<< リリィ、はちみつ色の秘密 | Main | ベッドタイム・ストーリー 吹替え版 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.03.25 Wednesday author : なぎさ

1月〜3月期ドラマ

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



月曜日 ヴォイス〜命なき者の声〜

★★★☆☆ 星3っつ


法医学を通して亡くなった人の声に耳を傾けるというもの。

"患者を治すだけが医学なのか"という大きなテーマを掲げていたように思う。

法医学を専攻しながらも学生たちが迷い苦悩する姿も描いていた。

警察のごとく現場検証や聞き込みをする法医学ゼミの若者達。
それは警察の仕事ちゃうのんと思うことしばしば。

月9枠で言えばこれの前作があまりにもグダグダだっただけに、今作がまだマシに思えた。


火曜日以降のドラマはこの下をどうぞ。



火曜日 神の雫

★*☆☆☆ 星1つ半


究極のワインをめぐって繰り広げられる、世界的ワイン評論家の遺産をかけた対決と人間ドラマ。

初回こそワインのことを何も知らない私でも「おっこれは!」と一瞬思ったものの・・・。

回を重ねていくたびに面白さは激減!
中盤からはもぉどうでもよくなってしまった。

新鋭のワイン評論家・遠峰一青を演じていた田辺誠一の演技が奇妙でキモく、回を重ねるとその奇妙さとキモさはどんどん酷くなっていった。

遺産でもなんでも賭けて適当にやってくれというような本当にどぉでもいい話だった。




水曜日 キイナ 不可能犯罪捜査官

★★★☆☆ 星3っつ


常識では計れない不思議な現象や事件の解明に挑む女性刑事の活躍を描いたもの。

全ての怪奇現象は科学で証明されますよというような、オカルト的な事柄もシビアに解決してしまうキイナ自身は面白かった。

しかしコレ、明らかに途中からおかしいと思える展開が・・・。

キイナ(菅野美穂)となぜか以前に付き合っていたという科捜研の元カレ工藤真一郎を演じるのはハンサムスーツを着る前塚地武雅なのだけど。


最初この二人って同棲してたって言ってなかったっけ?

なのに真一郎には子供がいることになってる!
へっ?何で子供がいて同棲できるん!
その間子供達はどうしてた!
あんたそれじゃ養育放棄やないかい!


なんだか適当に途中で設定変えたみたいな感じが解せなかった。

あと只今"エロ男爵"でブレイク中の沢村一樹だけど、ここでは少々カッコつけすぎ!
沢村さん好きなんだけど、イケメンだけにこんなカッコつけられると逆にゲンナリする。


主演の菅野美穂が"どっか抜けてる"みたいな演技してたけど、真相を解明するために書物をハイスピードで読みまくったり、文字や図形を一瞬で記憶できるという特殊な能力は私にも欲しい。


実際に起こった事件などを題材にしていたらしいので、キイナの解明になるほどなと思わせられたこともあってその辺りは面白かった・・・のだが、キイナに頼りきりで同僚刑事たちはいてもいなくても差し支えなし!




木曜日 ありふれた奇跡

★★★★★ 星5つつ!


心に傷を抱える男女の恋愛を軸に、家族とは生きるとはなど人それぞれの生き方を描いた作品。

秀作だった!

初回は山田太一の久々の脚本ということと、加瀬亮が連ドラ初主演ということで食指が動き観たものの。
正直、初回の印象は余り良くはなかった。

ところが・・・やはりベテラン脚本家の底ヂカラとはこういうものなのだろう。
回を重ねていくうちにどんどん面白くなっていった!

特に岸部一徳風間杜夫を女装させたあたりからは最高だった!

近頃のドラマはセリフや展開のテンポが速くて付いていけなくなるところがある。

だけど太一さんの脚本は、じっくりとゆっくりとそして確実に人間ドラマを魅せてくれることが嬉しかった。
すべてのセリフが山田太一であり、そこがまたたまらなく心地良かった!


いろんな意味で人はみな"一人じゃない"というのがこのドラマの底辺を流れていたように思う。

それが逆に妨げになったり疎ましく思うこともあるのだが、それでも人はみな誰かに支えられ、また誰かを支えながら生きているということだろうか。

加瀬亮演じる青年の祖父・四郎役で井川比佐志が出ていたのですが、これがまた非常に良かった!

