<< ジェシー・ジェームズの暗殺 | Main | 全然大丈夫 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.04.04 Saturday author : なぎさ

ザ・バンク 堕ちた巨像

JUGEMテーマ:映画




2009年4月4日 公開

★★★*☆☆ とってもタイムリーな話しではあるのですが 星3っつ半!


あの"ザビエルはげ"を追え!!!



ん〜、トム・テクヴァが監督ってことで内容的にはさほど興味無かったんですが観る気になったんですよね〜。

もっとスタイリッシュな映像を期待してたんですけど。


それと、なんだかクライム・サスペンスだけどハラハラはしなかったなぁ。

ベルリンから始まって、ミラノ、ニューヨーク、イスタンブールと世界のあちこちで展開されるのがジェイソン・ボーンシリーズっぽかったですけど。


巨大銀行の裏側を描いた作品なんですが
これってモチーフになった銀行があったんですね!

91年に破綻した国際銀行BCCIだそうで。


この世界のグレーゾーンで活動する者達の銀行だったこのBCCIは、資金工面から暗殺まで何でも痕跡を残さず処理してしまうという、およそ普通の感覚では"銀行"と呼べないような裏の顔を持った組織だったようです。

破綻したことでこれらのスキャンダルが明るみに出て、今作の脚本家エリック・ウォーレン・シンガーがリサーチしたものを基に映画化されたようです。



主人公はインターポールの捜査官ルイ・サリンジャーを演じたクライヴ・オーウェンです。

共演にはニューヨーク検事局のエレノアを演じたナオミ・ワッツ

この二人なら申し分無いわけなんですが・・・アクション・エンタテイメントとするには物足りない気がする。

まず、インターポールの捜査官ってものすごく制限あるのねぇ。
銃だって持ってないし、犯人を目の前にしても手錠すら持ってない。
捜査するだけで、実質的にはその国の警察に任せるしかないみたいな感じで。

だからさぁ〜、制限だらけぢゃん!

なのでサリンジャー自身は護身用に武術に長けているわけでもなく・・・そこは普通の警察官並みなんだね〜。


この辺りが物足りない要因なのかなぁ。


ただ今作の唯一の見せ場としては、暗殺者を追ってやって来たニューヨークにあるグッゲンハイム美術館での銃撃シーンです!

らせん状になった真っ白い壁に無数の銃弾の痕が次々に!

天井からぶら下がったガラス板のオブジェが割れる割れる!!!


しかも暗殺者(ブライアン・F・オバーン)を追ってやって来たのに・・・

いつの間にかこの"ザビエルはげ"と協力して敵と戦ってるサリンジャー!

でね、もちろん本物のグッゲンハイム美術館で撮影許可など下りません。

なんと、ベルリンに16週間かけて巨大セットを組み、15分間のこのシーンに6週間かけて撮影したらしい。


ティクヴァ監督は「だからタイトルを"ザ・グッゲンハイム"にするべきだったよアハハハ」と言ったとか。


銀行と言っても、こういうことをして陰で君臨してる組織もあるんだって初めて知りました。


にしても、じゃ〜なぜこんなに悪事を行っていて刑罰を免れていたのかって言えば・・・

テロ組織、犯罪組織と同じく各国政府も彼らの"サービス"を必要としていたから・・・

なんだとさぁ。


この中で言われていた「国も個人も借金漬けにしてしまうのが一番だ」みたいなセリフにはゾッとした。


巨大銀行の舞台裏を覗く程度で観るのがいいかも。


JUGEMテーマ:映画


| 映画 《サ行》 | 16:01 | comments(16) | trackbacks(32) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 16:01 | - | - | pookmark |
COMMENT
まさにタイムリーなお話で〜(笑)
けっこう渋い作品でまあまあでした。
それに美術館での銃撃戦に満足しちゃった〜。
| えふ | 2009/04/04 4:58 PM |
こんばんは〜^^
思ったより難しくなくシンプルなストーリー
でしたよね。
それでも緊迫感と次への期待感を煽られまく
って熱中しちゃいました。(笑)
個人的にはナオミ・ワッツは『イースタン・
プロミス』の時のほうが良かったかなと思っ
たりしました。
| KLY | 2009/04/05 5:12 AM |
>えふさんへ
こんにちは〜♪

