<< ふくろう | Main | バガー・ヴァンスの伝説 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.22 Wednesday author : なぎさ

県庁の星



行政改革は制度や組織を変えることじゃない。

そこに生きる人間たちの意識を変えることなのです。


保育所で知り合ったママさんから、試写会のお誘いを頂いて観賞してきました!
織田裕二の大ファンのママさん!ありがとうございました!


これね、県庁のタイトルがついてますけど、スーパーでのシーンがほとんどです。
なので、故・伊丹十三監督『スーパーの女』を彷彿とさせるような雰囲気もありました。

「庶民感覚を学ぶエリート公務員」とでも言いましょうか。
『踊る〜』で織田裕二はノンキャリア刑事の青島君でしたが、こちらでは某県庁のキャリア公務員・野村聡です。

書類とマニュアルが全ての野村は、県の威信をかけたビックプロジェクトを目前に、私生活でも社長令嬢との結婚が決まり、まさに順風満帆!

そんな彼が、県政の推進する民間企業との人事交流研修メンバーに選ばれた。
これも昇進のステップと彼は意気揚々!

ところが研修に付いた先の三流スーパー「満天堂」では・・・


「君、アルバイト?」「パートです!」
出世志向丸出しの野村の教育係りになったのは、二宮あき(柴咲コウ)という女性だった。


役人のスキルが通用しないスーパーで、野村は完全に空回り状態。
庶民感覚からはかけ離れた高級弁当を開発し、売り出すが・・・。
朝礼の後「衛生チェックしま〜す」と言ってこんなふうに両手をかざす。
それにしても、彼の着ているこの↑真っ赤なジャケット、去年まで私が仕事で着てたのと同じびっくり


机上のデーターしか知らない野村に業を煮やしたあきは、彼をデートと称して市場調査に連れて行く。
そんなあきから野村は、庶民感覚とコスト意識を学ぶ。
あきは、彼から前向きに生きることを学ぶのだった。


ところが、昇進まっしぐらのはずだった野村の行く先に、暗雲が垂れ込めてくる。

キャリアとパート、馴染むことの無い水と油のような二人が「満天堂」閉店の危機に追い込まれるなかで次第に、心を通わすようになってゆく。



あれ?確かスーパーに研修に行ったのは「民間のスキルを県政にも反映させる」ってはずだったんじゃ〜・・・と、思っていたら最後に野村が、民間で得たノウハウを県職員の前でぶちかまします。

それまで「お飾り」みたいにおとなしかった小倉知事(酒井和歌子)が、すっくと立ち上がり、野村の意見に抗議する県議(石坂浩二)を制してまで彼の意見を聞いてくれるのですが・・・。

これを観て感じましたが、公務員の意識改革はかなり難しいですね。
私たちがしっかりチェックしていくしかないということなのでしょう。


本作ではエリートということで、『踊る〜』のような弾け方が無かった織田ちゃんがちょっと残念。
いっそ、最後に昇進を諦めた野村が県庁でハヤメチャにバクハツー!なんてのも良かったんじゃ〜。
婚約者にふられ、大雨の中で男泣きは良かったなぁ〜。
彼はこういうシチュエーションが似合う!
あとね、グッド←このサインがよく出てきます。



25日から公開で〜す☆ 本日もワンクリックお願いします♪


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《カ行》  | 11:50 | comments(17) | trackbacks(68) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 11:50 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは。
昨日はありがとうございましたヘ(^o^)/
また一人で見に行かなあかんな〜(−_−)と思っていたので、ご一緒できて良かったです。

記事、上手くまとめておられますね。スゴイ(・o・)!
私の日記を見て頂ければ分かりますが、ひたすら「織田さん、良かった〜(#^_^#)ポッ..」ですから(;^_^A アセアセ…内容より、まず“人物”を見ていました(゚o゚)ヾ(--;オイオイ...織田友さん曰く、一回目はそんなものよ、とのこと(・-・)(。_。)ウンウン(笑)公開中に何回見に行けるか!そのうちに内容もちゃんと入ってくると思います(^。=)

PS:ワンクリックしましたよ(^_^)v
| ぴー | 2006/02/22 4:55 PM |
>ぴーさんへ
おぉぉ〜、ようこそお出でくださいました♪
そして昨夜は、ありがとうございましたm(_)m

公開前ということもあり、サムネイルをふんだんにあしらってみました!

