<< バーン・アフター・リーディング | Main | 僕らのミライへ逆回転 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.04.27 Monday author : なぎさ

グラン・トリノ

JUGEMテーマ:映画



2009年4月25日 公開

★★★★★+α 言葉が出ない 満点以上!


この愛すべき頑固じいさん♪



もしかしたらスクリーンで彼が主演の作品を観られるのは今作が最後かもしれないと聞いて、どうしても観たかった。

今後は自ら進んで役を探さない、監督業を優先するとのこと。

いや〜だけど、今作を観たらぜひ俳優としてももっと続けて欲しいと思いました。


78歳のクリント・イーストウッドが最後になるであろう役に選んだのは・・・。

元フォードの組立工の頑固な爺さんだった!



素晴らしいです!


とにかく劇場で堪能していただきたい作品でございます!



このウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)という老人は、頑固一徹で口が悪く、人種差別発言もズバズバ言うし、息子や孫にも愛想を付かされているという、妻に先立たれた孤独な人。


フォード社の1972年製"グラン・トリノ"というヴィンテージカーをいつもきれいに磨いて大事にしている。


朝鮮戦争の帰還兵でもある彼は、あの戦争で何人もの人間を殺してしまったことへの後悔を引きずってもいたのだった。

あの戦争で心に傷を負った老人がアメリカにはまだまだいるのだろう。



ところが、こんなコワルスキー爺さんが、観ていくうちにどんどん魅力的に思えてきて、時折みせる苦虫をかみつぶしたような表情でさえも可愛く感じられてくるのです。

意外にもコミカルな部分もあって、隣りの女性なんてかなり笑ってましたよ。


そんな彼が、隣りに引っ越して来たモン族一家のタオ(ビー・バン)が彼の大事にしているグラン・トリノを盗もうとしたことがきっかけで交流を深めることになる。


二人の息子とは疎遠なウォルトなのに、このタオには息子のように、また戦友のように接していくのです。


やがてそれはタオだけでなく、タオの姉スー(アーニー・ハー)や家族、その他のモン族の近隣住民とも心を開いていくウォルターだった。


だけどこの地域ってすごい治安が悪いね。
真昼間でも普通に道を歩いてると黒人やラテン系の住民に絡まれたりする。


だからウォルトは拳銃を携帯していたのかも。

あの時、黒人からスーを助けたウォルトが指で拳銃の形を作ったその後で本物の拳銃が出てくる・・・・というあのシーンが見事にラストで生きてくるのです!


咳き込んだ後に吐血していたことから、ウォルトは自分の死期が近づいていることを自覚していたのだろう。


タオ一家を救うために取った行動が、返って彼らを苦しめることに。


ウォルトは覚悟を決めたように、あれほど嫌がっていた懺悔をする!



そして、彼が取ったタオ一家を救うための最後の手段!



いやぁ〜もぉあのラストにはただただ呆然としてしまいました。

そうか、こういうラストが用意されていたんだなと。


この頑固じいさんを通して描かれた"生と死"は、観るものの心を掴んで離さなかった!


すでに"巨匠"の地位に達しているイーストウッドですが、今年に入ってから『チェンジリング』に圧倒され、そしてまた今作とくればこれはもぉ神レベルでしょう!

私はこれで生涯"グラン・トリノ"という言葉を忘れることはないでしょう。


すでに現在は次の新作『The Human Factor』の撮影中だとか。


78歳と言えば、亡くなった私の父と同じ歳。

そう言えば、今作に出てきたこういう親父って日本でも昭和一ケタの父親にはあったような気もする。

取っ付きにくいけど、一度心を開けばどこまでも人情深くて優しい人へと変身するのだ。




静かに、だけどチカラ強く、スクリーンの中から古き良きアメリカの姿をこの爺さんを通して語りかけてくれた。


ありがとう イーストウッド♪







| 映画 《カ行》  | 08:36 | comments(30) | trackbacks(74) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:36 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは!
なかなかコメント出来ずにスミマセン〜。

今年最高の1本になりました。
無駄のないセリフ、テンポのいい運び。
媚びなくて姿勢のいい作品を撮り続ける
イーストウッドが益々素敵ですよね♪♪
| kira | 2009/04/27 11:48 AM |
うんうん!まさに神レベルですよね。
なぎささんが満点以上をつけてしまうのも
納得だわ〜。それぐらいのホンモノの傑作でしたよね。
ウォルトの姿ってアメリカでも日本でも
古きよき父親の後姿っつ〜もんを
見せてくれた気がしましたね!
| miyu | 2009/04/27 1:22 PM |
なぎささんこんばんは^^

