<< 恋愛バトン | Main | メリーに首ったけ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.15 Wednesday author : なぎさ

PROMISE プロミス〜無極〜



王妃と3人の男たちの運命(プロミス)

の物語。


この作品って他の方のレビューを拝見すると“とんでも映画”との酷評もチラホラあったので、それじゃ〜どれだけ“とんでもない”のかを見とどけようと観賞!

そんな事を言いつつ、チェン・カイコー監督作品は、もう10数年前の『覇王別姫』を観ていたく感動を味わった私。
今回も期待感をポケットに入れて観賞しました!


そうだね〜序盤の部分は、私もかなり“半笑い”状態が続いたかなぁ。

だってねぇ〜
走るドンゴォ〜ン・・ォン・・ォンジョギング



いや、走る前は“ハイハイ”だったんですけど、向こうから放たれたバッファローみたいな大群が“猪突猛進”で走って来て、思わずご主人様を背負ったチャン・ドンゴンが立って走り出したんです。

この辺りは“コミックマンガ”みたいな絵ズラでしたけど、その後は“究極のトライアングル・ラブストーリー”でもあり、“男の友情”みたいな感じもあり、全体的には・・・うん、良かったかなぁあ〜アタシはね!

世の男たちの愛を手に入れながら真実の愛が叶うことがないという宿命の王妃・傾城<チンション>セシリア・チャン


伝説の甲冑(かっちゅう)、華鎧(はなよろい)を身に付けることを許された、ただ一人の英雄、大将軍・光明<クァンミン>真田広之


天から地上最高の俊足を与えられた奴隷・崑崙<クンルン>チャン・ドンゴン


冷酷に王妃を狙う美貌の公爵・無歓<ウー・ホァン>ニコラス・ツェー


悲劇の王妃と3人の英雄たちが出会ったとき、「無極」の運命は動き出す!


観賞後にわかったのですが、王妃役セシリア・チャンの声は吹き替えてたんだね!
彼女、ものすごくハスキーボイスなんだってぇ。
号泣シーンではかなり凄い声だったらしい・・・。

で、その王妃がまだ幼い時、死人の手から饅頭を取って食べようとしてた傾城<チンション>の前に現れたのが、運命の女神・満神チェン・ホン)!
「あなたに、すべての男からの寵愛と、何不自由ない暮らしを約束しましょう。そのかわり、決して真実の愛を手に入れることはない。それでもいいですか?」と聞きます。

腹が減ってんだよ〜この子はっ!
「それでもいい」って答えるさぁ〜、当然!
ちなみに、この満神役のチェン・ホンはチェン・カイコー監督の奥様なんだね。

数年後・・・彼女は王妃となっていた。

怪我をして動けなくなった新しいご主人様・光明の代わりに華鎧に身を包んで王妃の前に現れたのは、俊足の崑崙だった。
光明からは、王を助けるよう命ぜられたにもかかわらず、危機に陥っていた王妃を助け、王を殺害してしまう崑崙。


真田さんが被ってたこの兜(かぶと)って、TVでも実物が出てましたけど、これって覆面が一体化してて、顔の前にそれを下ろせば誰かが分からなくなるんです。

だから王妃はその時助けてくれたのが光明と思い込んでしまう。

運命の歯車はこうしてズレていくのです。

もう一人、重要な役どころで出てたのは、鬼狼役リュ・イェ

崑崙と同じ“雪国”から来たという男で、公爵・無歓の“刺客”として、光明に襲い掛かってくる。

でもね、ドレッドヘアー(?)にボロ布まとっててもチャン・ドンゴンssiは素敵だったよラブ
あんな風に憧れの“お姫様だっこ”して欲しいなぁ〜。
鬼狼が黒い羽のマントを脱ぎ捨て死んでいくシーン・・・ドンゴンssiの目にしだいにこみ上げる涙・・・涙!
頬をツーッとつたう・・・いやぁ〜よかです!よかです!
拍手

真田さんの中国語も良かったんじゃな〜い?!
いや、まぁ、アタシは喋れないんでわかりませんが。

セシリアの“アジアン・クール”で“ナチュラルなビューティさ”も良かったし!