そうなんだ〜、ぴーさんは織田さんの姿だけを追いかけて観賞されてたんですね〜ん☆
だよね〜、好きな人がスクリーンの中にいたらそうなるよねぇ。
で、公開中にあと何度か織田さんに“会いに行く”のですね♪
羨ましい〜・・・アタシも早くあの方が除隊してスクリーンに帰って来てくれたなら、きっと何度も“会いに行く”でしょうね。

そちらにもお邪魔させていただきますね〜!
| なぎさ | 2006/02/22 8:19 PM |
TBありがとうございます!

主演の2人のコンビネーションがとても大好きです☆
ヒットまちがいなしの映画ですよね!

| maki | 2006/02/22 9:15 PM |
>makiさんへ
こちらこそ〜ありがとうございます!

『踊る〜』とはまた違った織田裕二の魅力と、サバサバしてる柴咲コウのコンビネーションはGOOD!ですね☆
| なぎさ | 2006/02/23 7:42 AM |
はじめまして!こんばんは★
とても面白い映画でしたね〜!
最後、スーパーのシーンは、皆がGJ!でしたね。
酒井さんは、怖かったです・・・(泣)
それでは、お邪魔しました♪
| | 2006/02/25 8:19 PM |
先日こちらにおじゃましたのですが、まだ見てなかったので今日じっくり読ませていただきました〜。
『踊る〜』のようなテンポがいいというわけではありませんでしたけど、やはり『織田裕二』はすごい。面白かったです。
ラストは青島くんを思わせる感じで良かったです。
| ゆかりん | 2006/02/25 10:18 PM |
>空さんへ
はじめまして〜!
ご訪問ありがとうございます☆

どこか頼りない店長が、条例の一文を暗記してたシーンで、な〜んだかホロッときました。
そうですねGJでした!

酒井さん扮するあの知事でしょ。
あれって、石坂浩二の県議に丸め込まれたってことでしょうかねぇ。



>ゆかりんさんへ
早速、TB&コメント嬉しいです〜!
私と一緒に観賞したママさんは、織田裕二ファンなんで、「彼しか観てなかった」と言ってましたが、私もね『踊る〜』とはまた違った織田ちゃん、良かったと思いました。
| なぎさ | 2006/02/26 7:57 AM |
遅くなりましたが、TBありがとうございました!
やはり、民と官の間には、何かしらの温度差があると思いました。
この映画をみた公務員さんは「違う!」って思うかもしれないけど、
民間の私たちからみたら「そうそう!」って思える感じでした。
| いとお菓子 | 2006/02/26 7:31 PM |
>いとお菓子さんへ
いえいえ〜、こちらこそコメントも残さず失礼しました。
今、官から民へと言われていますよね。
この映画のように、公務員さんも民間企業に行って研修受けるっていうの良いかもしれませんね!
| なぎさ | 2006/02/27 2:22 PM |
なぎささんっさわわも観ましたー!試写会は当然外れましたけど(汗)
さわわはマミーが40年公務員しているのですが、
なんて言うか・・ああ、役所体質だなぁと思うこと多々あります・・・
役人気質とは程遠いと思われるちゃらんぽらんなさわわはマミーのことは好きなのですがそんな時はもっと柔軟に(?)なればいいのに・・ってほんと思いますよ
そんな人が集まってるところですから、なかなか改革は難しいでしょうね〜・・
| さわわ | 2006/03/01 12:38 AM |
>さわわさんへ
お母さまが公務員されているのですか。
し、しかも40年間もお勤めとは、スゴイですね!
キャリアウーマンのはしりだったのでは?!
いろいろと、ご苦労もあったでしょうね。