>美術館での銃撃戦に満足しちゃった〜。

あれは凄かったですよね!
思わず小さい声で「うぉーっ!」とか「え゛ーっ!」みたいな感嘆符でちゃいました(笑)
もし、あんな場に自分が出くわしてたらって思うと恐怖ですよね。

| なぎさ | 2009/04/05 5:21 PM |
>KLYさんへ
こんにちは〜♪

>個人的にはナオミ・ワッツは『イースタン・プロミス』の時のほうが良かったかなと思ったりしました。

私は『21グラム』の儚げな女性を演じてた彼女が好きでした。
今作での彼女の存在感って薄いような気がしますね。
予想したよりも淡々とした描き方だったので拍子抜けした感もありますが、題材がこういうものなのでそれはしかたないんでしょうかね。
| なぎさ | 2009/04/05 5:29 PM |
こんばんは♪
世界中飛び回っていてボーンシリーズっぽかったですね。
私としては美術館でのシーンですかねぇ。
15分のために6週間ですかー。確かに見応えありました。これだけでも満足(笑。
インターポールの捜査官てかなり制限があったとは知りませんでした。なかなか難しいんですねぇ。
| yukarin | 2009/04/05 8:20 PM |
なぎささん★こんばんは、
なぎささんも今イチっぽい記事にみえるのは気のせい??(笑)

なぎささんもトム監督ってことで観たんですね〜
ほとんど、 らしさ
はなかったので残念です〜、わたしいまイチでした、、、途中なんて眠くなっちゃったし、、

ジェイソン・ボーンシリーズ
ああ、なるほど。わたしあれも1作目ダメだったんで2作目以降観てないんですよね。^^;
| mig | 2009/04/05 10:23 PM |
>yukarinさんへ
こんにちは〜yukarinさん♪

>世界中飛び回っていてボーンシリーズっぽかったですね。

最初にこれは感じましたねぇ。

>インターポールの捜査官てかなり制限があったとは知りませんでした。

ですよねぇ〜。
捜査しかできないみたいな。
こんなに権限が無いのものかと。
そこが物足りなさを感じる要因だったと思いました。
ただ、あの美術館での銃撃シーンは見事でしたね!
| なぎさ | 2009/04/06 8:47 AM |
>migさんへ
こんにちは〜migさん♪

>なぎささんも今イチっぽい記事にみえるのは気のせい??(笑)

いぇいぇ〜気のせいじゃないですよ〜イマイチでした!

>なぎささんもトム監督ってことで観たんですね〜ほとんど、 らしさはなかったので残念です〜

そうなんですよね!
もっとこぉ〜ティクヴァ監督独特の世界観が観れるかと。
migさんも同じで良かったです!
しかもこういう題材でそれがどのように"料理"されているかが観たくて行ったんですけどもね。
私も途中で睡魔と闘いました(笑)

>ジェイソン・ボーンシリーズ
一作目を観て面白いと思ったんですが、回を重ねていくと段々面白味に欠けてきてるような気もするんですがねぇ。
| なぎさ | 2009/04/06 8:52 AM |
なぎささん、こんにちは〜

悪を暴こうにも身内にも敵がいて、なかなかスムーズに進めずちょっとイラって感じでした。

最後までスッキリせずちょっと物足りなさも残ってしまって残念。

でも美術館での銃撃戦は迫力満点でしたね〜♪何故か急に敵と仲良しさんになり一緒に組んじゃってましたね!
| hito | 2009/04/07 12:26 PM |
>hitoさんへ

こんにちは〜hitoさん♪

>なかなかスムーズに進めずちょっとイラって感じでした。

権限が無さ過ぎる主人公の職務が観ててはがゆい感じでしたね。
私も期待していたほどティクヴァ監督らしさが観れずに残念でした。

>何故か急に敵と仲良しさんになり一緒に組んじゃってましたね!

