<< 二重スパイ | Main | ナルニア国物語〔第一章〕ライオンと魔女 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.03.08 Wednesday author : なぎさ

オレンジ・カウンティ



数々の映画をご覧になってこられたviva jijiさんから“これは!”とお墨付きを受けた本作を観賞いたします。

残念なことにこの作品、日本未公開なんですよね〜。

ところが出演されている俳優陣は、なかなかですよ!


なんたって主役が、あのトム・ハンクスを父に持つコリン・ハンクス君
“君”って言っても彼、77年生まれで今年で29歳におなりあそばします。
ちょ、ちょっと待ってよ、コレ02年作品だから、この時すでに24,5歳だったんだ!
高校生の役がピッタリだったよ。
ふとした仕草がやっぱりパパに似てますねぇ。
親がオスカー俳優だと、それはそれで息子としてはご苦労もあるんでしょうね。

で、もう一人、その相手役の女子高生がこれまたあの名女優シシー・スペイセクを母に持つスカイラー・フィスク
ソバカスの顔がママに似てるよね〜。
ん〜でもね、もうちょい可愛かったらなぁ〜。
まぁ、愛嬌のある顔とでも言いましょうか。


コリンの兄貴役がアノ怪優(?)ジャック・ブラック
本作では「あ〜た、ダチョウ倶楽部の上島かぁーっ!」って言うくらい、ダボダボお腹を出してブリーフ一丁。(帽子取って床に叩きつけて欲しかったにゃ〜)
しかし、これがまた良い味になってます。


その兄弟の母親に『ホーム・アローン』でお馴染みキャサリン・オハラ
父親には『レイジング・ケイン』のあご俳優(笑)ジョン・リスゴー
学校に行けば、進路指導員コッブ先生にリリー・トムリン。(年とったね〜)
校長先生がチェビー・チェイスでしょ〜。
おまけに国語教師役で、本作の脚本家マイケル・ホワイトまでご登場!

他にも『ゴースト・バスター』ハロルド・ライミス。(あの頃とは全く変わってしまったけど)
『プリティ・ウーマン』の監督ゲーリー・マーシャル
コリン扮するショーンが憧れる作家スキナーには、ケビン・クライン
カメオ出演で、消防士としてベン・ステイラーまで!(B・ステイラーが消防士のスタイルでカッコいいんですよ)

何と言っても監督さんが、『白いドレスの女』『フレンチキス』『ワイアット・アープ』など数々を世に送り出した、あのローレンス・カスダンのご子息ジェイク・カスダンなのでございます!

ところで、このタイトルにもなっている“オレンジ・カウンティ”(オレンジ郡)っていう場所は、南カリフォルニア・ロサンゼルスの南東に位置する郡(カウンティ)なのです。

太陽サンサンと降り注ぐオレンジ郡でショーン(コリン・ハンクス)は頭は良いが、毎日をダラダラとサーフィンに興じる平凡な高校生。

ある日、砂浜でマーカス・スキナーという有名な作家の小説を拾い、それを読んだことでショーンは自分の進むべき進路を見出した。
それは、つまらないオレンジ郡を出て、小説家の勉強をするために、憧れのスキナー先生(ケビン・クライン)がいるスタンフォード大学に入学することだった。

ところが、ある手違いのせいで入学を却下されてしまうショーン。
諦められず彼が取った行動は、ガールフレンドのアシュリー(スカイラー・フィクス)や、いつもクスリでハイになっている兄ランス(ジャック・ブラック)たちの助けを借りて、なんとか入学しようと孤軍奮闘するのだった。

でね、このスキナー先生のアドバイスがナイス!
生まれ育った土地の外に、救いと希望を求めていたショーンに向って先生はきっぱりと、今いるところで夢を実現していくことが大切だということを彼に教えます。
希望や夢は遠いところにあるのではなくて、自分が今いるすぐそばにあるんだと・・・。
この言葉にショーンは胸を張って故郷のオレンジ・カウンティに帰ります。

素敵だなぁ〜。
こんなふうに若者に激励できる人って。
そしてもう一つこの先生が素晴らしいのは、ショーンが書いた小説を褒めてあげたこと。
処女作品であったショーンの小説がそんなに良くできた物だとは思えないけれど、それなのに先生は心から褒めてあげた。
これですよね!
「褒める」・・・子育てでもこれが大事!

ただの青春コメディーではないと感じたこの作品。
心に残りましたよ〜viva jijiさん!




にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《ア行》 | 08:53 | comments(10) | trackbacks(6) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:53 | - | - | pookmark |
COMMENT
韓国映画漬けのなぎささん、全く毛色の違う、この手の作品も、お楽しみいただけたようで嬉しい限りです!
最近作の「キング・コング」にコリン・ハンクス、出てましたね。お父上と同体質らしくちょっとファットになって(笑)。
と、いうことは、額もかぎりなく・・・ズリ・・ハ・・がる?!(笑)オーッ!DNAは、いと強し!
そうです!「褒める!」の大事!私も実践!子育ては「褒めて!褒めて!ホメまくる!」・・・その結果・・、お山の大将になり過ぎて・・今更、呼べど叫べど・・・おりて、きません(トホ)(笑)
| viva jiji | 2006/03/08 6:06 PM |
>viva jijiさんへ
なんだか、久しぶりにハリウッド製の青春モノを観たんです〜。
そしたら新鮮でした!
J・ブラックのキャラが良い感じにマッチしてて、それにハマりました(爆笑