劇中登場するグラン・トリノは古き良きアメリカの象徴であり、コワルスキー自身の象徴と言ってもよいと思いました。

イーストウッドはインタビューで「このコワルスキーというじいさんは私が演じてもいいキャラクターだった。」といっているんですね。

すなわちイーストウッド自身が今のアメリカに対して抱いている気持ちを表現した作品と言って良いのではないかと思うんです。彼自身が古き良きアメリカ人ですから。^^
| KLY | 2009/04/28 12:56 AM |
がんこじじいが、だんだん、世話焼きじじいになってきて、
かなりあったかい映画でしたね。
たいへん良かったです。

>神レベルでしょう!
神レベルというか、“品格”っていうものは、感じますね。
イーストウッドの様々な思いが、自然に伝わってくる映画ですわ。
| kino | 2009/04/28 1:43 AM |
>kira
kiraさん こんにちは〜♪

いぇいぇ〜、お互い忙しいですからコメントなくても、お気持ちは伝わってきますよ〜。

>今年最高の1本になりました。

同じくです!
もぉこれを観てしまったら今年は後、何があるんだろうって感じですよねぇ。

>無駄のないセリフ、テンポのいい運び。

ほんとそうでした!
117分間、ずーっと引き込まれっぱなしでしたよ。

>媚びなくて姿勢のいい作品を撮り続ける
イーストウッドが益々素敵ですよね♪♪

益々お元気でもっともっと私達に良質な作品を見せて欲しいものですね。




| なぎさ | 2009/04/28 7:55 AM |
>miyuさんへ
こんにちは〜♪

>うんうん!まさに神レベルですよね。

ですよね!
神が降りてきてるのかもと思えるほどの素晴らしい作品でした!

>ウォルトの姿ってアメリカでも日本でも
古きよき父親の後姿っつ〜もんを
見せてくれた気がしましたね!

ほんとそういう感じがしましたね。
昔はいたなぁ〜こういう親父が、みたいなもの感じましたねぇ。
多少、私の父親ともダブったりして。

こういう本当の"大人"がいたから子供を見守ってくれていたのかもね。

| なぎさ | 2009/04/28 7:59 AM |
>KLYさんへ
こんにちは〜KLYさん♪

>イーストウッド自身が今のアメリカに対して抱いている気持ちを表現した作品と言って良いのではないかと思うんです。

全くその通りでしょうね!
この役はとてもやってみたかったそうですものね。
彼以外の有名な俳優が出ていないことも良かったのかもしれませんね。
なにしろずーっとイーストウッドだけを観ていられましたから。

いやぁ〜ほんと参りましたって感じです♪
これを観たら他が吹っ飛びそうで(笑)
| なぎさ | 2009/04/28 8:03 AM |
>kinoさんへ
こんにちは〜♪

>がんこじじいが、だんだん、世話焼きじじいになってきて

ほんと、ほんと!
意外とこういう人ほど一度打ち解けてしまうと世話好きだったりしますよね(笑)

>神レベルというか、“品格”っていうものは、感じますね。

もちろん"品格"はいつも感じますが、今作は何かそれ以上の神がかったものすら感じさせられたのですよ。
| なぎさ | 2009/04/28 8:08 AM |
なぎささ〜ん、こんばんは!
TBは「アフタースクール」にさせていただいたのですが、コメはこちらに(笑)

すごいですね、本作。ご覧になった皆さん全員が高評価されていて!でも、
わかります、予告編だけでも感動的ですもん。

イーストウッド監督、老いて益々情熱的に映画作りしていて素敵ですよね、これからもまだまだ頑張ってほしいです!ところで、「天地人」やっと旬くん登場ですね、なかなかイイ味だしてるので、これからもっと出番が増えてほしいです!
| JoJo | 2009/04/29 1:06 AM |
>JoJoさんへ
こんにちは〜JoJoさん♪
TBありがとうございます!
そして、こちらへのコメ嬉しいですぅ〜☆
と〜っても素敵な作品でしたよ。

>イーストウッド監督、老いて益々情熱的に映画作りしていて素敵ですよね

ほんとです!
こうなれば、長生きしていただいてもっと素晴らしい作品を私達に見せて頂きたいと願うばかりです。
名優は名監督に成り得ないようなジンクスがありますが、この人の場合はもぉ神がかり的なパワーを感じますね。
ハリウッドにおいても、また映画界全体においても貴重な存在です!