観て損はなかったです。
映像の美しさも、これでもかのワイヤーアクション&CG処理も、えーっ、どんだけ人おんねん!の“人海戦術”も、全て含めて!


運命ってやつは変えられるんですよ。
宿命も変えていけるんですよ。
カイコー監督のメッセージ。

ファンタジーですからねっ!そう思って観ましょ♪


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《ハ行》 | 15:45 | comments(19) | trackbacks(61) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:45 | - | - | pookmark |
COMMENT
TBありがとうございます。
キャラが全部アニメちっくで大げさで
そこがまた面白くてはまりました。
チャン・ドンゴンの走りなんてもうギャグですよね。
セシリア・チャンの地声はアヒルみたいなんで
さすがにこの役にはキツかったようですね。
個人的には満足でした!
| Yin Yan | 2006/02/15 9:57 PM |
>YinYanさんへ
こちらこそありがとうございました!
チャン・ドンゴンがセシリアを、まるで凧揚げでもしているようにヒモで引っ張っていたのも笑えました。
そうなんだ〜彼女の地声って!
繊細な顔からは想像つかないですよね☆
| なぎさ | 2006/02/16 2:17 PM |
セリシアチャン・・・中国の至宝なのにハスキーボイスなんだーと変なとこで感心したりしちゃいました!
なぎささんは楽しまれたみたいで羨ましい!!
さわわも頭切り替えて観ればもっと楽しめたのにーー!!とショックですよ・・・
| さわわ | 2006/02/16 11:47 PM |
>さわわさんへ
セシリア・チャンってそんなに有名な女優さんだったんですねぇ。
私は本作で初めて拝見しました。
「とんでも映画」と覚悟して観たのがかえって良かったのでしょうか。
でも、観賞後に印象があまり残らない作品でした。
| なぎさ | 2006/02/17 3:16 PM |
ウワーンなぎささんゴメンナサイ!!
中国じゃなくて香港だったぁー!
知ったかして申し訳ないでございんす・・・
| さわわ | 2006/02/17 6:58 PM |
>さわわさんへ
そうなんですか〜。
香港スターだったんですねぇ。
最近ハマッてる韓国映画なら少しずつ観てるんですが、
香港作品ってそう言えば、ほとんど観れてないです。
でも、真田さんをはじめ皆さん中国語がお上手でしたね☆
| なぎさ | 2006/02/18 9:33 AM |
今晩は☆
ドンゴンの爆走シーンからカンペキに物語に置いていかれてしまいました。^^:
トンデモ映画だと分かっていれば、もう少し違った見方もできたのかと思うと残念です。
ニコラス・ツェーの指杖は笑えたのですが・・・。
| ルーピーQ | 2006/02/20 1:04 AM |
トラバさせていただきました。
この映画酷評されてるのは不思議ですよね。
セシリアチャンの吹き替え話・・・・意外でした。
| アガスケ | 2006/02/20 10:23 PM |
>ルーピーQさんへ
幸いだったのか、トンデモ映画との酷評を見た私はそのつもりで観賞したところ、「いやぁ〜そんなに悪くないよ〜」って感じられました☆
とは言うものの冒頭シーンは、この映画どこへ向ってんだ?って目を白黒しました(笑
指差してる杖!笑えました〜♪
「あんたは、さんまかっ!」って突っ込みいれたくなっちゃう☆



>アガスケさんへ
TB&コメント嬉しいです〜!
そうなんですよね☆カイコー監督の情熱が感じられていい作品でしたよね♪
そうそう、セシリアの声は私も後で知って驚きました!
ハスキーボイスの王妃でも良かったかも。。。ネ☆
| なぎさ | 2006/02/21 2:45 PM |
はじめまして。tamayuraxxと申します。
TBさせていただきました。

