<< レディー・キラーズ | Main | あけましておめでとうございます! >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.31 Saturday author : なぎさ

マッチスティック・メン



巨匠リドリー・スコット監督が描く「サギ師」の男の話。
監督曰く「これはコメディーだ!」

これは面白かったです!

気に入りましたですよ〜。グッド

すっかり騙されたのは観ているこちらのほうでした!
これはネタバレしちゃうとおしまいなのでいたしませんが、最後は「えっ!えーーーっ!」(←吉本新喜劇の内場さんギャグ)な、な、なんと!びっくりです。びっくり

潔癖症で几帳面、でもって屋外恐怖症のロイを演ずるニコラス・ケイジの名演技に感動です。

このロイという男には変なクセやこだわりがいっぱい。
”屋のカーペットが汚れるのを嫌って靴を脱いで生活しています。
まぁこれは言わば日本風ですよね。
▲張粉未好きですがお皿が汚れるので缶のまま食べます。
コレも気持ちわかるな〜、ツナ缶の油は落ちにくいんですもん!
ドアやドアロックをする時、「1・2・3」と数えて3回閉めます。
「イチ・ニー・サン」って発音してた時もあった。
げ蔀紊ら服、生活用品に至るまできれ〜いに並べて置かれている室内。
グ堕蟶泙鯢用している為その薬が切れると過呼吸症になり、また顔面のチックがひどくなって、言葉が詰まってしまうのです。
いやぁ〜この時のケイジの演技には感心しました!
そして久々に見た紙袋を口に当てて息を整える場面。
アメリカ映画に時々出てくるこんな処置の仕方ですが、初めて見たとき何してるのか分からなかった。
いわゆる「パニック障害」に陥っちゃって過呼吸になった時などに、こんなふうにしてあげているみたいですね。
見事にその表情やら焦りやら不安やらを出してました。

この後にメイキングまでしっかり観ましたが、やっぱり素敵な作品はスタッフと出演者の雰囲気が良いんですね〜。
リドリー・スコット監督、最近はとても「丸く」なられたのだとか。
     ↓
    

それにしてもロイの娘・アンジェラとして登場する女の子、設定では14歳ってことなんだけど、この役をしているアリソン・ローマン、実はこの時21歳なんだよね〜。
欧米人はみ〜んな早熟で大人っぽい人ばっかりと思ってたけど、幼く見える人もいるんだね!


        この子↑21歳に見えないでしょ〜


メイキング見てわかったんですが、劇中に出てくる空港、実は「アナハイム・コンベンションセンター」の建物を借り切って、なんと架空の空港を造っちゃったそうです!
「9・11」のテロ以来、カメラを持っての空港使用が難しくなったのだとか。
こうした影の苦労があってこそ役者の演技も光って良い作品が出来上がるってこと、改めて実感したしだいです。

スコット監督は映画を作るとき「勢い」と「リズム」を大切にされているのだそうです。
それがスタッフの動きにも良い影響を与えて、現場はとてもスムーズに物事が運び、仕事がしやすい=作品にも反映されているってわけですね。拍手
映画もチームワークです!

監督がジョージ・クルーニの監督作品を観て気に入って配役したというサム・ロックウェルもしたたかな良い演技だった。

TVの弁護士ドラマ「LA・ロー」にも出てたシーラ・ケリーを久しぶりに観た。

とにかくこれはN・ケイジの名演技に尽きます!
年末のしめにこの作品が来て良かったぁ!


当方のつたない記事を読んでくださった皆さま!
本当にありがとうございましたm(_)m
来年もまた力の限り頑張って記事をUPしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

では、良いお年をお迎えください。



ブログランキング・にほんブログ村へ




| 映画 《マ行》 | 08:00 | comments(16) | trackbacks(11) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:00 | - | - | pookmark |
COMMENT
しめくくりにふさわしい(?)私の大好きな
ニコラス・ケイジ!それも「マッチスティック・メン」!
DVD持ってます!
ほんと、あの顔面ヒクヒク演技、たまんなーい。
安定剤と信じていたシロモノはー・・・。
また観よう!