>「天地人」やっと旬くん登場ですね

ようやくですねぇ〜。
近頃、同じ日曜日の「ぼくの妹」を先に観てしまうので「天地人」が周回遅れになってます(恥)
戦国時代っていろんな策略があってやはり面白いですよね!
| なぎさ | 2009/04/29 1:50 PM |
この映画を見て帰宅後、庭の雑草を抜いているときに映画を思い出して涙があふれてきました。
じわじわと効く作品ですね
ほんとに衝撃でした。
私も「ありがとう、イーストウッド」と言いたいです!
| Naoko | 2009/04/29 5:58 PM |
なぎささん、こんばんは(^^)

愛すべき頑固爺さん

ほんとにそのとおりで、段々と可愛く見えてきちゃいましたね〜。息子夫婦がバースデーケーキ持ってくる場面では、段々と顔がひきつっていく様子とか、今にも怒鳴るぞ怒鳴るぞ(笑)って、ドキドキしました^^;

そんなユーモラスな一面も見せながら頑固爺さんが最後に選んだ手段……薄々予想はしてたけど、呆然としました〜。
本当にイーストウッドって、凄い監督&俳優さんだとつくづく感心しました。
| りら | 2009/04/29 7:31 PM |
>Naokoさんへ
こんにちは〜Naokoさん♪

>じわじわと効く作品ですね

仰る通りです!
この方の作品は後からも味わえるものが多いですが、その中でも今作はかなりじわじわ余韻が残りますね。

>私も「ありがとう、イーストウッド」と言いたいです!

素直に感謝したいという気持ちにさせられましたよね〜。
まさに映画界の至宝です!
| なぎさ | 2009/04/30 7:47 AM |
>りらさんへ
こんにちは〜りらさん♪

>息子夫婦がバースデーケーキ持ってくる場面

そぉ〜そぉ〜あの時、段々と彼が"噴火"していくのがカウントダウンで分かりましたよねぇ〜(爆)
だけどあの息子夫婦も、心配する気持ちは分かるけど彼が一番嫌なことを並べましたからね〜(笑)
あれはかなり笑えました!

どんな報復に出るのかと思いきや・・・いやぁ〜あれはやられました。
あれが彼にとっての懺悔でもあったわけですね。
名作の誕生です!
| なぎさ | 2009/04/30 7:53 AM |
なぎささん、こんにちは〜

素晴らしい映画でしたね!!
私も文句なく100点満点です♪

「チェンジリング」や「ミリオンダラー・ベイギ」のようなやり切れなさではなく、とても温かい感動が残る傑作でした!
私の中ではダントツイーストウッド作品NO.1!!

私も「ありがとう〜イーストウッド」と言いたいです♪
| hito | 2009/04/30 5:32 PM |
>hitoさんへ
hitoさん こんにちは〜♪
ねぇ〜これは本当に素晴らしい作品でしたよね!

>やり切れなさではなく、とても温かい感動が残る傑作でした!

そぉ〜ほんと!
『チェンジリング』も良かったのですが、『ミリオンダラー〜』と同じようなやりきれなさが鑑賞後にこみ上げてくる作品でしたものね。
だけど今作は温かさがじわじわと感じられて、イーストウッド監督の作品は秀作だけど辛くなるから繰り返しは観れないというものが多い中これは何度もみたくなる作品でした。

>私の中ではダントツイーストウッド作品NO.1!!

私も!
そして映画界の至宝に感謝!

| なぎさ | 2009/05/01 7:46 AM |
こんばんは。
ようやく観ることができました!