最終回で「今はどん底じゃない。こんなものどん底とは言えない。どん底じゃない時代にこういう考え方をしていちゃいけないと気がついた。」というようなセリフがあった。
戦争で親兄弟を亡くし人を信じなかった四郎がはじめて心の扉を開けて他人を受け入れた瞬間だった。

太一さん、またこんなドラマを私たちにぜひ魅せてください!




金曜日 ラブシャッフル

★★★☆☆ 星3っつ


"今の恋人が本当に自分にふさわしいのか"を確かめるためにそれぞれの恋人を交換するというもの。

こちらは野島伸司の脚本。

そもそもメインとなる人物たちの住んでいるマンションって、いったいいつの話の時代だよと言いたくなるほどバブリーだ!
こんな億ションに住めるにはいったいどんだけ稼げばいいんだと・・・。

主要メンバーをあだ名で呼び合ったり、「嘘だと言ってよジョー」「俺たち未練たらたらタラちゃんズ」「いぇ〜いパンダ!」など軽いノリのフレーズが飛び交う。

が!彼らがやっていることは"恋人交換"などという大胆かつ非常識なものだった。

なんやかんやと取替えっこした挙句どのカップルも見事にシャッフルされゴールした。

軽く観るドラマとしてはまぁまぁだった。




土曜日 銭ゲバ

★★★★☆ 星4っつ


不幸な生い立ちゆえに金のためなら何でもする"銭ゲバ"となった青年の生き方を描いたドラマ。

かなり面白かった。

まずなんと言っても松山ケンイチの熱演だ!

眼光鋭く「金のためならなんでもするズラ!」の決めゼリフを吐きながら世間を斜めからしか見れない風太郎を演じきった。

幸せになること=金

違うと否定する人間をも全てこれを認めさせてしまう風太郎。

"金"に執着する姿はあまりにも執念深くむなしさを感じた。

付け加えると、風太郎の幼少期を演じた斉藤隆成も上手い!

回想シーンで度々登場する斉藤君だったが、この子の演技も松ケンに勝るとも劣らないほど渾身の妙技だった。

今回、社長令嬢の緑を演じたミムラも良かった。
この人、観る度に上手くなってる気がする。

格差社会の問題などをからませながら、きれい事を言っていても人間の本当の姿、そして"負"の部分をあぶり出していくようなドラマだった。


   ☆゜。`〜:*'・☆゜。`〜:*'・☆゜。`〜:*'・☆゜。`〜:*'

日曜日の『天地人』は視聴継続中なので、以上が今期ドラマのまとめとなります。
| TVドラマ | 14:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:36 | - | - | pookmark |
COMMENT
こちらにも〜。スミマセン、33分のコメント、なぜか2回送ってしまったので、ひとつ消してくださいませ〜お手数かけます(><)

「ありふれた奇跡」そんなに秀作だったとは!暗い物語なのかと敬遠して損しました・・・「VOICE」は夕方再放送したので、録画して最後まで観たのですが、後半が、ちょっと感動させようと無理した傾向アリ?しかし、「銭ゲバ」は強烈でしたね!

「天地人」わたしも観てる〜。大人になったとたん、いまひとつだったのですが、お家騒動勃発以来、面白くなってきました。玉鉄くんが熱演してますね!
| JoJo | 2009/03/29 2:03 PM |
>JoJoさんへ
こちらへもありがとうございます!
ドラマの記事は最近UPしてませんでした。
ほとんど毎日になっちゃって疲れてしまって。
今後は初回が出揃ったタイミングと、最終回が全て放送された時点で一気に記事にしてUPすることにしました。
こんな調子でUPしたもんですから誰もコメントくれてなかったんで嬉しいです♪

>「ありふれた奇跡」そんなに秀作だったとは!

いやぁ〜これはね、やっぱりさすが山田太一というところでしょうか。
回を重ねるとどんどん面白くなるんですよ!
ドラマの真髄を極めてました。

>「VOICE」は・・・後半が、ちょっと感動させようと無理した傾向アリ?

そうそう!アリアリ!
なんだかこういう感動しなさい的なドラマって多いですよねぇ。

>しかし、「銭ゲバ」は強烈でしたね!

うんうんキョーレツだった!
最終回はどうなるのかと思いきや・・・こぉくるかみたいな(笑)

>「天地人」

上杉軍の内部分裂が面白いですよね!
親方が亡くなった瞬間"タガ"が外れたみたいにバラバラになって。
うん、玉鉄良い味出してますね!

| なぎさ | 2009/03/29 7:15 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1013
TRACKBACK