<< 判決前夜 | Main | イーストウィックの魔女たち >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.20 Tuesday author : なぎさ

フォーリング・ダウン



いやぁーマイケル・ダグラスが、キレルそして壊れるそしてダサイ!
再観でありますが、以前観た時と同じく面白ーい。


ダサイというのは、この映画での彼の服装です。
冴えないサラリーマン役なので、3分の2はネクタイとワイシャツそして、穴の開いた靴、やや短めのズボン!といういでたちでございます。
尚且つ、髪型がスポーツ刈りっていうのでしょうか?
まぁこれは似合っていますが。。。

<ストーリー>
本来は真面目な男(M・ダグラス)は軍需工場を解雇され、暑い夏の日、車の渋滞、騒音、ブンブン飛ぶハエ、イライラが募る余りこの男は車をその場に置き去りにし「家に帰る」と言って立ち去ってしまう。
車のナンバープレートには【D−フェンス】そう「ディフェンス」防衛の意味。
【D−フェンス】が向かった先は、別れた妻・エリザベス(バーバラ・ハーシー)と暮らす幼い娘に会うために。

電話をかけようと両替に入った店で韓国人の店主から邪険にされ、イライラは遂に爆発、その店をぶち壊してしまいます。

ここから【D−フェンス】のぶち切れの始まりです。

その後、窃盗の若者たちにからまれますが、その場は切り抜けた【D−フェンス】。
しかし、仕返しに来た彼らの銃で無関係の市民が犠牲に。
ところが【D−フェンス】に弾はかすめもせず、反対に彼らの銃を奪って悠然とその場を立ち去ります。

途中、バーガーショップでも従業員と客を銃で脅すという行為に出る【D−フェンス】。

【D−フェンス】の犯罪は警察の知るところとなりますが、彼が靴を買いに入った軍事品の払い下げ店でも、店主のニック(フレデリック・フォレスト)を殺害。

面会禁止命令の出ている妻と娘のもとへと急ぐ【D−フェンス】を、長年の勘で追いかけるベテラン刑事プレンダガスト(ロバート・デュパル)。
彼はこの日、定年退職を迎える最後の日であった。


移民問題、エイズ、退役軍人、失業者、貧困・・・病めるアメリカがそこにはありました
そんなアメリカに活を入れるような監督ジョエル・シュマッカーの叫びが聞こえてきそうな作品です。(ちなみに、ジョエル・シューマッカーなのかシュマッチャーなんだか、この監督さんの名前は?)

配役も豪華ですよ〜。
【D−フェンス】の元妻にバーバラ・ハーシー。
この人記憶に薄い女優さんなんですが、ウディ・アレンの『ハンナとその姉妹』での三女リーの役が一番残ってるかなぁ。

老刑事にロバート・デュパル。
渋い!マックィーンの『ブリット』以来、たくさん観てます。
刑事役がまた良く似合ってる。
この役では、幼い娘が突然死したという設定で妻も心を病んでいます。

その妻役がチューズデイ・ウェルド、ベテランです。
不安定な精神状態から、夫に何度も電話をしてくるという、「電話」をするだけの役ながら好演していました。

でも、何と言ってもコレはM・ダグラスの怪演が最高!世の中に不満を持っていたらスカーッとしますよ〜。


にほんブログ村 映画ブログへ




| 映画 《ハ行》 | 07:01 | comments(11) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:01 | - | - | pookmark |
COMMENT
はじめまして、cocoと申します。
わたしもこの映画、けっこう好きで何度か見ています。
M・ダグラスがスランプに陥っていたときのもので、この作品で復活したんですよね、たぶん。
ジョエル・シュマッカーって、こういう人間が極限状態の中でどうなっていくのか、といったテーマの物を作るのが意外とうまいんですよね。「フォーンブース」もそうでしたし。
それにしても、とっても奥が深い記事を書いておられるのでためになります。チューズデイ・ウェルドが出ているのに気づく人って少ないんじゃないかなって思いますよ。若いときはとてもチャーミングな人でしたね。中年になってちょっとうらぶれたタイプも演じてましたが、魅力的な人です。
それでは、また遊びに来ます。
| coco | 2005/12/20 9:09 AM |
>cocoさんへ
コメントくださってありがとうございます!
cocoさんもこの作品がお好きとの事で嬉しく思います。

そうだったんですか。。。スランプの時の。。
あのキレ具合はそんなところからもきていたんでしょうか。
それを聞くと、ウサを晴らすかのごとくノリに乗って演技していた気がします。

『フォーンブース』も観ましたが、そうでしたね!
シュマッカー監督作では『フラット・ライナーズ』だとか『評決のとき』など、他にもいろいろ観ましたが、最近では『ヴェロニカ・ゲリン』が印象的です。

