<< 子育てプレイ 第1話 | Main | ホームレス中学生2 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.04.12 Sunday author : なぎさ

レッドクリフPart-未来への最終決戦-

JUGEMテーマ:映画



2009年4月10日(金) 公開

★★★★★ これでスッキリ 星5つ!


あらら、みんなダンゴをありがとう♪ダンゴで乾杯!


私は結構Part気好きでして。
とにかく興奮しまくりました!


で、後半はどちらかと言えば落ち着いて最後まで観れましたね。

前半に引き続き導入部分での簡単なCGでの説明や、あらすじ的な所もおさらいになっていて分かりやすかったです。


昨晩、TBSの「世界、ふしぎ発見!」を途中から見てしまいまして。
だからあの10万本の矢を孔明がどうやって集めたかとか・・・
風向きを利用して作戦を立てたのも分かってしまって・・・映画で新鮮に驚きたかったのに。

余談ですが、孔明の子孫って1000年間も行方が分からなかったらしいですね。

それもそのはず彼の子孫たちは、彼の教えをよく守って"八卦の陣"の形をした町を造り、そこで密かに暮らしていたそうです。

周囲を山に囲まれていたため長い間、知られることなく暮らしていたとか。

孔明の子孫には医者が多く、第49代目という子孫の女性も医師だと言っていました。



で今回は、男達の戦いの中でひときわ頑張っていた、しょ〜こぉ〜が良かったわ!

"しょうこう"と言っても麻原ではありません。

若き日の奥田瑛二にちょっと似てる孫権(チャン・チェン)の妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)なんですけどもね。

星野仙一に似た曹操(チャン・フォンイー)率いる敵地に尚香は一人で潜入し、敵の動きを伝書鳩に託して知らせるという重要な役割を果たすわけです。

で、また今回は尚香のロマンスもあり〜ので。

若乃花似の"しゅくざい"という兵士との淡い恋心ですよ。

しかし、尚香を見て男だと信じていた敵もどうかと思いますけど。

ちなみに孫権軍の重臣・魯粛(ホウ・ヨン)は、どう見ても坂東三津五郎だった。


いよいよ決戦の時。

ところが周喩(トニー・レオン)の妻・小喬(リン・チーリン)がいなーい!

な、なんと一人で敵地へ行ってしまった!

何をすんねんと。

旦那たちが今から戦おうっちゅー時にと。

でもね、小喬は子供を身ごもったことで一層、平和を願うようになっていたんだね〜。

だから愚かな戦いはしないようにとお願いに行ったんだねぇ。


小喬参上で鼻の下を伸ばす星野仙一似の曹操。

「お茶でもいかが」

・・・このお茶一杯が曹操のスケベ心に火をつけて、この決戦の命取りになろうとは!


火 火 火っ!みたいな感じでしたねぇ。


スクリーン一面が炎に包まれる!


あっと言う間に80万の曹操軍が壊滅状態に!



そして一時は退散したはずだった劉備軍の武将たちが加わった!


完全に連合軍の圧勝!

これってまさかが実現ですよね。

団結と入念な作戦と勇気でしょうかね。



前編に引き続き諸葛孔明の金城武は良かったです!

聡明で凛として立ち振る舞いがなんとも孔明なんですよね。

対する周喩役のトニー・レオンも司令官としての任務と妻を取るかの瀬戸際ですぐさま戦いを優先させるという武将の生き様を渾身で演じてましたね。


最後に落ち武者状態の曹操に向かって周喩が投げかけた一言

「勝者はいない」

この一言にジョン・ウー監督が描きたかったものが詰まっていたんじゃないでしょうか。


ラストは、孔明が取り上げた馬の萌萌(もんもん)を差し出す周喩と小喬。

萌萌と去っていく孔明。

本編開始前にジョン・ウー監督からのメッセージが。

こういう世の中だからこそ頑張っていきましょう、みたいな内容でしたが、最後に"皆さんが奇跡を起こしてください"と結んでありました。

今作を観て思ったのは"成せばなる、成さねばならぬ何事も"