ですよね〜!コリン君は若かりし頃のお父さんにソックリ!
そう、限りなくB級に近かった作品にお出になられてた頃の父上は、ホント細かった!
B級とか言いつつ、私、『マネー・ピット』好きなんですよねぇ(恥

ほぉ〜、降りてこなくなっちゃいますか?!
子育ての大先輩!
難しいですねぇ「子育て」は。。。
| なぎさ | 2006/03/09 10:19 AM |
こんにちは!
青春でしたねー爽やかー♪
ほんと、スキナー先生のお言葉が良かった!
これでショーンの考えがガラリと変わってしまうんですもんねぇ

ベン・ステイラー、一瞬の出演にちょっと得した気分でした♪
カッコ良かったですよねー


| satty | 2006/04/21 12:31 PM |
>sattyさんへ
ほんとに〜青春モノの爽やか系作品でしたね!
二世俳優も出ていて、さすが親のDNA引き継いでるなって感じです。

B・ステイラー消防士役が似合ってました〜♪

| なぎさ | 2006/04/22 8:44 AM |
うふふふふふふ☆

あったじゃないですかぁ〜〜☆

TBさせていただきます!
| ヨッシー | 2006/07/09 1:00 AM |
>ヨッシーさんへ
実はこれ、DVDを買って観たんです〜☆
パッケージ写真もなんか良い感じですよね!
TBありがとうございました!
| なぎさ | 2006/07/09 1:37 PM |
索引一覧からTBさせていただこうと記事を見てビックリ!!

ああ、まるで私ったら、なぎささんの記事をまねたようにそっくり!!(使ってる写真も一緒だわ。。)
同じところに注目して書くこともあるんだぁぁ〜と、とにかく驚いています!

でも、決してまねしたわけじゃなくて〜〜〜
きっと、なぎささんも驚かれたことでしょうね・・・


おもちゃ箱のようなこの作品好きです!!


| D | 2006/09/07 5:54 PM |
>Dさんへ
あらら、Dさんも鑑賞されてましたか。
そして記事がそっくりですか?!

これはとにかくキャストがいっぱいで豪華で、2世も出てるしってことで、それだけでも楽しめましたね♪
| なぎさ | 2006/09/08 2:37 PM |
そうでしたね〜。ただの青春コメディではなく、
なかなか爽やかな感動と、後味のすっきりさが
とても良かったです〜。
そっかぁ〜この頃でもう既にコリン君は
24〜5歳だったのね。どうりでしっかりしてるワケだ(´▽`*)アハハ
| miyu | 2009/05/01 10:11 PM |
>miyuさんへ
おぉ〜miyuさんもこの作品ご覧になりましたぁ。
私ねDVDが安かったので買って観たんですよ。
先日観た『僕らのミライへ〜』のジャック・ブラックも可笑しかったけど、この彼もかなり笑えますよね!

>そっかぁ〜この頃でもう既にコリン君は
24〜5歳だったのね。どうりでしっかりしてるワケだ(´▽`*)アハハ

彼は今どうしているんでしょうね。
シシー・スペイセクの娘も観ないですよね。
政治家とは違って、こういう職業の二世は実力が無いと消えていく運命なんでしょうかね。
親が有名だとなかなか大変でしょうね。
| なぎさ | 2009/05/02 8:09 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/202
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/03/08 9:04 AM |
南カルフォル二ア、オレンジ郡に暮らす ショーン・ブラムダーは賢くて才能はあるが、 やる気のない高校生 サーフィンに明け暮れる生活を送っている しかし、ある日浜辺に捨てられた有名な作家マーカス・スキナーの 小説を読んで感銘を受けたショーンの生活は変わってし
| sattyの癒しのトビラ | 2006/04/21 12:16 PM |
2時間もないこの映画。 短いクセに、前半と後半で激しく感想が違いました。 前半は、 とにかく ただ ただ イラつきました(ーー;) 何にって 主人公のショーン(コリン・ハンクス)の周囲の人に。 母親(キャサリン
| そして今夜も眠れない | 2006/07/09 1:00 AM |
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン オレンジカウンティ スペシャル・エディション ORANGE COUNTY アメリカ 2002年 コリン・ハンクス、ジャック・ブラック、ジョン・リスゴー、キャサリン・オハラ、シュイラー・フィスク 、カ
| 映画を観よう | 2006/09/07 5:55 PM |
 コチラの「オレンジ・カウンティ」は、南カリフォルニアのオレンジ郡<カウンティ>に暮らす作家志望の高校生が、自分の進路を模索する青春コメディです。主演は、トム・ハンクスの息子コリン・ハンクス。「ブラックサイト」よりも、かなり若い!  共演は、ジャッ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/05/01 10:08 PM |
トム・ハンクスの息子のコリン・ハンクスの主演作。 というより、ジャック・ブラックが出てるし、 ベン・スティラーもノン・クレジットで出てる、いわゆる「フラットパック」もの。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/12/05 11:32 PM |