最近の、小・中・高のお子さんを持つお母さんたちのほとんどが仕事をもっておられるみたいです。
仕事と家庭を両立されてる主婦の方々、私は尊敬します☆
| なぎさ | 2006/03/01 3:23 PM |
TBありがとうございます(^0^* )
伊丹十三監督の『スーパーの女』は私も思い出しました〜
懐かしいですね
また観たくなりました( ̄m ̄〃)
| cherry@Cinemermaid | 2006/03/15 9:34 PM |
>cherryさんへ
こちらこそ〜コメント&TB嬉しいです!
cherryさんも思われましたか?!
ですよねアレは♪
途中の展開を観てたら、スーパーの裏事情ばっかりでしたもんね。
一緒に行った織田裕二ファンのママさんは、すでに2回鑑賞されたようです!
私は1回でお腹いっぱいで〜す(笑
| なぎさ | 2006/03/16 5:58 AM |
こんばんは♪ なめ犬です。
昨日DVDで鑑賞しました。原作本では柴咲コウが演じる二宮さんは「おばさん」なんです。なぜ、柴咲コウって思ったらラブストーリーも絡めているからなんですね。官と民をおもしろく描いているのがよかったです。弁当料理の担当にまわされた県庁さんが、外国人3人(中国人、黒人、カンボジア人)や偏屈な日本人(和田くん)たちと高級弁当チームになり、彼らとのやりとりが好きです。特に3人の外国人の会話はストレートに表現するからおもしろかったです。
| なめ犬 | 2007/02/23 6:48 PM |
>なめ犬さんへ
こんにちは!
おばさんという設定だったんですねぇ。
この柴崎コウって。ずーっとプリプリ怒ってるみたいでしたよね。
もともと彼女の顔って「怒り顔」だと思うんですよねぇ〜。
織田裕二も、今イチ弾けきれず不完全燃焼な感が否めないですが、熱血的な県職員という役柄は合っていましたね!
お弁当のエピソードは面白かったです!
| なぎさ | 2007/02/24 4:52 PM |
こんにちは。見ました。面白かったですね。
| nene | 2007/04/15 1:58 PM |
>neneさんへ
こんにちは!
普通の職場でも変えるって大変だと思うのに、県庁を改革ともなれば風当たりかなりきつそう。。。ですね!
| なぎさ | 2007/04/15 3:29 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/192
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/22 11:58 AM |
何パターンかのTVスポットも 投入されていますね。 織田裕二X柴咲コウ主演 「県庁の星」の試写会に行ってきました。 「踊る」シリーズの織田裕二 「世中」の柴咲コウ主演とあって見ごたえ充分です。 このふたりの過去の出演作ってほとんど失敗がないね。 織田裕
| bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/02/22 4:05 PM |
「パートですが何か?」 高いプライド、書類とマニュアル優先のキャリア公務員と 現場主義・実戦派のスーパーのパート店員。 2人が出会ったときに「改革」は始まった!
| Happy Life Generator | 2006/02/22 9:12 PM |
予告通り映画「県庁の星」(公式サイト)の試写会に行って参りました。原作は2005年9月にでたばっかりの小説「県庁の星」、作者は桂望実です。映画化が早かったんですね。銀座のヤマハホールに行って来たのですけれど、ひさしぶりの銀座にどきどきわくわくでした。み
| あれやこれや | 2006/02/22 9:18 PM |
先日、新聞紙上の懸賞で当たりました映画「県庁の星」の試写会に行ってきました!!
| 馬球1964 | 2006/02/22 9:22 PM |
素直に「エエ作品やな」と思える映画やね。 劇場などですでに何回か予告編を見てい
| いもロックフェスティバル | 2006/02/22 10:46 PM |
『しっかり手を洗 て』   県庁の星ならぬ市庁の星の友人と試写会行ってきました(爆 しかぁーしっ!! これは文句なしに面白かったです!!!!(*^ー゚)b エリート街道まっしぐらの役人野村(織田裕二
| 色即是空日記+α | 2006/02/22 10:46 PM |