不可能な事も気持ち一つで可能になる・・・かも!











| 映画 《ヤ・ラ・ワ行》 | 17:09 | comments(26) | trackbacks(54) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 17:09 | - | - | pookmark |
COMMENT
あたしも昨日の「世界ふしぎ発見」観たのですが、
TV朝日が絡んでる映画なのになんでTBSで?
って感じですが、あの番組は結構色んな映画の
舞台背景をタイムリーに放送しますものね〜。
そうそう、観ながら映画を観た後で良かったね〜
っつ〜ネタバレが結構ありましたよね。
まぁ有名なお話だから、今更ネタバレってのも
違うのかもしれませんけどね〜。
| miyu | 2009/04/12 5:59 PM |
こんばんは〜^^
あらら、図らずもネタバレチックになってしまったのですね。でもパート2はじっくり見せてくれる作品でありながら、アクションも素晴らしいという、バランスが凄く良かった作品でした。♪

>星野仙一に似た曹操(チャン・フォンイー)

えっと、私は森末慎二と思ったんですがダメですか?(笑)

王様のブランチにジョン・ウー監督とトニー・レオン、リン・チーリンが出てましたけど、チン・チーリンがほんと綺麗で・・・。綺麗な日本語を話すんですよねぇ。

トニーなんて実は46歳で金城くんと10歳も違うんですよね。でも若くて格好良かったです。

ジョン・ウー監督は普通にそこらのおっさんでした。(笑)
| KLY | 2009/04/12 6:23 PM |
>miyuさんへ
こちらへもありがとうございます♪

うんうん、これってテレ朝なんですよね。
あちらはTBSだから今なら『クロゼロ』でしょうね(笑)

>まぁ有名なお話だから、今更ネタバレってのも違うのかもしれませんけどね〜。

なんですよねぇ〜本当なら。
だけど私なんかほら〜三国志に全く疎い人間にとってあれはネタバレだったんですよ〜(爆)
だからちょっと悔しかったですぅ。
| なぎさ | 2009/04/12 6:26 PM |
>KLYさんへ
こんばんは〜KLYさん♪
いつもこちらから先に伺おうと思いつつ遅くなってしまいますぅ〜。(汗)

えぇそうなんですよ、なんせ私はこの三国志に今まで触れなかった人間なんで、ちょっとしたことも全てがネタバレになってしまうわけです(笑)
なので10万本の矢のエピなんかも知らずに観たらもっと感激できたのになと。

>えっと、私は森末慎二と思ったんですがダメですか?(笑)

あぁ〜それもアリかもですね(笑)
こういうアジア系の俳優さんて、元が同じだからどうしても日本の俳優さんと似た人を探してしまいますよねぇ。
他にもこの人、あの俳優さんに似てるなって思う人もいました。

リン・チーリンって日本に居たことがあったんですよね。
だから流暢な日本語を話せるみたいですね。
実物は本当にお綺麗でしょうね。
あのベニチオ・デルトロもメロメロだったとか。

>トニーなんて実は46歳で金城くんと10歳も違うんですよね。

そうなんですね〜。
なんだか同じ歳くらいに見えますもんね。
ホント、ジョン・ウー監督はどこにでもいそうなオッチャンですよね(笑)

トータルで見て本当に素晴らしい大作でした!
| なぎさ | 2009/04/12 6:35 PM |
こんばんは
「ふしぎ発見」見逃しちゃって残念!
いろんなトリビアが聞けたのに〜

レッドクリフ、気皚兇盂擇靴瓩泙靴燭茵
女性陣の活躍もハラハラしました。
>尚香を見て男だと信じていた敵もどうかと思いますけど。
アハハ,どう見ても女性にしか見えませんでしたね,男装しても。

