<< オールド・ボーイ | Main | ふくろう >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.20 Monday author : なぎさ

リベラ・メ



リベラ・メ(LIBERA ME)とは・・・ラテン語で“我を救いたまえ”という意味なのだそうです。

私ね、これ全部CG合成で模型やらを駆使した特撮だわ〜って観てたんですがーーーっ!とーんでもな〜い!奥さん!

韓国映画ではまだそれほど充分なCGや特撮の技術がないのだそうです。
それでスタッフは、ハリウッド映画の『バックドラフト』などを観て、ものすっごく研究し、自分たちの技術で出来ること、出来ないことを詳細に見極めていったそうです。

その結果、これらの映像は消防車300台、LPガス6トンを投入、火薬3
トンを使用した 
CGではない火災シーンだったー!

スタジオではない、“本物の高層ビル”を爆破させてたんですよぉ〜。
撮影現場になった地域の全面的な協力があって実現したそうです。
おまけに、俳優たちもスタントを拒否!
韓国の俳優さんって、自分で全部やりたがるらしいです。
カラダ張ってまっす!
恐るべし韓国俳優陣!
そう考えると、日本の映画撮影の環境なんてまだまだですよね〜。
だからいつまでも中途半端な映画しかできなかったりするんですよね。

本作でも言ってますが、韓国の消防隊員というのは、軍人や警察官よりも不利な社会保険制度なのだそうです。
そのため職務中の怪我でも、治療費は自己負担になったりすることも・・・。
で、この作品を鑑賞された韓国大統領が、消防隊員の社会保障制度の改善を議会に提案したとか。


昨日UPした『オールド・ボーイ』では、冷酷で残虐な男を熱演してたユ・ジテですが、こちらではちょっと神経質な気の弱い消防隊員です。
すぐに死んじゃう役なので出番が少なかったなぁ。

サンウ役チェ・ミンスが素敵だった〜!


放火魔ヒス(チャ・スンウォン)を追いかけてバスにしがみついたり、熱血漢ある消防隊員を好演。

でもね、この作品は“火”がもう一つの主人公なんで、画面が赤・赤・赤!
おまけに、出演者がみんな消防服を着用しているため、顔の見分けが付きにくい。
そんな中でもすぐ分かるのは、キム・スロ兄さ〜ん!
ハンマー専門の隊員・マンチ役。

非番で家族とクリスマスのひと時を楽しんでいたハンム隊員(パク・サンミョン)が火災現場を通りがかり、家族に「お父さんは消防隊員なんだ!」と言い残して現場に駆けつけるシーンに涙がでました。
結局、ハンムは帰らぬ人に・・・。

ラストあたりで、サンウと放火魔のヒスが屋上で闘うシーン、サンウは危うく下に落下しそうだったのに、いきなりフツーに闘ってるシーンに切り替わってたり、エレベーター昇降口での何が起きても死なないサンウの不死身さにはびっくりでした。

消防調査員ミンソン役のキム・キュリもキレイだから、もう少し彼女の良さを活かした味付けが役柄にあれば、もっと良かったかな。

それでもやっぱり韓国映画は最高!