----織田裕二の主演映画って久しぶりだね。 またまた熱血モノ? 「正直言うと、あまり期待していなかったんだ。 ベストセラーだと言う原作も読んでないし、 県庁が舞台なのかスーパーが舞台なのか、 予告観ただけでは皆目見当がつかなかった」 ----で、結局どうだったの
| ラムの大通り | 2006/02/23 12:33 AM |
 公式サイト 映画 『 県庁の星  』      [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日本   【2月25日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:西谷弘? 脚 本:佐藤信介? 原 作:桂望実  「県庁の星 」  桂 望実 [ キャスト
| やっぱり邦画好き… | 2006/02/23 2:57 AM |
●『県庁の星』2006年2月25日公開。織田裕二3年ぶりの映画は社会派コメディ。去年は番外編というよりスピンオフでとりあえずヒットした『踊る・・・』やらないのかな?今年は『北斗の拳』『日本沈没』と・・・大作続きの柴咲コウ。この2人がそろって東
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2006/02/23 1:29 PM |
県庁の星 上映時間 2時間11分 監督 西谷弘 出演 織田裕二 柴咲コウ 佐々木蔵之介 和田聰宏 評価 7点(10点満点)  織田さん主演最新作!実は踊るシリーズ、青島刑事のサラリーマン時代の映画!ではなく、県の役人でしかもキャリアなんで違いますね。
| メルブロ | 2006/02/23 6:10 PM |
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(97) 県庁の星-織田裕二は、 熱き理想に燃える公務員になった。 今週末公開の「県庁の星」を試写会で観た。 試写会なんて、本当に久しぶり、10年以上前に行ったきりだ。
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/02/23 9:03 PM |
監督 : 西谷弘 主演 : 織田裕二 / 柴咲コウ /       公式HP:http://kaikaku-movie.jp/ 「女は形のない物にお金をかけるものなのよ」三流スーパーに努めるパートの女性から自分にないものを得ていく一流キャリアの県庁職員の物語です。「行政改革は制
| MoonDreamWorks | 2006/02/23 10:46 PM |
K県庁に勤務するキャリア公務員の野村聡(織田裕二)がモットーに掲げるのは, 「政治は人の上に人を作り, 人の下に人を作る」 とにかくプライドが高い. ある日,野村は県政の目玉である「民間企業研修」の一環として,スーパー「満天堂」に派遣される. とこ
| オレメデア | 2006/02/24 3:12 PM |
大まかなストーリー 主人公(織田裕二)は県庁の産業政策課に勤務している。 数十億円のプロジェクトで保養施設建設計画の一員で鼻高々。 オンブスマンが無駄遣いと抗議 抗議をかわすため、保養施設の経営には民間の視点とりいれることを県と議会で決め、県庁初の民
| 映画「県庁の星」ネタバレブログ | 2006/02/24 6:48 PM |
「この映画の8割が岡山と香川ロケで撮影されたものでした」とラジオで聞いてびっくり!!織田裕二が研修先として送られ奮闘するスーパーは、岡山県高梁市内のスーパーで、出てくる県庁は香川県庁!なんだって?!ちょっと待ってよ〜。聞いてないよ〜(ToT)織田裕二さん
| ルンルンいこう♪ | 2006/02/25 11:28 AM |
県庁も 市町村も 自立心   なんかテレビドラマを見ているみたい、という印象は免れないかもしれませんが、今やテレビと映画はボーダーレス、テレビ局では小説のようにテレビは長編小説で映画は短編小説というような捉え方もあるようですから、そんなに重要なこ
| 空想俳人日記 | 2006/02/25 11:32 AM |
[ 県庁の星 ]@吉祥寺で鑑賞。 去年、この原作本を読んで大いに楽しませてもらった。 映画では、エンターテイメント性を高めるため、大きく登 場人物の設定が変えられていることに、観る前はいささか 不安を感じていたが、そんな不安は見事に払拭してくれる ほ
| アロハ坊主の日がな一日 | 2006/02/25 6:18 PM |
テンポの良い展開で見せる対立バトルは, 熱くさせるものが無く,普通に楽しい映画。