“人海戦術”すごかったですね。
人も牛も走る走る走る・・・スケールが大きいです。
傾城の声は吹き替えだったのですか。
わたしもセシリアさんの出演作を見るのは
初めてだったので全く気づきませんでした。

「覇王別姫」はかなり前から関心があるのに未だに
見ていない映画のひとつです。見てみたくなりました。

余談ですがチャン・ヒョクssiはわたしも好きです ^^
| tamayuraxx | 2006/03/10 10:23 PM |
>tamayuraxxさんへ
はじめまして!
TB&コメント、とても嬉しいです〜☆

そして、チャン・ヒョクssiがお好きとなれば、ものすごく親近感を持ってしまいます!!
私は去年、彼と会って(DVDで・・・です)一目惚れです♪
その後間もなく現在は兵役中と知り、ここは我慢の子状態です(笑

『覇王別記』はかなり昔に観賞しましたが、とにかくレスリー・チャンが綺麗でした。
その感動があったので本作も観ようと思いました。

また、そちらへお邪魔させていただきますね!
よろしければ、また当方へもお立ち寄りくださーい☆
| なぎさ | 2006/03/11 9:36 AM |
TBありがとう。
僕は、セシリア・チャンの吹き替えナシ、地声のスペシャル版があれば、欲しいな。
もう、全面、ガーガーうるさいだろうし・・・。
| kimion20002000 | 2006/07/04 1:42 AM |
>kimion20002000さんへ
セシリア・チャンの韓国映画『ラブレター』で、彼女の地声を聞きましたけど、あの声はなかなかセクスィーヴォイスだ〜と、私は思いました〜♪
この作品でもそのままやってみれば良かったのに・・・やっぱ、うるさい?
| なぎさ | 2006/07/04 2:03 PM |
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
・・・えっえ〜〜?!
あの意地悪クサイ女神(と私が思っている)は、監督の奥さまだったんですか!
飢えた子どもに変な約束をさせた女神がねぇ〜〜〜と、筋違いなところで感動してしまいました(笑)

ストーリーがヘンテコでしたが、映像や色彩は綺麗でしたね。
真田さんも色々活躍されていて何だか嬉しいです。
| 由香 | 2007/07/25 5:53 PM |
>由香さんへ
こんにちは〜♪

>監督の奥さまだったんですか!
そのようですよ〜。

>ストーリーがヘンテコでしたが、映像や色彩は綺麗でしたね。
ほんと、ほんと!
マンガチックな描き方もありましたが、そこはカイコー監督ってことで芸術的には仕上がってましたよね!

>真田さんも色々活躍されていて何だか嬉しいです。
真田さん、この間もハリウッド映画に出てましたねぇ。
なかなか頑張ってますよね!
サニー千葉の引退後、彼の後を担うのは真田さんかもねぇ〜。

| なぎさ | 2007/07/26 8:40 AM |
古い記事にお邪魔いたします!
最近DVD買ってみたんですよ。
いやなに・・・メイキングが観たくって・・・
真面目に製作してるので(そりゃそうだろ!)不思議な感じもしましたが。
ストーリーというより映像や役者の演技を堪能すりゃいいという作品でした。
なぎささんと同じく,これの公開時は
ドンゴンッシに萌えておりましたので
彼の瞳のウルウルシーンにはこちらも胸がキュン・・・・
しかしあの走りだけは・・・笑いましたぁ。
| なな | 2009/01/15 8:16 PM |
>ななさんへ
ななさん こんにちは〜♪
いえいぇ〜古い記事でも大歓迎です!