無駄な演出が一切なく
親子関係、友情、信頼、人生を描ききっていた本作、
感動しました。
今でも余韻が残っています。。。
| michi | 2009/05/04 8:58 PM |
>michiさんへ
こんにちは〜♪
これはもぉ必見の1本ですよね!
今年まだ半年も経ってないですが、私の中では早くも上位に入る作品となりました。

>今でも余韻が残っています。。。

そぉ〜なんですねぇ、この作品は後から後からいろいろ思い出されてきて余韻に浸れるんですよね!
イーストウッド渾身の秀作でした。
| なぎさ | 2009/05/05 11:40 AM |
なぎささん!満点以上つけますか!
かなりお気に召したようで。
この作品は余韻がすごく深いんですよね。
観終わってしばらくしてから利いてきますね。「ミリオンダラーベイビー」もそうでしたが、彼は新人の脚本家であっても一切手直ししないそうですね。
”じいさんは若者を育てていくのがいきがい”を地でいってますね。その映画人としての姿勢が作品に表れるのでいつも感動してしまうのでしょう。
次回作も南アフリカが舞台ということでかなり期待してしまいますよね。
| しゅぺる&こぼる | 2009/05/06 10:25 PM |
>しゅぺる&こぼるさんへ
こんにちは〜♪

>満点以上つけますか!
かなりお気に召したようで。

はい!私これは満点でも足りないと思いましたよ。
無駄なところが無くて、しかもイーストウッドのいぶし銀の演技があって、その上エンドでのご子息とのコラボ!
全てにおいて最高でしたね。

>彼は新人の脚本家であっても一切手直ししないそうですね。

なるほど!
それだけご自身の演出に自信があるんでしょうね。
どんな脚本でも自分の味付けに料理してみせるという意気込みなんでしょうね。

>次回作も南アフリカが舞台ということでかなり期待してしまいますよね。

なんでも主演がモーガン・フリーマンなのでご自身も含めいつもドクターが側にいての撮影らしいですね。




| なぎさ | 2009/05/07 8:30 AM |
こんばんみ、なぎささん♪\(o ̄∇ ̄o)ハーイ
今年、間違いなく、ナンバーワンにならなくても良いもともと特別なオンリーワンな映画でした♪(゜Д゜)ハハーン!
まだ半年も経ってないのに今作のような素晴らしい作品に出逢えたことにビックリと感謝☆イーストウッドに感謝です♪(;゜Д;゜)ババーン!!
ウォルトのうなり声が彼のすべてを語ってましたね♪ほんとに感動しました♪(*´∀`)
| Kaichang | 2009/05/09 6:39 PM |
あの最期は・・・グサッときました、こんな終わり方するとは。。。

イーストウッドは監督として俳優として、まさに神業ですね。
役者としてこれが最後だなんて、勿体なすぎます。
| 未来 | 2009/05/10 1:10 AM |
>kaichangさんへ
kaichangぁ〜ん おはようサンデー♪
ムフッkaichangのマネしてみました。

>ナンバーワンにならなくても良いもともと特別なオンリーワンな映画でした♪(゜Д゜)

ウフフフ・・・いやほんとあの歌詞通りの作品でしたよね!
これは特別な作品かもねぇ〜。

>まだ半年も経ってないのに

そうなんですよ〜私もそう思います。
間違いなくこれは今のところ今年のベスト1ですから。
自分の生涯鑑賞の中でもベスト5に入ります。

>ウォルトのうなり声

うんうん、そうでした。
怒りのボルテージが上がっていくのがよーく分かりましたよね!

いやぁ〜ほんと無駄の無い素晴らしい作品でした。
| なぎさ | 2009/05/10 6:46 AM |
>未来さんへ
こんにちは〜未来さん♪

>あの最期は・・・グサッときました、こんな終わり方するとは。。。

ほんと、あれこそが彼の懺悔だったんでしょうね。
まさに命を懸けてでした。

>イーストウッドは監督として俳優として、まさに神業ですね。

そうなんですよね"神業"という言葉がピッタリ合う人なんですよ、この方は。
これからも"良い本"があればまたきっとスクリーンに戻ってきてくれると信じましょう♪
| なぎさ | 2009/05/10 6:50 AM |
こんばんは
もー,わたしなんぞ,冒頭からこの偏屈爺さんがえらく気に入ってしまいましたよ!
ウチの劇場でも,爺さんの言動にたくさんクスクス笑いが起きていました。
ラストはそれがすすり泣きに変わりましたけど・・・・。
78歳でこの才能!まさに神ですねぇ。
78歳というと,私の父とも同年輩です。
それを思うと,イーストウッドさんの人間離れした活動に
今更ながら驚嘆します!
俳優はもっと続けてほしいなぁ,ぜひ!
| なな | 2009/05/10 11:15 PM |
こんにちは♪

いやー爺さんに泣かされましたわ(ToT)!
イーストウッドはますますなんか磨きと言うか、何かがおりてきてるというか‥素晴らしい作品つくりますよね(o^-')b
| Nakaji | 2009/05/11 1:33 AM |
>ななさんへ
こんにちは〜ななさん♪

そうなんですよねぇ〜なんだかどこか憎めないこの爺さんが愛くるしくて。
というのもやはりななさんも私も、どこかこのお爺さんに自分の父親を見ているようなところがあったかもしれないですね!