| Akira's VOICE | 2006/02/25 6:30 PM |
★う〜ん・・・どうしよう・・・もしかしたら辛口になってしまうかもしれません。ごめ
| 空の「一期一会」 | 2006/02/25 8:13 PM |
織田裕二の映画はハズレなしは本当ですね。 今回は公務員のお話で、お堅い役どころでしたがやはりおもしろかったです。 県庁やスーパーの裏事情がよくわかりますね。ここまでかどうかは知らんけれども。
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/02/25 10:14 PM |
織田裕二・柴咲コウ出演『県庁の星』の舞台挨拶に行ってきた。客層は9割以上が30〜40代女性。苦手な香水の香りがあちこちから漂って来る。。。いくらつけたところでその香りは舞台上の織田裕二までは届きませんから(爆)まずは舞台挨拶の模様から。恒例?になった「暗
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/02/26 5:07 AM |
お友達のご好意に甘えて、試写会に行ってきました! (yapapiちゃん、ありがとう!) 「県庁の星」 県庁に勤めるキャリア公務員が、 三流スーパーに研修に行き、そこで起こる奇跡の改革物語。 「官」と「民」、なかなかうまく表現されてます。 そして、パート
| いとお菓子なブログ | 2006/02/26 7:27 PM |
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  マニュアル通りにはいかない・・・人と政治  
| カリスマ映画論 | 2006/02/26 10:58 PM |
 妻は織田裕二の大ファンである。ファンクラブにも加入しており、大阪でコンサートや
| アッテンボロー | 2006/02/27 1:46 AM |
桂 望実 県庁の星 (画像は原作 ) 出演■織田裕二、柴咲コウ、佐々木蔵之助、ベンガル、和田聰広、井川比佐志、石坂浩二 他・・・ 監督■西谷弘 <ストーリー> K県庁のエリート公務員・野村は、200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャ
| enjoy! MOVIE☆LIFE | 2006/02/27 2:48 AM |
「県庁の星」を観て来ました!映画上映後すぐ、野村さん(織田さんの役名)をなんかイヤ〜な人だな〜って思いつつスーパーのパート役、二宮さん(柴咲コウさん)に感情移入して観てしまいました。と言うのも以前スーパーで働いたことがあって、ある程度分かっていたから
| 日々プチハッピー探し♪ぐうたら主婦のページ | 2006/02/27 6:00 PM |
小説が面白そうで、買おうと思っていたら、帯に映画になるとあったので、公開まで我慢し続けた映画。 主演は織田裕二。 ってことは・・・、面白くないわけないでしょッ! ついに公開当日(2/25)。観てきました。 織田裕二がすごい! 今までの、躍る大捜査線のイメー
| Let's enjoy!失業生活!! | 2006/02/27 7:56 PM |
さすが!織田裕二の県庁の星という仕上がりになっていました。映画が始まるということで少し漫画をみたんですけど県庁の職員がスーパーって設定にイマイチ、ピンと来なかったんですけど、始まってみればいつの間にかに引きずり込まれて、最後は頑張れと応援したくなるそ
| ブログ:映画ネット☆ログシアター | 2006/02/28 9:37 AM |
当節、日本映画界において最大の集客力を誇るフジテレビの看板役者「織田祐二」と、これまた当代きっての人気女優「柴咲コウ」を主役に据え、『白い巨塔』でその手腕を発揮した「西谷弘」がメガホンを取った博報堂イチオシの話題作。広告屋どもの浅はかで愚劣で腐りきっ
| 俺の話を聴け〜! | 2006/02/28 9:17 PM |
満足度★★★★ 人間同士の関係はマニュアル通りにはいくはずない だからこそ、出会いは人を変える。 テリトリーの外を知ることは可能性を生むきっかけになる。 あらすじ 常に1番
| だらだら映画・和日和 | 2006/03/01 12:32 AM |
「県庁の星」★★★☆ 織田裕二、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2005年 混んだ劇場で 画面を見つめ、 皆と同じ場面で笑い、 同じセリフにジーンと来る。 驚くような展開は無いが、 登場人物が それぞれの場所にぴたりとハマって すごく楽しめた。 このとこ