冬至に団子という風習が面白かったです。
日本じゃ冬至は南瓜ですよね。
| なな | 2009/04/12 8:06 PM |
よかったです〜〜
「勝者はいない」しびれますね
それにしてもあの火の爆発っぷりったら味方も死んじゃうじゃんって思うくらいのすごさでした〜
いや〜ほんとに久々にほんとにいい映画に会えた気がします
| Vita | 2009/04/12 8:58 PM |
なぎささん、こんばんわ♪

>「お茶でもいかが」
・・・このお茶一杯が曹操のスケベ心に火をつけて、この決戦の命取りになろうとは!

紳士的に振舞ったのが失敗の元でしたね。
自分のキャラに合わないことしないようにという深遠な戒めでした。
後悔先に立たずの典型でした。

最後の最後で、小喬を突き落とせと命令するセコサが曹操らしくて納得しました。

本当に楽しめた作品となりました。
| erabu | 2009/04/12 10:39 PM |
>ななさんへ
ななさん こんにちは〜♪

>「ふしぎ発見」見逃しちゃって残念!

私もね半分過ぎてから見たんですが、いろいろトリビア的な話しは面白かったです。
私など三国志に暗い者には参考になりました。

>女性陣の活躍もハラハラしました。

尚香のことを"デブ助"って呼んでましたよねぇ〜。
あれが笑えました・・・デブ助ってデブにも見えないんですけどもねぇ。(爆)
女性の役割も大きかったよですよね!

>日本じゃ冬至は南瓜ですよね。

ですよね!
もとは日本でも団子を食べてたのかしら?
家臣たちとの団結を団子で確認してましたね(笑)



| なぎさ | 2009/04/13 8:36 AM |
>Vitaさんへ
こんにちは〜♪

>あの火の爆発っぷりったら味方も死んじゃうじゃんって思うくらいのすごさでした〜

そぉそぉ!
なんでも『パイカリ』シリーズのスタッフによって1000ヶ所以上ものVFXが施されていたらしいのですが、実際に爆発させてたシーンもあったでしょうねぇ。
ものすんごいお金かかってますけど、よくぞ死人が出なかったことですよね!

はい、前編後編を通して本当に素晴らしい作品でした!
| なぎさ | 2009/04/13 8:39 AM |
>erabuさんへ
erabuさん こんにちは〜♪

>後悔先に立たずの典型でした。
>セコサが曹操らしくて納得しました。

ほんと!
曹操って器がちっちゃいですよねぇ〜。
しかもこの人、水軍の名将をも処刑してしまったりとどうにも指揮官としてうかつな人でしたものね。

これを観てて思ったんですがNHKの大河で『天地人』での直江兼続のような優秀な家臣のいる組織は少人数であっても勝利できるんだなと。
諸葛孔明のような聡明な人材のいるところは獅子奮迅のチカラが出せるんですね。

三国志に疎い私にはいろいろ勉強になりました!
| なぎさ | 2009/04/13 8:46 AM |
こんにちは♪
お茶一杯でこんなことになるとは・・・こわいもんですねぇ。
三国志はほ全然といっていいほどわからないので、今回の作品をみて大変勉強になりましたわー。
| yukarin | 2009/04/13 12:44 PM |
一杯のお茶のために命を亡くした人たちは
いまごろ恨んでるでしょうね〜(苦笑)
10万本の矢のエピとかまったく知らなかったので、
すごーく楽しめました!
やっぱ発想がちがいますねー。
| えふ | 2009/04/13 2:16 PM |
>なぎささんへ

 死人は、出ているんです。焼死者1名、重傷者も結構いた。当時アジアではけっこう大きく報道されていましたが、日本では関心がなかったのか報道されていないので知らない人が多いと思いますが。
| kei | 2009/04/14 12:09 AM |
>yukarinさんへ
こんにちは〜yukarinさん♪

