<< 恋におちたシェイクスピア | Main | 友へ チング >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2006.01.20 Friday author : なぎさ

恋愛小説家



面白いよぉぉぉ!これ!

冒頭の犬をいじめる“つかみのシーン”から面白い!

人間誰しも、苦手な人っているよね。
でもこの主人公の男は、10人いたら10人ともが嫌いだと思われるタイプの人間だ。

ジャック・ニコルソンが嬉々として演じるハマリ役、メルビン・ユドールは恋愛小説のベストセラー作家。
だけど私生活は、人に憎まれ口をたたき、優しさの無い嫌われ者。

おまけに極度の潔癖症ときている。
『マッチスティック・メン』のニコラス・ケイジも相当な潔癖症だったけど、このニコルソンも負けず劣らずスゴイ!

手を洗うのに石鹸を1回使用しただけで捨てます。
外食の時はいつも使い捨てフォーク&スプーンを持参。
ドアノブや車のドアなどには直接触れない。
他人に体を触られる事も耐えられない。


その上、妙な“こだわり”があって、道を歩く時は歩道の“つなぎめ”を踏まないようにしているため、非常に歩き方がぎこちない。
人とすれ違う時に体が接触するのが嫌な彼にとって、単に道を歩くだけでも一苦労。

だけどこのニコルソンが笑える!

最高だ!


それだけじゃなーい!
彼は“人種差別”や“性的差別”もあからさま。
同じアパートの住人で画家のサイモン(グレッグ・キニア)に面と向かって“オカマ”や“ゲイ”と言って軽蔑している。
     
終始、なみだ目だったキニア↑

その友人で黒人のフランク(キューバ・グッティング・jr)にもそういう態度で接するメルビン。

ホント、最悪な男ですよこのメルビンちゅーやつぁ!

ある日、画家のサイモンはモデルに雇ったビンセント(スキート・ウールリッチ)の仲間に襲われ暴行を受けた。
メルビンは、入院中にサイモンの愛犬バーデル(名犬・ジル)の面倒を見て欲しいと言われ渋々了解する。
ところが、犬嫌いだったメルビンがバーデルに情が移り次第に心が癒されていくのだった。

そしてもう一つ“メルビンの心の癒し”になる人がいた。
それは、いつも行きつけのレストランでウェートレスをしているキャロル(ヘレン・ハント)なのだ。
ところがある日、キャロルが息子の病気で店を休んだ。
彼女が給仕してくれないと食事ができない(・・と思い込んでいる)メルビンは彼女の自宅まで会いに行く。
キャロルは自宅までやって来て「店に出ろ」というこの男を相当な変人だと思ってしまう。


飾らないヘレン・ハントが好き!

「恋愛小説」なんて愛情たっぷりなものを書いているのに、現実は自分の周りに愛は無い寂しい男だ。
優しい言葉が言いたいんだけど、なぜか毒づいてしまう。
思いと行動が、見事にバラバラな悲しい男だ。
そこらへんを、ニコルソン、やっぱり上手いね〜素晴らしく表現してた。




本当は、誰かにそばに居て欲しい寂しがりやで、優しい一面もあって、ちょっと気の付く、なかなか良い人なんだということが最後になって感じられる。
まだご覧になっていらっしゃらない方は是非、ご観賞ください。
なんだか、人に優しくなれそうな作品でした。

参加していま〜す♪


にほんブログ村 映画ブログへ


| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 11:50 | comments(11) | trackbacks(8) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 11:50 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは、なぎささん。
この映画、面白かったですね。
ジャック・ニコルソンの演技が、よかったです。
それでは、また、よらしてただきます。
こちらから、TBさせていただきます。よろしくお願いします。
| ねこすけ | 2006/01/20 6:55 PM |
うぉ〜これにスキート・ウーリッチが出ていたこと忘れてました・・“ウーリッチが”って書いてしまったけれど実はジャック・ニコルソンが嫌な奴だったことくらいです、覚えているのは(汗;)劇場で見たことを今思い出しました。そっか〜笑えるのですね。これは再見が初見になりそな感じです。ところでスキート君最近お目にかかれてないけどもどうしてるかしらん・・★
| グロリア | 2006/01/20 7:57 PM |
当時、劇場へ観に行きました。
“『変人』が実は愛されるキャラだった”系のお話はニガテ。なのですが、これは良かったです☆
今でもよく覚えてます。
| ヨッシー | 2006/01/20 10:47 PM |
なぎささんこんにちは!
この映画良いですよね!!私の大好きリストに入ってる作品です(^-^)
でもヘレン・ハントとジャック・ニコルソン、実は仲がめちゃめちゃ悪くて撮影中もセリフ以外の会話が全く無かったとか…(・・;)
それはともかく、すごくよくできているお話だと思います。最後、あったかい気持ちになるから大好きです(^-^)
| ako | 2006/01/21 6:50 AM |
>ねこすけさんへ
TB&コメントありがとうございました!
こちらからもTBさせてくださいね。
ニコルソン、さすが!と言うべき作品でした〜♪


>グロリアさんへ
ウールリッチ!は〜い出てます!
彼ってジョニー・デップ似ですよね。
本人は嫌がってるみたいですけど、明らかに意識してますよね〜。
あるある〜確か観たけど記憶に残ってないモノって。
マイリストを見たら、自分の中ではしっかり高得点なのに
もかかわらず内容が思い出せない。
私もしょっちゅうなんですよね〜。
これも映画の面白さですかね☆