| soramove | 2006/03/01 9:28 AM |
2006年2月25日公開 ゴウ先生ランキング: C+ 日劇PLEX 1  2006年3月1日(水)10:00からの回 公式サイト: http://kaikaku-movie.jp/
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/03/01 6:46 PM |
●県庁の星をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕
| Blog・キネマ文化論 | 2006/03/02 9:30 AM |
織田裕二さんは、あまり好きな男優さんじゃないんです。。。でも、演技は嫌いじゃないです。 県庁の人間と、民間スーパーの店員。めぐり合うことの無い2人、、、って、別に実際は普通に知り合うことあるんじゃないのかなぁ〜?そんなこと無いの?? 映画としては
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/03/02 8:52 PM |
素直に謝る。素直に教わる・・・ カイカクするのは、ココロです★
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/03/03 11:54 PM |
野村聡(織田裕二)は、県庁のエリート意識も強く上昇意識丸出しのキャリア公務員。「特別養護老人施設建設」の企画を提出し、それを足がかりに出世を狙っています。そのプロジェクトを前に、県が打ち出した「人事交流研修」のメンバーに選出され、スーパー「満天堂」に
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/03/04 9:04 AM |
おととい、『県庁の星』を見ました。まずは、Yahoo!Movie掲載あらすじを。----K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕二)は、ある時、民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれるが、研修先は客もまばらなスーパー。しかも野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は、年
| B級ポータル〜個人的ポータルサイトを目指します〜 | 2006/03/04 4:01 PM |
「県庁の星」観てきました。 このシネコンで一番広い箱、観客数も多かったです。 なんでも、週間興行収入1位とか。 漫画が原作らしい。--->読んでないです、読む気もないです ロケ地は、岡山と香川らしい。  織田裕二さん主演。これ重要、テストでないけど。
| ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★ | 2006/03/04 10:57 PM |
 今回は県庁の星。ホワイトアウトでは、テロリスト相手に奮闘し、踊る大捜査線では、警察官僚や犯人達と戦う、あの織田裕二が三流スーパーのパートの柴咲コウに「お前の将来なんか知るかっ!」と怒られて、たじたじになってしまう、あの映画です。今までの作品と違って
| よしなしごと | 2006/03/05 1:27 AM |
「県庁の星」監督:西谷弘出演:織田裕二柴咲コウ佐々木蔵之介紺野まひる奥貫薫石坂浩二ほかロケ地は岡山県高梁市と香川県の天満屋のスーパーを使っている。この映画ののスーパーが「満天堂」になっているのは、ロゴを付け替えるのが易しいためですね。県庁のロケは香川
| 再出発日記 | 2006/03/05 1:33 AM |
楽しみにしていた映画『県庁の星 』、浜大津アーカス のレイトショーで観てきました。 公開からまだ7日しか経っていないので、ネタバレを避けるためストーリーにはあまりふれないでおきます。 『踊る大捜査線 』ファンの私としては、この映画は観ないわけ
| ささやかに大志を抱け | 2006/03/05 10:52 PM |
出会うはずのない二人が出会った時、その奇跡は始まった。 ■監督 西谷 弘■脚本 佐藤信介■原作 桂 望実(「県庁の星」小学館刊)■織田裕二、柴咲コウ、石坂浩二、井川比佐志、和田聰宏、佐々木蔵之介□オフィシャルサイト  『県庁の星』 県庁のエリート公務
| 京の昼寝〜♪ | 2006/03/06 12:17 PM |