>三国志はほ全然といっていいほどわからないので、今回の作品をみて大変勉強になりましたわー。

あぁ〜ん一緒ですぅ〜!
私もね大きな声では言えませんけど三国志って全く知らない人間だったもので、今作で勉強になりましたよ〜。
良くご存知の方にはご不満もあるかと思いますが、知らなかった者が観てよく分かりやすい作りにもなってましたよね!
| なぎさ | 2009/04/14 9:09 AM |
>えふさんへ
こんにちは〜♪

>一杯のお茶のために命を亡くした人たちは
いまごろ恨んでるでしょうね〜(苦笑)

そそ!
指揮官がこんなスケベ心だしてお茶なんか飲んでいたとは〜みたいな。

孔明の作戦がとってもユニークで楽しめましたよねぇ。
発想の転換っていうんでしょうか、まさかこんな方法で矢を集めてくるとはね。
こういう聡明な部下がいれば君主も安泰ですね。
ある意味今の世相にもあてはまることですよね。
| なぎさ | 2009/04/14 9:12 AM |
>keiさんへ

>死人は、出ているんです。
そうでしたかぁ〜やっぱり!
知らなかったです。
でしょうね、あれだけの爆破ですもんね。
犠牲者が出たことは残念でしたね。
教えていただいてありがとうございました。
| なぎさ | 2009/04/14 9:14 AM |
こんにちは。お久しぶりです。

part1ですっかり金城ファンになってしまった私は「初日舞台挨拶 ジョン・ウー(予定)」の予定の文字につられ、(もしやキャストも来るのでは…という淡い期待をもって)行ってきましたが、残念ながら予定どおり。

長いのに見どころ連続でしたね。お腹いっぱい、腹十二分って感じです。
私も小喬の場面がよかったです。思わず涙してしまいました。
人物のなかでは、敵方なのに曹操の葛藤が一番描かれてたりして…
そして武ちゃん孔明は最高にステキでございました。

ホント、「ふしぎ発見」はネタバレしすぎ。
っていうか映画をそのまま使ってるから完全にタイアップなんでしょうけど。
こんな大作と同時公開なんだからTBSも少しはクローズの宣伝してくださいって感じですよね。
| きなこ | 2009/04/14 10:05 AM |
>きなこさんへ
こんにちは〜きなこさん♪
お元気でしたかぁ〜きなこさん。
そぉですよねぇ〜「クロゼロ供廚箸Δ箸Ω開なりましたよね!
旬クン、髪切ってすごくよくなりましたよね♪
やっぱり金色なのは舞台かなんかのですかね。
余り若いうちに染めたりし過ぎると30代くらいで禿げませんかね(笑)
老婆心ながらそんなことも心配になるんですけどね。

>「初日舞台挨拶 ジョン・ウー(予定)」

そうなんですか。
でもジョン・ウー監督は見れたんですね。
いやぁ〜しかしジョン・ウーは普通のおじさんって感じですもんねぇ〜できればやっぱり金城サンかトニー・レオンを見たいですよね!

ほんと、見応え充分な作品に仕上がってましたよねぇ〜。
私みたいに"三国志オンチ"の人間にもよく分かりました!

>「ふしぎ発見」はネタバレしすぎ。

そうなんですよ〜、映画の映像をそのまま出してたから映画館で観ても新鮮味が無かったことが残念でしたよ〜。

壮大な原作をここまで映画化できれば充分ですよね。
ジョン・ウー頑張りましたよ。
キャストも素晴らしかったし!
| なぎさ | 2009/04/14 6:13 PM |
旬くんの金髪は舞台は関係ないみたいですよん。
長髪ポニーのヅラでしたから。
旬くんサイトで一日だけ申し込んでた「ムサシ」がなんと最前列中央で、ガン見してきちゃいました。お肌がキレイなのでびっくり。
松じゅんのドラマで悪役で出るみたいなので、そのためでしょうかねぇ?
| きなこ | 2009/04/15 9:36 AM |
>きなこさんへ
こんにちは〜♪
そうですかぁ〜関係ないんだぁ〜。
好きなんですかねぇ金髪。