ワンクリック チュセヨ♪



にほんブログ村 映画ブログへ

| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 15:15 | comments(12) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:15 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは♪
かなり韓国作品にはまってますね〜。
チェ・ミンス目当てでみました。かっこいいですぅ♪
ユ・ジテはかなりイメージが違いましたね。
火事のシーンもすごい迫力で驚きました。恐るべし韓国!
「お父さんは消防隊員なんだ!」のシーンは私もジーンときましたよ〜っ。
| ゆかりん | 2006/02/20 10:52 PM |
>ゆかりんさんへ
なんだか最近、韓国映画の熱くて、パンチが効いてて、重たいけど可笑しい・・・そんな魅力が魂にズンズン響いてきてます!
チェ・ミンスssi素敵♪
も〜、韓国の俳優さんなら皆ステキって思っちゃう(爆
そんな中、イチバンはチャン・ヒョクssiなんですけどね☆
近頃、ハリウッド俳優の濃ーい顔ばっかり見てると、お腹いっぱいって感じになってます。
だから余計に韓国熱がメラメラしてま〜す!
| なぎさ | 2006/02/21 2:54 PM |
わぁ〜これも観たのですね〜。なんだか不思議な感激でございます。ガスステーション爆破シーンのメイキング、まさかキム・ギュリもスタントなしでやるとは思ってなかったです。韓国の俳優の感性、底力には頭がさがります。→のパッケージのチャン・ヒョク&イェジンの大望、この二人の共演がものすごく不思議なんだけれど、とりあえずは今見てるドラマ、勿論チャン・ヒョク主演ですよ・・このドラマをなんとか最後まで制覇せねば。
| グロリア | 2006/02/22 12:32 AM |
>グロリアさんへ
韓国俳優さんはスタントを嫌うらしいのですが、根性入ってますよね〜。
そう、あの感性&底力には脱帽です!
そこがまた魅力なのですね♪
いいな〜グロリアさんヒョクssiのドラマ観賞されているんですねぇ。
11月に退役しても、彼の新作を私たちが観れるのは、来年の春・・・いや夏頃・・・うんにゃ秋になっちゃうか。。。
とりあえずそれまで、この彼への熱い思いをキープしとかなきゃって思ってます。
グロリアさんドラマの感想を楽しみにしていま〜す♪
| なぎさ | 2006/02/22 6:06 AM |
なぎささぁ〜ん!見ちゃったよぉ「リベラ・メ」すんごい迫力だったぁ!キム・スロ兄さん出てましたね(笑)
韓国俳優陣の心意気見せてもらったって感じです!
チェ・ミンス、渋かった〜この人もこれから要チェックかな?
| TAKI | 2006/05/16 7:24 PM |
>TAKIさんへ
観たんですね〜!!
でしょ〜すごい迫力だよねぇ〜韓国映画もここまでの技術があるんだって、関心しましたよ。
あ〜ん♪出てた〜キム・スロ兄さん☆
チェ・ミンスはこれで初めて観てから、その後はまだ他の作品では観てないんだけど、なんか渋い俳優さんですよね!

それからTAKIさんに、お知らせがあります!
半ば諦めてた『反則王』が手に入りましたぁ♪
GEOの中古品ビデオで店頭にあったのを見っけ!
180円でゲットできて、レンタルするより安い!
そして『復讐者に憐れみを』も、やっと、やっとレンタルできました!
この二本は楽しみ〜☆
でもね、今日借りたのを先に消化しなければならず・・・そして新作も映画館で観たいし、『反則王』は、ちょっと後になると思いますがUPしたら、お邪魔いたしますね☆
| なぎさ | 2006/05/17 10:32 AM |
うぉぉぉ〜!なぎささぁ〜ん!おめでとう!
『反則王』は是非なぎささんに観てもらいたかったんですよぉ!な、なんかすごく嬉しいぞ!
『反則王』ではコミカルに、『復讐者に憐れみを』ではひたすら重く、“静”のガンホが堪能できますよ。
両方ともレビュー楽しみにしてまっせ!
| TAKI | 2006/05/18 9:24 AM |
>TAKIさんへ
エールを送ってくださってありがとです〜♪
実はもう1本『爆裂野球団』もあったのですよ。。。
昨日はGEOの半額レンタルデーでして、この時とばかり借りようと思ったのですが、なにせ1週間で観れる本数が、今週は4本でいっぱいいっぱいなんですよ〜(悲
合い間に映画館も行きたいし・・・ってことで、泣く泣くそちらは置いてきました。。。
「ガンちゃん、必ず次ぎは借りるからね♪」と心の中でつぶやきながら・・・(><)
『復讐〜』のほうは、何ヶ月待ったことか!
行く度に、貸し出し中!
しかも、その店には1本しかないのです。。。
昨日、見たらあったので、思わずその場でガッツポーズw
気が付いたら、4本全部、韓国作品借りてました〜♪
| なぎさ | 2006/05/18 9:52 AM |
「殺人の追憶」にコメントにきたら「リベラ・メ」が目に入ったので、こちらにも。