K県庁のエリート公務員・野村(織田裕二)は、200億円をかけた一大プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、三流スーパー「満天堂」に半年間の研修に出されることになる。そこではパート従業員の二宮(柴咲コウ)から仕事を教わることになるが、
| ルーピーQの活動日記 | 2006/03/08 2:52 AM |
≪ストーリー≫ K県庁のエリート公務員・野村は、200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、半年間の研修に借り出された野村は、三流スーパー「満天堂」に派遣されることに。パート
| ナマケモノの穴 | 2006/03/09 9:41 PM |
  「県庁の星」に行って来ました。 ナカナカおもしろかったですよ。     http://www.kaikaku-movie.jp/ 官僚ですか・・・・。 イイです、官僚。 僕も一度は目指していました。<ウソばればれです。(笑) でも、昔から 「楽をしたけりゃ、エ
| 裸のピノキオ | 2006/03/14 9:55 PM |
映画館で観るつもりはなかったのだがチケットを頂いた♪(ラッキー) 物語的には予告編で想像してたようなドラマティックな作品ではなく、どちらかというと軽いノリだったが、クライマックスでの主人公の演説にはちょっと胸が熱くなった 何かを変えることはすぐには無
| Cinemermaid | 2006/03/15 6:51 PM |
2週間ぶりの映画。 ここのところ、私にしてはハイペースで映画館に足を運んでいた日々だったので、2週間も見ていないと、シアターもずいぶんと久しぶりのような気がする。 久方ぶりの鑑賞となったのは織田裕二主演の『県庁の星』。 織田裕二もストーリーも、不思議な
| 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2006/03/21 10:32 PM |
 黒澤明『生きる』の現代版とでもいうべきか。  かの名作との誉れ高い作品に対しては、大いに反撥させられましたけど、この作品にはそういうところ
| シネクリシェ | 2006/03/23 5:50 AM |
昨日まで3日連続でサッカー、しかもマイナーなJ2のベガルタ仙台の試合についてひとり情熱的に語ってしまい、サッカーにあまり興味のないみんカラ〜の皆さんを久々に地平線の彼方までドン引かせてしまいましたが、我が故郷、宮城県の星である愛すべきチーム、ベガルタ
| 欧風 | 2006/03/29 6:03 AM |
「パートですが何か?」 高いプライド、書類とマニュアル優先のキャリア公務員と 現場主義・実戦派のスーパーのパート店員。 2人が出会ったときに「改革」は始まった!
| 15ムービー | 2006/04/02 11:50 PM |
江戸時代に大阪・堂島で始まった我が国のコメ先物取引は、戦時下の経済統制により、1939年に廃止されました。戦後60年以上経った今もなお、コメに関しては当時を受け継いだ価格統制が保たれています。戦時中の統制の名残があること自体が、すでに有り得ないことです。
| 為替王 | 2006/04/08 6:42 AM |
織田裕二、柴咲コウが共演! しかも「踊る〜」シリーズでノンキャリアの熱血刑事を演じた 織田裕二がエリート官僚の役! 「どんな感じに仕上がってるのだろう?」と気になりつつ 劇場へ〜!!(ちなみに観たのは3月15日) 「県庁の星」2006年公開・邦画 監
| きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ | 2006/04/20 8:12 PM |
桂望実のベストセラー「県庁の星」を織田裕二主演で映画化。 「白い巨塔」や「ラストクリスマス」など数々の大ヒットテレビドラマを手掛けてきた 西谷弘が劇場映画初監督を務めた作品です。 融通の利かないキャリア官僚とパート店員がぶつかり合いながらもやがて協力し
| 噂の情報屋 | 2006/07/12 7:42 PM |
あの話題作を観てしまいましたぁ[:ラブ:][:イヒヒ:] 県庁の星 売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools 織田ゆうじ(県庁)[:雨:]vs[:雷:]柴崎コウ(パート店員)[:!?:]
| ムーパラ控え室から・・・ | 2006/08/03 12:56 AM |
