<< SAYURI | Main | 年末年始の映画 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.16 Friday author : なぎさ

マグノリア



群像劇??難解!私には何だか。。。パクッ

エピソードが幾つもあって
‖臺プロデューサー・アール(ジェーソン・ロバーツ)は死期が迫った病人
△修離◆璽襪亮磴じ綺淵螢鵐澄ジュリアン・ムーア)は精神を病んでいる
アールの看護士フィル(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、アールと確執のある息子フランキー(トム・クルーズ)に、一目会いに来るように連絡する
い修離侫薀鵐ーは女性蔑視とも取れる本を出し、独身男性の強い支持を得ていた
ィ圍嵌崛箸暴弍蘆罎両年スタンリー(ジェレミー・ブラックマン)はチャンピオンの座を死守するため奮闘するが、トイレを我慢していて失禁してしまう
Δ修糧崛箸了焚饉團献漾次フィリップ・ベイカー・ホール)は骨ガンの末期で、しかも娘とは疎遠状態にある
Д献漾爾量璽ローディア(メローラ・ウォルターズ)は薬物中毒
┐修離ローディアに恋する、真面目な警官ジム(ジョン・C・ライリー
9幼少の頃、クイズで一世を風靡したドニー(ウィリアム・H・メイシー)はバーテンダーに恋して歯列矯正した

これらLAに住む人々の24時間を織り成す人間模様。

とにかく、長ーーーい!


何かのクスリを注入したかのようにハイなトムだけは見モノだったが、途中で何度かリタイアしそうになった。

退屈さと睡魔との闘いを乗り越えて迎えたクライマックスは〜ちょっとネタバレですが。。。
なんでカエルが降って来るっ!


以上、そんなに感想も無い作品でございました。

<今日の占い>
あなたをお笑い芸人でいうと誰でしょう?→クリック『お笑い芸人占い』



にほんブログ村 映画ブログ
| 映画 《マ行》 | 07:16 | comments(9) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:16 | - | - | pookmark |
COMMENT
・・・観ちゃいました?コレ。。。

難解ですよね・・・ホント。

映画館で観たのですが、私もラストのカエルで「えぇ?!」って声出しちゃいましたよ(−−;)

確かにハイテンションもっこりトムは見モノっすよね☆

| ヨッシー | 2005/12/16 11:57 PM |
極端に賛否、分かれる作品、と思います。

私は公開時、劇場で観ましたが正直、
キライな部類でした。
友人でコレを“絶賛!”する人がいます。
俗にいう「辛い・痛い・不遇」系映画ばかり
誉める女性です。
「逃げ場のない不幸」が彼女の心にヒット、
するそうです。
ちなみに彼女も自分自身を「不幸な人生」といつも
言って人の同情をかっています(笑)
ある程度精神的に「健康」に育ってきた人たちは
(なぎささんも私もきっとそうなんでしょう)
こういう映画には拒否反応だと思う。

だって人生の“負”部分だけ(それも大量に)しか
描かれていないし“カエル”だし(笑)。

私はだいぶ時間を置いてから観なおしました。

また違った見方ができた気がします。

・・・これだから映画は、やめられない!
| viva jiji | 2005/12/17 8:26 AM |
>ヨッシーさんへ
おーっヨッシーさんはコレを劇場鑑賞されてましたか。
わたくし、自宅で横になったりイスに座ったりしても、持て余してました。
映画館での3時間は「辛いの〜」←たかし・ひろし

トム。。。あぁ〜トム・・・って感じでしたね。
ヒワイなお言葉連発しちゃって!
「もっこりトム」って表現、ナイスです!


>viva jijiさんへ
人によって受け止め方違うんですね〜!

