<< ラストサムライ | Main | 判決前夜 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.19 Monday author : なぎさ

ベイブ 都会へ行く



どんな名優も子供と動物には勝てないと言いますが、かわいいけれど「ブタ」を主人公に映画を撮るなんて初めに考えた人がエライ!

前作『ベイブ』から3年。
今度は、牧場を離れて子ブタのベイブと牧場主の妻・エズメの一人と一匹で都会へ行きます。

一作目では、記録映画出身のクリス・ヌーナン監督が子ブタと牧場主・アーサー、そしてそこで暮らす動物たちのふれあいを描きました。

ベイブ用に集められた子ブタちゃんは、なんと48匹!

また、愛らしい動物たちはキャラクター創作の第一人者であるマペットの達人、ジム・ヘンソンのクリーチャーショップが製作を担当しました。

「アニマトロニック」という技術で見事、動物が生き生きと動きしゃべっています。

この時、脚本で参加したジョージ・ミラーが今作では監督をしています。


井戸に落ちて骨折したアーサー(ジェームズ・クロムウェル)に変わって、展示会に出場するため妻のエズメ(マクダ・ズバンスキー)がベイブを連れて都会へと向かいます。
ベイブの大活躍で、そこで出会った動物たち、そして宿泊先の女主人(メアリ・スタイン)との友情がうまれるのです。

ここに出てくる「都会」は限定された場所ではなく架空の都会。
出てくる「人間」もどことなくアニメキャラ。
この女主人を演じてたメアリ・スタインという女優さん、ものすっごく首が長〜〜いっ!びっくり
エズメ役のマグダ・ズバンスキーも、歩くより転がしたほうが早いくらいの「おでぶちゃん」。
でもそれぞれが愛嬌があってかわいい。
もちろん動物たち、犬・チンパンジー・オラウータン・アヒル。。。みんなキュート!

そして、かわいいだけじゃなく悲哀も表現してました。
捨てられた犬たちの嘆き、苦しみがそれを物語っておりましたね。


5才の娘と共に鑑賞しました。
メルヘンですね〜。

ブログランキング・にほんブログ村へ




| 映画 《ハ行》 | 07:30 | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:30 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんばんは! わぁ、ベイブですねっ、かわいい!!!
そうそう、思い出しました。子ぶたちゃんがいっぱい出てましたよね!
1本目のベイブでは、それはそれは感動しました。
まぁ!お嬢ちゃんとご覧になられたのですね!
私も、いつか子供ができたら、絶対一緒に観たいと思います♪
| Carolita | 2005/12/20 10:21 PM |
>Carolitaさんへ
この作品でコメント頂けて嬉しいです!

もう理屈抜きでかわいいーですよね〜♪

私も前作を観た時、なんてステキな映画を作ったんだろう〜って感動しきりでした。

まだ5才なので、一緒に観るとすればアニメになりますが、これなら退屈せず観賞してくれます。

子供には夢のある映画を見せたいですね☆
| なぎさ | 2005/12/21 6:30 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/113
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/19 12:33 PM |
** Story ******* 牧羊犬ならむ牧羊豚として優しい老夫婦に飼われていた豚。ある日銀行マンがやってきて、借金で牧場が抵当に出されるコトに。大怪我をした主人に成り代わり、妻と
| ロクデナシ NEET LIFE (別館) ゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャー。+.゚ | 2006/03/01 5:25 PM |