<< 好きと言えなくて | Main | 天使の贈りもの >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.24 Saturday author : なぎさ

めぐり逢えたら



リースクリスマスイブにこれを選んでみました〜。ツリー
やはり再観賞で、以前観たのはもう10年前ですね。

こんなことあるわきゃなーいって言ってしまいそうだけど、イブの今日はそういうヤボったいことはナシ!
思い切りノーラ・エフロンが描くロマンスに浸りましょう!
楽しい

妻に先立たれたヤモメ男のサム(トム・ハンクス)がラジオのリスナー参加番組で、妻への想いや寂しさを語ります。

それを遠くボルチモアの地で聴いていたアニー(メグ・ライアン)は、結婚を目前にしながらも、なぜかサムのことが気になってしょうがない。
とうとう、遥かシアトルまで一っ飛びーーぃ!

偶然にも道路を隔ててサム本人とご対面できたアニーだったが、何も話せずに帰ってしまう。

アニーが送った手紙を息子のジョナが読み、父親よりもジョナのほうがまだ見たことの無いアニーを文章で好きになる。

一方、サムを諦めて婚約者ウォルター(ビル・プルマン)との結婚にまっしぐらに進む決意をしたアニーだったが、バレンタインの日、エンパイア・ステート・ビルの屋上で会う約束が気にかかり、ウォルターに正直な気持ちを話すアニー。

また、ジョナもアニーが待っていると思い一人でエンパイアーの屋上にやって来てしまった。

そこで遂にアニーとサムとジョナが・・・


一つだけ言わせて欲し〜い。
ウォルターちゃん!あなた気が良すぎるっ!
婚約者が知らない間に勝手に他の人、しかも声だけであったことも無い人に恋焦がれちゃってて、アナタ置き去りじゃなーい!
なのに、レストランでしかもバレンタインの日に、こんな酷いこと打ち明けられたにも関わらず、素直に許しちゃって!んーーーもぉーーっ!
「おばかさん」だわ〜。
まぁもしコレ実話とするなら、よっぽど縁が無かったんだろうねぇ。
アニーとウォルターは・・・。悲しい

ご存知これは『めぐり逢い』を元にしていて、映画の中でもその作品のことが出てきます。
それを熱く語る女性はリタ・ウィルソン
そー、トム・ハンクスの奥さまでしたね!

運命的な出会いと愛の始まりの物語でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
| 映画 《マ行》 | 05:00 | comments(6) | trackbacks(9) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 05:00 | - | - | pookmark |
COMMENT
トム・ハンクスの息子がラジオの相談番組に電話したことが事の発端でした。あらためて思ったのですが、ラジオって今でも現役なんですね。職業によっては欠くことのできない情報源ともなっています。
女性パーソナリティも声だけの出演ですが、いかにもそんな精神科医がいそうな感じの対応でした。
| まいじょ | 2005/12/24 11:26 AM |
>まいじょさんへ
TB&コメント感謝いたします!
そうですね、ラジオってどこかノスタルジアなところもありますね。
私も好きなFM番組があります。
テレビと違って何かしながらでも聴けるというのもラジオの良さですね!

しかし、アメリカでは実際こんなラジオ番組があるんでしょうかね〜。
アメリカならありそうですね☆
| なぎさ | 2005/12/24 12:47 PM |
アニーとサムとジョナの↑写真のシーン
あれいいですね〜(ノ∇≦*)
会えるのか会えないのか・・・ってところで
やっぱり会えた〜〜〜という
あまりにもうまい話に笑っちゃいましたけど
幸せな思いがいっぱいあふれてくるステキな映画ですね。
ただ・・・婚約者ふられちゃったでしょ。
あれはないよなぁ・・・とポツリ。
| ジュン | 2005/12/25 1:20 AM |
>ジュンさんへ
TB&コメント嬉しいですぅ〜!

そう!あのエンパイアでのシーンで見つめる二人は、なんだか不思議なめぐり逢いっていう設定を、目の演技で出してましたよね!スゴイ!

