<< サイドウェイ | Main | トゥーム・レイダー2 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.03.12 Sunday author : なぎさ

ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密



エレン・バースティン74歳。
マギー・スミス72歳。
シャーリー・ナイト69歳。
フィオヌーラ・フラナガン65歳。
そしてジェームズ・ガーナーは78歳。
“お達者クラブ”のような俳優さんたちが・・・

素晴らしい〜!拍手

ベテラン俳優陣が元気でキュ−トな映画って観ていて嬉しくなっちゃう!

そしてこの作品を観てつくづく感じた・・・母親になる前の母のこと。
・・・父親になる前の父のこと・・・。
誰しも青春があって、恋もして、挫折も経験していて・・・。

そして親になってからの親としての心の葛藤。
すでに、自分が存在していた頃の母の悩み、苦しみ・・・。

仲の良い親子も、そうでない親子も、この作品を観て親子について考えるのも良いなぁ〜と思わせてくれる、そんな映画だった。


ニューヨークで劇作家として活躍するシッダ(サンドラ・ブロック)は、タイム誌のインタビューで、幼少の頃に母親から受けた辛い仕打ちを、うっかり話してしまい、それが記事になったことで、母ヴィヴィ(エレン・バースティン)との確執がさらに悪化してしまった。

この親子の危機に、団結して修復に立ち上がるおばさまたちがいた!
それが“ヤァヤァ・シスターズ”なのだ!

合言葉は“明かされてもいい秘密がヤァヤァの秘密になる”てれちゃう

キャロ(マギー・スミス)、ニーシー(シャーリー・ナイト)、ティーシー(フィオヌーラ・フラナガン)、そしてヴィヴィの4人は幼い頃からの親友で、“ヤァヤァズ”なるものを結成していた。

ヴィヴィを除く3人は、シッダに睡眠薬を飲ませて故郷ルイジアナに連れ帰り、母ヴィヴィと和解させようと企んだ。

そこでシッダが目にした物は、古ぼけた写真のアルバムだった。
そこには自分の知らなかった若い頃の母の想い出が詰まっていた。
3人のおばさまたちの思い出話しを聞きながら、一つ一つ写真を見ていくうちに、シッダの中で秘密にしていた辛かった親子関係が鮮明に浮かび上がる。



水泳が得意で、勝ち気で、時に優しく、時に厳しく・・・酒に溺れ、戦死した彼を忘れられず、夫との関係が上手く築けず・・・思い悩む一人の女性ヴィヴィアン・ウォーカー・・・母がそこにいた。


若い時のヴィヴィをアシュレー・ジャッドが演じています。
以前、彼女とシャーリーズ・セロンが重なって区別できなかった時もありました。たらーっ
でも、アシュレーのほうが好きだなぁ〜。
綺麗&キュートですよね〜。

そして、ヴィヴィの夫役シェプにジェームズ・ガーナーですよ!
このシェプという夫は、ヴィヴィのありのままを受け止めようと努力します。
何度も夫婦喧嘩を経て、晩年は孤独なヴィヴィの一番の理解者になってゆきます。

また娘シッダに対しても、冷静な対応で我が子の救いとなっています。
この父娘の関係にも心打たれるものがありました。
父親と娘って普段はそんなに結びつきが無いように見えて、母親と娘の“危機”にはさりげなく現れる!
私にもそんな想い出がありました・・・。悲しい



そしていよいよ、ヴィヴィの誕生日会で娘シッダと会います。
ねぇ〜、なんやかんやと言ってもそこは血の繋がった親子であります。
氷が解けるように二人は気持ちを通わせます。