DVD買ったですかぁ〜。
やっぱり真面目に撮影されてたんですねって怒られますね(笑)

>ストーリーというより映像や役者の演技を堪能すりゃいいという作品でした。

しょ〜ゆ〜こと!(by村上ショージ)
なんでしょうねぇ。

ドンゴンssiは最近どんな作品を撮られているんでしょうね。
最近は韓国モノもさっぱり観なくなってしまいました。

>しかしあの走りだけは・・・笑いましたぁ。

ほんと、あのシーンだけは赤塚不二夫のマンガみたいでしたよねぇ〜。


| なぎさ | 2009/01/16 8:49 AM |
なぎささん、こんにちは〜♪
春なのに〜♪ここんとこ寒いですね。
でも、桜がちょうど入学式の時期に満開になっていいかもしれませんね。

で、この作品を今頃見たのでお邪魔させていただきました。
そうそう、少女はおなかが空いてたんですもんね。しかも、饅頭はお母さんのためにとっておくんだ、って(うるる)
そりゃ、「いいです」って言いますよね〜。
摩訶不思議なCG多用であっけにとられるシーンも多かったですけど、役者さんたちの真剣な眼差しの熱演もあって、面白く見ました。
「覇王別姫」は、私もスクリーンに釘付けになって熱いものがこみあげた、思い出の作品です。久々に借りてみよかしらんと思いました♪
| 武田 | 2009/03/29 3:56 PM |
>武田さんへ
こんばんは〜武田さん☆

えぇほんとここのところ寒い日が続いてますね。
花冷えというやつですかね。
着るものに困りますね。
桜の花って入学式の頃にキッチリ咲くようになってるんですよね。
自然のチカラって凄いわ〜。

