<< みんなのいえ | Main | サイン >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.07 Tuesday author : なぎさ

ラヂオの時間



「“上を見上げた”って言いません?」

冒頭で新人脚本家が指摘されて言い返すセリフ。
ん〜そう言えば・・・そう言うかなぁ?

三谷幸喜初監督のこの作品こそ、セリフまわしで笑わせてくれる逸品!
私の好きな『12人の優しい日本人』の脚本も、繊細なセリフまわしで観客を楽しませてくれる。

これらは、昨日UPした『みんなのいえ』や公開中の『THE有頂天ホテル』とは違った、三谷流の“言葉の遊び”が感じられてとても好き。


本作は2回目の観賞だったけど、前回観たのはもう7年前だから詳細な部分はすっかり忘れてしまってた。

千本のっこ↓って名前は凄いインパクトがある!

あのド演歌っぽい曲も聴きたかったな〜。

<ストーリー>
新人脚本家の鈴木みやこ(鈴木京香)が書いた『運命の女』という本を、ラジオの生放送で劇にすることになった。

しかし、本番直前になって声優の千本のっこ(戸田恵子)が、役名の“りつ子”が嫌だと言い出した。
しかたなくプロデューサーの牛島(西村雅彦)が、のっこの要望を聞き入れて“メアリージェーン”と変えてしまったことから、少しずつ内容を変更せざるを得なくなり、最終的には全く違う内容の芝居になる。

まず主役の二人、千本のっこと浜村ジョー(細川俊之)の仲が悪い!
のっこが役名を変えたのなら自分もと、浜村が言い出す。

結局、全員の名前を英語名に変えてしまうことに。

そしたら次は“熱海”という設定が合わなくなり“ニューヨーク”に変更。

だったら、ヒロインがパチンコ店で働いているという設定もおかしい、ということでニューヨークでバリバリ働くキャリアウーマンの弁護士という設定に変更する。


この辺りからは、ひたすら三谷さんの独壇場!
面白い!面白い!


こんなふうに最後まで基の設定がどんどん変更されていく。
しかも脚本を書いたみやこは置き去りにして。

ここに出てくる人たちは、みんな自分の事しか考えていないような勝手きままな連中である。

プロデューサーの牛島は、無事に生放送が終了してさえくれればと、千本のっこのご機嫌を取りながら仕事を進める。

自分の作品を、寄ってたかってメチャクチャにされたみやこが最後にキレてブースに立てこもった時に牛島がこう言う・・・
「満足いくものなんて、そう作れるもんじゃない!だけど、いつか満足いくものを作ろうと努力しているんだ!」

妥協しなければ成り立たない仕事と、納得して作りたいというジレンマに悩む男の本音が吐露された瞬間。
仕事をしていれば誰しもが実感する問題だろうと思う。

きっと三谷監督自身も受けるジレンマではないだろうか。

例によってたくさんの俳優さんが登場する作品ではあるが、西村雅彦演じるプロデューサーの冷淡に割り切る面と、本心では望んでいるものが違うと苦悩する演技が光っていた。

どうでもいいような小さな事をこねくり回すセリフこそが三谷幸喜の本領だと私は思っている。
バカバカしくなる笑いが出てくるのが三谷さんの脚本!
また、こんな作品を作って欲しいなぁ〜。


今日も参加していま〜す♪


にほんブログ村 映画ブログへ







| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 06:20 | comments(5) | trackbacks(11) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 06:20 | - | - | pookmark |
COMMENT
私は残念ながらダメでした〜。。。
三谷幸喜作品は合わないみたいです。

なぎささんは三谷幸喜作品、詳しいんですねぇ!
テレビで見る三谷幸喜は好きです。へへ
| batako | 2006/02/08 2:21 AM |
>batakoさんへ
三谷作品の凄いファンということもないのですが、
深夜枠で昔、放送されていた『やっぱり猫が好き』という
ドラマが面白くって、それから少し観るようになりました。

