<< マッシュルーム | Main | マグノリア >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2005.12.15 Thursday author : なぎさ

SAYURI



鑑賞いたしました〜!
感想はまず、これはいったいどこの国??
家並みも部屋の雰囲気も、それから着物の着付け方、髪型、化粧、日舞、障子の格子の枠の形に至るまで。。。
ぐぁーーーおかしい!ヘン!

劇場を出てきた人も口々に言ってました。

ポスターのチャン・ツィイーの着物姿がキレイだったので、ハリウッド製にしては正当な日本を描いてるのかな〜なんて思い観たもので、あーやっぱりここまでが精一杯か。。。というのが正直なところでした。

よく考えたら、アメリカ人が撮る日本の‘芸者’なわけで・・・。
日本の「侘び・寂び」やら、その世界の「粋」なんて微妙なものが出せるとは思えない。

冒頭から‘中国モドキ’なセットが気になってしまい、ストーリーは云わば「純愛」なのに、感情移入が出来ずにいた私。。。
それに「英語」ベースで時々「日本語」だし。。。冷や汗
中盤以降は「着物」が「洋服」に見えるほど着付けがおかしかった。しょんぼり
あれは「芸者」でも「おいらん」でも無く、アメリカの教科書に出てくる「へんな日本人」コスチュ−ムだった。

監督のロブ・マーシャルいわく「日本の文化に敬意を払う」・・・んーだとーっ!怒りマーク

日本をそこまで意識するならば、もう少し美術面や時代考証をきちんとするべきだったと思うな〜。

でも、映像はとても美しかった。
桜が出たならもう少し、日本の四季も欲しかったかな。


確かに、チャン・ツィイーは美しい!それに、わずかの時間で日舞から作法まで習得したことは凄いと思う。
同じことが、初桃役コン・リー、さゆりの‘姐さん’豆葉役のミシェル・ヨーにも言える。


すみませんダメ出しばかりで。

でもね、そんな中、日本人の俳優さんたち頑張ってたと思う。
工藤夕貴の英語が一番ネイティブに近い気がした。
彼女、これまでにも単身渡米してコツコツ努力してましたものね。
イーサン・ホークと共演した、ヒマラヤ杉のなんとかっていう作品だとか、
オーディションも受けまくって、言葉も相当勉強したんだろうな〜。
流暢なイングリッシュでした。グッド

それと、さゆりの幼少期を演じた大後寿々花ちゃん!お見事!
この子は大物のオーラがある。
謙さんが『北の零年』から引っ張ってきたんですよね。流石!

他にも桃井姉さんは貫禄だぁー。
私は中学の頃から桃井かおりさん大好きで『前略おふくろ様』の‘岡野海’役をしてた時から観てます。
あのドラマでショーケンのことを「おにいちゃん」と呼んで、タバコを吸う仕草に憧れたものです。
この映画でも‘置屋のおかあさん’としてタバコを放さず吸ってました〜。


謙さんと役所さんはもちろん素敵だった。
謙さんと千代(大後寿々花)が橋の上で初めて出会ったシーンがとーっても良かった。
しょんぼりしている千代に、優しく声をかけてくれた‘会長様’。
千代が食べたことも無いかき氷を買ってくれて、おこずかいまでくれた。
そのお金を握り締めてお賽銭にして千代は祈った。
芸者になって‘会長様’にもう一度逢えることを願って。


面白かったのは、謙さんと役所さんが観戦した相撲の土俵になんと‘舞の海’の懐かしいマワシ姿が!





コレってスピルバーグの監督作品かと勘違いするほど、アノ人前面に出てましたねー。



にほんブログ村 映画ブログ
| 映画 《サ行》 | 07:34 | comments(15) | trackbacks(57) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 07:34 | - | - | pookmark |
COMMENT
「シカゴ」の監督ロブ・マーシャル作品というので
あまり期待はしていませんが観に行こうと思っています。
監督はある意味、人物描写の掘り下げナンカどうでもいいみたいな作風として残っていました。
ただその分、絢爛豪華・ゴージャスな雰囲気で
引っ張って行こう!ってな感じでね(笑)。

アメリカから見た、日本の風俗へのいい加減な考証は
もうどうしようもない!と思います。
以前観た「ライジング・サン」など“大笑い”でしたもの。
覚えていらっしゃいます?
・・・はべらした裸の女体に“生寿司”のっけて
食べるシーン!
最近の「イン・ハー・シューズ」での
“割り箸ゴシゴシ”(笑)。

西洋文化と東洋文化の大いなる錯誤!ですね。

このブログの一番下のチャン・ツィイーの写真、
キレイですね!素敵です!
| viva jiji | 2005/12/15 10:18 AM |
>viva jijiさんへ
いつもコメント感謝です!
今、まさに他のレビューも検索中でした。
結構、皆さんはこの作品の評価が良いようです。(笑
どこか架空の国のこととして観れば・・・なんて意見もあるようですが、明らかに日本を描いた作品である以上何だか興ざめしてしまいます。

ありましたね〜「ライジング・サン」のイヤらしい日本人描写!