今作、いかがでしたかぁ。
なんだか笑わせようと思って作ってはいないと思いますが、妙ちくりんな感じもしました。

>「覇王別姫」

これは見事な傑作でしたね!
映像美に魅了されました。
| なぎさ | 2009/03/29 7:21 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/188
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/15 4:05 PM |
チェン・カイコー監督、真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン 場所:有楽町朝日ホール 今回もやってしまいました。6時に職場を飛び出して会場に急ぎ(ああ、間に合った)とほっとして「よみうりホール」まで上がったら、そこは7階。連れ
| 雪月風花抄 ~Art Note | 2006/02/15 4:16 PM |
映像とアクションは満喫したものの, 中身のドラマは薄くて印象に残らない・・・
| Akira's VOICE | 2006/02/15 4:19 PM |
1月25日(水)グランドハイアット東京で行われた『プロミス』の記者会見に 行って...
| ベスパラ Blog | 2006/02/15 5:47 PM |
●『プロミス』2006年2月公開予定。あの、チェン・カイコー監督に真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャンの日韓香の共演(競演)プロミス(約束)をめぐる3人の物語。女の奪い合い??『LOVERS』にもなんだか似てそうな・・・。こないだみたいに『
| 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ | 2006/02/15 5:51 PM |
「PROMISE」プロミス/原題「無極」試写会。 あまり期待していなかったのですが、チェン・カイコー監督で、真田広之出演という事だけでも、見ておかないといけない気になります。 ワイヤーアクションやCGを多用したアクション大作という事で、「グリーン・デスティニー」
| 試写会帰りに | 2006/02/15 5:57 PM |
監督・脚本、チェン=カイコー。2006年中国。原題『The Promise/無極
| erabu | 2006/02/15 6:12 PM |
 闘牛士ごっこ、勘違い愛、鼻血対決、うそつき合戦、告白大会、殺し合い・・・最後まで嘘をつかなかったは誰だ? 
| ネタバレ映画館 | 2006/02/15 6:13 PM |
プロミス 上映時間 2時間4分 監督 チャン・カイコー 出演 真田広之 チャン・ドンゴン ニコラス・ツェー セシリア・チャン  日本、中国、韓国の俳優が登場する豪華キャスト。エンドロールで真田さんが最初に名前が出るのがいいねー。  上映前の予告
| メルブロ | 2006/02/15 6:14 PM |
『PROMISE』  公式HPはこちら ●あらすじ 戦乱の世の孤児である少女・傾城(セシリア・チャン)は、女神満神(チェン・カイコー監督の奥さんらしい)から究極の幸せを手に入れる事と引き換えに、真実の愛が一生、手に入らないリスクを約束した。 時
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/02/15 7:02 PM |
今日はFLET’S光で当選した 『PROMISE』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★
| しましまシネマライフ! | 2006/02/15 8:31 PM |
???äá ????м?Τ?礦ĻŪ?????? Τ?ä?ä?Τ??С Ĥ??С??????Ż??????Τ? ????????? Τ??Ũθ??羭???Ĺ? ???????????? ?Ű?????ĥ ????ΰ?????? ??¤??????????????? 褺??????ä褦 ???CG?????????????ġ?Ф??Ĥù?????Τ?Τ?¿ä褦???Υ??
| sigh. | 2006/02/15 8:48 PM |
やはり、真田さんや、チャン・ドンゴンが気になりましてね、見てきました。カイコー監督の映画、そういえば『北京バイオリン』もまだ見ていなかったですよ〜。しかし、いろいろ見るところ『北京バイオリン』とはだいぶ違うようで。早速『北京ヴァイオリン』と『さらば、
| ぷち てんてん | 2006/02/15 8:54 PM |
昨日、シアター大都会で『美しき野獣』をみたあと場所を移して、ファボーレ東宝で『PROMISE -プロミス-』を見ました。
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2006/02/15 10:27 PM |
「愛で運命を超えろ」 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、リウ・イェ、他 劇場:TOHO Cinemas Kawasaki ■ストーリー 幼き日運命の女神・満神との約束により、「真実の愛」と引き換えに、この世の
| きょうのあしあと | 2006/02/15 10:43 PM |
| ぼちぼち日記  | 2006/02/15 10:49 PM |
★原題:無極 ★監督:チェン・カイコー(2005年 中国作品) MOVIX京都に...
| 「朱雀門」という方法・第2章 | 2006/02/15 11:03 PM |
