<< 明日への遺言 | Main | ザ・バンク 堕ちた巨像 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.04.01 Wednesday author : なぎさ

ジェシー・ジェームズの暗殺

JUGEMテーマ:映画



2008年1月12日 公開作品
2008年7月8日 DVDリリース

★★★☆☆ 好きすぎてこぉなっちゃった? 星3っつ


"ジェシー・ジェームズ"って同姓同名の俳優さんいるんですね。



まず、やっぱり長いわ!

最近で言えば、先日の『ウォッチメン』とか『オーストラリア』並みの160分なんですが。

いずれも作品に入り込めない状態での2時間越えはきついです。


アメリカでは知らない人がいないくらい有名なんですねぇこの人物。

それで思い出したのが以前に観たオーストラリアのネッド・ケリーを描いた作品。
ジェシー・ジェームズとはちょっと違いますが、彼も本国では伝説のような存在だった。

どっちにしても私は全く知らない。

だからあれですね、こういうのって思い入れも無いし、まず存在自体を知らないとこんなもんかなって感じになってしまいますね。

いやまぁ、これはあくまでも私が観た感想ですけどもね。

観る人によっては受け留め方がいろいろあるんでしょうね。


だけどこれってタイトルが『ジェシー・ジェームズの暗殺』なんだけど、終盤は完全にその人物を暗殺した人間にクローズアップされて終わってました。


正直、食い入るように観たのはその暗殺の前辺りからなんですけどね。

だってなんかグダグダした会話がとにかく長くて、ぶっちゃけスピード"1"くらいで早送りもしちゃいましたよ。

それ以上早いと字幕が出ないんでね。


しかも、この時代の男の人も女の人もみんな同じような服装で・・・。

いろいろ名前言われても誰が誰なんだか。



だけど"ボブ"って呼ばれてた彼だけは最初から印象にあった。

最初はちょっとオツムが弱いのかしらと思っていたんだけど。

あれは"演技"だったのかなぁ。

ケイシー・アフレックが繊細に演じてましたね。

どうかするとブラッド・ピットより目立ってたかも!

それでもブラピの存在感も凄かったですけどね。

ヘビの側をはいでブツ切りにしてにんにくと炒めて食べるとか言うシーンで、思いっきりヘビの頭をぶった切ってましたね!

いやいや、ホント素人の意見ですけど、こういうことも演技として成立させるためには難なくやり遂げないといけないわけですよね。



ジェシー・ジェームズに憧れ続けたボブが、いつしか彼に刃を向ける!

そしてジェシーの背後から撃つという最も卑怯な手段で殺害したボブは、卑劣な人間として幕を下ろすことになる。


それにしても、自分の暗殺行為を芝居にして自ら演じるっていうのも考えられない。

おまけに、この時代って亡くなった人の写真を撮って売ったり、氷漬けにして見世物にしたりしてたんだね〜。


観てる間、全く分からなかった
チャーリー役ってサム・ロックウェルだったんだ。

ドロシーはズーイ・デシャネルだし。



| 映画 《サ行》 | 09:09 | comments(2) | trackbacks(5) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:09 | - | - | pookmark |
COMMENT
こんにちは♪
名前をひらがなから英文字に変えてみました。よろしくお願いします☆

コレ長かったですよねー。
ブラピよりもケイシー・アフレックのほうが印象に残ってます。
| yukarin | 2009/04/01 6:56 PM |
>yukarinさんへ

>名前をひらがなから英文字に変えてみました。
あらぁ〜そうなんですか!
これはまた新年度から心機一転みたいな感じでしょうかyukarinさん♪
了解しましたよ〜。

>コレ長かったですよねー。

そぉそぉ!
長かったぁ〜(汗)
DVD鑑賞だったから早送りしたりしてズルしちゃいました(笑)
えぇほんとブラピよりケイシーの存在感が目立ちましたね!
| なぎさ | 2009/04/02 8:27 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1018
TRACKBACK
 『あこがれて こがれて、心がつぶれた。』  コチラの「ジェシー・ジェームズの暗殺」は、1/12公開となったPG-12指定の"アメリカで最も愛された無法者を、背中から撃った卑怯者の物語"なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  25件以上の強盗と17件もの殺人
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/01 1:31 PM |
【THE ASSASSINATION OF JESSE JAMES BY THE COWARD ROBERT FORD】PG-122008/01/12年公開(01/12鑑賞)製作国:アメリカ監督:アンドリュー・ドミニク製作:ブラッド・ピット 他原作:ロン・ハンセン出演:ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック、サム・シェパード、
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/04/01 6:53 PM |
南北戦争後、仲間を率いて強盗や殺人などアウトローとして数々の犯罪に手を染めるジェシー・ジェームズ(ブラッド・ピット) 戦勝軍である...
| 心のままに映画の風景 | 2009/04/02 12:14 AM |
監督:アンドリュー・ドミニク 出演:ブラッド・ピッド、ケイシー・アフレック、サム・シェパード 「アメリカ西部開拓時代の英雄ジェシー・ジェームズの最期暗殺されるまでを描くウエスタンドラマ」 どうも想像していたストーリーとは違っていたようです。 な
| 日々のつぶやき | 2009/04/02 6:48 PM |
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観ました19世紀のアメリカに名をとどろかせた犯罪者ジェシー・ジェームズと、彼を暗殺した手下、ロバート・フォードの人物像に迫るサスペンス・ドラマです>>『ジェシー・ジェームズの暗殺』関連原題: THEASSASSINATIONOFJESSEJAMESBY
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/06/06 11:39 PM |