あれってやっぱりあの暗殺者を生きたまま証人として確保しようということからだったんでしょうけど、暗殺者のほうはなんで彼を助けたんでしょうかねぇ。
唯一、あの美術館でのシーンにドキハラ感を味わえました♪
| なぎさ | 2009/04/08 3:18 PM |
なぎささん、こんばんは^^
いやあ〜ん、ザビエルはげって〜〜(笑)
ザビエルはげを追え〜って、可笑しくて
たまりません(笑)
地味な作品なので、なぎささんのこのコメントだけ印象に残る作品になってしまう
かも〜〜(笑)

美術館のシーンがやはり1番インパクトが
あって面白いシーンでした^^
撃っても撃っても湧き出てくる(笑)
ヒットマンたちは圧巻でした(*_*;
| ひろちゃん | 2009/04/10 9:30 PM |
>ひろちゃんへ
ひろちゃん こんにちは〜&いつもありがとぉ〜♪

"ザビエルはげ"・・・だったでしょ〜あの暗殺者(爆)
フランシスコ・ザビエルのごとくテッペンはげ!
アタシはもぉ〜観てる間中ずっと心の中で「ザビエルはげを追いかけろぉ〜!」って叫んでましたから。
いやぁ〜私も今作のイメージは"ザ・ザビエルはげ"に決まりそうですよ(笑)

>美術館のシーンがやはり1番インパクトが
あって面白いシーンでした^^

あそこが一番の見せ場でしたよねぇ〜。
っつーか他にはコレというものが無かったですよね。
もっと斬新な映像とかあるのかもって期待してたんですが。
| なぎさ | 2009/04/11 5:26 PM |
う〜ん、なんつ〜かちょっと物足りない感じが
しましたよね〜。
あたしもなぎささんと一緒であまりハマれなかったかなぁ。
やっぱりトム・ティクヴァ監督の作品!
と期待して観た方にはそうゆう感じが残る
作品なのかもしれませんね〜。
| miyu | 2009/04/12 4:17 PM |
>miyuさんへ
こんにちは〜♪

>う〜ん、なんつ〜かちょっと物足りない感じがしましたよね〜。

ですよね!
もちょっと枠をはみ出したようなものを期待してたんですが。
なんだか美術館に銃撃戦以外はありきたりにまとまってましたね。
| なぎさ | 2009/04/12 6:23 PM |
なぎささんこんにちは♪

ジェイソン・ボーンシリーズぽいって納得してしまったわ。でもあそこまでは面白くないんですよ(>_<)
"ザビエルはげ"ってうける〜(~_~メ)
| Nakaji | 2009/04/13 11:53 AM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜Nakajiさん♪

>"ザビエルはげ"ってうける〜(~_~メ)

ありがとぉございますぅ〜(*^ー^)ゞ
もね、心の中でずっと"ザビエルはげ"っいて言ってましたから(爆)

>でもあそこまでは面白くないんですよ(>_<)