真田広之、チャン・ドンゴン出演ということで話題になっていますが、私が一番楽しみにしていたのは、ニコラス・ツェー様〜〜!武侠作品でありながらファンタジー!結構好きです、この手の作品♪ すべてを手に入れる代わりに真実の愛を得られないという運命を背負った
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/02/15 11:06 PM |
●PROMISE/無極● 監督:チェン・カイコー  主演:真田広之/セシリア・チャン/チャン・ドンゴン    ニコラス・ツェー/リウ・イエ 日(真田広之)・韓(チャン・ドンゴン)・香(ニコラス・ツェー)の新旧2枚目対決の話題作だ。 チェン・カイコー監
| 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世 | 2006/02/15 11:23 PM |
愛で運命≪プロミス≫を超えろ <ストーリー>親もなく生きる術を持たない少女、傾
| any's cinediary | 2006/02/16 12:24 AM |
「PROMISE」東京厚生年金会館で鑑賞 とにかく美しい。主役の面々、そして、画面に映る全てが壮大にそして繊細に美しいです。広大な風景もさることながら小道具の一つ一つが、極端に言えば羽根の1枚までもが美しい。改めてチェン・カイコーという監督を見直しました
| てんびんthe LIFE | 2006/02/16 1:01 AM |
「PROMISE無極」を鑑賞してきました。超絶ワイヤーアクション!!!ハリウッド初進出作品にして大コケ作品となった「キリング・ミー・ソフトリー」のチェン・カイコー監督作品。真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・チェーと、アジアのスターが出演していることでも
| 日々“是”精進! | 2006/02/16 5:47 AM |
2005年 中国 公開日:2006/2/11 公開予定 &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; PROMISE(プロミス) &nbsp; 監 督 : チ
| 異国映画館 | 2006/02/16 8:04 AM |
 「Promise 無極」を観た。空中で何の足がかりもなく下から上へ飛び上がったり、5回転ぐらいしたり、いかにも中国アクション。
| Input/Output | 2006/02/16 11:38 AM |
日韓香港を代表するキャストの共演!チェンカイコー監督作品 セシリアチャンの新作として、出演が決まった時点から ずーっと楽しみにしていた作品{/hearts_pink/} 豪華絢爛、煌びやかなアクションファンタジーの誕生{/kirakira/} いきなり王妃を愛してしまう大将軍、
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/02/16 3:47 PM |
監督:チェン・カイコー 出演:セシリア・チャン、チャン・ドンゴン、真田広之、etc... Official Site 2/11、公開 それは、アジアのどこか「未来における3000年前」から現代へ届けられた「約束」 主演は「ラストサムライ」の真田広之、「ブラザーフ
| おやつは300円までよ。 | 2006/02/16 6:26 PM |
「PROMISE」無極/THE PROMISE / 製作:2005年、中国 12
| 映画通の部屋 | 2006/02/16 8:06 PM |
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  過剰なほどの美しさ・何か足りない物語
| カリスマ映画論 | 2006/02/16 11:14 PM |
満足度★★★☆ ため息ものの映像美。 しかし何か、引っかかり完全に入り込めず・・・ あらすじ 全てを失った少女の前に現れた神。 そして神と"真実の愛以外の全てを与える"と言う約
| だらだら映画・和日和 | 2006/02/16 11:44 PM |
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン主演。 日本、韓国、香港のトップスターを主演に迎えるとはちょっとスケールがでかそう。 監督はチェン・カイコー。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/02/17 2:42 AM |
はっきり言って予告編を見て少々馬鹿にしながら観に行ったのですが・・・やられました。とにかく独創的な発想に素晴らしいカメラワーク、衣装や建物の色彩やデザインも美しくって圧倒されました。極めつけは主人公四人がそれぞれに魅力的で芸術品のように美しかった事、
| Alice in Wonderland | 2006/02/17 4:37 PM |
原題:無極/THE PROMISE 日本、韓国、香港のスターを競演させて、運命に導かれながらも運命を打ち破り、本当の愛を追い求める、時代感覚を無視したファンタジーな物語・・・。 「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/02/19 1:43 AM |
お約束 守れない子は 誰ですか   よくできた作品だと思います。ここんとこの中国映画で「2046」「HERO」に並ぶ快作ではないでしょうか。ただ惜しむらくは、CGではなく、題名。これは日本人だけでしょうが。主人公の少女は返済の当てのないお金を借り
| 空想俳人日記 | 2006/02/19 5:42 AM |