サンドラの娘役がこれまた良かったんです!
嫌っていてもどこか母親に似てる、そんな娘を好演してた。
時々、マイケル・ジャクソンに見えるんですけどパクッ

いやぁ〜アタシも“ヤァヤァズ”に入りたくなっちゃった〜


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 09:07 | comments(12) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:07 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは、なぎささん。
アシュレーとシャーリーズ・セロンの区別がつかなかった・・・というの、わかりますねぇ。私も昔混同してました。ポジション的にもかぶってた時期がありましたからね。私は、アシュレーの「コレクター」や「ダブル・ジョパディー」が好きです。
サンドラ・ブロックがマイケル・ジャクソン????
この映画、録画はしてあるんですがまだ見てないんです。なかなかよさそうですね。
| nocci | 2006/03/12 10:17 AM |
>nocciさんへ
こんにちは〜nocciさん!
混乱しましたよね〜、そうそう『コレクター』や『ダブルジョバディ』の頃でした。
一方『ノイズ』『レインディア・ゲーム』はシャーリーズ・セロン!
同一人物と思ってた瞬間があったですよ(爆

サンドラとM・ジャクソンって、この彼女の髪型がそう思わせたんですけどね(笑

私はとても気に入りました♪
| なぎさ | 2006/03/12 4:20 PM |
知ってる!この映画。
レンタルした何かの映画の予告で観ました。
おば(ぁ)さん達が「ヤァヤァ!」と声をそろえて楽しげに
言っていたのを覚えています。
私の好きそうなヒューマンドラマ♪
いつか観てみたいと思いまっす

あ〜、入ってますね〜、マイケルさん。えーと、サンドラのケツあご辺りがそう見えるんでしょうかねぇ
でもマイケルのケツあごは人工モノですね。
| ヨッシー | 2006/03/12 9:27 PM |
アシュレー・ジャッドとシャーリーズ・セロンは
私も映画を観始めた最初の頃区別がつきませんでした^^;
今日はイーオン・フラックスを観て来て
シャーリーズの美しさにやられましたけど
この映画ではほんとアシュレー・ジャッドきれいですよね。
母と娘、おばさまたちの強い絆がとってもステキに描かれていて
じんわり涙する映画でした。
| ジュン | 2006/03/13 1:47 AM |
なんで、なんでー、見分けつきますよー私。(笑)
セロンは長身ですし、ジャッドは比較的小柄で笑顔が
全く違うと思うんだけどなあ。
この作品のジャッドもキレイだけれど「サイモン・バーチ」での彼女は、ホント、美しかったー!
サスペンスものもこなすけど典型的なラブコメ「恋する遺伝子」の彼女もキュートな魅力全開でした!

なぎささん、話題変わりますが、歌が素晴らしいと評判の
「ウォーク・オン・ザ・ライン」、観に行けないでいるんです私。H・フェニックスの顔がダメなのです。
ちなみに彼は私の中では「目黒祐樹」・・・なの。
ああいう顔見るとナンカこう・・・ザワザワーッツと・・。
| viva jiji | 2006/03/13 8:06 AM |
>ヨッシーさんへ
ケ、ケツあご!バフバフゥ〜(爆笑
ほんとだぁー言われてみれば!
あれが似てると思わせる原因かっ!

映画は良い作品ですよ〜ヨッシーさん♪
オススメです☆
ヘレン・ミレンの『カレンダー・ガールズ』みたいな、おばちゃまパワー炸裂で〜す!


>ジュンさんへ
『イーオン〜』観賞されたのですか!
いいなぁ〜私もあのセロン姉さんは絶対みたいです♪
あの開脚はただもんじゃないですねぇ。
ほとんど裸みたいなパジャマですか?あれも観たい〜(笑

本作のジャッドは50年代頃の女性の雰囲気がとてもあって、気が強いけどもろい女性を好演してましたね!

父娘のシーンと、ラストの母娘のシーンもほろっときました☆


>viva jijiさんへ
そーなんですよね〜、今、思うとなんで混乱してたのか。
よく見れば全然違うって分かるんですけどねぇ。
当時はゴチャゴチャになってて焦りました(恥

『ウォーク・オン・ザ・ライン』でしょ〜私も観たいんですけどね。
ホアキン=目黒裕樹!
言えてます(笑
テレ東の食べ歩き番組に出ててもいいくらい!
実は私も、あまり好きじゃない顔です〜。。。
| なぎさ | 2006/03/13 8:50 AM |
うわ〜〜〜
この作品ご覧になったんですね♪

