<< ウォーロード 男たちの誓い | Main | バンコック・デンジャラス >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.05.11 Monday author : なぎさ

JUNO/ジュノ

JUGEMテーマ:映画



2008年6月14日 公開作品
2008年11月6日 DVDリリース

★★★★★ これがもし我が娘だったら・・・と 星5つ!


多くの映画ブロガーさんたちが高評価だったのが納得だった。

とても良かったです!


なんと言っても主役のジュノを演じたエレン・ペイジが巧いです!

彼女『ハードキャンディ』でも評価していたのですが、いやぁ〜ほんと彼女、若手ではダコタ・ファニングと並んで巧い!


まずオープニングのアニメっぽい映像からして引き込まれますね。

予期しなかった妊娠に戸惑いながらも16歳のジュノはしっかり者で、凹んだり相手を責めたりしないのです。

中絶寸前で思いとどまったのには一安心でした。

でも育てることは難しい・・・。
そこで養子縁組を思いつく。

マーク(ジェイソン・ベイトマン)とヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)夫妻はとても誠実で彼らならとジュノは覚悟を決める。


私は、こういう時の両親の対応が気になったのですが、ジュノの父マック(J・K・シモンズ)は冷静で、けして娘を責めたり叱ったりすることはしなかったが・・・

一言「ノーと言える娘だと思ったが」というセリフが印象的だった。


お母さんのブレン(アリソン・ジャネイ)は継母ですが、ジュノへの愛情はそれなりに感じられました。

にしてもJ・K・シモンズって父親役だとかなり怖いオヤジに見えますね!
娘が妊娠したと聞いた途端、ゲンコツとか飛んできそぉだった〜。


気なったのは、ジュノが最初はお腹の子の父親であるポール・ブリーカー(マイケル・セラ)を非難したり責任の追求などしなかったことでした。

それどころか彼のことを好きでもない、付き合ってもいないと距離を置いていたのが不思議だったのです。

こういう事態にも、もの凄くアッケラカンとしたジュノに今どきのアメリカンギャルはこんなものなかと。


ところが相手が他の女の子と付き合ってるというウワサを聞いたジュノに気持ちの変化が!

どんどんお腹が大きくなると、なぜ私だけが・・・という気持ちもジュノにあったのでしょう。

これは普通の夫婦間でもふとした時、思うんですよね。

だってお腹が重たくてしんどい!

普通の人の2倍暑いし、寝返りもできないし、トイレ近くなるし、高いところの物とれないし、座るのも立つのもいちいち"どっこいしょ"だし・・・。

ほっんと妊婦って大変!

そら、シレ〜っと他の子と付き合ってる彼氏に恨み節の一つも言いたくなるわ〜。


そうよ、これが普通だと思う。


ところが問題は他にもあって。

養子に出す先のマークとヴァネッサの夫婦間の亀裂。

これはジュノにも誤算だった!



子供が欲しくてたまらない妻と、なんだかそうでもなさそうな夫。
最初からこの夫婦ちょっと温度差があるなと思っていたら・・・。


そうこうするうち、いよいよ出産の時が!

産まれたのは男の子。

ジュノはヴァネッサにその子を託したのでした。



監督は、アイヴァン・ライトマンのご子息で『サンキュー・スモーキング』ジェイソン・ライトマン

私は今作のほうが好きです。

アカデミー脚本賞を受賞したのも納得です。


ウチの娘、今まだ8歳ですが・・・あと8年で16歳ですからね。
もし、自分の娘がこういう状況になった時・・・。

親としてどうするか?考えました。


中絶だけは避けたいところです。

できれば自分の子として育てたいですが、悲しいかな私たち夫婦の年齢ではそれも無理そうなので、そうなれば養子縁組しかないだろうなと。

子供を可愛がってくれるならそれが一番良い方法かも。


というか、その前にまずこうならないことを願いますが。。。









| 映画 《サ行》 | 08:29 | comments(10) | trackbacks(13) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:29 | - | - | pookmark |
COMMENT
わぁ〜なぎささんもお気に召したみたいで嬉しいなぁ。
これってすっごくあったかい映画だと思うんだけど、
やっぱりちょっと日本とは考え方や風習、文化が
違うから日本人からすると「え?」って思う
部分があるのはしょうがないと思うんだけど、
かと言ってその人全部、映画全部を否定しちゃうのって
さみしいことだと思うんだよね。
それに、なぎささんがもし娘が?って考えて
まず中絶はなしってのがなんかすごく感動しちゃった。
| miyu | 2009/05/11 2:21 PM |
この作品、私もお気に入りの1つです。エレン・ペイジを一番最初に観たのはカナダのドラマ「リ・ジェネシス」って作品だったんですけど、凄く存在感のある子でした。その時は主人公の娘役だったんですけどね。ちなみにドラマも面白いです。(笑)

