<< BeRLiN | Main | アバウト★シュミット >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.27 Monday author : なぎさ

ディボース・ショウ

ディボース・ショウ
ディボース・ショウ

前回のコーエン作品『レディー・キラーズ』は拒絶反応が出てしまった私。悲しい

っが!しかーし今回はっ

これぞコーエン作品の極みぃ!

まずオープニングロールのアニメが可愛い!

いやぁ〜それにしても、アメリカの離婚訴訟のすごさは知ってましたが、すでに結婚する前から“婚前契約書”なるものを作成するのですね。

ロスの州法では、夫婦の財産は離婚時に“完全折半”となるらしいです。
なので、大富豪の夫たちは妻から財産を守るためにこの“婚前契約書”なるものを作成しているそうです。

マイルズ・マッシー(ジョージ・クルーニー)はその手の敏腕弁護士。
セレブなクライアントを多数抱えています。

その彼が次に依頼されたのが、妻に浮気現場を押さえられたマヌケな夫レックス(エドワード・ハーマン)だった。
マイルズ流の少々キタナイ手口で勝訴したが、彼はレックスの妻マリリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)にほれ込んでしまう。

ところが、このマリリン、なかなかのオンナである。
その美貌とキレル頭脳で慰謝料をガッポリ儲けるしたたかなオンナ。


そんな彼女が元夫の裁判で“富豪ゲット”の手口を暴かれてしまい大恥をかく。

そこから、マリリンの反撃&仕返しが始まった!

それにしても、ゼタ=ジョーンズって、くるっと後ろを向いて歩くときのお尻の動きびっくり
右に・・・左に・・・モンローウォーク。

でね、このJ・クルーニーはホント良い感じ。
この人、こんなオチャラケもするんだぁ〜って好感度UP!
本作では、歯をしきりに気にしてます。

コーエン兄弟の感性なのか、面白い役名なのが“ゼ〜ゼ〜のジョー”という喘息の持病がある殺し屋。
吸引機とピストルを間違えて、自分の頭を打ち抜くという死に方をします。

この作品の中で、こんなセリフがあります・・・
「人間は目指すゴールに到達しても、満足は無い」
次の目標へ向って行こういう姿勢は良いことだと思います。
その目標が、自分にとって“成長する糧”となるのであれば。

だけど、始めから“離婚ありきの結婚”って・・・詐欺に等しいんじゃない。



にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《タ行》 | 15:20 | comments(5) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:20 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは〜(^^)
アメリカってすごいですよね(笑)。
ミケはキャサリンさん目当てでコレ見ました。
反撃がすごかったですよね!
ジョージ・クルーニーは確かに良い感じでしたね。
ミケも今作でのキャラを演じてる彼は好感度アップでした♪
| kobitopenguin | 2006/02/28 9:09 AM |
僕としてはコーエンらしからぬ映画と思ってます。
役者の個性の方が勝ってしまってるからです。
ジョージクルーニーもキャサリンゼタ=ジョーンズも濃かったですよねw
| moti | 2006/02/28 9:54 AM |
>ミケさんへ
うんうん、ほんと!
アメリカに住んでなくて良かったぁ〜なんて思うほど、結婚するにも契約書って・・・ねぇ。
クルーニーのスコットランドの衣装も可愛かったですね♪
濃い顔とのギャップがまたなんとも良かった〜☆



>mottiさんへ
そうですかぁ。
映画は観る人の感じ方でいろいろですね。
冒頭に出てきたジェフリー・ラッシュは笑えました!
この方、ほんとにいろいろな役ができる俳優さんですねぇ。
『ミュンヘン』でのイスラエル諜報部司令官の役なんて、彼だとも分からないくらい、しっくり決まってました。
| なぎさ | 2006/02/28 2:16 PM |
私は監督はあまり気にしないと言うか・・・よく知らないので
好きな俳優・女優で見ちゃうことがほとんどです。
これは出演者がみんなよかったですね〜
キャサリンのあの完璧なまでのきれいさは目の保養にはバッチリ!
実際あれだったら大富豪もいちころって感じがしちゃう。
女はしたたかですからねぇ。
| ジュン | 2006/05/13 1:42 AM |
>ジュンさんへ
J・クルーニーの「ひょうきんさ」が見れて面白かったです!
キャサリンのモンローウォークは凄いですよねぇ〜♪
右に左に揺れる、プリップリのお尻!!(笑
ありゃ〜もう、大富豪もヨロッときちゃいますね〜ん☆
| なぎさ | 2006/05/13 10:46 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/189
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ブロログ〕 | 2006/02/27 5:41 PM |
セレブ的結婚? 評価:♡♡♡ 劇場に観に行きそびれて、DVD発売日に購入し、観た作品です。 内容:大富豪たちの結婚・離婚が盛んなロサンゼルス。州法により、夫婦の財産は離婚時に完全折半になるため、大富豪の夫たちは妻から財産を守るために”
| ミケの映画生活 | 2006/02/28 9:03 AM |
映画の楽しみ方はいろいろある。 とにかく新作を見まくるのもいいけど 俳優、女優で見るとか、監督で見るとか楽しみはいろいろですよね? 髪切りながらとか映画の話になって「最近
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2006/02/28 9:37 AM |
イーサンコーエン&ジョエルコーエン作品って 好きか嫌いか、ハッキリ好みに分かれるみたい。 皆さまは好きですか?? ファレリー兄弟、ウォシャウスキー兄弟、、、、兄弟監督って好きだなー{/heartss_pink/} この映画、 公開当時劇場鑑賞し、DVD買ってから一度も観て
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/03/19 7:39 PM |
【Intolerable Cruelty】2003年/アメリカ 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン   出演:ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ビリー・ボブ・ソーントン、ジェ
| BLACK&WHITE | 2006/05/13 1:37 AM |
やり手の離婚専門弁護士と、大金持ちとの結婚を画策し、離婚太りを狙う美女との駆け引きを描いたブラック・コメディ。 順風満帆、自信満々だった弁護士が美女にメロメロになっていく件を、ジョージ・クルーニーがキュート(?)にお茶目に好演。一方、かれを手玉に取る
| 【徒然なるままに・・・】 | 2006/07/17 10:01 PM |
確かマリリン(キャサリン・ゼダ・ジョーンズ)は、 離婚をして男から財産を毟り取ることを指して 「富と自立と自由を手に入れるためのパスポート」 という言い方をした。 わたしは、キャサリン・ゼダ・ジョーンズがとても好きなので、 なんだかこのセリフがとてもカッ
| minaの官能世界 | 2006/07/17 10:49 PM |
放映前期待度;★★★★女性の弁護士ドラマって、最近多い。そーゆー意味で新鮮味はあまりないのだけど、天海祐希嬢が主演なのと、『離婚弁護士』という絞ったテーマにちょっぴり面白そーな気がいたしております。。東大在学中に司法試験に一発合格し、その後一流弁護士
| ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。 | 2007/02/02 8:50 PM |
 コチラの「ディボース・ショウ」は、「オー・ブラザー!」、「バーン・アフター・リーディング」のコーエン兄弟×ジョージ・クルーニーが、ヒロインにキャサリン・ゼタ=ジョーンズを迎え、お得意のブラック・ユーモアもまじえたロマンティック・コメディです。  
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/11/19 8:23 PM |