いいですよねぇ〜〜〜〜
私もヤァヤァに入りたいです!!
あのカッコいいおばちゃま達ってGood♪

この作品、どのキャラクターもとても素敵でした!
パパが弱々しい感じに見える娘だけど
実は、一番懐が深いんですよねぇ〜〜〜

母と娘、永遠のライバルであり、永遠の友でありたいですねぇ〜〜〜

うちの場合、今はまだまだですけど・・


| | 2006/03/14 6:37 PM |
>Dさんへ
タイトルがなんだかB級作品っぽいんですが、鑑賞するとこれがなかなか良い作品じゃございませんか!

Dさんは『カレンダーガールズ』はご覧になられましたか?
ヘレン・ミレン主演の映画なのですが、こちらもおばちゃまたちが元気な実話に基づいた作品なのです。
おばちゃまたちがヌードになっちゃいます!

ベテラン俳優が嬉々として演じている映画には、魅かれるものがありますねぇ。
| なぎさ | 2006/03/14 8:04 PM |
なぎささん、こんにちは!
これ、なぎささんの記事のタイトルを見て、
「そうだ、観たかったんだー!」と思い出し、観てみたんです。
後でTBさせて頂こうと思っていたら、先に頂いてしまいました。
ありがとうございましたー♪

良かったですねー、ヤァヤァ・シスターズ!
ほんと、入れてもらいたーい!
また、父親の存在が良かったですよねー

こんな、お茶目なおばあちゃんになりたいですぅ
| satty | 2006/03/21 3:46 PM |
>sattyさんへ
ほんとですか?!
いやぁ〜嬉しいです〜♪思い出して頂けて。
幾つになっても少女のような心を持ったおばちゃまたち!
ホント素敵〜☆
ちょっとおせっかいだけど、自分のことをこれだけ心配してくれる人たちがそばにいるって、なんだか心強いですもんね!
| なぎさ | 2006/03/21 5:16 PM |
こんにちは♪
あんまり期待してなかったんですが、ジーンとしちゃって泣いちゃいました。
お友だちとの友情も親子愛もいいなって。
アメリカ人ってすぐに話し合いをするもんだとばかり思ってたんだけれど、
こちらの家族はその辺希薄でしたね。
| AnneMarie | 2007/06/27 3:46 PM |
>AnneMarieさんへ
おはようございま〜す♪
これ、なかなか良いでしょ〜☆
なんたってあの老人パワーが最大に光ってましたね!

>アメリカ人ってすぐに話し合いをするもんだとばかり思ってたんだけれど
ほんとですねぇ。
意外と内に秘めてはっきり言わないってこともあるんですね〜。
その辺りの描き方もジワジワっと染みてきて良かったです。
| なぎさ | 2007/06/28 8:30 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/208
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/03/12 10:22 AM |
サンドラ・ブロックほか名女優そろいぶみの【ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密】 シッダ(サンドラ・ブロック)のインタビュー記事がタイム誌に掲載され そこには少女時代の虐待の
| BLACK&WHITE | 2006/03/13 1:48 AM |
タイトル: ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 特別版 Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood アメリカ 2002年 出演:サンドラ・ブロック 、エレン・バースティン 、フィオヌラ・フラナガン 、 ジェームズ・ガーナー 、マギー・スミス、チェリー・
| 映画を観よう | 2006/03/14 6:41 PM |
ステキなおばあになるために 日々生きています。 そんなワタシが 今日みた映画。 「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」 昔にちらちらと 映画の評判を聞いていたが この題名に どうも魅力を感じることができずに ずっとみていなかった。 でも み
| 末っ子長女にしえみのイラスト日記 | 2006/12/18 1:01 AM |
買ったままほったらかしDVDたちを眺めていたら、「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」が気になったので観てみることにしました。 公開されたのっていつ? 全然記憶にないな。 出演:サンドラ・ブロック、エレン・バースティン、フィオヌラ・フラナガン
| 映画でココロの筋トレ | 2007/06/27 3:41 PM |