<< 英語完全征服 | Main | シティ・オブ・エンジェル >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.02.13 Monday author : なぎさ

チャンス!



これって単にコメディーじゃないですよ〜。

女性蔑視と人種差別を何気に風刺してます。

つまり男社会と白人優位主義に物申すとばかりの主張してます!


<ストーリー>
キャリアウーマンとして働くローレル(ウーピー・ゴールドバーグ)だったが、後輩のフランク(ティム・デイリー)に先を越される結果となる。

ローレルはそのことで踏ん切りを付け、会社を辞めて自分で投資信託会社を設立する。

ところが思ったよりも上手くいかない。
女性であることの壁を感じるローレルだった。


ある時、ふとしたことからパートナーに優秀な白人男性がいると言ってしまう。
もちろんそんな人はいない。
彼女の創り出した架空の男性である。

ところが、その架空の上司カティがいるということだけで、どんどん仕事は上手く軌道にのっていくのだった。
おまけに、サリー(ダイアン・ウィースト)という優秀な秘書も得たローレル。

やがてウォール街の人間は皆、そのカティなる人物に会いたいとローレルのもとへ訪れる。


アメリカであっても、やっぱり女性では限界があるのかなぁ〜。
ローレルが黒人じゃなく白人女性ならどうだっただろう?


結局、カティなる人物を登場させるハメになるローレルなんだけれど、そこはウーピーお得意のコメディエンヌ魂で男になりきっちゃって面白い!
「ベスト・ビジネスマン賞」に輝いたカティが真実の姿を現す時がやってきた。

秘書役のD・ウィーストも、ポワ〜ンとした中にも仕事はできる!っていう役を素敵に演じてましたね。

オンナだってやるときゃやるぞ!

世界の平和は女性から♪



にほんブログ村 映画ブログへ



| 映画 《タ行》 | 14:35 | comments(11) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:35 | - | - | pookmark |
COMMENT
ウマいコメディですよね〜☆
後味の良い印象持ってます。

アメリカって、意外と女性が活躍しにくいみたいです。法律なんかは日本よりも整備されてると思うんですけどね。。。
ハリウッドでも『女優は“差別されてる”と思う場面が今でも多くある』って「デブラ・ウィンガーを探して」で何人もの女優がぶつくさ言ってましたよ。
| ヨッシー | 2006/02/13 10:52 PM |
最後がスッキリするのでよかったですけど
途中腹立たしい場面たくさんありました。
どうして女じゃいけないのか!?
黒人と白人で何がそんなに違うのか!?
あ〜本当に職場で男性と同じように働くのって大変ですよね。
| ジュン | 2006/02/14 1:45 AM |
こんにちは〜(^^)
今作は女性差別・黒人差別がテーマになってるけど、重くなりすぎず、コメディ混じりの楽しめる作品になってましたよね。
カティ暗殺計画のあたりが特に面白かったです。
ウーピーも良かったけど、サリー役の方のほうが妙に印象に残りました。
| kobitopenguin | 2006/02/14 9:11 AM |
この作品、観てるとアメリカの人種差別、男女差別ってほんとうにスゴイナァ〜と思いました。
日本の方が、仕事してる女性は認められているのでは?と思ってしまう時がありますもの・・

ところで、なぎささん。
もし、よろしければ・・
「恋愛バトン」を受けとっていただけませんでしょうか?
既にやった!このジャンルは苦手〜!バトンはやらない!など・・ダメなときは気にせずスルーしてくださいませ。


| D | 2006/02/14 11:01 AM |
>ヨッシーさんへ
古くは「ウーマン・リブ」に始まったアメリカでの女性の地位向上運動ですが、実際はそれほどでもないんでしょうか?
ほ〜、ハリウッドでも・・・ですかぁ。
案外、保守的なんだねぇ。


>ジュンさんへ
TB&コメント頂きありがとうございます!
ウーピーのコメディーセンスに助けられているおかげか、そんなにネチネチした空気ではなかったですね。
「男女雇用均等法」なるものが数年前にできたものの、やっぱり女性が社会で活躍するには制限がありますね!


>ミケさんへ
TB&コメント嬉しいです〜!
サリー役のダイアン・ウィーストって、ほわ〜んとした中にも鋭いところもあって良い女優さんですよね!
ウッディ・アレンの作品では常連ですね。
ウーピーが変装してトイレに入るシーンが面白かった。


>Dさんへ
TB&コメントありがとうございました!
お〜っ!「恋愛バトン」ですか?!
よろしゅうございますよ。
トライさせていただきま〜す☆
ただ、ネクストのほうは「お持ち帰り自由」と、させていただきますね!
| なぎさ | 2006/02/14 3:07 PM |
TB&コメントありがとうございました☆
市原悦子・・・(笑)、なんとなくわかります。
縁の下の力持ちというか!