>最前列中央で、ガン見してきちゃいました。

おぉ〜ナマ旬ですね!
お肌ツルツルなんだぁ〜。

>松じゅんのドラマで悪役

TBSの「スマイル」っていうのですかね。
見る予定にはしてます。
悪役なんですかぁ。

最近ね、旬クンと同じトライストーンの田中圭クンにハマってまして!
あの爽やかさがたまらんなぁと(ノ▽^*)ゞ
| なぎさ | 2009/04/15 3:56 PM |
「世界、ふしぎ発見!」は、観ましたけど、
映画レッドクリフの内容にそってて、ネタばれっぽかったですね。
「世界、ふしぎ発見!」は、映画宣伝みたいなの多いですね、
よく続いてる番組だとは思いますが。

尚香と小喬、女性陣の活躍もいれつつ、
同時に、家族のために出兵してる若者や曹操の心情を描くことに
なってて、前半のドラマは、うまく出来てると思いました。
なにより、お金かけて作ってるので、画面に迫力ありましたね。
| kino | 2009/04/18 2:59 PM |
>kinoさんへ
こんにちは〜kinoさん♪

>なにより、お金かけて作ってるので、画面に迫力ありましたね。

最終的にはここですよね!
すべてのシーンにおいて迫力満点でした。

>「世界、ふしぎ発見!」

普段はほとんど見ないのに、たまたま見ちゃったんですよね。
三国志に疎い私にすれば全てがネタばれでした(爆)
お陰で本編での驚きが半減するはめに。。。

>尚香と小喬、女性陣の活躍もいれつつ

女性陣の活躍が際立ってましたねぇ。
いざとなれば女って強いなと。(笑)
| なぎさ | 2009/04/18 5:03 PM |
そっくりさんの例えがウマすぎます!

しかし・・尚香はどう見ても女でしょって思います。。。
前作であまり注目してなかった曹操や甘興は
結構良かったです。
金城&トニーは当然のことながら満点ですが〜!
| 未来 | 2009/04/25 12:27 AM |
>未来さんへ
こんにちは〜未来さん♪

ありがとうございますぅ〜。
どうしてもアジア圏の俳優さんが出てると、日本人の誰かに見えてしまうんですよね(笑)
またそのほうが覚えやすいですよね!

>しかし・・尚香はどう見ても女でしょって思います。。。

ですよね!
あれは「イケメンパラダイス」の時の掘北真希くらい女にしか見えなかったですぅ。

>金城&トニーは当然のことながら満点ですが〜!

ここはもぉ悪い所が見つからないほど素晴らしかったですよね。

憎い曹操にすらどこか同情してしまうところもあるものの、優秀な部下がいる君主が最後は勝つということなんですね。



| なぎさ | 2009/04/25 10:23 AM |
なぎささん、こんばんは〜☆
急に暑くなってきて、え、もーちょっと待って〜と言う感じですよね。
でも、この映画がちゃんと映画館で観ることができて幸せです〜(嬉)
ジョン・ウー印の三国志、面白かったですね。ツッコミどころも満載なのが素敵で(笑)
金城君がこんなに孔明がぴったりなんてびっくりでした。
今回は、ヴィッキー・チャオが大活躍で可愛くて嬉しかったです♪
団子シーンや、トニーなんでいきなり舞うねん?シーンは、微笑ましくて(笑)
| 武田 | 2009/05/10 9:44 PM |
>武田さんへ
こんにちは〜武田さん♪
そ〜そ〜、昨日なんか暑くてたまらなかったですね!
にもかかわらず私と娘は近くの空港横にできた公園へ遊びに行ったんですぅ。
暑かったぁ〜。
まだ湿度が少ないから耐えられますが(笑)

>ジョン・ウー印の三国志、面白かったですね。

ワクワクさせられましたね!
まさにド迫力の映像のオンパレードでした。

>金城君がこんなに孔明がぴったりなんてびっくりでした。

先日『ウォーロード』を観たのですが、そこにも金城さん出てました。
盗賊の役だったのですが、品のある彼の雰囲気だとやはり孔明のほうがダンゼン合ってました!