普通ならとっくに第一線を退いている年齢なのに、この精力的な躍進には脱帽です。
願わくば、これでスクリーンからはさよならと言わずカムバックを祈りたい・・・多くの方がそう祈らずにはいれませんね。
| なぎさ | 2009/05/11 8:50 AM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜♪

>イーストウッドはますますなんか磨きと言うか、何かがおりてきてるというか‥

ですよ!
何かが降りてきてますよ!
ある意味、イーストウッドが映画を撮り続けることは使命なのかもしれないですね。
映画界にとっての。

こんなカッコイイ去り方なんて〜♪
うぅ〜ん、でもまた良い作品があれば戻って欲しいと願うばかりです。
| なぎさ | 2009/05/11 8:53 AM |
いまさらながら。。。グラントリノ見てきました!!

ほんと愛すべきじいちゃんですね!
素直な女の子には笑顔をみせちゃうとことか・・・(笑)

爺さんが復讐で少年をいじめてたやつらを殺しちゃうって話やってきいてただけにあの最後には猛烈に泣かされました!!

そしてスーちゃんがかわいかった☆
| ぢょん | 2009/05/24 8:59 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/11/15 12:22 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1031
TRACKBACK
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。 少年は知らなかった、人生の始め方を―。 原題 GRAN TORINO 製作年度 2008年 上映時間 117分 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴ
| to Heart | 2009/04/27 11:42 AM |
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/27 1:22 PM |
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
| 心のままに映画の風景 | 2009/04/27 5:25 PM |
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退
| Yuhiの読書日記+α | 2009/04/27 11:27 PM |
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/04/28 12:53 AM |
落としまえのつけ方。 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦...
| 映画通信みるみる | 2009/04/28 1:44 AM |
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァ
| 映画君の毎日 | 2009/04/28 1:15 PM |
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者
| 日々“是”精進! | 2009/04/28 3:39 PM |
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴
| 銅版画制作の日々 | 2009/04/29 12:53 AM |
  俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。   ■長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに手入れしながら、M-1ライフルと72年製フォード車グ
| 唐揚げ大好き! | 2009/04/29 5:38 AM |
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に
| だらだら無気力ブログ | 2009/04/29 12:22 PM |
妻を亡くした偏屈な頑固じじいウォルト(クリント・イーストウッド)と、隣家のアジア系移民家族との奇妙な交流。姉のスー(アーニー・ハー)と弟のタオ(ビー・バン)、二人の純朴にして優しい心に触れるうちに失いかけていた家族の温かさを見出していくウォルト・・・
| SOARのパストラーレ♪ | 2009/04/29 1:22 PM |
妻を亡くし、息子たちとも疎遠になった元自動車工の偏屈な老人ウォルト。 72年型の愛車「グラン・トリノ」を磨いたり、庭の手入れをするのが生きがいだった。 ある日、隣家の少年が自宅に侵入し、その後少年の姉を不良グループから救ったことをきっかけに、毛嫌いして
| 象のロケット | 2009/04/29 3:59 PM |
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズ
| 我想一個人映画美的女人blog | 2009/04/29 4:57 PM |
監督、主演クリント・イーストウッド。 タイトルとなっているのは、 70年代のヴィンテージアメリカ車、 「グランド・トリノ」。 車庫にあるウォルト(クリント・イーストウッド)の 愛車です。 その愛車を盗難されそうになったことが、 きっかけとなって、 隣りに住
| 花ごよみ | 2009/04/29 5:28 PM |
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』以来のクリント・イーストウッド出演作品。この作品では、監督・製作も兼ねています。 華が無く、家族からも疎まれ、社会の表舞台で大活躍をする事も無く老境に入った朝鮮戦争帰還兵ウォルト・コワルスキーをクリント・イーストウッ
| 勝手に映画評 | 2009/04/29 5:31 PM |
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/04/29 5:35 PM |
{/hiyo_en2/}あそこに見えるのが神宮外苑の軟式野球場。 {/kaeru_en4/}ああいうところで、少年たちは野球をしながら、男の生きざまを学んでいくんだ。 {/hiyo_en2/}ン、そういう言い方、なんか、かっこいいわね。クリント・イーストウッドみたい。 {/kaeru_en4/}ほ、ほ
