<< ブラス! | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.01.28 Saturday author : なぎさ

コラテラル



清潔な車内には心地良い音楽が静かに流れる。
タクシードライバーのマックスは、今夜もロスの街を客を乗せ目的地まで向かう。
気分が滅入った時には、モルディブの青い空と海が広がる写真を眺めて心を癒す。
彼には密かな夢があった。
そして今夜も、その夢のためにハンドルを握る。
いつもと変わらぬ日常だった。
あの男が乗車するまでは・・・。

丹念に作りこまれた人物設定。
それは、本編には直接出てこないような部分までをも拡大して、俳優の中に注ぎ込まれていく。

今作はDVDを購入して観賞したのだけれど、2枚組みで本編とは別に特典映像が付いていて、マイケル・マン監督が描く作品へと近づけるための陰の演出までもが見れたことはとても嬉しかった。


M・マン監督↑の孤独な男を描いた作品が好き!

銀髪に無精ひげ、そして寡黙に、寝返った裏切り者を始末していくトム・クルーズが、ほーーーんとにカッコ良かったんだ!
今までの彼の作品ではイチバン好きかも!このキャラ。


トムは、なんとこの役作りのために3ヶ月も前からトレーニングを積んだという。
実弾訓練までしているのだ。
スタントもなし!

おまけに、そこまでするかと言うことをしていた。
それは、今回トムが演じるヴィンセントという殺し屋は陰の人間である。
そこでマン監督は、世界的にも有名なハリウッドスター、トム・クルーズに、あろう事か配達人に変装させ、彼とはわからないように実際にデリバリーさせている。
しかし見事にトムはやってのけた。
知らない人と雑談までする余裕だった。
誰もハリウッドスター、トム・クルーズとは知らずに。


そして監督曰く、窓の外に広がる景色がメインなのだとか。
そのために高解像度のデジタルカメラを使用しての撮影をしている。
おっしゃると通りビューテフォーだグッド
過去のロケハンで、ロスの街を知り尽くしたマン監督の、ベストロケーションのオンパレード!


このシーン↑で殺し屋ヴィンセントがどんなに冷淡かがわかる。


『レイ』を観た時、レイ・チャールズ本人かと見間違うほど似てたジェレミー・フォックスのからくりがわかった。
彼は5分も喋れば、相手のモノマネができるらしい。
撮影の合間もそうして、周りを和ませたそうだ。拍手


冒頭のシーンでタクシーの客をしていたのはデビー・メイザー
犬の『ベートーベン』で悪役演じてた彼女だ。

それからマックスのお母さんアイダに扮してたのは『レディー・キラーズ』イルマ・P・ホール

不安な心を抱く女性弁護士アニーをジェイダ・ピンケット=スミスが演じる。
キレイですね〜、ウィル・スミスの奥さま。

この撮影のために用意されたタクシーは17台。
ボディーの色にも監督のこだわりがある。

横転したタクシーの中からトムとジェイミーが這い出てくるシーンは、一度つぶした車をトムたちに危険がないように補強して、撮影用に何台か作ったという。

地下鉄の中をひたすら目的を果たすために追いかけてくるヴィンセント。
車窓風景はCGではめ込まれている。
立体駐車場の四角い明かりが、規則正しく並んでいる。
これらさえもヴィンセントの心理を反映した物だという。


ヴィンセントに脅されながら、しかたなく従うマックスとの掛け合いはとても良かったのだが、最後のオチがちょっといただけない。。。
あ〜んな電池が切れたみたいになっちゃって!怒り
もうちょっと他の終わり方なかったの〜マン監督。

でもね、これはトムを見ていただきたい作品です。

本作ではこんな↑笑顔は一切ナシ!
追いかけて走るトムを見てたら『ターミネーター2』の警官(ロバート・パトリック)の、アノ走り方を思い出した〜。
サイボーグのような走り方。