黒澤監督に指南を受けていたというスピルバーグですが、巨匠がご存命なら何と感想を述べられたしょう。
| なぎさ | 2005/12/15 10:39 AM |
コメントありがとうございました。この映画を見て、せっかく地方から舞子ちゃん修業に来ている女の子達が馬鹿なガイジンに勘違いされて嫌な思いをしなければいいなと思います。お稽古ばっかりで厳しい中で一生懸命芸事を磨いているのに、あんなキャバレーのショーみたいな鴨川をどりなんて、あんまりだ。
見に行こうかなあ、DVDでいいかなと迷っています。
| dokooiko | 2005/12/15 12:10 PM |
TBどもです^^
チャン・ツィー自体は好きなんですけどね。

あ、アメブロのほうはもう退会の予定なので、また何かの機会にでも寄らせてもらいますね。
ちなみに引越し先は同じJUGEMですよw
| 沙羅 | 2005/12/15 6:48 PM |
>dokooikoさんへ
ご訪問ありがとうございます!
京の風情とか粋な着こなしなんかとは、かけ離れていました。
諸外国の方々には受けるのかも知れませんが、dokooikoさんのおっしゃるように、コレでまた一つ間違った日本イメージが創られてしまったことが残念であります。(泣


>沙羅さんへ
ありがとうございました!

jugemにお引越しされたんですね!
jugemは最近、絵文字を増加したり、管理者が過去の記事を検索しやすいようにサーチを付けたりしてくれています。
比較的使いやすいと思います。
| なぎさ | 2005/12/15 7:08 PM |
こんばんわ。再度TBありがとうございました♪
私も同感です!!私が感じたことと一番近い記事でした。
少しこの映画に期待しすぎてたのかな・・・?私。
| きよ | 2005/12/18 3:28 AM |
>きよさんへ
TBとコメントも残してくださって嬉しいで〜す♪

「SAYURI」ほど評価の別れている映画も珍しいと思うのですが、褒めてる人はものすごく絶賛だし、私たちのように、拒絶反応が出た人は初めから受け付けないって感じですからね。

今日UPする予定の「ラストサムライ」は、私はイケると思いました。
ここで話す、英語と日本語のチャンポンはつじつまが合ってて違和感が無い。
小雪さんみたいな「純和風美人」が主役貼れるハリウッド映画を観てみたいですね!
| なぎさ | 2005/12/18 7:02 AM |
はじめまして、京都生まれの京都育ち、アメリカ在住の一市民です。

昨日、SAYURIをアメリカ人の友達と観てきました。

いつもガラガラの映画館に結構な人が入っていまして、この映画の感心の高さに驚きました。

京都出身私からすれば、確かにあのセットは違和感を感じるものでしたが、アメリカという国にあの時代の日本を紹介するという観点においてはさして問題はないように感じました。皆さんが思っているより、こちらの人達は日本に対して
正確なイメージをもっていると思いますので。
もちろんそんな細かい点はわからないと思いますが。

単に映画として見れば、良く出来た面白い映画だと思いました。ラストサムライの影響も凄いもので、とにかくよくその話題が会話の中で出てきます。この映画も、こちらの人達に
日本の文化に興味を持ってもらう一つのきっかけになってくれるのではないかと期待しています。

余談になりますが、嵐山でガイドの仕事をしている時に、
芸者の映画の撮影だということで、牧瀬りほ、マリアンのお嬢さん、ハリウッドスターのウイリアム・ボールドウィン氏
らを目撃し、ロケの風景を眺めたりウイリアム氏と歓談したりしましたので、映画の完成を楽しみにしていたのですが、
彼は全く出てきませんでしたし、ロケの風景も全く出てきませんでした。何か途中で変更があったのでしょうね。