なのよねぇ。
あっちこっち舞台が変るという点だけが似てたなと。
ちょっと残念な作品でしたよね。

| なぎさ | 2009/04/14 9:06 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1019
TRACKBACK
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ、イギリス、ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 出演:クライヴ・オーウェン    ナオミ・ワッツ    アーミン・ミューラー=スタール    ブライアン・F・オバーン
| Lovely Cinema | 2009/04/04 4:59 PM |
インターポール捜査官が執拗な妨害工作と圧力に遭いながらも違法行為に 手を染める巨大国際銀行を追い詰め、事件の真相究明に奔走する様を描いた サスペンス。インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエラらと共に 国際銀行IBBCの不審な取引情
| だらだら無気力ブログ | 2009/04/04 9:45 PM |
主演のクライヴ・オーエンは『エリザベス:ゴールデン・エイジ 』などで観ていたものの、際立った俳優と言うイメージはありませんでした。一方共演のナオミ・ワッツは個人的に大好きな作品『イースタン・プロミス』のヒロインの印象が強いです。そして監督は『パフュー
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/04/05 4:52 AM |
おはようさん♪ {%笑いwebry%} 昨日は、またまた映画を観にいってしまいました。でも、われながら、よく映画を観るもんですねぇ。今月は19日の日曜日にも、またまた例の映画の会の招集令状が送られてきてしまい、映画を観にいく事が決定しておりますし、それ以外に
| 街のクマさん 炎のダイエット日記 | 2009/04/05 7:04 AM |
原題は「The International」、こちらの方が内容にふさわしい感じが
| はらやんの映画徒然草 | 2009/04/05 10:49 AM |
☆ちょいと忙しいので、短めに…。  『パヒューム』のトム・ティクヴァ監督の新作^^  幾つかの欠点はあれど、ウィリアム・フリードキンの狂気の演出にも似た、パワフルな勢いで最後まで見せてくれる良作であった。  欠点と言うのは、現代劇でありながらも、あま
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2009/04/05 1:57 PM |
原題:THE INTERNATIONAL公開:2009/04/04製作国:アメリカPG-12上映時間:117分鑑賞日:2009/04/05監督:トム・ティクヴァ出演:クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール、ブライアン・F・オバーン真実さえ、取引されるのか。+あらすじ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/04/05 6:29 PM |
評価:★★★★★[5/5] シリーズ化にしても良いくらいの出来かもしれない。
| 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 | 2009/04/05 10:09 PM |
巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス{/kaminari/} まず邦題がダメ〜{/ee_3/}  まるでインパクトない興味もそそられないタイトル{/m_0164/} 余計なサブタイトルでますます意味わからんくなっちゃってるし。 かと
| 我想一個人映画美的女人blog | 2009/04/05 10:24 PM |
なんだか、4月に入って寒くて〜〜。今日は少しは暖かいかなと思っていたけど、雨が降ってきて肌寒い。北から何やら空を飛んで行ったり(え?まだ飛んでないの?)、お天気同様に不安定な様子だったよね。頭上を気にしながら映画館へ。今週は特別見たいものはないと思っ
| ぷち てんてん | 2009/04/05 10:54 PM |
クライヴ・オーエンって、あんまり好きな顔じゃないんだけど^^; ナオミ・ワッツはきれいだし、映画は面白そうだったので、「ザ・バンク 堕ちた巨像 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通の人出かな。 「ザ・バンク 堕ちた巨像 」は、大きめのスクリーン
| いい加減社長の日記 | 2009/04/05 11:21 PM |
インターポール(国際刑事警察機構)のサリンジャーと、ニューヨーク検事局のホイットマンは、世界の富裕層から莫大な資金が集まる国際メガバンク“IBBC”の違法行為を捜査していた。 ベルリン、リヨン、ルクセンブルク…、国境を越えた追跡の中、証人や証拠は次々と消
| 象のロケット | 2009/04/06 3:53 AM |
ニコール・キッドマンの「ザ・インタープリター」や ジョージ・クルーニーの「フィクサー」と通底する意識性に マット・デイモンの「ジェイソン・ボーンシリーズ」のテイストを加えたクライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ主演のサスペンスアクション作。 もともとは実
| 俺の明日はどっちだ | 2009/04/07 11:10 AM |
監督:トム・ティクヴァ 出演:クライヴ・オーエン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール     真実さえ、取引されるのか。 「インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエレノアと組み、国際メガバンクIBBC銀行の調査に当
| 日々のつぶやき | 2009/04/07 12:18 PM |
ポイントが堪って只券が使えるので、見るかどうか悩んでいた、社会派クライムサスペンスアクション「ザ・バンク 堕ちた巨像(T
| Wilderlandwandar | 2009/04/07 7:50 PM |