私のブログにもお越しいただき今年は本当にありがとうございました。こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。

てなわけで、明日のマイ・ブログ、ぜひ見て下さい。
なぎささんに「シネマ・バトン」を受け取って
いただきたいのです!
そりゃ勿論、スルーしても結構ですよ。

それでは、年越しそばのタレ作りと参りますか(笑)。
| viva jiji | 2005/12/31 12:23 PM |
>viva jijiさんへ
DVDお持ちなんですね〜♪
私も買おうかなぁ、何度も観たくなる作品です。

私のほうこそ、ありがとうございました!
なんだか長いお付き合いのように感じますが、先月からでしたね、お互いのブログに行き来するようになったのは。
たくさんのブログの中から出会えたのも何かのご縁かと思います。
また来年もよろしくお願いいたします。

おっバトン、そうなんですか?!
では明日、楽しみにしていま〜す♪

例年のごとく暮れの地上波TVは面白くなさそうなので、DVDでも観ましょうかね☆
| なぎさ | 2005/12/31 4:07 PM |
コレ、私もブログに感想書きました〜☆

そして、同じくA・ローマンの年齢にびっくりした口です。

TBさせてくださいね〜ん

そして来年もよろしくです!
| ヨッシー | 2005/12/31 10:39 PM |
>ヨッシーさんへ
嬉しいですね〜TB頂いて!
早速、こちらからもTB返しさせていただきました。
これは本編はもちろん、特典映像に至るまで楽しめちゃいました♪
いつ頃でしたっけヨッシーさんのブログに初めてお邪魔したのは・・・。
子供の「夜泣き」で親近感を抱いた私が思わずコメントさせていただいてからが始まりでしたね!
映画を通じて素敵な人とつながりを持てたこと嬉しいです。
こちらこそ来年もよろしくで〜す☆
| なぎさ | 2005/12/31 11:21 PM |
TBありがとうございました!
ニコラス・ケイジ、名演技でしたね。
彼の出演作って、なんとなく安心して見れます。

驚いたのが、アンジェラちゃんって、21歳には見えなかったです〜。
| iku: | 2006/01/02 12:07 AM |
>ikuさんへ
コメント&TB嬉しいです!

N・ケイジの作品は結構観てますが、ホント安心して観れるって感じですね♪

アンジェラ役のアリソン・ローマンってかわいいですよね。
監督が気に入って配役したみたいです。

また遊びに行かせてくださいね☆
| なぎさ | 2006/01/02 8:58 AM |
なぎささん、TBありがとうございます。
わたしもこの映画好きです。
ニコラス・ケイジとアリソン・ローマンのやりとりが楽しかったし、物語の展開も…。
でも、この二人が本当の親子だったら良かったのに、などと思ってしまいます。
そしたら全然話が違ってしまうからダメですヨね〜。 
| 楽蜻庵別館 みのり | 2006/01/17 5:16 PM |
>みのりさんへ
こちらこそ〜TB嬉しいですよ!
A・ローマンって、ホ〜ントに中学生ぐらいに見えましたよね!
ケイジとの親子役も合ってました。
この作品は私の「お気に入り」に入りました♪
| なぎさ | 2006/01/18 3:09 PM |
突然現れた娘の存在にとまどいながらも心を通わせていく父親の演技すごくよかったです。
アンジェラのくったくのない笑顔も可愛かった〜
メイキングで年齢聞いて私もびっくり!ほんと幼く見えましたものね。
でもアンジェラがラストで胸元強調したドレスで出てきた時には
メイクも濃かったし女はいくらでも変わるもんだーーーとこれまたびっくり!
苦手だったニコラス・ケイジ、私はこの映画で高感度あがりました(笑)
| ジュン | 2006/02/04 2:42 AM |
>ジュンさんへ
TB&コメントありがとうございました〜!
この作品は、私の中でもかなり上位にランクしてます☆

確かに!
ラストシーンのアンジェラは見違えるほど変わってましたね〜!
監督もあのギャップの出来る彼女を狙ってたのでしょうが、オンナって怖いですね(笑
彼女、最近の作品『秘密のかけら』では大胆ヌードーシーンを披露してるみたいです〜。

あっ、そうだったんですか?!N・ケイジが。
そう言えば私も初めて彼を観たのは『ペギー・スーの結婚』っていう作品だったんですが、ちょっと気持ちワル〜なんて思ったかなぁ〜。
最近は慣れて・・・いやいや、味のある雰囲気が好きになりました♪
| なぎさ | 2006/02/04 6:37 AM |
こんばんは♪
ニコラス・ケイジはあまり好きじゃなかったんですが、これは良かったです。
ロイみたいな人が近くにいたら大変そうですね〜。
| | 2006/02/25 10:12 PM |
ご訪問いただいてありがとうございま〜す!
この作品を観て、N・ケイジという俳優の演技力を感じました☆
| なぎさ | 2006/02/26 8:00 AM |
TBありがとうございました!これは面白かったですよねぇ!
最初から最後までずっと面白かったですもん!
ニコラス・ケイジの潔癖症ぶりが傑作!こちらもTBさせていただきますね!
| TAKI | 2006/04/03 12:12 AM |
>TAKIさんへ
このN・ケイジは最高でした!
クスリが切れるところなんて秀逸です。
そうでした潔癖症の男!
観る前はタイトルの『マッチスティック・メン』って「マッチ棒の男」?かと思いました(笑
| なぎさ | 2006/04/03 7:07 AM |
こんばんは。TB&コメントありがとうございました。
サム・ロックウェルもくせ者俳優ですね。「グリーン・マイル」の凶悪犯が恐かったです。
でもN・ケイジがやっぱりいいです。あの潔癖性ぶり!そこはかとなくおかしいです。
| nocci | 2006/06/10 1:40 AM |
>nocciさんへ
そ〜だ!
nocciさんのコメントで思い出しました!
S・ロックウェルって『グリーンマイル』のワイルド・ビル役してた人だったのね!
なるほど〜本当に「くせ者」だわ〜(笑

