<< 禁煙セラピー | Main | プリシラ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.10.09 Sunday author : なぎさ

海の上のピアニスト

「海の上のピアニスト」
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ(99年作品)
出演:ティム・ロス プルート・テーラー・ビンズ ビル・ナン クラレンス・ウィリアムズ三世 他


移民が船上で産み捨てていってしまった子は「ナインティーンハンドレッド>」(ティム・ロス)と名づけられ、バージニア号の船の上から一度も降りることなくこの世を去った。一人のピアニストの生涯を描いた珠玉の作品。

監督・脚本はあの有名な「ニューシネマパラダイス」トルナトーレ監督。音楽はこれまた有名なエンニオ・モリコーネ・・・とくれば感動しないわけが無い。
ティム・ロスも私は好きです。「レザボアドッグス」での彼のカッコ良かったこと!他にも「愛に囚われて」「フォールームス」も彼の味が出ていて良かった。ひょうひょうとした演技の中にセクシーさが垣間見えるときめき

この映画で彼はメッチャ上手にピアノを弾いてるんです。TBSドラマの「砂の器」での中居君とは違います。
手元を吹き替えなんてセコイ事はしていません。
きっとごっつい練習されたんだろうなぁ。それにしても短期間であんなに指が動くなんて、「王将」のギョウザを包んでる人くらい早業だ!拍手
ジャズピアニスト(ウィリアムズ三世)との早弾き対決は見物。ピアノの弦が熱を持ち、なんとタバコに火が点くほどなのですびっくり


産まれてから一度も船を降りることなく、彼は「この世に存在しなかった名ピアニスト」だったのです。

あなたにも映画を好きになってほしいな
| 映画 《ア行》 | 17:36 | comments(6) | trackbacks(4) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:36 | - | - | pookmark |
COMMENT
はじめまして。
私もこの映画大好きです。
ただ、中居さんの「砂の器」もけっこう好きでして。
エキストラに参加した人から聞いたのですが、
手元を吹き替えなんてセコイ事はしていませんよ(笑)。
指の動きや位置は合ってるようです。
もちろん生まれつきの天才の音は出せないので
音だけは吹き換えのようですが。猛特訓をしたようですよ。
ドラマで映る指のほとんどは彼の指です。
撮影では20分ほどのクラシックを2,3本何度も通しで弾いていたと言ってました。
まぁ、ほとんどの人が手元吹替えだと思ってるようですが。ドラマのピアノと言えばほとんどそうですしね。
でもこのドラマに関してはかなりその辺も本格的だったようです。
中居さんのキャラゆえに誤解されやすいですが・・・(^^ゞ

この映画は音もティム・ロスなんでしょうか?
その辺が気になってました。
そうだとしたら凄いですね。
彼にそっちの才能もあったってことですね〜。
| すら | 2005/10/09 6:37 PM |
すらさんコメントありがとうございます。

そうだったんですね!私もあのドラマずっと観てたんですよ。中居君はスマップで一番好きだし。
でもてっきり吹き替えしてたと思ってました。
ゴメンネ中居君って感じです。
この映画のティム・ロスは猛烈にピアノを練習したと聞きましたよ。ハリウッドスターはなんでも出来てしまうんですね!
| なぎさ | 2005/10/09 10:43 PM |
なぎささん こんばんわ^^

コメント&TBありがとうござました。
この映画いいですよね〜〜感動です!!
T・ロスのピアノの演奏も演技も夢中になります。
なんか、日常では考えにくい設定なのにそれぞれの役の気持ちが伝わってくるからすごいですよね。
最後のシーンが幻想か現実かわからなくて、何回も見てしまいました^^;
なぎささんのおすすめの映画、参考にさせてもらってます。またお邪魔しますね^^
| ソラ | 2005/11/15 12:00 AM |
ソラさん コメント返しありがとうございます!!
ホントですねぇー。あの設定自体はちょっと無理があるにもかかわらず、それでも物語に引き込まれちゃいますよね♪
‘ピアノもの’作品は数あれど、私はこの作品がイチオシです!
>なぎささんのおすすめの映画、参考にさせてもらってます。
ソラさん ありがたきお言葉っ!感謝です!張り合いが出ます☆
| なぎさ | 2005/11/15 1:14 PM |
TBありがとうございます。
この映画は思わずサントラCD買いました。
また遊びに来てくださいませ。
| せつなキング | 2006/06/19 1:39 AM |
>せつなキングさんへ
コメント感謝です!
音楽を題材にした作品は多いですが、その中でもこの作品は秀逸でしたね♪
| なぎさ | 2006/06/19 2:30 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/19
TRACKBACK
お薦め度 ★★★★ ピアノはいい。 子供のときから習いたかったものベスト1だ。 この映画の疑問点は なぜピアニストは地面に降りないのか 未だにわからん。 誰か教えてほしい。 ちなみにこのサントラCDも買ってしまった。 超絶技巧ピアノ大好きだ
| @mazon | 2005/11/10 6:32 PM |
船上に響き渡りピアノの旋律が心を揺さぶりました。素晴らしい音楽と、そして切ない人生に、幾度も涙を流しました。 船の上しか知らない少年は、天才ピアニストへと成長して行きます。人々は船上でしか聞けない彼の音楽に心を奪われます。しかし、彼が欲しかったのは
| 文学な?ブログ | 2006/06/13 12:41 AM |
1999年ジュゼッペ・トルナトーレ監督 「THE LEGEND OF 1900 」・・・限り在る白と黒の鍵盤を弾くことで、心の旅を続けた男の話。 故郷である豪華客船の破壊を受け入れ、この世に生きた男の証が1枚のひび割れたレコード原盤と友人の心に残した思い出話。 これは大人
| 雑板屋 | 2006/09/22 3:32 PM |
1999 イタリア, アメリカ 洋画 ドラマ 作品のイメージ:切ない、スゴイ 出演:ティム・ロス、プルイット・テイラー・ヴィンス、メラニー・ティエリー、クラレンス・ウィリアムズ三世 予告編→本編→メイキングの順に観たら、だんだんダウングレードしていってフェ
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/10 7:11 PM |