凄く気になっています。



| 京都人 | 2005/12/31 3:33 AM |
>京都人さんへ
コメント頂きありがとうございました。

映画というのはつくづく人によって感想が違ってくるものであることをこの作品で改めて感じたしだいです。
レビューを拝見しても絶賛されている方と、私のように違和感を感じつつ観られた方とさまざまでした。
しかしながら京都人さん、そこが映画の面白いところでもあるのです。

でも私はそれで構わないと思っていますし、感想に違いがあるのはむしろ当然のことですものね。

アメリカでも日本に興味のある方ならば正しい情報を得ていらっしゃるでしょうね。
私などが他国の歴史をわずかな情報で知っているような気になってはいても、実際は間違った見方をしているかもしれません。
こうした日本の歴史を背景とした作品を鑑賞されても、せめて他国の人たちに嫌な印象を持たれないことを願います。

興味深いエピソードも添えていただいて嬉しいです。

アメリカにお住まいでいらっしゃるのですね。
またそちらのお話しをお寄せください。
ありがとうございました!


| なぎさ | 2005/12/31 7:59 AM |
こんばんは♪
日本をひどく勘違いしているフランスの監督(リュッ・・・)よりは良かったと思います。
ツッコミは原作が外国人ってことで流します(笑)
| ゆかりん | 2006/07/21 9:58 PM |
>ゆかりんさんへ
TBとコメント嬉しいです!
『ラスト・サムライ』では差ほど違和感を感じなかったのですが、こちらは・・・色々と気になってしまいまして(ノ◇`*)ゞ
チャン・ツィイーは日本人の体形に近いので、着物姿も美しかったし、日舞なども頑張ってたと思いま〜す。
| なぎさ | 2006/07/22 11:32 AM |
あんな子供の時に芽生えた恋心が
大人になるまでずっと消えずに思い続けていた
SAYURIの思いってすごくわかったんですけど
会長さんの方の気持ちってあまり描かれてなかったですよね。
私はちーっとも気づかなかったのでラストは結構驚きました^^;
桃井姐さんも凄みがありますね。
嫌な女ぽくて、それがいらつくくらいいい演技!
| ジュン | 2006/09/26 11:12 PM |
>ジュンさんへ
こんにちは〜ジュンさん!
私ねぇ、この作品は見事にダメでした〜(ノ〜^;)
記事も辛口になっちゃったので、かなり反論のコメントも頂いたのですけれど・・・。