N・ケイジ、今秋公開の『ワールド・トレード・センター』に主演しますねぇ。
楽しみです♪
| なぎさ | 2006/06/10 9:11 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/126
TRACKBACK
神経質な凄腕の詐欺師をニコラス・ケイジがとても素晴らしく演じている作品でした。神経質な役って「ターナー&フーチ」や「アビエイター」とチョット似た感じがありますがニコラス・ケイジ、上手いです!! 詐欺の被害者、加害者の気持ち両方が伝わってくる物語でし
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2005/12/31 11:33 AM |
マッチスティック・メン 特別版 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2005/11/18 メディア: DVD えーと、とりあえず、TUTAYAの「お誕生日おめでとう半額クーポンプレゼント」な期間はとっくに終わってまして。 何をしてたかと言いますと、近所に
| そして今夜も眠れない | 2005/12/31 10:40 PM |
マッチスティック・メン(2003米)★★★ MATCHSTICK MEN ========== 監督+リドリー・スコット 出演+ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル、アリソン・ローマン、ブルース・マッギル、ブルース・アルトマン ほか +ストーリー+ 詐欺師ロイ
| 003 cinema | 2006/01/02 12:08 AM |
2003年 アメリカ 116分  監督 リドリー・スコット 脚本 ニコラス・グリフィン  テッド・グリフィン 撮影 ジョン・マシソン 音楽 ハンス・ジマー 出演 ロイ:ニコラス・ケイジ    フランク:サム・ロックウェル    アンジェラ:アリソン・ロー
| 楽蜻庵別館 | 2006/01/17 9:00 AM |
【MATCHSTICK MEN】2003年/アメリカ 監督:リドリー・スコット   出演:ニコラス・ケイジ/サム・ロックウェル/アリソン・ローマン 詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)は病的なまでの潔
| BLACK&WHITE | 2006/02/04 2:37 AM |
詐欺師のロイは、極度の潔癖症で、オフィスの電話を毎朝消毒せずにはいられず、下着や靴下を小さくたたんできちんと積み上げないと気が済まない。
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/02/25 10:08 PM |
6歳の長男は嫁と一緒に病院お泊りなので、ひっさびさに1人きりの夜を過ごしてます。 今日は少しだけだけど、娘の目が開きました。きゃわいかったなぁ〜  ←親バカ そんな1人きりの夜に観たのがこれ! 2003年アメリカ作品、ニコラス・ケイジ主演「マッチスティック
| ケロン星からの使者 | 2006/04/03 12:13 AM |
ニコラス・ケイジが好きです。俳優としてというより、人間性。エルビス・プレスリーが好きだからって娘と結婚しちゃうとことか、何かおかしいのに気付いてんのか気付いてないのか、あまりの直球でなんかよくわからん説得力を生んでみんなを黙らせちゃう、みたいな。黙
| 本と映画と猫と私 | 2006/04/13 10:41 PM |
本日の映画 movie-46 「マッチスティック・メン」 Matchstick
| ぐーたら日記 | 2006/06/10 1:41 AM |
リドリー・スコット監督、ニコラス・ケイジ主演の犯罪コメディ。 <あらすじ> 病的な程の潔癖症で、詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)は、相棒フランク(サム・ロックウェル)と組んで仕事をしていたが、あまりにも潔癖症すぎて仕事にも支障をきたす事があった。その為、
| Yuhiの読書日記+α | 2008/03/10 3:37 PM |
ロイとその相棒フランクは、自ら”アーティスト”を自認するほどの詐欺師コンビ。だがロイは病的な潔癖症の持ち主だった。フランクに薦められるままに精神科医のカウンセリングを受けたロイは、その過程で元妻との間に娘が生まれていたことを知る。そして現れた娘のアン
| 【徒然なるままに・・・】 | 2008/04/10 11:02 PM |