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2009/04/29 5:41 PM |
   ★★★★★  Clint Eastwood 監督・主演の、 孤高の老人と移民の少年の交流を描いたドラマ。 原題は「Gran Torino」。        Walt Kowalski (Clint Eastwood )は 孤独な老人だ。 ポーランド系で、 若いころは朝鮮戦争で武勲をたて、 退役後はFordの自動
| 富久亭日乗 | 2009/04/29 5:44 PM |
衝撃・・・・ グラントリノを観ました。 観終わった直後は「なんか重いな」と思いました。 でも、じわじわと「こんな大きくて深い優しさがあるのか」と考え、次第に心に沁みてきます。自然に涙が出ます。 ストーリー 妻を亡くしたウォルト、孤独で頑固な老人、息
| 犬・ときどき映画 | 2009/04/29 6:07 PM |
今作品をもって俳優引退の意向を示した、今や大監督で今回はプロデューサーも勤めたクリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ」を観てきました。 「グラン・トリノ」とは100年に一度の不況でビッグはビッグでも「虫の息のBig3」(マツダ株が日本に帰って
| 紫@試写会マニア | 2009/04/29 6:28 PM |
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
| Akira's VOICE | 2009/04/29 6:47 PM |
【グラン・トリノ】 ★★★★ 試写会(9)ストーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワル
| りらの感想日記♪ | 2009/04/29 7:32 PM |
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ 」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえ
| いい加減社長の日記 | 2009/04/29 7:32 PM |
●「グラン・トリノ Grand Trino」 2008 アメリカ Warner Bros.Village Roadshow Pictures,Malpaso Production,117min. 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー他 <
| 映画!That' s Entertainment | 2009/04/29 7:50 PM |
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2009/04/29 8:12 PM |
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
| 悠雅的生活 | 2009/04/29 9:30 PM |
4月9日のリベンジ成功です。仕事をキッチリ定刻で終え、試写会場の九段会館に開映8分前に到着待望の「グラン・トリノ」を観てきましたクリント・イーストウッド、かっこ良すぎますやっぱり、人生の目標とするジジイは、イーストウッドで決まりです頑固で不器用だけど
| 流れ流れて八丈島 | 2009/04/29 11:11 PM |
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する、“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウ
| シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/04/29 11:22 PM |
あれ?ついこないだもクリント・イーストウッド監督作が公開されてなかったっけ? アメリカでも日本でも『チェンジリング』の公開から2か月後のハイペースで公開された『グラン・トリノ』を観てきました。 ★★★★★ 実の息子家族からも嫌われる保守的で頑固な口の汚
| そーれりぽーと | 2009/04/29 11:52 PM |
「グラン・トリノ」監督・製作・出演:クリント・イーストウッド(『チェンジリング』『硫黄島からの手紙』)その他の出演:ビー・バンアーニー・ハークリストファー・カーリーコリー・ハードリクトブライアン・ヘーリー配給:ワーナー・ブラザース映画概要:朝鮮戦争の
| マー坊君の映画ぶろぐ | 2009/04/30 12:27 AM |
人は、いくばくかの歳月を生きて、もう若くはないと思ったときに、自分の「死に様」を考えるようになる。 この映画の主人公ウォルトも、そうなのだろう。 激しい内容を扱っていても、クリント・イーストウッドの映画は何故か優しい。 観終わった人の気持ちが、優しく
| ひきばっちの映画でどうだ!! | 2009/04/30 1:03 AM |
この映画を最後に俳優業引退を示唆したと伝えられているクリント・イーストウッドの監督、主演映画です。 ほんとうに観て良かったと思える映画の一つでした。敢えて書き連ねるほどの難しい事件や対立が起こる訳ではないです。些細ないざこざと民族間の軋轢が物語の主軸
| MOVIE レビュー | 2009/04/30 1:44 AM |
「グラントリノ」を試写会にて鑑賞 先々週の事です(大汗)記憶がなくならない内に。。。 と思いながらもこんなに遅くなっちゃいました Thanks to ヤプログさん
| The Deepest DEPP | 2009/04/30 9:04 AM |
(原題:GRAN TORINO) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) クリント・イーストウッド監督最新作。 急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていく様を
| ともやの映画大好きっ! | 2009/04/30 11:51 AM |
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ 「妻を亡くしてから一人暮しのウォルト・コワルスキーは子供達とも疎遠で静かにひっそりと暮らしていた。妻に頼まれたとやって来る
| 日々のつぶやき | 2009/04/30 5:30 PM |