そうそう、会長さんみたいな大人の男性があそこまで思い続けるなんてねぇ〜。

ただ一つ、桃井姐さんの存在だけが救いだったような気がします。
今度は『武士の一分』にも出られてますね!
| なぎさ | 2006/09/27 3:50 PM |
私もダメでしたねー。
私も評価が分かれるのが映画の面白さの一つだという信条を思っているのですがこの作品においては
絶賛されている方のレビュー、
特に着物の着方もさほど気にならないという記事は
あー、自分の国の文化に興味ないんだーって
悲しくなりました。
リュック・ベッソンみたいに
日本てちょっとおかしな国みたいな表現だったらともかく、
「これぞ日本!」みたいに外国に紹介されるのは困りますねぇ。( ^ _ ^;
| laerl38 | 2007/02/23 1:46 PM |
>laerl38さんへ
ですよねぇ〜!
>特に着物の着方もさほど気にならないという記事は
あー、自分の国の文化に興味ないんだーって
これ!すごく分かります!そして大切なことであります!
日本人俳優さんが頑張ってはいましたが、どれを取っても納得いかない仕上がりでした。
評価が分かれるのは好みの問題でもあり、私もそれはそれで構わないと思っていますが、文化的なことを描くのならもう少し忠実にあってほしいですよね!
| なぎさ | 2007/02/24 4:44 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/108
TRACKBACK
UkiUkiれいんぼーデイ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。みなさん、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
| blolog〔ポジティブレビュー〕 | 2005/12/15 8:27 AM |
ハリウッドの映画『SAYURI 』が話題です。 日本人から、渡辺謙、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴が出演していることでも注目ですが、個人的には、チャン・ツィイーやコン・リーも大好きです。 しかし、日本が舞台の日本人のお話なのに、全員……そう、
| Gallery&E-Shop アリアSTAFFのつぶやき | 2005/12/15 11:24 AM |
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ〜!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよ
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2005/12/15 12:10 PM |
まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日本の駅(ブレードランナーみたいだった)を通り、違和感が結
| 毎週水曜日にMOVIE! | 2005/12/15 6:26 PM |
----これもまたお正月映画の話題作だね。 最初スピルバーグが監督すると言う噂もあったようだけど。 「うん。結局は『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督。 日本を舞台にした映画と言うことで、 主役のさゆりをだれが演じるのかなど、 その注目度はとても高かった。 とこ
| ラムの大通り | 2005/12/15 7:57 PM |
? ???? ?Υ?äΤ???ä????????ä?? ???餽Ū????ä餽??УΤä??礦 ????? ?顢??????????????????ù??? ?УΤ??顣 ??????Τ???????ФΤ?Τ??礦? ? ???Х?? ??????????Τ???Ĥ??Ĥ??ä??? Ĥ????????ä?????Τ??? ??????ţ???Ū?Υ??Τ?礦??
| ?? | 2005/12/15 8:15 PM |
「Memoirs of a Geisha」 Arthur Golden(著) スピルバーグが映画化すると聞いて、書店でペーパーバックを手に取ってみたのは6,7年前だったか。 彼がこれをどのように見せてくれるのかと期待して待っていたが、結局自身は政治色の強い「ミュンヘン」を監督し、この作品
| それ、いいかも? | 2005/12/15 8:39 PM |
アメリカ人ってのはよっぽど芸者が好きなんでしょうね。しかも、やっぱり日本人とはどうも観点がズレてるし(笑)。しかし、この作品、感想書くのが難しいなぁ。だって物語としては平凡で何の感動もないんだもん。そもそも、昭和初期の京都が舞台だというのにセリフがほと
| カノンな日々 | 2005/12/15 9:40 PM |
スピルバーグが、ドリームワークスだのアンブリンだの総動員して製作した、堂々の大作。なのに、なんか色物の匂いがするのはオレだけ?まあ、とりあえず観てみよう。レイトで行ってきた。
| CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ> | 2005/12/15 9:43 PM |
SAYURI 監督:ロブ・マーシャル さゆり;チャン・ツィイー 会長;渡辺謙 豆葉;ミシェル・ヨー 12/10封切りの『SAYURI』、高崎109の最終上映で見てきた。座席数の少ないno.1シアターでの上映、座席は9割は埋まり、なかなかの大盛況。若い女性や中年のご夫妻など
| 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世 | 2005/12/15 10:03 PM |
今日から公開の映画『SAYURI』を観てきました(´Α`! S・スピルバーク
| 終わりなき旅!? | 2005/12/15 10:16 PM |
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿
| 京の昼寝〜♪ | 2005/12/15 10:31 PM |
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
| ひらりん的映画ブログ | 2005/12/15 11:12 PM |
「Memoirs of a Geisha 」2005 USA 製作は、スティーヴン・スピルバーグ、監督はロヴ・マーシャル。原作はアーサー・ゴールデンの“Memoirs of a Geisha”。 ほとんど邦画は観ないのだが、とりあえずハリウッド映画なので観た。ここでちょっと難癖...まずキャスティン
| ヨーロッパ映画を観よう! | 2005/12/15 11:28 PM |
『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、    桃井かおり 、コン・リー 、大後寿々花 2005年/アメリカ/146分