それにしても、あのウォルターですよ、哀れなのは。。。
普通なら泣き言の一つも言いたくなるでしょって感じです。

有り得ないシチュエーションだけどメグが可愛いから許そう、という気になってしまう。
やっぱりラブコメの女王です!
| なぎさ | 2005/12/25 7:07 AM |
こんばんは。
クリスマスに見たい映画NO、1ですよね。
あたし見たのはもうかなり前だけど感動したの覚えてます。
あたしも見ればよかった〜
冬のうちに見ようかな?
また見たらTBさせていただきますね。

また遊びに来ます〜
| ALICE | 2005/12/27 3:08 AM |
>ALICEさんへ
うぁ〜コメント嬉しいです!
毎日、お邪魔しています〜♪
私ね、エンパイアで二人が出会うシーンがクリスマスの日だと記憶してたんです。
そしたらバレンタインデイだったんですよね〜。
ラジオで初めて彼の声を聞いたのがクリスマスでした。
忘れちゃうんです(汗
記憶が曖昧で。
でも、ラブコメ万歳って感じの素敵な作品ですよね!
ALICEさんのレビュー、楽しみにしていま〜す☆
| なぎさ | 2005/12/27 8:05 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/120
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/24 7:53 AM |
 「めぐり逢い」の名場面や有名なセリフ、音楽などを随所にちりばめたこの映画、邦題を「めぐり逢えたら」にしたのは、近年まれにみる大ヒットといえるでしょう。  私は「めぐり逢えたら」を観てから「めぐり逢い」を観ましたが、本当は、「めぐり逢い」を観てから
| お楽しみはこれから! | 2005/12/24 11:26 AM |
【SLEEPLESS IN SEATTLE】1993年/アメリカ 監督:ノーラ・エフロン 出演:トム・ハンクス/メグ・ライアン/ビル・プルマン ラブコメ万歳!という感じの映画でした。 妻に先立たれくよくよ
| BLACK&WHITE | 2005/12/25 1:17 AM |
原題:Sleepless in Seattle  −メグのフライング− この物語の中に登場する映画『めぐり逢い』の舞台でもあるシアトルへと越してきたやもめのサム(トム・ハンクス)、8歳の息子ジョナ(ロス・マリンガー)は「お父さんに新しい奥さんを見つけて」と、ラジオの
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2005/12/26 12:16 AM |
めぐり逢えたら コレクターズ・エディション 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2005/09/28 メディア: DVD   まだクリスマスの浮かれ風が吹いてるんですか?   今日のお昼にCATVでやってました。   ネタバレし
| そして今夜も眠れない | 2005/12/28 11:14 PM |
『「めぐり逢えたら」』 1993年アメリカ(105分) 監督:ノーラ・エフロン 脚本:ノーラ・エフロン    デヴィッド・S・ウォード 出演:トム・ハンクス    メグ・ライアン    ビル・プルマン    ロス・マリンジャー    ロージー・オ
| WILD ROAD | 2006/01/31 11:06 PM |
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント めぐり逢えたら コレクターズ・エディション ? ★★★★★ 妻を亡くしたサム(トム・ハンクス)は、悲しみにくれていて、他の女性のことなど考えられなかった。 クリスマスの日、彼の8歳の息子ジョナは、悲しみ
| Happyになれる映画を観よう♪ | 2006/02/01 12:22 PM |
評価:★6点(満点10点) 監督:ノーラ・エフロン 主演:トム・ハンクス メグ・ライアン ビル・プルマン 1993年 105min ボルチモアの新聞記者アニー(メグ・ライアン)は、カーラジオで 偶然聞いた番組に心ひかれた。それはリスナー参加の
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/07/26 10:18 PM |
 建築家のサム・ボールドウィル(ハンクス)は、最愛の妻のマギー(ロウェル)を癌で亡くしてしまいます。深い悲しみに打ちひしがれるサムは、息子のジョナ(マリンジャー)と思いで深いシカゴから、シアトルに引っ越します。  そして1年半後。。。  ボルチモア
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/13 10:31 PM |