<< めぐり逢えたら | Main | デッドマン・ウォーキング >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.25 Sunday author : なぎさ

天使の贈りもの



ツリー 結晶 ケーキ2 リース ブーツ 星

メリークリスマ〜ス

ロマンティックな聖夜にこの作品を選びました!
1947年ケーリー・グラント主演の映画『気まぐれ天使』が本作品のもととなっています。

デンゼル・ワシントンが、ナント天使役なのでございます。

そしてアノ歌唱力バツグンのホイットニー・ヒューストンが共演しているんです。
しかし、うまいねぇー歌が!ゴスペル最高!
観てたら、これのサントラCDを持っているのを思い出し、さっそく聴きましたがやっぱりホイットニーはうまい!
なんたって伯母さんがディオンヌ・ワーウィックだし!
映画の中で鼻歌で歌う子守唄でさえ本格的だー。グッド
そいでもって、スタイルは元モデルだけあって言うことナシ!
見て!見て!この脚の長さっ!↓

初めてこのレコードジャケットを見たときの衝撃が大きかった私。。。


<ストーリー>
突然、空から降ってきた男。
それが神から遣わされたダドリー(D・ワシントン)という天使だったのです。
彼は、牧師のヘンリー(コートニー・B・バンス)が運営する「青年の家」の教会を守るために地上に降りてきたのでした。
ところが外見はコートを着た普通の男性、彼が天使だと言っても誰も信じない。
ヘンリーも、もちろん彼の言うことを信じなかった。

牧師協会から来たと偽ってヘンリーの助手として働き出したダドリーだったが、ヘンリーの妻ジュリア(W・ヒューストン)は彼を気に入り、次第に仲良く出かけたりするようになる。

一方で、その教会を「地上げ屋」のジョー(グレゴリー・ハインズ)が狙っていた・・・。

クリスマスの日に起こる奇跡。
愛とファンタジー溢れる作品です。


で、この作品にはG・ハインズや、なんとライオネル・リッチーも出演しています。
また、女性弁護士役でちらっと出てたのは、『星の王子NYへ行く』でアキーム王子が好きになった女性リサ役してた人だった。

監督はペニー・マーシャル、好きな監督さん。
元女優でコメディエンヌ出身。
ちなみに、出演作はマイケル・J主演の「ハード・ウェイ」。
彼女の監督デビュー作「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」も面白い!
「ビッグ」や「レナードの朝」も良かったな〜。

牧師の仕事で忙しい夫の変わりに、ジュリアと食事にでかけたダドリーが、ブリスロー(ライオネル・リッチー)のお店に入るんだけど、そこでダドリーに踊りましょうと誘うジュリア。
初めはぎこちなく踊っていたものの、やがて軽快に踊り出すダドリー。
こんなD・ワシントン見たことなーい!
音楽に合わせてノリノリで踊るD・ワシント〜ン!
この人、お堅い役が多いでしょ。
弁護士、刑事、軍人。。。
それがここでは天使でなおかつ踊ってます!
周りも引いちゃってます。

牧師の仕事に熱心な余り、家族とのコミニュケーションも滞りがちだったヘンリーは、ダドリーのおかげでやがて穏やかな心を取り戻し、ジュリアとの夫婦仲もハッピーに。

「天使の贈りもの」は二人のハートに届けられました〜プレゼント

皆さんにもハッピーで素敵なクリスマスが届きますように・・・。ラブ


ブログランキング・にほんブログ村へ
| 映画 《タ行》 | 07:04 | comments(6) | trackbacks(3) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:04 | - | - | pookmark |
COMMENT
TBありがとうございます(^^@)
本当にホイットニーの歌声は素敵ですね♪
私も聞き惚れてしまいました☆そして
デンゼル・ワシントンのコミカルな演技も
面白かったです★まさにクリスマスに
ピッタリな映画ですね♪
| tomoe | 2005/12/26 7:19 PM |
>tomoeさんへ
コメント頂いてありがとうございます!
私は昔からホイットニーの歌声が好きです♪
演技はっていうと。。。やっぱり「シンガー」ですもんね!
D・ワシントンはこの作品でも「良い人」ですが、こんなコミカルな彼は必見ですよね〜(笑
| なぎさ | 2005/12/27 7:27 AM |
私もホイットニーの歌唱力にはマイッています。
こう、なんていうか、せりあがってくる感動って
いうか、もう“鳥肌モン”ですよね。
カラオケで伯母さんディオンヌの時はキーを3つ下げ、
ホイットニーは2つ下げて私、挑戦してます。
調子悪い時は“血管切れるぅー!”とか言ってます(笑)。

でもなぎささんご存知?
彼女、薬物中毒とアルコール依存症で施設に入って
やっと退所したら、また再入所したってこの間の
ニュースで知りました。
ネットで見た彼女の最近の姿、“別人”のようでした。
「早く、治して、戻ってきて!」
ファンは待ってるよー!
| viva jiji | 2005/12/28 8:42 AM |
>viva jijiさんへ
ひぇー!そんなことになってたですか?!ホイットニーは!
最近ではアルバム出したって話題も聞かないし、もちろん映画に出た形跡もないし、どうしているのかと思っていました。
なんだか、もったいないですね!
あれだけの才能と美貌のある人なのに・・・。
何があったのでしょう。

うおぉ!viva jijiさんの熱唱をお聴きしたいものですねぇ〜。

| なぎさ | 2005/12/28 10:24 AM |
TB&コメントありがとうございました♪

やはり、クリスマスシーズンに観たい作品ですね!!
CATVでやってたので、なんとまだ暑い沖縄で見ちゃいました(汗

おちゃめなデンゼル・ワシントン!
回りも引いちゃうような変な踊りはキュートでしたね♪

ホイットニーのことは、残念ながら・・・
あれだけの才能のある方、いつかきっとまた歌ってくれるといいのだけれど、アルコールで声がつぶれてしまったのかもしれないですね・・・
| D | 2006/09/07 5:42 PM |
>Dさんへ
まだ残暑の中観るというのも「おつなもの」ですね♪

そうそう、D・ワシントンのこんなオチャメっぷり初めてみましたよ〜(^◇^)ゞ
あのダンスって、リズム感があるのかないのか微妙でしたね(´qp`*)

ホイットニーは才能がありながら、もったいないことしましたねぇ。
デビューした頃はすっごく衝撃を受けたのに・・・。
| なぎさ | 2006/09/08 2:34 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/122
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/25 8:20 AM |
ブエナビスタ・ホームエンターテイメント 天使の贈りもの もうあっという間に12月。 子供の頃は時間の経過は遅かったのに、 歳が増える度にスピードが早まっていく。 この映画はデンゼル・ワシントン扮する天使による、 「素晴しき哉、人生」みたいな映画では
| 映画君の毎日 | 2005/12/26 6:34 AM |
天使の贈りもの アメリカ 1996年 デンゼル・ワシントン、ホイットニー・ヒューストン、コートニー・B・ヴァンス、グレゴリー・ハインズ、ライオネル・リッチー、ピエール・エドマンド 監督:ペニー・マーシャル 『レナードの朝』、『プリティ・リーグ』
| 映画を観よう | 2006/09/07 5:48 PM |