コヨーテが3匹、道路を横切っていくあのシーンこそが、冷酷で凶暴だがどこか寂しい男・ヴィンセントそのもののような気がした。

トム・クルーズが好きな方も、そうでない方もお願いしま〜す♪


にほんブログ村 映画ブログへ
| 映画 《カ行》  | 10:21 | comments(12) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 10:21 | - | - | pookmark |
COMMENT
マイケル・マンはとにかく大好き!
劇場で観たとき、「うんうん、これよ、これ!」とか
うなりながら、その映像美に酔っていた記憶が。

トム・クルーズ、良かったですよね、いい味出てた!
大都会の一夜の出来事に凝縮した非情な男の生き様。
「ブレード・ランナー」のレプリカントの最期を
彷彿とさせるトムの横顔・・・

冷え冷えとした中にダンディズム、ムンムンの傑作でした。
| viva jiji | 2006/01/28 9:32 PM |
1番上の画像、か、かっこいい〜〜ヾ(≧∇≦*)〃
PCの壁紙にしたいくらいです〜〜
ちなみに今私のはパイレーツ・オブ・カリビアンのジョニーです。
先月まではロード・オブ・ザ・リングの王の帰還でした。
と、よけいなコメントも入れつつ・・・なぎささんはこれ
購入までしてしまったんですね。
私はレンタルだったので盛りだくさんの特典映像が見れなかったのが残念。
悪役のトムということで話題になったけれど、これかっこよかったんですよね。
終わり方はなんだかなぁという気持ちも残りましたけど見て損はない映画だと思いましたよ。
| ジュン | 2006/01/28 9:45 PM |
ほんとだー!トムトムデイですね〜☆

ほほー・・笑顔のないトム様ですか。。。
想像出来なーい・・・

でも、コレ、以前から要チェックしてたんですよね〜
機会があったらぜひ観てみます♪
| ヨッシー | 2006/01/28 9:59 PM |
>viva jijiさんへ
おぉぉ〜嬉しい〜!
マイケル・マン監督は『ラスト・オブ・モヒカン』も『ヒート』も好きなんです☆
で、また新たにこの作品も仲間入りです。

劇場で観賞されたんですね〜。
映像美のこだわりがとても強い監督だけあって、スクリーンならもっとキレイだったでしょうねぇ。

他のブログでは、割と不評が多かったのでがっかりしました。
そうです!ダンディズムありましたよね〜♪


>ジュンさんへ
ちょっと違う画像をわざわざ探したので、そう言っていただくと嬉しいです〜!
ちなみに私は、レトロなS・マックィーンの壁紙です♪

メール便DVDがなかなか届かないもので、ちょうど手ごろな価格ということもあって買っちゃいました!
いつものキラッと歯を見せて笑顔のトムとは正反対のダークな感じが何とも秀逸でしたね〜☆


>ヨッシーさん
想像できないっしょ。
笑わないトムちゃん!
テンパッてないトムちゃん!

でもね、これが意外とイケてるんですよ〜♪
| なぎさ | 2006/01/29 8:42 AM |
こんにちは(^^)DVD購入されてご覧になったんですか〜。
特典を見るとまた違った感情で本編を見れますよね。
ミケは劇場で一回観たきりなんですが…。銀髪のトムさんにビックリしたのを覚えています(笑)
ラストは確かに「えっ、これで終わり?」って感じになりました。
でも見て損はないですよね♪
| kobitopenguin | 2006/01/30 9:51 AM |
>ミケさんへ
こちらにも、ありがとうございました〜!
そうなんですよ〜、良い作品は特典映像までもが良いですね♪
ミケさんもラストそう思われましたか。
あまりにも簡単に、殺し屋が素人にやられちゃってーって気はしましたが、ストーリー展開が面白かったので許せましたけど。
ラストだけ、もうちょいヒネリ欲しかったですね☆
| なぎさ | 2006/01/30 2:01 PM |
こんばんは!
DVD買われたのですね!
いいな。特典映像観てみたいです〜。
渋いトムさんもかっこよかったです。
| iku: | 2006/02/05 9:25 PM |
>iku:さんへ
TB&コメント嬉しいです〜♪
値下がってたので、思わず買ってしまいました!
この特典映像は、なかなか価値ありましたよ。
こんなことまでしてたんだ〜っていうのが分かって。
いつもじゃないトム・クルーズだったから良かったんでしょうね☆
あの渋さはイケてました!
| なぎさ | 2006/02/06 5:55 AM |
非情な殺し屋のはずが・・
どこか人の良さが見え隠れする感じがしたのは私だけでしょうか?