>ヨッシーさんへ
おっ劇場観賞をされてたんですか?!
まさしく!愛するべき『変人』の話しでしたね。
こういう一癖も二癖もある人間の役をやらせたら、ニコルソンはピカイチ!
私生活でも曲者みたいですよね〜。


>akoさんへ
おぉぉ〜akoさん、いらっしゃい!
私も〜コレはマイベストに入りました〜♪
ぎぇ〜そうなんだ、あの二人?!
劇中ではラブラブムード全開だったのに。。。
裏返せば、すごい役者根性!
「良い人間になりたいから薬を飲むよ」っていうセリフ良かったです。
| なぎさ | 2006/01/21 9:23 AM |
これ、観たいのに・・まだ観ていない作品です

ジャック・ニコルソンといえば「シャイニング」というほど、強烈な俳優さんですが
最近では『アバウト・シュミット』、『恋愛適齢期』となかなかいい感じの作品も多くなりましたね!!

ヘレン・ハントも好きなので、ちょっと探して観ようかな〜♪
| D | 2006/01/23 4:45 PM |
>Dさんへ
ぜひぜひ、ご覧になってみてください!
『アバウト・シュミット』はまだ予約待ちなのですが、『恋愛適齢期』は私も大好きな作品になりました。

そうなんですよね〜今でもニコルソンを見てると『シャイニング』のジャック・トランスとダブります!
あのジャケット写真がキョーレツですものね。

ところで、Dさん、パソコン修理から戻ってきたんですね!
私も、唯一の楽しみだからパソコンが無いと寂しいです。
| なぎさ | 2006/01/24 2:21 PM |
ジャック・ニコルソンってどう見ても鋭い目つきで怖いおじさんなんだけど、とっても魅力的ですよね。
この変人ぶりもおもしろいし、「恋愛適齢期」のときもすっごくキュートで好きです。
色々出演作を見てみたくなりました。
| ベル | 2006/05/18 9:13 AM |
>ベルさんへ
私ねぇ〜、この作品、大好きなんです!
良いでしょ〜このニコルソン!
もの凄く笑えた〜♪
役者だねぇ彼は☆
あの怖い目が、こういう役をすると「可愛いお目目」に見えちゃいますよね!
| なぎさ | 2006/05/18 9:41 AM |
なぎささん、こんばんは!
けっこうジャック・ニコルソンお好きなんですね☆
ジャック萌えなわたし、うれしいっす。
うれしいのでTB!
| しゅぺる&こぼる | 2006/08/08 12:10 AM |
>しゅべる&こぼるさんへ
ようこそ〜お出でいただきました!
え〜え、けっこう好きですニコルソン☆
お若い頃より、むしろ最近の老けたニコルソンが好きです〜(b^ー^)b
おぉぉーっ!
ジャック萌えされているのですね(ノ‘◇’)ノ
私は特にこの作品が気に入りました!
| なぎさ | 2006/08/08 3:28 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/151
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2006/01/20 12:46 PM |
あけまして、おめでとうごいます。 去年から、このブログをはじめて記事を読んで頂いた方に、感謝しています!!! 今年も、のんびりとマイペースに記事を続けいきたいと思ってます。 それでは、本日、私のおすすめ映画は、1997年度アメリカ映画「恋愛小説家」です
| マイ・シネマパラダイス | 2006/01/20 6:56 PM |
これが、恋というものか。 【AS GOOD AS IT GETS】   199
| 本と映画は、欠かせない。 | 2006/04/16 1:02 PM |
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 恋愛小説家   (1997) 出演 ジャック・ニコルソン (メルビン・ユドール)     ヘレン・ハント (キャロル・コネリー)     グレッグ・キニア (サイモン・ビショップ)     キューバ・グッ
| ベルの映画レビューの部屋 | 2006/05/18 9:11 AM |
レンタルで見ました。 公開時劇場で見たのだけれど、その時よりも 泣けました。 なぜかというとヘレン・ハントの生活がわたしと見事にシンクロしているからでしょう。 ヘレン・ハントのしなやかさ、強さ、悲しみ、願望、生活くささ、 そして、目の下のク
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2006/08/08 12:08 AM |
原題:As Good As It Gets こういう人っているよね、恥ずかしかったり照れくさかったりして、相手の嫌がることを言ったり、毒舌を吐いてしまう、そんな悪しき習慣が身についてる・・ メルヴィン・ユドール(ジャック・ニコルソン)は、物事をきちんと整理せず
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/02/12 10:53 AM |
AS GOOD AS IT GETS 1997年:アメリカ 監督:ジェームズ・L・ブルックス 出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、イヤードリー・スミス、キューバ・グッディング・Jr.、グレッグ・キニア、シャーリー・ナイト、スキート・ウールリッチ、レスリー・ステファン
| mama | 2008/09/30 10:12 PM |
 甘い言葉に満ちた恋愛小説を書いている人気作家のメルビン(ニコルソン)は、小説からは想像もつかないほどの毒舌家で、誰もが認める変人ですが、そんなメルビンがなんと行き付けのカフェのウェイトレスでシングルマザーのキャロル(ハント)に恋をしてしまいます。
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/08 8:57 PM |