| Rabiovsky計画 | 2005/12/16 12:48 AM |
5?餤顢??å?????貽???????С? ???????Ĥ??äΤ???ä? ???ä???"?塼??ξħ???ĥ{/kirakira/}ä? ?? ?Υ?С?顢{/face_z/} ?ο?????? ???¿?ä???????С????????ä? ??Ĥ??????Υ??? ??顢???????????? ????ä?ä ?????????? Фμ????ΰ????????{/
| 我想一個人映画美的女人blog | 2005/12/16 1:32 AM |
SAYURI観てまいりました。 レイトとは言え、人の入りが意外と多くて驚きました。 上映間もないからでしょうかねぇ?年齢層はかなり高めでした。 映画が始まってまず気になっ
| 映画deブログ | 2005/12/16 5:50 AM |
早速観て来ました。 図らずも花柳界に身を投じたヒロインSAYURIの数奇な運命を描いたラブストーリー。 評価には賛否両論あるようです。 >まもなく公開の米映画「SAYURI」に賛
| 百記徒然袋 | 2005/12/16 8:14 AM |
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
| Akira's VOICE | 2005/12/16 9:28 AM |
週末は『SAYURI』鑑賞へ ・・・ビミョー{/face_ase1/} 「日本」というより「ニッポン」「JAPAN」といった感じ。 欧米人が好きそうな Oh〜、Geisya!ってな具合。 なぜだか、タランティーノの『 キル・ビル 』を思い出したりして。 ヤクザのルーシ
| My Style | 2005/12/16 10:01 AM |
映画「SAYURI」の感想です
| ジャスの部屋 -いん ぶろぐ- | 2005/12/16 10:59 AM |
「休憩は1分だけです  ラスト2分が勝負」by安西監督(湘北バスケ部) どうも、週末は映画を見る日なってる今日この頃です。 ずーっと公開されるの待ちに待っていた映画・・・ 気合
| 今日も明日もカエラと映画とマンガ | 2005/12/16 4:51 PM |
う〜ん、「細かい所は気になるけどなかなかやるねぇ」と観た後言いたい と思ってたんですが、どうなんでしょう。かなり微妙な映画だと思いました。 日常的な話題の中でツッコまれてしまう映画かも。 いい所もあるけど、自分が根本的にノレないとやっぱりだめです
| It's a Wonderful Life | 2005/12/16 6:51 PM |
【監督】ロブ・マーシャル 【出演】チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤夕貴/コン・リー 【公開日】2005/12.10 【製作】アメリカ 【ストー
| シネマをぶった斬りっ!! | 2005/12/16 10:16 PM |
中国の評論家が1930年代からの日本の残虐行為を知っていながら中国人女優を起用するとは無神経だとの批判があったそうですが、日章旗を背景にしたチャン・ツィイーなどのシーンは堪らないものがあるのでしょうね。
| 映像と音は言葉にできないけれど | 2005/12/17 8:02 AM |
満足度★★★★ シカゴのロブ・マーシャル監督作品であり、 米作家アーサー・ゴールデン作のMemories of Geisha(邦題さゆり)を完全映画化し 日本人役者も大量に出演し話題のこの作品。
| 和日和 | 2005/12/17 2:27 PM |
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ
| うさくま広場 | 2005/12/17 2:46 PM |
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑)
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2005/12/17 6:33 PM |
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かっ
| まぁず、なにやってんだか | 2005/12/18 9:59 AM |
紊у絲帥宴荀篋羲綽荀綵弱コ薛罕茵綽罧障筝с篌激坂ч膃蕁綽障
| Cinema Diary | 2005/12/18 2:28 PM |
原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 貧しい漁村に生まれた姉妹が"花街"に離ればなれに売られる。千代(後のさゆ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2005/12/19 1:23 AM |
外国人が書いた日本・芸者。そして演じるのは中国人女優。 どんなもんかと思いつつ観
| Cinema,British Actors | 2005/12/19 2:56 PM |
Memoir of a Geisha ★★★★(4.0) 公式ページ Yahoo!Movie 映画生活 映画批評空間  原作の "Memoir of a Geisha" は読んだことはないが、著者のアーサー・ゴールデンのインタビューを聞いたことがあった。アメリカでこの本がベストセラーになり、とりわけマ
| 夢の中のわすれもの | 2005/12/20 6:27 PM |
監督ロブ・マーシャル  (アカデミー賞に輝いたミュージカル映画、シカゴの監督)  製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、 主演チャン・ツィイー、  共演には渡辺謙、役所広司、工藤夕貴ら  日本の俳優たちのほか、 ミシェール・ヨー、コン・リーなど  アジア
| 花ごよみ | 2005/12/20 7:12 PM |
映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃってました。 さて、内容はというと、昭和初期の京都の花街を
| ナイス旦那日記 | 2005/12/20 10:54 PM |
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
| 慧の映写会 | 2005/12/21 8:32 PM |
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする
| toe@cinematiclife | 2005/12/24 12:08 AM |
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed
| 映画とアートで☆ひとやすみひと休み | 2005/12/30 10:31 PM |