タクシー運転手のジェイミー・フォックスはまさに巻き添えくって大変でしたよね!
| D | 2006/03/18 2:04 PM |
>Dさんへ
そうでしたね!どこか悪役に徹し切れていないトムさま!
ほんとは良い人なんじゃな〜い?って聞いてみたくなるところがありました。
しかもド素人のジェイミー扮するタクシードライバーにやられるとは・・・。
アノ辺りは、ちょっと納得できかねますが、全体の映像が綺麗だったのが幸いでした。
| なぎさ | 2006/03/18 5:36 PM |
これ,大好きな作品ですよ〜
私も2枚組DVD持ってます。
特典の,監督のこだわりの撮影や
トムの役作りの苦労,すごかったですね。
私も,ヴィンセント役のトムって一番好きかも。
アクションや表情もいいんですが
彼のセリフがいちいちクールでお気に入りです。
TBさせていただきますね。
| なな | 2009/03/01 2:20 PM |
>ななさんへ
こんばんは〜☆

ななさんもDVDお持ちですかぁ〜。
この作品の大人なムードがなんか好きなんです。

>彼のセリフがいちいちクールでお気に入りです。

ですよね!
こういう落ちついた役のほうがトムの良い所が出てて私も一番好きかもです。

ジェイミー・フォックスとウィル・スミスが今、ボンド役を狙ってるとか。
もしどちらかが実現するようなことがあれば、もしかしたら黒人ボンドが見れるかもですね!


| なぎさ | 2009/03/01 9:23 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/160
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/01/28 12:20 PM |
トム・クルーズが冷酷な殺し屋役をしている 「コラテラル」を見ました。 このタイトルの意味がわからず以前調べたことが あるけれどもうすっかり忘れてます。 そしていまだにこの5文
| BLACK&WHITE | 2006/01/28 9:45 PM |
悪役トム? 評価:♡♡♡ 2004年12月15日鑑賞(名古屋・TOHOシネマズにて)。チラシに書かれていた「最も危険なトム・クルーズ」という言葉に惹かれて観に行きました。 内容:マックス(ジェイミー・フォックス)はロサンゼルスのタクシー運
| ミケの映画生活 | 2006/01/30 9:45 AM |
コラテラル(2003米)★★★ COLLATERAL ========== 今日観た試写会。 監督+マイケル・マン 出演+トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ、ピーター・バーグ、ブルース・マッギルほか +
| 003 cinema | 2006/02/05 9:24 PM |
日曜の夜は新しい一週間に備えるために クールダウンのためにDVDを見ることが多いんですけど、 今回はこちら。
| Reality Bites | 2006/02/07 11:19 PM |
原題:Collateral チョットだけハードボイルド風でアクション的、ロサンゼルスの華麗な一夜を・・巻き添えを道連れに血に染めていく。納得はしにくい殺し屋の物語。 その夜、タクシー運転手マックス(ジェイミー・フォックス)の最初の客は、女性検事アニー(ジ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/03/15 7:48 PM |
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション COLLATERAL アメリカ 2004年 トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ 監督:マ
| 映画を観よう | 2006/03/18 2:12 PM |
SPは特殊能力ある主人公が都知事に会見中に襲撃を助けたけども 初回だったけど映像が暗くて凄く不満だったが岡田と堤で悪くないし コラテラルは先月の日曜洋画劇場で放送されしたのを見たけども 冒頭以外は全てが夜の話しだから暗いのは当然だがマイナスだ 内容
| 別館ヒガシ日記 | 2007/11/04 7:10 PM |
夜のロサンゼルスの美しさ。その,計算しつくされたスタイリッシュな映像に息をのみながらマイケル・マンの描く男の美学に酔う。悪役に挑戦したトム・クルーズと,対照的な性格の運転手を演じたジェイミー・フォックスの演技が光る。・・・・・なぜか大好きで繰り返し見
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/03/01 2:21 PM |