でも、その後のドラマの中には視聴率が悪い不人気モノもありましたね☆
| なぎさ | 2006/02/08 5:53 AM |
こんばんは〜。
>三谷流の“言葉の遊び”
なるほど〜。そぉ言われてみると…「有頂天…」とは違いますね!
千本のっこはすごいインパクトですよね。戸田恵子さんが好きなんで、彼女中心に見ちゃってました。
なぎささんの感想を見てから今作を見ていたら、もっともっと楽しんで見れたかも…って思いました(^^)
| kobitopenguin | 2006/02/10 7:11 PM |
>ミケさんへ
TBとコメント頂いてありがとうございます!
最近、ライブドアブログで不備が生じているようですね。
管理人の方々にとっては、ちょっと辛いでしょうね。

私も、戸田恵子さんが好きです!
この方、アンパンマンからハリウッド女優の声優まで幅広いですよね〜。
あと、モロ師岡の弾け方も好きでした♪
渡辺謙さんも出演してましたねぇ。
4年に一度と言われてる三谷作品の新作、次は4年後なのかなぁ?!
| なぎさ | 2006/02/11 6:25 AM |
おもしろい脚本でしたね〜〜
あんな英語名のドラマって変ですよね(笑)
宇宙飛行士が出てきた時にはぶっとびました(爆)
女優俳優のご機嫌取りも大変なのね・・・と
業界の裏を見たようで興味深かったりもしました。
| ジュン | 2006/05/23 12:47 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/180
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/07 7:07 PM |
ラヂオの時間に限らず、三谷幸喜は天才だ。何を観ても面白い。私は、やっぱり猫が好き
| Movie Fan | 2006/02/08 6:55 PM |
ラヂオドラマってあったんだ。 評価:♡♡♡ 2月4日(土)にTV放送されたのを見ました。 内容:“ラジオ弁天"のスタジオでは、まもなく始まるラジオ・ドラマ『運命の女』の生放送のためのリハーサルが行われていた。初めて書いたシナリオが採用さ
| ミケの映画生活 | 2006/02/10 7:01 PM |
今日も昨日に引き続きフジテレビで 「THE有頂天ホテル」大ヒット!記念SP 2夜連続特別企画を放送。
| しましまシネマライフ! | 2006/02/15 8:40 PM |
THE有頂天ホテル まだまだ人気の映画、やっとみてきました。 脚本家としては古くは「やっぱり猫が好き」、 そして一躍名を馳せた「古畑任三郎シリーズ」 など多くのテレビシリー
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2006/02/21 10:09 AM |
1997年/日本 監督:三谷幸喜  出演:唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦、戸田恵子、小野武彦、渡辺謙、細川俊之、井上順 三谷幸喜の初監督作品はおもしろかった! 舞台はラジオのス
| BLACK&WHITE | 2006/05/23 12:45 AM |
鈴木京香出演の華麗なる一族あらすじ第3話” 高炉建設の融資はどうなるのか!”、T...
| テレビドラマ番組スペシャル情報局!!テレビドラマ情報を徹底にリサーチ!! | 2007/01/28 4:29 PM |
監督:三谷幸喜 出演:鈴木京香、唐沢寿明、西村雅彦、戸田恵子 「主婦のみや子はラジオドラマの脚本コンクールに通り、自分の脚本が生放送されることになった。ところが、本番直前になって主演女優の我侭に振り回され始めた」 三谷幸喜さんの中で一番好きな映画
| 日々のつぶやき | 2008/02/12 2:34 PM |
 コチラの「ラヂオの時間」は、人気脚本家の三谷幸喜の初監督作品で、「東京サンシャインボーイズ」の舞台劇を映画化した群像コメディです。  その後、三谷監督は「みんなのいえ」、「THE 有頂天ホテル」と監督するのですが、監督4作目となる「ザ・マジックアワー
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/05 7:01 PM |
三谷幸喜の監督作品は全部映画館で観ているけれど、三作品の中で一番好きなのはこれかな。『みんなのいえ』はイマイチ楽しめなかったし、『THE 有頂天ホテル』は入り組みすぎてて疲れる・・・。 さて、もうすぐ公開される最新作『ザ・マジックアワー』はどうかなぁ
| 【徒然なるままに・・・】 | 2008/06/04 8:37 PM |
ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD] ¥2,499 Amazon.co.jp (1997)  出演 唐沢寿明 (工藤学/ディレクター)     鈴木京香 (鈴木みやこ/作家、主婦)     西村雅彦 (牛島龍彦/プロデューサー)     戸
| ベルの映画レビューの部屋 | 2009/02/25 5:23 PM |