとうございました。
同じ時間に同じものを観ても、観点が違うとここまで違う感想(笑)
わたしの方が、偏った観方をしてるのですが(^^ゞ

>ロープ伝いで真っ逆さまに
あれは何度もやったので、撮影後は気持ち悪くなったそうです。

未見なら、是非一度、『オペラ座の怪人』を!
シアラン・ハインズ、また違う出で立ちで登場しています。
わたし、この1年でこの人の出演作を、全く知らずに7本も観てしまいました。
| 悠雅 | 2006/03/13 8:37 PM |
前作よりスケールアップしてましたね。
アクションシーンも凄かったです。
続編もアンジェリーナ・ジョリーとそのファンのための作品でした。何をやってもカッコいい人ですね〜。
| ゆかりん | 2006/03/13 11:38 PM |
>悠雅さんへ
こちらこそTB&コメントを頂いて嬉しいです!
当方からは、コメントも残さず失礼しました。
悠雅さんのところへは毎日、日参させていただいております♪
ジェラルド・バトラー様を、こよなく愛されておられること、よーく存じております☆
私は恥ずかしながら本作が始めてでしたが、とても素敵な俳優さんとして頭にインプット完了です(笑
『オペラ座の怪人』ですね!
了解しました〜♪
 
シアラン・ハインズは、毎回の作品で注意して観ていないと、彼だと分からないくらい変身しちゃってますよね〜。
実は『ミュンヘン』でも、不覚にも私は、エンドロールを見て彼だと気づいたしだいです(恥

今後ともよろしくお願いします!


>ゆかりんさんへ
カッコいい〜の一言ですね!
でも、この役を違う人で置き換えられるとしたら・・・ゆかりんさんならどの女優さんを?
私はアクションと言えば、アンジーの他にはこの方しかいないのでは・・・シャーリーズ・セロンお姉さま!
『イーオン〜』の予告を見る限り、アンジーの次を狙えるのは彼女でしょうか?!
| なぎさ | 2006/03/14 8:12 AM |
違う人に置き換えるとしたら…ですか?
誰でしょ〜。
でも私もシャーリーズ・セロンいいですね。
『イーオン・フラックス』予告ではかっこいいですもんね。
観にいかなきゃ!
| ゆかりん | 2006/03/14 12:46 PM |
このゲーム、うちのダンナが昔やってた様でして、ララのキャラクターが映画ほど良い性格じゃないみたいで、A・ジョリー扮するララは正義のヒーロー的存在だったのがビミョーに違和感あったりして・・・なんて言ってました。
私も観ましたテレビ。前作よりアクションがかなり効いてて痛快ではありましたよね〜
そして、やはり、ソコ、目がいきました。・・・シャラポア。。。きゃ☆
| ヨッシー | 2006/03/14 1:49 PM |
>ゆかりんさんへ
再びありがとうございます!
アンジーが出産で不在の今、ハリウッド女優で彼女のようなアクションに耐えうる人は、セロンしかいないのでは!
私も『イーオン〜』観たい!
日系アメリカ人監督が撮ったニンジャ映画☆



>ヨッシーさんへ
そうなんですってねぇ〜、ゲームの映画化なんですもんね!
そうなんだー、性悪のララですか?

アレ、ね〜♪
どうやったって彼女のナイスなバデェは絵になるけど、見て!見て!アピールが凄いよね☆
| なぎさ | 2006/03/14 2:59 PM |
単純にカッコ良くて好きですわ!
ゲームのほうは全く知らないけれど、こういう映画もいいですよね〜♪