「PROMISE」  公式サイト 試写会鑑賞 ゆづの好き度  ★★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年2月11日公開???  ??  上映時間124分 試写会に行ってきました。 小さいころから、真田広之に憧れているので、 この作品にも興味があ
| ●○ゆるゆるシネマ感想文○● | 2006/02/19 3:29 PM |
貧民の幼い少女・傾城(セシリア・チャン)の前に、運命を司る美しき神“満神”(チャン・ホン)が現れた。「この世のすべての男の寵愛と不自由ない生活を得る代わり、真実の愛を得ることはない」と満神と約束を交わし、やがて成長した彼女は王妃となった。その頃、
| ルーピーQの活動日記 | 2006/02/20 1:03 AM |
いい意味で期待を裏切られた。中国映画といえばなんだか回りくどい感じで、なかなか世界感を 理解しづらいところがあるが、この映画は単純、アクションとロマンス。神さまや雪国人とちょっと 現実離れしているところもあるが中途半端じゃなくて良かった。キャストもうま
| ブログ:映画ネット☆ログシアター | 2006/02/20 9:43 AM |
●古今東西の歴史・民話・物語等の一部を取り入れ、サービス精神満載の漫画ちっくな映像と哲学的な深いテーマの融合で独特の作品世界を構築している●
| わかりやすさとストーリー | 2006/02/20 11:09 AM |
「PROMISE 〜 無極 〜」を観て参りました。 最初は 日本「真田広之」 韓国「チャンドンゴン」 中国「セシリアチャン ニコラス・ツェー」各国そろい踏みの『中国時代劇』と聞いて 勝手に「あ〜『英雄〜ヒーロー〜』や『ラバーズ』のチャン・イーモウ監督作品ね・
| 山形県で映画三昧♪ | 2006/02/20 10:21 PM |
●契約内容をご確認ください。 ●収支と支出のバランスを大切に。 ●無理のない返済計画を。 井上和香は出てません。ヾ(ーー )ォィプロミス違いだって・・・ 運命、それは誰も破ることのできない約束(プロミス)。 ある日、何もかも失った
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/02/21 12:07 AM |
まず、正直に告白すると、真田広之さん目当てで劇場に行った部分が大きいです。 スクリーンの外でも武術が強い、そんな俳優はたくさんいるでしょう。 しかーし! 武術を含むアクションを、演技のレベルにまで昇華させた人として、「真田広之、世界一、いや、地球一だ
| ストーリーの潤い(うるおい) | 2006/02/22 5:04 AM |
みのりさんから頂いたチケットでプロミスを見てきました。 とても映像には凝っていて、 アクションとかはHEROの延長線上って感じです。  
| ボソっと言ってみっか・・・ | 2006/02/23 11:35 AM |
チェン・カイコー(陳凱歌)、真田広之、チャンドンゴン主演の「無極」が高倉健の「千里走単騎」とともに中国で話題になっています。中国最大のインターネットメディア「Sina」にも毎日たくさんの感想コメントが寄せられています。チェン・カイコーは『さらば、わが愛/
| じゃんす的北京好日子 | 2006/02/23 7:03 PM |
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー。 日本、韓国、香港の人気俳優夢の共
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/02/24 12:38 AM |
「PROMISE・無極」★★★ 真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン主演 チェン・カイコー監督2005年中国 無国籍な神話の時代の話、 現実的な人間と 神秘的な女神の出会いに 一気に幻想的な映画に入り込む。 猛牛の群れが人間を飲み込む 前半のハイラ
| soramove | 2006/02/24 6:41 AM |
映画が観たい。今観るならどれか? 「アサルト〜」はいろんな映画と比較して、 脱出劇の最高峰みたいな宣伝が気になる。 それにリメイクだし。 「PROMISE」はアジアのスターを集めた、 豪華な映画。こういうのも引っかかる。 ミュージシャンの映画「
| 映画君の毎日 | 2006/02/25 2:36 AM |
見るまで、どんな内容のどういう映画なのかわからなかった。 だから、たいして期待してもいなかった。 でも、見始まったら10分足らずで、これは見て良かったと思った。 映画鑑賞歴半年の私には、新しい映画の世界。 もう、ひたすらきれい…&#63903; まるで2時間
| 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2006/03/05 9:37 PM |
『PROMISE』、何かと『HERO 英雄』と比較されがちですね。 で、私から観た両作品の特色、ちょこっと書いてみます(もちろん私のことですから、「ちょこっと」とはいっても、長くなりそうです)。 ご意見などいただけると、楽しいやり取りになるかも(?)
| ストーリーの潤い(うるおい) | 2006/03/05 11:52 PM |
『THE PROMISE』?無極? 英題?THE PROMISE 製作年?2005年 製作国?日本・中国・韓国 日本公開?2006年2月11日 全国松竹・東急系にてロードショー コピー ▼ [愛]で運命(プロミス)を超えろ 上映時間?Run Time: 128 min.(2時間8分) 配給?ワ
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/03/07 6:41 AM |