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
| はらやんの映画徒然草 | 2009/04/30 10:53 PM |
4月25日(日) 21:15〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『グラン・トリノ』公式サイト 先生の作品が、連続して公開されている。戦争二部作もそう遠くない作品で、多作な印象があるが、主演をかねたのは、「ミリオン・ダラ
| ダイターンクラッシュ!! | 2009/05/02 2:32 AM |
ひときわ異彩を放つヒロイズム!男の生きる姿、気高さに胸を打たれる。 口は悪く偏見だらけの頑固老人が、人生の最終章に課した自己改革とは?・・・ 本物の男イーストウッドが放つヒロイズムの詰まった人間ドラマに、興奮と感動が押し寄せる。 物語:ウォルト・
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/05/02 3:03 AM |
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Sto
| NiceOne!! | 2009/05/02 3:52 PM |
    (C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED. 英題: GRAN TORINO 製作年: 2008年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年4月25日 (丸の内ピカデリー ほか) 上映時間: 1時間57分 配給: ワーナー・ブラザース映画 カラー 公式サイト 監督・製作
| not simple. | 2009/05/03 2:58 PM |
グラン・トリノにおけるクリント・イーストウッドは、
| ネット社会、その光と影を追うー | 2009/05/03 10:12 PM |
原題:Gran Torino タイトルはてっきりおじいさんのことかと思ったら、1972年製フォードのグラントリノのことだった、もしかしてGM、クライスラーよりマシなフォードの応援映画!? 朝鮮戦争帰還兵にしてフォード自動車組立工の経歴を持つウォルト・コワルス
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/05/04 12:58 PM |
珍しく試写会にご縁がありまして 久々にクリント・イーストウッド監督、主演の作品「グラン・トリノ(GRAN TORINO)
| Wilderlandwandar | 2009/05/04 3:18 PM |
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)    丸の内ピカデリー にて鑑賞  監  督:クリント・イーストウッド キャスト:クリント・イーストウッド       ビー・ヴァン       アーニー・ハー       クリストファ
| ★試写会中毒★ | 2009/05/04 9:11 PM |
「グラン・トリノ」を観てきました〜♪ 妻に先立たれ、息子や息子の嫁、孫に悪態をつくウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、自分の世界だけで生きている頑固ジジイだった。或る日、ウォルトが大事にしている愛車グラン・トリノを隣人のタオ(ビー
| 観たよ〜ん〜 | 2009/05/04 10:30 PM |
『グラン・トリノ』を観ました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人生ドラマです>>『グラン・トリノ』関連原題: GRANTORINOジャンル: ドラマ製作年・
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/04 10:50 PM |
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね〜【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんな
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/05/05 3:01 PM |
▼動機 「チェンジリング」が素晴らしかったので ▼感想 満足度につける★が足りない ▼満足度 ★★★★★★★ すごすぎ ▼あらすじ 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生
| 新!やさぐれ日記 | 2009/05/05 3:09 PM |
「グラン・トリノ」★★★★☆ クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、117分、アメリカ 「思ったままを口にし、 周囲の人たちを傷つけてしまい、 最愛の妻を亡くして、 息子達からも疎まれる老人を クリント・イースト
| soramove | 2009/05/05 7:54 PM |
今回はシンプルに。 膨大な覚書はここ を参照。(苦笑) これが脚本デビューというニック・シェンクは素晴らしい。 また新人の書いた脚本を一切手直ししない潔さも健在。 観賞し終えてしばらく経っても、ああ、あそこはこうだったんだな〜。 あの行
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2009/05/06 10:26 PM |
[グラントリノ] ブログ村キーワード ↓クリックしていただけると嬉しいです↓ 評価:9.0/10点満点 2009年42本目(37作品)です。 かつてはフォードの作業員として働いており、朝鮮戦争で体験した傷が癒えないウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/05/06 11:06 PM |
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2009/05/09 9:32 PM |
そこにいるのは‘等身大のイーストウッド’か・・・ 79歳・・まだまだ映画を撮り続けて欲しいものです。 長い年月に渡りフォード社を勤めあげ、妻には先立たれた孤独な老人。 頑固さゆえ息子やその嫁、孫たちにも煙たがられ、近隣とも孤立している・・ 住み