日本でこの手の作品を作ったら、そりゃもうおも〜くなるでしょうね。金八先生の杉田かおる状態っていうんでしょうか?
この作品を見た当時は志田未来ちゃんの「14歳の母」なんてのもやってましたけど、とにかく悲壮感一辺倒でした。

ところがこの作品だと、むしろ妊娠してしまったことは仕方が無い、それじゃあどうするのがBESTの選択なの?ってとこに焦点が当たってる。実に未来志向なとこが、観てる側の心の重荷を取っ払ってくれるような感じがしました。

余談ですがバーガーの電話機が欲しくて探し回ったんですけど無かったです。(笑)

| KLY | 2009/05/11 10:55 PM |
こちらにもお邪魔します♪
この映画は好みが分かれそうですが、私も好きでした〜
JONOが魅力的ですよね〜とってもユニークで愛らしい。
ちょっと斜めに構えているようでも、生まれてくる子どもの幸せをJONOなりに一生懸命考えていたところも良かったです!
それから脚本が良かったですね〜ホンワカとして心地良かったです。
| 由香 | 2009/05/11 11:17 PM |
>miyuさんへ
miyuさん こんにちは♪

うんうん、とっても好きです!この明るさが!

>日本人からすると「え?」って思う
部分があるのはしょうがないと思うんだけど

だよねぇ〜日本人の感覚だともんの凄く暗くなりそうだよねぇ。
ところが、これを観てると誰もそんな人いないよね!
本人もとてもピジティブ思考だし!
そこが良かったです。

>まず中絶はなしってのがなんかすごく感動しちゃった。

ありがとぉ〜。
子供を産むってとっても荘厳なことですよね。
育てられないとか世間体だけで中絶するのは考えものですよね。
ましてや好きな人の子なら、どうにかして誕生させてあげたいなって。
本人のカラダにも中絶は負担ですものね。
ただ、こんなこと言ってても本当にそういうことになれば、この映画の両親のような冷静な態度でいれるかなぁ〜(笑)
| なぎさ | 2009/05/12 8:31 AM |
>KLYさんへ
KLYさん こんにちは♪

>金八先生の杉田かおる状態っていうんでしょうか?

そぉ〜そぉ〜!
私もこれを思い起こしましたけど、同じ幼な妻でもこちらは全く雰囲気がちがいますよねぇ。
こんなにも前向きなのが救いでした。

>むしろ妊娠してしまったことは仕方が無い

これはけして未成年の妊娠を肯定している作品ではないですものね。
だけど、もしこのように妊娠してしまったらどうするかってことから話しが始まっている。
そうなんですよ、妊娠してしまったことは仕方ない、それを責めたり悔やんだりしてないところに好感が持てました。

>バーガーの電話機

あぁ〜あれとってもポップな電話機でしたよね!
日本では売ってないんですかね。
| なぎさ | 2009/05/12 8:38 AM |
>由香さんへ
由香さん、こちらへもありがとうございました!
やはりこれって賛否両論でお気に召さない方もいるんですね。
良い作品だと思いました。
カラッと明るくて前向きで命の大切さもちゃんと描いてて。
結局あのベビーチャン幸せですよね!
きっと大切に育てられると思うし。

>JONOが魅力的ですよね〜とってもユニークで愛らしい。

そうなんですよ、何と言っても今作はJUNOの愛らしさですよね。
ちょっと生意気だけどしっかりしてて、でもやっぱり16歳の女の子で・・・このキュートさが良かったです。

>脚本が良かったですね〜

そうなんですよねぇ〜私、てっきり監督さんが脚本も手がけたのかと思っていたら・・・。
元ストリッパーだったディアブロ・コーディという方の脚本だったんですね!
この方の経歴がとってもユニークですねぇ。
題材は重いけど作品から漂うのは明るいイメージで爽やかでした。
| なぎさ | 2009/05/12 8:45 AM |
こんにちは、コメントありがとうございます!
いろいろなテーマで、生き方とか人の温かさ、そして熱さを伝えてるれる映画は良いですよね。
| 勝利の女神 | 2009/05/12 2:45 PM |
ほんと、エレン・ペイジがいい感じでしたよね。
妊娠したのに凄くドライ、けど車の中で一人で泣いたり。

その揺れ動きながら成長していくティーンを見事に演じていたと思いましたよ。
| にゃむばなな | 2009/05/12 9:13 PM |
>勝利の女神さんへ
こんにちは〜♪
こちらこそ、ありがとうございます!