>トニーなんでいきなり舞うねん?

ですよね(爆)
前編もそうでしたが演奏するシーンとか結構長くありましたよね。
これってラブシーンが苦手なジョン・ウー監督のカモフラージュ的なものなんですかね。

前編のほうが興奮しましたが、後編は趣きを変えていて全体的には緩急あって良かったですね。
| なぎさ | 2009/05/11 8:46 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1023
TRACKBACK
{/hiyo_en2/}お墓の隣にある高校ってどうなのよ。 {/kaeru_en4/}死者を敬え、死人に学べってことだろ。 {/hiyo_en2/}まあね、学問、とりわけ歴史っていうのは、先人たちの行いを知るっていうことだからね。 {/kaeru_en4/}死屍累々の歴史と言えば、まず思い浮かぶのは三
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2009/04/12 5:54 PM |
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結とな
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/12 5:57 PM |
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  
| Akira's VOICE | 2009/04/12 6:01 PM |
最近試写会によく当選しまして、本日も厚生年金会館へ行ってきました。18:30開演なのに仕事終わりが18時。全速力で走った走った!汗だくになりましたが、それだけの価値ある作品でした。監督は当然ジョン・ウー。周瑜=トニー・レオン、諸葛亮孔明=金城武、小喬
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/04/12 6:18 PM |
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ Part?」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈
| 利用価値のない日々の雑学 | 2009/04/12 6:59 PM |
いやー,これほどまで続編公開を待ち焦がれた作品は初めて!公開初日は仕事で無理だったが,2日目にはもちろん劇場へ駆け付けた〜!同じ日にクローズZERO?も観たので,ここ数日,仕事でたまっていたストレスが,豪快なアクション連発によって一気に解消されましたわ。
| 虎猫の気まぐれシネマ日記 | 2009/04/12 8:08 PM |
監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ
| erabu | 2009/04/12 8:48 PM |
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/04/12 10:05 PM |
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDC
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/04/12 10:53 PM |
レッドクリフ初めて見ました。テレビですが。 小喬役のリン・チーリン すっごく綺麗。 YouTube探したらもっとファンになっちゃいました。
| レッドクリフ リン・チーリン | 2009/04/13 1:15 AM |
//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明
| 映画君の毎日 | 2009/04/13 9:36 AM |
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「
| いい加減社長の日記 | 2009/04/13 9:54 AM |
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年33本目(31作品)です。 前作ではスケールの大きな戦闘シーンにインパクトを与え、今回の場合は、ストーリー中心の内容になっています。 ジョン・ウー監督が「アジアのスタッフ中心でハリウッドに負け
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/04/13 11:02 AM |
評価:★★★★[4/5] “最終決戦”のMVPは小喬(リン・チーリン)に決定です。
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2009/04/13 11:33 AM |
原題:RED CLIFF: PART II/赤壁公開:2009/04/10製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国上映時間:144分鑑賞日:2009/04/11監督:ジョン・ウー出演: トニー・レオン/周瑜 金城武/孔明 チャン・フォンイー/曹操 チャン・チェン/孫権 ヴィッキー・チャオ/
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/04/13 12:43 PM |
 アメリカ&中国&日本&台湾&韓国  歴史劇&アクション&ドラマ  監督:ジョン・ウー  出演:トニー・レオン      金城武      リン・チーリン      チャン・チェン 【物語】  西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明の奇策で曹操軍を撤
| 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing | 2009/04/13 1:51 PM |
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/日本 アメリカ 韓国 台湾 中国 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、 金城武、 チャン・フォンイー、 チャン・チェン、 ヴィッキー・チャオ、 フー・ジュン、 中村獅童、 リン・チーリンetc・・・ 茶を飲んで