| future world | 2009/05/10 1:49 AM |
「グラン・トリノ」、観ました。 妻を失ったウォルト老人はその気性の激しさから息子達と疎遠となっており、さらに孤独を深めていく。そ...
| クマの巣 | 2009/05/10 8:59 PM |
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギ
| 映画な日々。読書な日々。 | 2009/05/10 11:15 PM |
今更ながら・・・イーストウッド翁はすごい!監督としてもだが,俳優として・・・この作品で彼が演じた頑固老人ウォルト。これほど惹きつけられるキャラクターは初めてかも。 それにしても,グラン・トリノって,何のことかと思ってたら,車[E:rvcar] の名前だったのか
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/05/10 11:17 PM |
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハード
| 京の昼寝〜♪ | 2009/05/11 5:58 PM |
"人"として・・・"男"として・・・彼は"赦し"よりも"償い"を求めた・・・ 『 グラン・トリノ / GRAN TORINO 』 2008年 アメリカ 117分 監督 : クリント・イーストウッド 脚本 : ニック・シェンク 出演 :
| FUNNY GAMES? | 2009/05/13 1:06 AM |
 正直言いますと、イーストウッドの映画はどれもこれも同じに思えます。それでもやら
| eclipse的な独り言 | 2009/05/13 4:08 PM |
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命
| 労組書記長社労士のブログ | 2009/05/18 8:55 AM |
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『グラン・トリノ』を観てきました。 評判に違わぬ素敵な作品でした。最後の方は本当に涙、涙。。。 ******************** 『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』の巨匠クリント・イーストウッド監督
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/05/21 2:15 PM |
グラン・トリノ 260本目 2009-21 上映時間 1時間57分 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ビー・バン アーニー・ハー クリストファー・カーレイ 会場 新宿ピカデリー 評価 9点(10点満点)  最早イーストウッド作品
| メルブロ | 2009/05/24 11:43 PM |
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/05/25 2:05 PM |
5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。 イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても
| CHEAP THRILL | 2009/05/28 12:29 PM |
映画 「グラン・トリノ」 GRAN TORINO を観ました         クリント・イーストウッド監督 2008年 アメリカ 何故? イーストウッド監督の作品なのに、一館でしか上映してないよ・・・。 ちょっと場所が遠かったので、やっと観れました。 観るまでに時間
| cocowacoco | 2009/06/05 1:46 AM |
【原題:Gran Torino】 【監督・製作】 クリント・イーストウッド 【脚本】     ニック・シェンク 【音楽】     カイル・イースト...
| +++ Candy Cinema +++ | 2009/06/12 11:41 PM |
 相変わらず映画を観ても記事にする時間がありません。この映画も観てから記事にするまでに2週間以上がたってしまいました。以前は会社帰りに映画を観たら翌日仕事が終わってから記事にしていたのですが、最近は会社から帰ると犬の散歩をしてそこで力尽きてしま
| よしなしごと | 2009/06/17 3:25 AM |
イーストウッドの最後の主演作品になるはずというのに、とっくに終わって見逃したと諦めていたら、なんとまだやっていて、やっと行ってきました。あ~、観れてよかった。 貧しい郊外に一人暮らすウォルト・コワルスキー。偏屈な老人で、彼の口を突くのは汚いののしり
| シネマ大好き | 2009/07/02 9:48 PM |
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イースト
| サーカスな日々 | 2009/10/04 3:36 PM |
ネタバレあり。ご注意下さい。 昨年観た映画で個人的にNo.1は「THIS IS IT」だけれど、もし「THIS IS IT」が公開されなければ、間違いなく「グラン・トリノ」が一番だったと思う。 この映画の何がすごいって、今までのクリント・イーストウッドの映画人生全てが、ラス
| キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 | 2010/01/10 6:21 AM |
[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...
| 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 | 2010/02/06 1:22 AM |
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2010/06/28 10:20 PM |
『 グラン・トリノ 』 (2008)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、 コリー・ハードリクト、ブライア...
| さも観たかのような映画レビュー | 2011/03/07 1:22 AM |