『さらば、わが愛/覇王別姫』、『北京ヴァイオリン』の監督、チェン・カイコー最新作。 出演は、日本の真田広之、韓国のチャン・ドンゴン、香港のニコラス・ツェー、セシリア・チャン共演のファンタジー。 スケールは大きいけれど、真田広之とチャン・ドンゴンを出演さ
| toe@cinematiclife | 2006/03/08 12:56 AM |
いつもながら出遅れていますが、チャン・ドンゴンssi出演の 「PROMISE 無極」を先日ようやく見てきました。出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、 ニコラス・ツェー、チェン・ホン 他 監督:チェン・カイコー (2005年 日本・中国・韓国) ---St
| Four Seasons | 2006/03/10 9:54 PM |
日本神話の荒ぶる神々の世界を、 チェン・カイコーのように我儘に映像化して欲しい。 チェン・カイコーの前作「北京ヴァイオリン」が制作されたのは、2002年。母の形見のヴァイオリンを弾く少年をコンクールに出そうと、貧しい父親はすべてを息子につぎこむ。混雑する
| サーカスな日々 | 2006/07/01 6:53 AM |
天涯孤独の少女、傾城は真実の愛と引き換えに、この世のすべての男からの寵愛を受ける王妃となった。天から俊足を与えられた男、昆倫はそれ以外何かを望むことさえ知らず、奴隷として生きてきた。そして伝説の花の甲冑を身につけることをこの世でただ一人許された大将軍
| 多いに語り多いに笑う | 2006/07/05 5:12 PM |
評価:★2点(満点10点)   監督:チェン・カイコー 主演:真田広之 チャン・ドンゴン セシリア・チャン ニコラス・ツェー 2005年 124min 愛で運命(プロミス)を超えろ 中国の巨匠、チェン・カイコーを監督に迎え、圧倒的なスケールで
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/08/09 8:28 PM |
キャ~~ゴメンナサイゴメンナサイ。 でもね。 あのキィィィーーンってアラレちゃん走りをする(笑) チャン・ドンゴンにドン引きしてしまって しかも凧揚げ救出大作戦でドッシェ~と笑ってしまい、 よー引き受けたよな~こんなんと思いつつ、 そのせいで、スクリーンで見
| ペパーミントの魔術師 | 2006/08/10 10:03 AM |
無極 The Promise 2005年   チェン・カイコー 監督・脚本真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン 、ニコラス・ツェー 、リィウ・イエ かなり微妙、、、てか、冒頭の戦闘シーン、ギャグでしょ??その後もほとんどギャグのようなVFX、、、 いや
| 猫姫じゃ | 2006/10/04 11:21 AM |
真田広之が「ラッシュアワー3」に出ている。ジャッキーチェンも年をとって勢いが無くなったが、今回の「ラッシュアワー3」は結構面白そうで楽しみでもある。ただ、真田広之の悪役というのは似合いそうだが随分扱いが低い感じ・・・「ラストサムライ」の憎まれ役も...
| 転職したくない窓際中年のリストラ対策 | 2007/04/08 10:48 PM |
映画「PROMISE プロミス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、他 *監督:チェン・カイコー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ち
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/07/24 9:20 AM |
TV鑑賞―【story】ボロを着て死体の食べ物を漁る少女の元に女神が現れて言った。「約束しましょう望むものは全てお前に与えます。ただし真の愛だけは永遠に得られない。それでもいいですか?」少女は「それでもいい。」と答えた―運命という逃れられない約束の中に閉じ
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/07/25 5:46 PM |
これは,公開当時に劇場で鑑賞したけど,あまりにも予想していた作風と違うことにがっかりして,セシリア・チャンの人間凧のシーンで,それ以上我慢できなくなって,劇場を途中で出た記念すべき作品である。(口直しに観たのが「フライト・プラン」。こっちもイマイチだ
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/01/15 8:18 PM |
 コチラは2/11公開される日本、韓国、香港のスターを集めて、中国の巨匠チェン・カイコー監督が世界に向けて放ったラブ・アクション映画です。チラシや予告の通りに色鮮やかな映像は、素敵だと思いました。  (○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・でもね、正直に言わせて貰
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/30 9:00 PM |
監督: チェン・カイコー出演: 真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、リィウ・イエ公式サイトはこちら。<Story>何不自由ない暮らしを手に入れながらも、真実の愛を探し求める王妃・傾城(セシリア・チャン)。伝説の甲冑を身につ
| NiceOne!! | 2009/03/11 8:29 AM |