| Lovely Cinema | 2009/04/13 2:17 PM |
疫病が蔓延し、敵の劉備・孫権軍に感染を広めるため、死んだ兵士たちを船に積み対岸へ流す曹操軍。 広がる疫病に劉備は自軍の兵と民を守るために撤退してしまう。 劉備軍からひとり残った孔明は、3日で10万本の矢を調達すると宣言。 周瑜も曹操軍の水上戦に長けた武
| 象のロケット | 2009/04/14 2:40 PM |
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、 他 西暦208年、中国三国時代。大群を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍に対...
| Sweet*Days** | 2009/04/14 9:09 PM |
妙な副題が付いてしまいましたが、レッドクリフ Part I を見てますので、当然ながら続編&完結編の「レッドクリフ Pa
| Wilderlandwandar | 2009/04/15 10:04 PM |
昨年11月に劇場公開された『レッドクリフ Part I』の続編です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/04/16 7:14 AM |
Yahoo!映画のレビュアー試写に当たって、東京厚生年金会館に『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』を観てきました。 開場10分過ぎくらいに行ったのに、まだ外に行列が出来ていたから結構混んでるのかなと思って入ってみたら、思ったほどには混んでない。。。
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/04/16 10:19 AM |
監督:ジョン・ウー 出演:金城武、トニー・レオン、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童      風は未来へ。 いよいよです♪ Part?の感想はこちら → ☆ いよいよタイトルにもな
| 日々のつぶやき | 2009/04/16 5:28 PM |
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦
| だらだら無気力ブログ | 2009/04/17 10:42 PM |
レッドクリフ2部作の完結編、Part?を鑑賞してきました。 本日、地上波にてPart?が放送されます。 ある記事で、Part?は50億の興行収入、Part?は100億を 狙っていると書いていました。
| 気ままな映画生活 | 2009/04/18 12:55 PM |
孔明は子供の時より気象を観測していて 毎年十一月になると二三日だけ東南の風がきまって吹くことに気づいた。 いまでこそ  その風は潮流...
| 映画通信みるみる | 2009/04/18 3:00 PM |
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,00
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/04/18 6:56 PM |
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/04/19 2:53 AM |
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行し
| Yuhiの読書日記+α | 2009/04/19 11:50 AM |
「レッドクリフ part?」は昨年10月に試写会で観たので、半年間も待ちました。
| はらやんの映画徒然草 | 2009/04/19 4:42 PM |
「レッドクリフ Part?」を観てきました〜♪ 呉・蜀連合軍の軍師・周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)は、曹操(チャン・フォンイー)の策略による疫病の蔓延に悩まされていた。そんな中、自軍の兵の被害を防ぐために、劉備(ヨウ・ユン)は撤退を決意する。一
| 観たよ〜ん〜 | 2009/04/19 8:15 PM |
『レッドクリフ Part ?−未来への最終決戦−』  監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー 製作: テレンス・チャン 音楽: 岩代太郎 脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ 美術・衣装デザイン: ティム・イップ アクション監督: コリ
| ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー | 2009/04/22 12:05 AM |
[レッドクリフ] ブログ村キーワード  大ヒットした「Part ?」に続いて、いよいよ完結編の公開。「レッドクリフ Part?−未来への最終決戦−」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。しっかし、チラシのどこにもこんなサブタイ書いてなかったけどな〜。
| シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/04/22 1:55 AM |
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意
| 新!やさぐれ日記 | 2009/04/22 8:22 AM |
すんげぇ〜[:びっくり:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ランキング[:右斜め上:]  【あらすじ】 西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意
| じゅずじの旦那 | 2009/04/22 10:35 AM |
案山子の舟。冬至の団子。東風吹かば。
| 悠雅的生活 | 2009/04/23 8:46 PM |