映画館でも観た「県庁の星」をDVDで観ました。2回目でもとても良かったです!テンポもキャストも良いし、話全体としてもよく出来ていて分かりやすい。でも映画にありがちな、有り得ないようなハッピーエンドではないトコロが良いです。大きなプロジェクトを変えるコ
| Tokyo Sea Side | 2006/10/17 10:25 PM |
監督:西谷弘 出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/11/25 12:13 AM |
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改
| 猫姫じゃ | 2006/11/27 10:57 AM |
県庁の星 スタンダード・エディション あたしの好きな織田裕二さん主演の 「県庁の星」 あたし的にはあまり期待してないのよねぇ タイトルや予告編見る限りでは、あたしには合わなさそぅ でも織田さんが出てるのでとりあえず見てみました
| サクサクっと・・・ | 2006/12/06 10:22 PM |
『県庁の星』 キャリア官僚(織田裕二)とパート店員(柴崎コウ)が衝突を繰り返しながらも、いつしか互いに協力し合い三流スーパー『満天堂』の改革に乗り出すというストーリー。「女は形のない者に金を払う習性がある」「女はデパ地下を2周する」等、なるほどと思う
| Tokyo Bay Side | 2006/12/18 10:50 PM |
公務員と、民間企業との溝をコミカルに描く、 面白い映画でした。 県庁側もスーパー側も、映画だから、 もちろんオーバー気味に描いてるけど、 どちらも、さもありなん、って感じ。 でも、なぜか「公務員」に対して、 いい印象って、ないよね。 「今日で
| *モナミ* | 2006/12/24 10:06 AM |
全くの余談ですが 私、福祉の大学行ってたんですよ。 予告とかで「民間、民間」というのが何だか耳に懐かしくて。(笑) DVDで鑑賞。 とある県庁のエリート公務員・野村は 200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。 「県と民間の交
| 映画、言いたい放題! | 2007/01/17 1:00 AM |
県庁の星 2006年 日本 監督 西谷弘 出演 織田裕二 柴咲コウ 県庁のエリート公務員野村は、200億円をかけたプロジェクトを成功させキャリアアップを狙っている。そのプロジェクトを県議会に提案する。 プロジェクトに必要な県と民間の交流をとりもつため、民
| いろいろ日記 | 2007/04/15 1:54 PM |
(突然のトラバで失礼致します。もしご迷惑でしたら削除をお願い致します。)★青島コート…TUMI (トゥミ)の情報を求めて ネット内をグルグルしていたらこんな話題を拾いました。「踊る大捜査線」、ご存知 織田祐二主演のドラマ・映画です。あの作品の中で、織田祐
| TUMI に憧れ、トゥミにこだわる! | 2007/05/30 9:25 PM |
民間に研修に行くことになった県庁のエリート。こんなこと実際にどんどんすれば、行政サービスはもっと良くなるのでは。
| ゼロから | 2007/06/10 12:07 AM |
県庁の星 とクリスチャン織田裕二土曜日に“県庁の星”という邦画が放映された 感のいい方は分かるだろうが舞台の一つになるスーパーは 伊丹十三監督の“スーパーの女”が下書きとなっている“スーパーの女”は伊丹監督の遺作となった作品だが 大手スーパー進出に潰
| Cigarの見る風景 | 2007/06/13 11:08 AM |
県庁の星は思ったよりは良かったけど何回も見たいと思う事は無くて 10点満点で言うと6点ぐらいだし6月に鑑賞した映画の中では低くて BLEACHは妹のオカリナの音で敵を倒す事が出来て話が終わったし バンビ〜ノはオーナーと伴がイタリアに行った事で話は終
| 別館ヒガシ日記 | 2007/06/28 9:33 PM |
 『カイカクするのは、ココロです★』  ってなワケで公開2日目のコチラの映画を観てきましたぁ〜♪「THE 有頂天ホテル」の混雑ぶりを目の当たりにしちゃっていたので、朝イチに行ったのですが、割と楽〜に入れてのんびりと観る事が出来ちゃいましたぁ(´▽`) ホッ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/26 11:21 PM |