私はどちらかというと、「前向き」系の作品が良いですね。
映画からチカラを貰えるような。
健康に育ってきたっていうしるしでしょうか。

本当にそう思います。
映画って観る側の年齢や環境、その時の心理状態で再鑑賞するとまた違ったカラーになるというフシギさがありますね。



| なぎさ | 2005/12/17 10:55 AM |
TBありがとうございました。

「退屈さと睡魔との闘いを乗り越えて」ほんとそうですよね〜
僕には理解できません。普通に駄作だと思います・・・

今後とも宜しくお願いします!
| まっちゃん | 2005/12/18 1:43 AM |
>まっちゃんへ
TBとコメントも残してくださって嬉しいでーす!

その難解さゆえになのか、これのレビューが少ないんですよね。

世間の不評は知りつつも、人によって感じ方が違うものだから、モノは試しに観てみようと思ったのですが。。。

「降参」です!お手上げです!

毎日、お邪魔させてもらってますよ〜♪
こちらこそ、よろしくです☆
| なぎさ | 2005/12/18 6:42 AM |
検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

いやいやトムだけが素晴らしいのではないですぞ!
他の役者さん達も。なかなかお目に掛かれないほどの熱演でした。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)
| カゴメ | 2005/12/28 1:39 PM |
>カゴメさんへ
コメントとTBを頂き嬉しいです!

群像劇ということで、冒頭より登場してくる人々の名をメモりながら必死で観ておりました。
ですが、なかなか理解するまでには至らなかった私です。
(悲
また時間を経て観れば何かを得られるかもしれませんね。
| なぎさ | 2005/12/28 10:20 PM |
こんばんは♪
いや〜長かったですね。
二度も挫折する作品は初めてです。悔しいので最後まで観ましたよ〜(途中高速モードあり)
なぎささんのエピソードメモもスゴイです。私はする気もなかったですよ(笑)
ラストのカエルは何、何、何、きもっ、でした。
予期せぬことらしいですけど、雨のように降ってくるカエルなんて自分が遭遇したらたぶん私の方が死んでます。見るのも嫌なほどキライなもので・・・いやーっ
| ゆかりん | 2006/03/02 9:51 PM |
>ゆかりんさんへ
二度の挫折、早送りを乗り越えて、最後まで観賞されましたよね!
観賞途中に、他の事を考えてしまうような作品は、もうダメですね。
それだけ集中して観れてないということですもんね。
私も、メモでも取って見てないと寝てしまいそうだったんです(爆笑
これだけの登場人物を出すだけ出して、全然活かせてないという、脚本の駄作ですね。
| なぎさ | 2006/03/03 9:51 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/109
TRACKBACK
豪華客船「クリスタル・ハーモニー」
| Fuyuu Japan | 2005/12/17 3:41 PM |
ベルリン映画祭金熊賞受賞! 製作年:1999年 製作国 : アメリカ 出演: トム・クルーズ(『レインマン』『ミッション・インポッシブル』『コラテラル』『宇宙戦争』) ジェレミー・ブラックマン、メリンダ・ディロン、フィリップ・ベイカー・ホール、
| ザ・シネマ | 2005/12/18 1:44 AM |
「マグノリア」 (1999) 米MAGNOLIA 監督:ポール・トーマス・アンダーソン製作:ジョアンヌ・セラー脚本:ポール・トーマス・アンダーソン撮影:ロバート・エルスウィット音楽:ジョン・ブライオン出演:ジェレミー・ブラックマン  トム・クルーズメリンダ・
| ★☆カゴメのシネマ洞☆★ | 2005/12/28 1:40 PM |
死期を迎えた大物プロデューサー、彼と確執のある息子、プロデューサーの妻とその看護人、ガンを宣告されたTV人気司会者、彼に恨みを持つ娘、娘に恋する警官、過去の栄光にすがる元天才少年など、LAに住むさまざまな人間たちの24時間を描く。群像劇のスタイルととり
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/03/02 9:45 PM |
 L.A.郊外のサンフェルナンド・ヴァレー、曇り空のある日、人気長寿クイズ番組を介して、  お互いに知らないままつながりを持つ男女の人生模様が映し出されます。  プロデューサーで死の床にあるアール・パートリッジ(ロバーズ)、アールの若い後妻リンダ(ムー
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/24 8:36 PM |