これまた差別の話でしたねぇ。
こういう話も初めて知ったので、ある意味新鮮
というか、悪い意味で感心しっ放しでした。
| batako | 2006/02/14 11:15 PM |
>batakoさんへ
基本的な事で、男性にしかできない事とか、女性にしかできない事っていうのはあるんでしょうが、家事や育児なんかは男性にもどんどんして欲しい事ですよね!
最近、洗剤CMで男性ばかりを起用しているメーカーがあるでしょ、「気持ちいい〜!」ってタオルを頬ズリしてるアレ!
まだまだ日本では女性への固定観念ありますよね。
先日の『スタンドアップ』も、今作もそうですが、これは永遠のテーマなのかも。
| なぎさ | 2006/02/15 8:15 AM |
どもです☆

私は、子供もいないヒマな主婦なので(笑)、自分の方針
としては“家事は任せて!”って思っているんですよ〜。

私は家の中のことを責任を持ってやるから、
あなたはしっかり働いて稼いできてね!って。

だから、給料が少なかったら旦那が「ごめんなさい」で、
部屋が散らかってたら私が「ごめんなさい」と、責任を
明確にしたいんですよね〜。(部屋は常に散らかってますが。笑)

育児で忙しくなったらそんなこと言っていられない
かもしれませんが、それはそれで一つの考え方じゃないかと
思うのです。

もちろんいろんな家庭があるので、何が良くて何が悪いとは
言えませんが。あと、たまに旦那がご飯を作ってくれるのは
かなり嬉しいですが・・・。笑

“主夫”になられると自分が困るので、仕事を奪われない
ようにしてます・・・。笑
| batako | 2006/02/16 9:21 PM |
>batakoさんへ
こんにちは〜☆
実は私も、子供が生まれる前まで、働きに出る前まで、そして「男女共同参画会議」に出る前までは、batakoさんと同じに考えてました!

もちろん“主夫”とまではいかなくても、夫の休日やヒマな時に、ちょっと子供の相手してくれるとか、お買い物に行ってくれるとか、その程度ですけど大いに助かるんです。

独身の時は、自分の父親がそうだったように「男が台所に入るなんて!」ぐらいの気持ちでいました。
ところが夫は結構、料理好きな人なので、今となってはよかったかなぁなんて(笑
本音はちょっとでも楽したい!ってとこです(爆
| なぎさ | 2006/02/17 2:51 PM |
こんにちは〜☆
「男女共同参画会議」って何ですかっ!?
そこに出席したら、主人でなく私がいろいろと反省する
ことになりそうだわ・・・。笑

> 本音はちょっとでも楽したい!ってとこです(爆

そりゃそうですよね〜!笑
こうやって、女がどんどん強くなって行くんだわ♪
素敵・・・☆ニヤッ
| batako | 2006/02/18 1:37 PM |
>batakoさんへ
これは「全ての人が対等で、その個性が尊重される社会をめざす」という趣旨で、数年前から各自治体で取り組んでいるものです。
習慣・しきたり・人権などの多岐に渡って意見を交換したりしてました。
異年齢の、さまざまな職業の方々とお話しするうちに、色んな考えがあるのだと気づかされました。
男性・女性という前に、まず人としてのあり方みたいなものも学びました☆
| なぎさ | 2006/02/18 1:49 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/166
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/02/13 3:32 PM |
平日の午後、テレビ東京でやっている映画って結構面白い!チョット昔の作品だったり、マイナー作品だっだりするんだけどね。CMが長いのが難点だけど。。。ウーピー・ゴールドバーグとダイアン・ウィーストの出ているこの作品は、絶対に面白いだろうと思って観ました。思
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/02/13 11:26 PM |
【THE ASSOCIATE】1996年/アメリカ 監督:ドナルド・ペトリ   出演:ウーピー・ゴールドバーグ/ダイアン・ウィースト/ティム・デイリー どんなに才能豊かでも男社会の中で働く女性は男
| BLACK&WHITE | 2006/02/14 1:46 AM |
ここまでしなきゃいけないの? 評価:♡♡♡ この作品は数年前の深夜、TVで放映していたのを見ました。そしてそれから数年後、また深夜のTV放映で見ました。計2回鑑賞。 内容:ローレル(ウーピー・ゴールドバーグ)は大手投資信託会社に勤める有
| ミケの映画生活 | 2006/02/14 9:06 AM |
悠雅的生活 の悠雅さんからいただきました。恋愛バトン!! うむ・・恋愛ですかぁ〜〜 私も苦手なジャンルかも・・・でも、せっかくですからチャレンジします Q1 好きなタイプを答えよう! 髪型 ⇒ 柔らかそうなくせっ毛(軽くウェーブがかかっている感
| 映画を観よう | 2006/02/14 11:02 AM |