<< ミュンヘン | Main | LOVE SONG >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.10 Friday author : なぎさ

グラン・マスクの男



北メキシコにヴィクトール・ガエタノという神父さんがいました。
その神父さんは、孤児院を運営していました。
そこでたくさんの子供たちを養っていくために神父さんは夜、プロレスラーとしてリングに上がります。

そう、プロレスラー神父だったのです。

これ、実在した神父さんなんですって!
夜な夜な、体を鍛えて試合に臨み、その報酬で孤児院の子供たちの面倒をみていたんです。

そのプロレス神父ことヴィクトールにジャン・レノ
この作品は、もう15年も前のものなので彼はまだシュッとしているでしょ。

この作品を監督したエリック・デュレと、本作でペドロという男を演じてたマルク・デュレは兄弟。
監督が弟になる。

マーリーン・マトリンが出ているのです。
そう、彼女は『愛は静けさの中に』のデビュー作でアカデミー主演女優を獲得しましたよね。
あの役では、耳が不自由な清掃員でしたが、実際も聾唖者の彼女。
こちらの作品では、声が吹き替えになっていました。

プロとしてリングに上がるには、体はできていないし、近眼というのも不利だと言われながらも、ヴィクトールは子供たちのために必死になってリング上で闘い続けます。

デビュー戦の相手には見事、勝利を収めたものの、2戦目の相手は、巨漢のハワイアンという大男!

しかし、臆することなく神父はリングに赴きます。

なぜなら、彼には大きな目標がありました。

それは、廃村になった村を土地ごと買占め、子供達の新しい孤児院を作るという夢でした。

ジャン・レノが子供たちを見るときの目がと〜っても優しく感じられた作品でした。


子供ってホントかわいい〜♪今日もワンクリックお願いしま〜す!


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《カ行》  | 17:00 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:00 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/172
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/10 5:17 PM |