これは劇場スクリーンで観るべき、 迫力十分で楽しめました〜。 パート1での序章、いよいよ決戦というところから。 前作を観ているのでキャスト・人物関係は三国志を知らずとも すんなりパート2には着いていける。 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ連合軍・
| future world | 2009/04/25 12:33 AM |
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年39本目(35作品)です。 大家好!我是電影先生! (みなさん、こんにちは!ミスターシネマです!) 実を言うと、僕は大学時代に2年間中国語を勉強していました。 ですので、今回のレッドクリフも字幕
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/04/25 12:12 PM |
「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」、観ました。 いよいよ曹操率いる魏軍が、赤壁に押し寄せる。義勇軍の劉備軍の協力体制も芳...
| クマの巣 | 2009/04/26 8:36 PM |
製作年:2009年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
| いつか深夜特急に乗って | 2009/04/26 8:49 PM |
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/04/27 2:31 PM |
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−を観てきました。
| よしなしごと | 2009/05/04 9:25 AM |
ジョン・ウー監督の「赤壁」二部作の後編を、ようやっと観てきました。前編はいよいよ赤壁の戦いが始まるというところで終ってしまったので、観た人は誰しもフラストレーションがたまったのではないかと思いますが、待たされただけのものはあったと思います。 それにし
| 【徒然なるままに・・・】 | 2009/05/04 8:06 PM |
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権
| 映画な日々。読書な日々。 | 2009/05/04 11:05 PM |
「未来への最終決戦」とまるでB級SF映画のようなサブタイトルが付いている。「ターミネーター」や「猿の惑星」あたりについている方がピッタリするようだ。このタイトルによって作品の感じはぐっと軽量級になってしまったが、実際に実に軽い作品である。この種の作品
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/05/05 12:41 AM |
    (C) Bai Xiaoyan 製作年: 2009年 製作国: アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 日本公開: 2009年4月10日 上映時間: 2時間24分 配給: 東宝東和 /エイベックス・エンタテインメント カラー 公式サイト 監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー(フ
| not simple. | 2009/05/05 12:08 PM |
三国志はかっこよく描くのが一番です!!!  映画ネタバレ大いにあり。。。最後は蒼天航路の記事に
| 休羽捫虱帳 | 2009/05/05 10:24 PM |
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 256本目 2009-17 上映時間 2時間24分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン  金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン  中村獅童 リン・チーリン 会場 新宿ピカデリー
| メルブロ | 2009/05/10 6:45 PM |
【赤壁 決戦天下】監督:    ジョン・ウー 脚本:    ジョン・ウー、チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ 音楽:    岩...
| +++ Candy Cinema +++ | 2009/05/18 10:52 AM |
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 昨年末 に観にいったレッドクリフPart?。 レッドクリフPart?−未来への最終決戦− は ゴールデンウィークに観にいってきました チャッチャッチャチャッチャララチャッ って、岩代太郎さん
| 三十路女の奮闘記 〜キャラ顔ウーマン〜 | 2009/05/28 12:53 AM |
またまたいい感じで貯めてしまいましたな。 で、この日は下北沢のクラブQUEでの「ロンドンタイムズ」へ。 時間ギリギリまで踊り(しかも「God save the queen」でシャウト!)、タクシーで歌舞伎町へ。 『レッドクリフ Part2』を見る
| CHEAP THRILL | 2009/05/28 12:19 PM |
2009 アメリカ 中国 日本 台湾 韓国 洋画 アクション 文芸・史劇 作品のイメージ:感動、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、ヴィッキー・チャオ 昨秋公開された「レッドクリフ PartI」の後編。
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/06/08 7:56 PM |
戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/06/11 9:49 AM |
昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって
| HAPPYMANIA | 2009/06/15 5:17 AM |