そうなんですよ〜。
そこが映画の醍醐味でもあって、それが観れる、そして感じ取れるから映画鑑賞は止められないです!
| なぎさ | 2009/05/13 8:17 AM |
>にゃむばななさんへ
こんにちは〜♪

>揺れ動きながら成長していくティーンを見事に演じていたと思いましたよ。

ですよね!
巧いです、彼女!
ちょっとこ生意気な女の子に見えるけど、そこはやはり16歳の少女だなって思える弱い部分もあって。
それらを絶妙な感覚で演じてましたものね。
| なぎさ | 2009/05/13 8:20 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1038
TRACKBACK
 『そのつもり。』  コチラの「JUNO ジュノ」は、アメリカでわずか7館での公開から、女子高生のジュノ(エレン・ペイジ)の妊娠と同じように”予期せぬ”大ヒットとなり、ついにはインディペンデント映画としては最大の1億ドルヒット、全世界ではなんと2億ドルヒッ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/05/11 2:20 PM |
JUNO/ジュノ’07:米 ◆原題:JUNO◆監督:ジェイソン・ライトマン「サンキュー・スモーキング」◆出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー、J・K・シモンズ◆STORY◆16歳のジュノは、バンド
| ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ | 2009/05/11 5:20 PM |
最初はなんと上映7館からスタートし、口コミで大ヒットした作品。キャスト・スタッフ共には殆どが無名だったが、アカデミー賞4部門にノミネートされ、見事に脚本賞を受賞。ちなみに脚本家ディアブロ・コーディはこれがデビュー作だそうな。
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/05/11 10:48 PM |
レンタルで鑑賞―【story】パンクとホラーが好きなクールな16才の女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは、友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力して
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/05/11 11:12 PM |
16歳での予期せぬ妊娠をしたジュノが中絶や養子縁組などに悩みながら成長する9ヶ月を描いた作品ということでテーマの重い映画と思っていましたが、いざ見てみると意外とあっさりと描いていることにちょっとびっくりでした。でもさすがはアカデミー脚本賞を受賞しただけ
| めでぃあみっくす | 2009/05/12 9:17 PM |
16歳のジュノは友達以上恋人未満のポーリーと興味本位でセックスし妊娠! 両親にどう話す? ポーリーの反応は? 中絶しに病院へ行ったら、病院前で「もう爪だってはえてるわよ。」 と友達に止められて迷っちゃった。 そしてクールで超マイペースなジュノが選んだの
| 象のロケット | 2009/05/13 8:36 PM |
原題:JUNO監督:ジェイソン・ライトマン脚本:ディアブロ・コディ出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー、J・K・シモンズ試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>
| NiceOne!! | 2009/05/15 8:06 AM |
JUNO/ジュノ 監督 ジェイソン・ライトマン 出演 エレン・ペイジ マイケル・セラ     ジェニファー・ガーナー ジェイソン・...
| Blossom | 2009/05/17 4:34 PM |
そのつもり。 ジュノ16歳。いちばん大人。 原題 JUNO 製作年度 2007年 上映時間 96分 監督 ジェイソン・ライトマン 出演 エレン・ペイジ/マイケル・セラ/ジェニファー・ガーナー/ジェイソン・ベイトマン/オリヴィア・サールビー/J・K・シモンズ/アリソン・ジャネイ
| to Heart | 2009/05/19 10:58 PM |
ごく普通の16歳の高校生、ジュノ(エレン・ペイジ)。同級生のポーリー(マイケル・セラ)と興味 本位でしたただ1度のセックスで、思いがけず妊娠。動揺しつつも気丈に振る舞うジュノは、 親友のリア(オリヴィア・サールビー)と“ポーリーに妊娠を報告すると、両親には内
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/05/23 10:40 PM |
あらすじパンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい養子を希望している夫
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/08/20 8:25 AM |
『JUNO/ジュノ』を観ました>>『JUNO/ジュノ』関連原題:JUNOジャンル:コメディ/ドラマ/青春上映時間:96分製作国:2007年・アメリカ監督:ジェイソン・ライトマン出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー【ストーリー】ごく普通の16歳の高校
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/08/20 10:37 PM |
映画の評価(5点満点) ★★★★☆ プアーです。なぜか山にこもってキコリの研修を受けてきました。そんな僕が山から降りてきて早速見た映画が『JUNO/ジュノ』。まず始めに思うのは「JUNOちゃんかっわうぃ〜〜!」ということ。女子高生である主人公JUNOちゃんがふとし
| 映画をもっと楽しく![シネマポスト] | 2010/06/05 12:01 PM |