<< メリーに首ったけ | Main | マイノリティ・リポート >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.17 Friday author : なぎさ

ムーンライト・ドライブ

ムーンライト・ドライブ
ムーンライト・ドライブ

これって低予算で作った作品だと思うの。

でもね、お金かかってないけど面白〜い。

良く書けてる脚本!

主演がホアキン・フェニックス
彼が、どんどんドツボにはめられていくっていうストーリーなんです。

ホアキンって最近の作品『ウォーク・ザ・ライン』ジョニー・キャッシュ役でリーゼントにしてるでしょ。
絶対、あの方が良い!

このほうが↑スッキリしてる。
前髪を垂らしてるとなんだか貧乏くさいんだよぉ。

ヴィンス・ボーンが、テンガロンハットを被ったお調子者で出てるんですけど、それがミョーにはまり役なんだわ〜。

まず冒頭からいきなり、ホアキン演じるクレイが一人の男に「俺の女房と浮気してるだろう!」と責められ、男が自殺してしまう。

自分が殺したことになると恐れたクレイは、男の死体を車で運ぶ途中、あやまって車が崖から転落。
車体もろとも死体が燃えてしまったために、男が自ら誤って転落し死亡したと警察は思う。

ところが、その男の妻アマンダ(ジョージア・ケイツ)はその後クレイに、自分との復縁をせまり執拗につきまとうようになる。

拒むクレイに、アマンダは復讐に出る。
クレイとデートをした女性を殺害してしまうのだった。

またまた、死体の処理をしなくてはならなくなったクレイは、悩んだ挙句、湖に遺体を遺棄するのだった。

ところが後日、顔見知りになったレスター(ヴィンス・ボーン)とクレイがその湖で釣りをしていると、女性の死体が浮かび上がってきたのだった・・・。

クレイはなにもしていないのに、どんどん不利な状況に追いやられる。
それには、レスターが大きく関わっていたのだった。

ホアキンは、先日観た『サイン』の印象が強い。
あの作品中で、アルミ箔で作った先がとんがった帽子を被り、子供たちとソファに並んで座ってたホアキンが脳裏に焼きついてる〜!

もちろん、本作の彼のほうがずーっと、ずーっと良いのです!

事件の捜索にやって来たFBI捜査官シェルビー役はジャニーン・ガラファロ。
この人って、ちっちゃいけど存在感はあるね〜。
そして、あの少し低い声がまたドスがきいててFBIって感じ。

ラストにかかる曲がこれまた懐かしい。
♪EVERYBODY’S TALKIN♪『うわさの男』でやんす。(勘違いで記憶しておりました。viva jijiさんに教えて頂き、映画『真夜中のカーボーイ』でも使われたこの曲と判明しました。)

これって、人妻との不倫の代償は大きかった。。。というお話しとでも申しましょうか。

本日も参加していま〜す♪恵みのクリックを!


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《マ行》 | 15:22 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 15:22 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささ〜ん、質問ありま〜す!

「EVERYBODY'S TALKIN♪」はニルソンの「うわさの男」で
「真夜中のカウボーイ」のテーマ曲でありんして、
「男の世界」は確か「ALL THE WORLD LOVE THE LOVERS〜ALL THE GIRLS EVERY RANDAM・・♪」だったと
思うのですが、いったい、どっちの曲なんしょ?
| viva jiji | 2006/02/18 7:42 AM |
>viva jijiさんへ
な、なんだかアタシ、その二つをごっちゃ混ぜにしてたようです(恥
ご指摘ありがとうございます〜m(_)m
ニルソンの「うわさの男」が正解でございました。
直ちに記事を変更させていただきまっす(汗
| なぎさ | 2006/02/18 9:21 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/171
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/17 3:50 PM |