<< チャンス! | Main | 恋愛バトン >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.14 Tuesday author : なぎさ

シティ・オブ・エンジェル



肉体は滅んでも、魂は生き続ける。
今まさに滅び行かんとする魂を、迎えに来るのが天使であるセスの役目。
その姿は、生きている人には決して見えはしない。


真っ黒のロングコートを着たのが天使なの。
固定観念ってあるよね!
天使って言えば、かわいい女の子で背中に羽っていうイメージがお約束みたいに。
以前にUPした『天使の贈りもの』デンゼル・ワシントンも天使だったんだけど、やっぱり普通の服装してるの。
その天使のセス役がニコラス・ケイジ

で、D・ワシントンの作品もそうだったけど、この作品も人間の女性に天使が恋しちゃう。
恋される方は外科医のマギー、メグ・ライアンが演じます。
この時のメグのヘアースタイルがかわいい〜。
スパイラルロールとでも言うのかなぁ〜クルクル巻いた金髪がナイス!


それで
セスは天使の特権である永遠不滅の命を捨てて、人間として生きることを決意するわけ。

晴れて人間となったセスはマギーと結ばれて・・・。

んーーーっ、展開が途中から大体読めちゃう

そしたら案の定、ビンゴ〜!

したら、もうな〜んか興ざめ・・・。

マギーのセリフに「女は男の9倍も痛みに耐えられるのよ。」っていうのは、まぁ確かに!
だから子供が産める!

このタイトル、も、ちょっと、なんとかならんかったんかな〜。しょんぼり
例えば・・・主人公の名前そのまま『セス』とか・・・いっそ『黒いコートの天使』。。。なんて、ちょっとベタですね。

バレンタインの今日、あなたは誰かに告白しましたか〜♪


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《サ行》 | 14:40 | comments(9) | trackbacks(3) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:40 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは♪
天使ってかわいいイメージなのに、ニコラス・ケイジっていうのはどうなんでしょ?と思ってました。
折角天使をやめて人間になったのにラストは切ないですね〜。
| ゆかりん | 2006/02/14 11:51 PM |
砂浜だかに集合した天使たちはみんな『おじさん』じゃなかったですか?
あんまりはっきり覚えてないんですけど。。。
で、メグにストーカーも真っ青なN・ケイジの張り付きぷりが気持ち悪いを通り越して笑えました。
笑っちゃイカンですけど・・・なははは
| ヨッシー | 2006/02/15 12:11 AM |
>ゆかりんさんへ
天使=可愛い=巻き毛で背中に羽!
この方程式には全くあてはまらないN・ケイジの天使でしたよねぇ。
彼女がいなくなった後、彼はその後どうしたんでしょ?
寿命をまっとうしたんでしょうかね?!


>ヨッシーさんへ
『おじさん』でしたね〜。
女性もチラホラいたような・・・でもほとんど『おじさん』。
そ〜そ〜、図書館で、後ろにヌァ〜ンと立ってたり、病院の研究室みたいな所でもヌァ〜ンと登場したり!
「なんやコイツ!」のオーラが全開なのに、メグはそれでも好きになっちゃうって。。。
「恋は盲目」と申しますけど、そんなもんですかねぇ。
| なぎさ | 2006/02/15 8:24 AM |
「夫婦de雫」というブログで、夫婦やカップル、二人の時間をを演出できる映画を紹介しています。「シティ・オブ・エンジェル」を紹介しているので、トラックバックさせていただきました!

よかったら、エントリーへのトラックバックをお待ちしています。他にもお気に入りの夫婦やカップルにお勧めの恋愛映画がありましたら、ぜひコメントくださいませ。
| 「夫婦de雫」事務局 | 2006/06/13 3:46 AM |
>「夫婦de雫」事務局さんへ
と〜っても素敵な企画を立てられたのですね!
今、TOHO系の映画館では、夫婦のどちらかが50歳を過ぎていれば二人で2000円で観れるのですよね♪
夫婦にとって、たまにはそういう時間や空間って必要かもしれませんね。

応援させていただきます!
またぜひTB&コメントお待ちしております。
当方からも、お邪魔させていただきますね!
| なぎさ | 2006/06/13 7:04 AM |
なぎささん、こんにちは。さっそく3本の映画にトラックバックしていただき、ありがとうございました!
「夫婦50割引」っていうキャンペーンですね。いいキャンペーンですよね(^^) よろしかったらまた、なぎささんオススメの映画を、カキコしにいらしてくださいね、お待ちしています♪
| 「夫婦de雫」事務局 | 2006/06/13 10:46 AM |
>「夫婦de雫」事務局さんへ
ありがとうございます!
また、お邪魔させていただきますね☆

ところで映画館側もいろんなサービスを打ち出してくれていますよねぇ。
最近驚いたのは、赤ちゃん同伴でもOKという「Mama’s Club Theater」なるものまで企画されていることです。
音量や、照明の明るさにまで配慮されているとか・・・。
と〜っても良いことだと思いました。
私は自分の子が赤ちゃんの頃には、ひたすら我慢していたので。
| なぎさ | 2006/06/13 1:54 PM |
「夫婦de雫」事務局です。へー、赤ちゃん同伴OKサービス、知りませんでした〜。さっそく調べて、当サイトでも紹介させていただいちゃいました!ありがとうございました☆
| 「夫婦de雫」事務局 | 2006/06/14 5:27 PM |
>「夫婦de雫」事務局さんへ
ほ〜んとですか?!
わざわざ調べてくださったのですか!
そして紹介していただいたのですねぇ〜♪
嬉しいです!
さっそくお邪魔させていただきます☆
| なぎさ | 2006/06/15 10:10 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/167
TRACKBACK
大分前に、映画のオフ会の景品でもらったこのビデオ。やっと観ました。今まで観た人の感想を聞くとあまり観る気になれなかったのですが。。。 「ベルリン天使の詩」(1987西独・仏)をリメイクした作品なのですが「ベルリン〜」ファンの私としては、よくもまぁハリウ
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/02/14 4:56 PM |
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/14 5:22 PM |
シティ・オブ・エンジェル シティ・オブ・エンジェル 特別版ニコラス・ケイジ ブラ...
| 雫:二松まゆみプロデュース『夫婦de雫』 | 2006/06/13 3:45 AM |