ワタシは友人に付き合って「ソウル」を観にいって、チェ・ミンスに惚れたクチです(笑)。その後DVDでこれを観て、あまりの男らしさにますます惚れたのでした。
先日「イエスタディ」を見たら、チェ・ミンス、なかなか出てこず・・・。まあ犯人役で途中から姿をあらわしたのですが、やっぱりかっこよかったですね〜。映画としてはイマイチでしたが。

「リベラ・メ」は本当に圧倒的な迫力ですよね。演じる方もスタントを使わない分、必死なんでしょうが、そういうのも緊迫感を生み出すのでしょうか?
ユ・ジテが死ぬ場面ではワタシも涙涙でした・・・。
| dim | 2007/08/16 4:16 PM |
>dimさんへ
こちらへもコメントありがとうございました!
チェ・ミンスssi「ザ・男」みたいな熱い俳優さんですよねぇ〜。
『白夜』というドラマも観たんですが、これまた寡黙な軍人役を熱演してました。

特に本作の彼は素敵ですよね♪

韓国映画もなかなかあなどれませんね。
俳優さんの本気モードが半端じゃないですよね!
そういうところも好きです☆
dimさん、また素敵な韓国映画があったら教えてください!
| なぎさ | 2007/08/16 5:50 PM |
本当に映像も魂も熱い映画でしたよね。

本物の炎を使ってまで撮影する韓国映画の熱き魂。
日本も少しは見習わないとダメですね。
| にゃむばなな | 2009/05/08 10:18 PM |
>にゃむばななさんへ
こちらへも、感謝です!

>日本も少しは見習わないとダメですね。

ですよね〜。
協力体制が万全ですものね。
日本だと特に都心なんかでの撮影ですと許可取るの至難の業なんでしょうね。

今は日本の俳優さんでもかなりカラダ張って演じておられる方もいるみたいですが。
カラダの鍛え方というか、韓国俳優さんの体つきってお見事ですよね〜。
「脱いでもスゴイんです!」みたいな(笑)
| なぎさ | 2009/05/09 4:24 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/186
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/20 5:02 PM |
監督:ヤン・ユノ出演:チェ・ミンス    キム・ギュリ    チャ・スンウォン    ユ・ジテ    パク・サンミョン    チョン・ジュン    キム・スロ    チョン・エリ    ホ・ジュノ 原因不明の火災が頻発する釜山市を舞台に、知能的
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/02/20 10:47 PM |
【リベラ・メ】 ■製作年度:2000年 ■製作国・地域:韓国 ■上映時間:119分 ■監督:ヤン・ユノ ■出演:チェ・ミンス  キム・ギュリ     チャ・スンウォン  パ
| 夏の香りのする秋に読む童話 | 2006/02/22 12:22 AM |
あ〜ちっち!あっち!(う〜ん、ベタなギャグ) と言う事で本日の韓国映画まつり(え?そうだったのか?)第2弾は2000年「リベラ・メ」でございます。 【作品紹介】 少年犯として収監されていたヒス(チャ・スンウォン)が仮出所する。ヒスが門の外へ出た瞬間、ボイ
| ケロン星からの使者 | 2006/05/16 7:24 PM |
「リベラ・メ」とはラテン語で「我を救いたまえ」という意味らしいです。韓国版『バックドラフト』という触れ込み以上でも以下でもない映画ではありますが、個人的には熱い韓国映画といえばついついこの映画を思い出してしまうほど、好きな映画なんですよね。 ちなみに
| めでぃあみっくす | 2009/05/08 10:22 PM |