チューズデイ・ウェルドの若い頃『シンシナティ・キッド』なんて本当にかわいい女性でした。
年月が経ちましたね!(笑

私もcocoさんのブログにお邪魔させていただきます♪
| なぎさ | 2005/12/20 12:06 PM |
なぎささん、コメントありがとうごさいました。
『ヴェロニカ・ゲリン』もそうでしたか。どうりでちょこっとコリン・ファレルが出ているわけですね。ジョエル・シュマッカーは俳優好きですから。
……といいながら実はこの映画、ちゃんと見ていないんです。主人はいい映画だから見ろと言っていたのですが、けっきょく見ないままDVDを返してしまったもので……。
近々借りてきて見てみようと思います。
それではまたおじゃまします。
| coco | 2005/12/20 10:34 PM |
なんか面白そうじゃないですかぁー☆

「シリアルママ」みたいな感じに思ったんですけど、あり?全然違いますか?
人を殺しまくる映画は基本的に苦手なんですが「シリアルママ」は結構おもしろくて好きなんですよ。。
| ヨッシー | 2005/12/21 12:44 AM |
>cocoさんへ
こちらこそ、重ねてのコメント嬉しいです!

あぁ〜出てました!コリン・ファレル!
でも観てた時わからなかったんです。
‘坊主頭’でしたよね。
cocoさんのコメントにあった「極限状態の中の人間」を描くってホントそうですよね〜この監督さん。
どの作品にも共通してますよね。

私もまたお邪魔させていただきます。


>ヨッシーさんへ
ホント『シリアルママ』っぽい感じもあるかも・・・。
あれもそうでしたが、殺人シーンはあってもさほどグロくなく観れるというのは、ある意味‘主人公に共鳴できるから’っていうこともあるのでしょうか。

『シリアルママ』は私も好きな作品です。
バリー・マニロウを歌いながら殺人を重ねるところなんて。。。
これ実話なんですよねぇ。

| なぎさ | 2005/12/21 6:47 AM |
「フォーリング・ダウン」は何回観ても飽きない映画です。
「シリアル・ママ」の監督、ジョン・ウォーターズの「ピンク・フラミンゴ」を記事にしましたので、一度覗いてみてください。
| いぶくろ | 2006/01/25 2:02 AM |
>いぶくろさんへ
TB&コメント嬉しいです〜♪
そうです!何度観ても飽きない!
M・ダグラスの作品では、これが一番好きなんです。
記事をUPするため久しぶりに観ましたが、やっぱり良かったです。
貴ブログへもお邪魔させていただきます!
| なぎさ | 2006/01/25 8:46 AM |
>でも、何と言ってもコレはM・ダグラスの怪演が最高!世の中に不満を持っていたらスカーッとしますよ〜。

スカーッ!!としました☆
M・ダグラスがターミネーター並に強いところはスッゴイ面白かったです。
機関銃だか散弾銃だかわかんないけど、あんだけ弾が飛び散ってんのに一発も当たらないってのがスゴイ・・・(^^;)ぐふっ
| ヨッシー | 2006/09/28 10:17 PM |
>ヨッシーさんへ
むふふ〜(*´qp`) このダグラスって最高ですよねぇ。
彼が爆発するまでのプロセスも面白い!
幾つもキレる要因が重なってて・・・。

近頃はキレる子供が多いっていうけど、キレる時には大人でもプッツンしちゃいますよね〜♪
| なぎさ | 2006/09/29 3:39 PM |
M・ダグラスのキレキレぶりがよかったですね (^_^;)
最初は口でいいくるめようとしていたのに、段々とエスカレート!
ロバート・デュバルがいい味だしてましたね。
| J美 | 2006/10/12 12:03 PM |
>J美さんへ
小力じゃないけど
「キレてないっすよ!」って感じだった前半。
後半は、もうブチ切れてましたもんね!
R・デュバルの渋い演技が最高でした!
| なぎさ | 2006/10/12 1:59 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/115
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/20 12:51 PM |
 1993年 アメリカ  出演:マイケル・ダグラス ロバート・デュバル レイチェル・ティコティン  フレデリック・フォレスト マイケル・ポール・チャン バーバラ・ハーシー 他  
| カルト・ビデオ・ショップ<もぐら屋> | 2006/01/25 2:03 AM |
歩きタバコをする人、そのタバコをポイ捨てする人(しかも火が着いたまま)、車の窓からゴミを捨てる人、飼い猫を野放ししている人、公園の砂場に割れたガラスを放置していく人・・・ と、言い出せばキリがない。 そん
| そして今夜も眠れない | 2006/09/28 10:17 PM |
マイケル・ダグラス、ブチ切れ!! フォーリング・ダウン  1993年 アメリカ 監督 ジョエル・シュマッカー M・ダグラス演じるDフェンスは、些細なことに頭にきて、徐々にとんでもない事件を 引き起こしてしまう。キレてキレてキレまくり!
| みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories | 2006/10/12 12:06 PM |
厚生労働省から出された「健康日本21」に、健康維持・増進のためにスポーツを行うことが勧められています。近年では高橋尚子選手のシドニーオリンピック金メダルにはじまり、ジョギング、マラソンを行う人が増えてきています。しかし、健康の維持・増進のために行うジ
| 救急最前線!! | 2007/01/01 8:58 PM |