『SAYURI』 公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/原題:MEMOIRS OF A GEISHA製作:2005年アメリカ監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/コン・リー 《公開時コピー》絢爛  無垢    毅然 一
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2005/12/31 8:03 AM |
映画 【SAYURI 〜Memoirs Of A Geisha〜】 について綴る6回目の記事です。 (※過去ログはコチラ⇒1回目 / 2回目 / 3回目 / 4回目 / 5回目) 先日鑑賞した 【 SAYURI -さゆり- 】 と、私が実際に見聞きしてきた現在の花街事情とを比べながら シリーズで
| *華の宴* 〜 Life at night 〜 | 2006/01/01 3:40 AM |
昨日「シンデレラマン」を観た時に予告編があったわけですよ。 「SAYURI」公式サイト スピルバーグ監督の「SAYURI」。 なんでも日本が舞台の芸者の話だとか。ほうほう。 上の写真が主役のSAYURI。 でもこの芸者、日本人じゃないんです(チャン
| アンチハリウッド!な映画部ブログ | 2006/01/03 11:03 AM |
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/01/03 3:43 PM |
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優
| デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) | 2006/01/09 6:09 PM |
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン
| さやの映画&日記 | 2006/01/09 8:47 PM |
タイトル:SAYURI   ジャンル:女のドロドロと純愛/2005年/146分 映画館:京都・TOHOシネマズ二条プレミアスクリーン(68席) 鑑賞日時:2006年1月4日(水),15:45〜 68席完売(3回目の鑑賞) 私の満足度:90%  オススメ度:70%  <冒頭> 暗転。かぜの音、波の音、雷
| もっきぃの映画館でみよう | 2006/01/10 1:45 AM |
実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん
| 欧風 | 2006/01/15 2:42 PM |
原作は400万部を越えるアーサー・ゴールデンのベストセラー小説 「Memoirs of Geisha:邦題 さゆり」をスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、 「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化した、 花街に生きる1人の芸者の数奇な運命を描いた切なくも華やかな人間ドラマ
| 噂の情報屋 | 2006/05/09 10:52 PM |
アメリカでも 『The Memories of a Geisha』 というタイトルで上映していたが、ハリウッドが作った日本映画なんてどうせつまらないだろうと観ていなかったが、気にはなっていた。 そして飛行機の中で観た。最初は英語版を観た。...
| エコノ研究所 | 2006/05/20 5:26 PM |
「SAYURI」 2005年 米 ★★★ 本を書いた人も監督も全てアメリカ人だという事で これは「日本」の 芸者の物語というよりは それに似せた「何処かの“GEISHA”という職業に就いた女性の半生」そんな感じかな? 全員 流暢な英語を話すんです
| とんとん亭 | 2006/07/08 9:57 AM |
貧しさゆえに、置屋に売られた幼い少女、 千代(大後寿々花)。 姉とも引き裂かれ、おかあさん(桃井かおり)の厳しい躾や、 姉芸技(コン・リー)の仕打ちに耐える日々だった。 姉と逃げる約束もかなわず、生きる希望を失い、 橋の上で泣いていた時、立派な身
| *モナミ* | 2006/07/14 10:48 PM |
『MEMOIRS OF A GEISHA』公開:2005/12/10監督:ロブ・マーシャル原作:アーサー・ゴールデン    『さゆり』(文春文庫刊) 音楽:ジョン・ウィリアムズ出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、大後寿々花、ケネス・
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/07/21 9:53 PM |
SAYURI プレミアム・エディション 監督:ロブ・マーシャル CAST:チャン・ツィイー、渡辺謙、役所広司 他 京都祇園の置屋に売られた千代は、厳しい女将や先輩芸姑の嫌がらせにあう日々に絶望を感じていた。そんな時、ある紳士(渡辺謙)に出会いその優しさ
| **Sweet Days** | 2006/08/17 10:50 AM |
【MEMOIRS OF A GEISHA】2005年/アメリカ 監督:ロブ・マーシャル  出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、コン・リー、役所広司 外国映画なのに日本語が変に挿入されてくるので違和感があり それなら
| BLACK&WHITE | 2006/09/26 11:04 PM |
この作品はまず、 スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。 私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。 そして 「R.Hがオファーを受けたが蹴った」とか「Y.Iがオーディションを受けたが落ちた」と
| 映画、言いたい放題! | 2007/02/22 2:47 AM |
13歳の“大物”が日本テレビ系新ドラマ枠のヒロインを射止めました。すごい。誰でしょう?ハリウッド映画に出演した大後寿々花ちゃんです。松山ケンイチさん主演連ドラ「セクシーボイスアンド...
| トレンド速報 | 2007/02/22 7:02 PM |
 絢爛 無垢 毅然  昨日予告しました通り、観てきましたぁ(〃'∇'〃)ゝエヘヘ  全体的な感想としては、良かったですねぇ。  基本的に観る前に批評系は読まずに観に行くんですが、チラっと聞こえてくる評判はイマイチ?ってよりもアラ探し系が多いみたいだった
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/05/03 8:44 PM |
SAYURI (Memoirs of a Geisha) (2005年/アメリカ/146分) 最後までお楽しみください。 国内ツアー ウェルカムボード
| かわいいひと。 | 2009/07/11 8:55 PM |