  真実さえ、   取引されるのか。   ■世界の裕福層から莫大な資金が集まる、欧州を代表する巨大銀行IBBC。しかし、その取引には、ある違法行為の疑いが・・・。ニューヨーク検事局のエレノア・ホイットマンと共同で捜査に乗り出した、インターポール捜査官
| 唐揚げ大好き! | 2009/04/09 4:19 AM |
THEINTERNATIONAL真実さえ、取引されるのか。映時間117分製作国アメリカ/ドイツ/イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ)初公開年月2009/04/04ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】ワールドワイドな展開で難攻不落の巨悪に迫るポリティカル・サス
| CinemaCollection | 2009/04/10 9:31 PM |
  原題: THE INTERNATIONAL 世界中の巨富が流れ込む、その銀行の莫大な資金の行方ーーーー。インターポール捜査官が辿りついた、隠された真相とは。 4月5日、仕事終了後、MOVX京都にて鑑賞。 追い詰める側が追い詰められるという逆転方向に・・・・・。究極のス
| 銅版画制作の日々 | 2009/04/11 12:15 AM |
非常に今日的な題材で、おそらくノンフィションの素材で作り上げたであろう物語は、なかなか面白く、衝撃的な内容のはずが、今ひとつ深みが感じられないのは、器用に無難にまとめすぎたせいかも知れない。従って、グッゲンハイム美術館での銃撃戦は非常に見応えがあり、
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/04/12 12:37 PM |
インターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、かねてより不審な資金の流れの極秘情報を得ていたルクセンブルクに拠...
| 心のままに映画の風景 | 2009/04/12 1:38 PM |
 『真実さえ、 取引されるのか。』  コチラの「ザ・バンク 堕ちた巨像」は、世界中の巨富が流れ込む、巨大銀行<メガバンク>の莫大な資金の行方を追うインターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)を描いた4/4公開のPG-12指定のスパイラル・
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/12 4:07 PM |
ザ・バンク−堕ちた巨像− ’08:米・ドイツ・イギリス◆原題:THE INTERNATIONAL ◆監督:トム・ティクヴァ「パフューム ある人殺しの物語」...
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2009/04/12 10:59 PM |
今回は、死の商人化した巨大銀行の不正を暴く「The International ザ・バンク 堕ちた巨像」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLZM+USrOCyqIwUwsmGDA2xS4P1czEhKQSAN87D54=] ランキングに参加してます。    世界の富裕層から莫大な資金が集まる、欧州
| うだるありぞな | 2009/04/13 11:41 AM |
“いま”ならではのリアリティと恐怖がある__グローバル時代の“巨悪”に挑む社会派サスペンス。世界が金融不安に襲われているいま、タイムリーな作品が上陸! 巨大銀行の驚くべき実態がスリリングに暴かれていくさまに、興味をひかれるはず。 物語:インターポ
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/04/14 1:28 AM |
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で3本まとめ観っ。 その3本目。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/04/14 3:45 AM |
原題:THEINTERNATIONAL監督:トム・ティクヴァ出演:クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール、ブライアン・F・オバーン公式サイトはこちら。<Story>インターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、ニューヨー
| NiceOne!! | 2009/04/15 12:01 AM |
[映画レビュー] ブログ村キーワード 評価:7.0/10点満点 2009年34本目(32作品)です。 インターポール(国際刑事警察機構)捜査官のルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、世界第5位の巨大銀行のIBBCの不正行為を暴くために、ニューヨーク検事局のエレノ
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/04/15 3:40 PM |
 THE INTERNATIONAL  巨額の不正資金が集まるルクセンブルクの国際銀行IBBCを、インターポール の捜査官サリンジャー(クライヴ・オーウェ...
| 真紅のthinkingdays | 2009/04/16 8:23 PM |
 映画の感想があと少しで追いつきそうです。これも結構良かった一本です。(4月某日
| eclipse的な独り言 | 2009/05/19 6:39 AM |
真実さえ、取引されるのか。 発売予定日は2009年10月7日
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/21 9:03 AM |
「ザ・バンク 堕ちた巨像」、DVDで観ました。 インターポールのサリンジャーは国際銀行IBBCが国を股に掛け、犯罪を行なっていることを命...
| クマの巣 | 2009/11/02 10:42 AM |
「ワンダと巨像」とは関係ないです。 (…といつもと違って概要文付けてみたけど、本文中に書くタイミングが無かっただけです(^_^;))
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2010/05/30 11:22 PM |