今回、ちょっとジェラルド・バトラーにばっかり目が行ってしまった私ですが(苦笑)
| D | 2006/03/14 6:33 PM |
>Dさんへ
私もゲームは全く知りませんが、前作もかなり気に入っていたので観ようと思いました♪
アンジー観たさでしたが、そう!私もジェラルド・バトラーが気になりました〜☆
カットされていたようですが、本編には素敵なラブシーンがもっとあったのですね。。。残念!
| なぎさ | 2006/03/14 7:56 PM |
なぎささん、ご無沙汰なうえに、古い記事にTBしてごめんなさい☆
アンジーのダイナマイトボディーが、女性から見ても素晴らしかったですね。
それなのに、男気があって、アクションもすごいし、アンジーってやっぱり最高だなーって思っちゃった。
| ノルウェーまだ〜む | 2009/12/03 1:41 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/209
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/03/13 11:11 AM |
<story>  ギリシアのサントリーニ島沖で起きた大規模な地震。それが、すべての始まりだった。  アレクサンダー大王が、世界中から集めた財宝が眠る月の神殿。紀元前330年、
| 土曜の夜は・・・ | 2006/03/13 3:55 PM |
パンドラの箱を追って・・・
| 悠雅的生活 | 2006/03/13 8:17 PM |
この作品は、アンジェリーナ・ジョリーファンの私にとっては嬉しすぎる作品。といっても、なぜか1作目も2作目も劇場で観ていないんですけどネェ。。。 とにかく、アンジェリーナ演じるララ・クロフトが超カッコいい!女が強くて、カッコいい映画大好き♪アンジェリー
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/03/13 8:31 PM |
監督:ヤン・デ・ボン出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジェラルド・バトラー    クリス・バリー    ノア・テイラー    シアラン・ハインズ    ジャイモン・フンスー    ティル・シュヴァイガー    サイモン・ヤム ある日、ギリシ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/03/13 11:29 PM |
ジェネオン エンタテインメント トゥームレイダー 2 プレミアム・エディション LARA CROFT TOMB RAIDER: THE CRADLE OF LIFE アメリカ 2003年 アンジェリーナ・ジョリー、ジェラルド・バトラー、クリス・バリー、ノア・テイラー、シアラン・ハインズ、ジャ
| 映画を観よう | 2006/03/14 6:31 PM |
製作年度 2003年 製作国 アメリカ 上映時間 117分 監督 ヤン・デ・ボン 製作総指揮 ジェレミー・ヒース=スミス 脚本 ディーン・ジョーガリス 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 アンジェリーナ・ジョリー 、ジェラルド・バトラー 、クリス・バリ
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/05/08 4:09 PM |
アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの関係を始めて語ったと報道されていますね。アンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットとの関係を語った雑誌とは、ファッション誌の「Vogue」。記事の掲載は1月号の...
| 独り言日記 | 2006/12/13 8:20 PM |
アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 1975年6月4日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの女優。本名も同じアンジェリーナ・ジョリーです。アンジェリーナ・ジョリーの父親は有名な俳優のジョン・ヴォイト(Jon Voight)。アンジェリーナ・
| アンジェリーナジョリー情報 | 2007/03/25 12:40 AM |
 コチラの「トゥーム・レイダー2」は、「トゥーム・レイダー」に次ぐシリーズ2作目となるトレジャーハンターもののアクション・アドベンチャーです。  モトになっているのは「ヒットマン」と同じアイドス社のゲーム。監督は、「スピード」のヤン・デ・ボン。  日
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/07/18 8:15 PM |
ヤン・デ・ボン監督、アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション・アドベンチャーもののシリーズ第2作目。 <あらすじ> ギリシャのサントリーニ島で発生した大規模な地震の影響で、地中海海底に埋没していた「月の神殿」が2300年ぶりに姿を現わした。トレジャー
| Yuhiの読書日記+α | 2008/07/18 11:29 PM |
映画サイトTime Out Londonでちゃんと調べたのに、観る気満々で行った映画館が閉まっていて「2012」が観られなかった私。 ええーい!それなら惑星直列つながりで見た「トゥームレイダー」の続編をみるしかないか・・・(無関係) 2本セットでお友達から借りっぱな
| ノルウェー暮らし・イン・London | 2009/12/03 1:34 AM |