<< 俺たちフィギュアスケーター | Main | ホノカアボーイ >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.03.11 Wednesday author : なぎさ

ジェネラル・ルージュの凱旋

JUGEMテーマ:映画



2009年3月7日 公開

★★★★★ 前作がアレだったから全く期待していなかった私がバカだった 星5つです!





「ガリバー、バイバイ♪」小人の国から生還した白鳥さんなのでした。


ひぃ〜やぁ〜、前作と同じ原作者で、前作と同じ監督で・・・

なのに、なのに今回はものすごく良いじゃない上向き

いやほんと驚いたわぁ〜。

今回も脚本は前回同様に斉藤ひろしさんなんですが、今回は中村義洋監督も脚本を手がけていたんですね!

ほどよく笑いの部分もあって、緊迫するシーンとのバランスもよかったです。


まず何が良いといって、それはやはり堺雅人ですよ!!!



最初は救命救急センター長でジェネラル・ルージュの異名を取る速水という人物が、いかにも傲慢で腹黒く、拝金主義者で、冷徹で、いやぁ〜な人間だと思わせておいて。

ところが

後半からは一転し、実は救急医療に対する深い情熱の持ち主であると共に、同僚に対してもおもいやりのある優しい人物であることがわかる!


この表裏一体の微妙な両面を見事に演じている!

ブラボー!堺雅人さん!

あえて"サカマサ"と親しみを込めて呼ばせていただきたい!


倫理委員会での速水の告白シーンは一見の価値ありでした。


昨年の『クライマーズ・ハイ』では激昂するあっつい男を見せてくれましたが、こちらでは絶えず微笑みを浮かべ一見したところ穏やかな医師に見えるけれど、内には医療に対する高い理想を秘めている。

そんな押さえた演技に魅了されました。


だけどさぁ、最後に車に乗り込もうとした時の駐車場に止めてあった速水の車・・・見たぁ〜。
いくら仕事が忙しくて自宅に帰ってないからって車の周り草ボーボーでさぁ〜、あれにはちょっと苦笑したわ。





そして、もちろん前作に引き続き厚生労働省大臣官房付技官の白鳥を演じた阿部寛も今回も素晴らしく嫌味な白鳥を演じ切ってくれていて、田口(竹内結子)との凸凹コンビも板に付き良かった。

のだが、それをも堺雅人は上回ったのでした!!!


ところが、もう一人脇を固めた俳優陣で今回目を見張った人がいたぁ!



同じく救命救急センターで医師として勤務する佐藤を演じた山本太郎ですよ!!!


この人はねぇ、特にここのところ着実に俳優としてのキャリアを積んでいるんじゃないでしょうか。

『252 生存者あり』では、持ち前の体格の良さがハイパーレスキュー隊として似合ってました。


今作では、速水に不満を持ち反抗しながらも緊急時には自分の務めを必死で果たそうとする真面目な人物像を的確に演じていました。

終盤で次々に搬送される患者に"トリアージ"を付けていくところが彼の見せ場でとても良かった!

とっても好感の持てる俳優として、また出身地が"お隣りの市"ということもあって私は応援しています♪
彼はネイティブ関西人として関西弁の役もこなせますし、まだまだ可能性のある俳優さんですね。

その他、正名僕蔵のいつもながらのねちっこい演技とか、プッツンした林泰文とか、一瞬だけ山田スミ子、胸を張れない河原さぶに至るまで・・・

そぉ!この作品は主役以上に脇役が光ってます。


そして、速水に対する告発文書はこの物語に一石を投じる役目であって、この物語の本当の主題は"救急医療の限界"突き詰めると"医療とは何か"ということですね。


"患者を断らない"理想の救命救急を目指す速水。

しかしそこには資金の問題、医師不足、そして最も恐ろしいのは管轄外の医師たちからの"拒絶"だった。


そして金儲けに走ろうとする病院の事務方トップの三船(尾美としのり)と沼田医師(高嶋政伸)たち。


人の命を救うことが最前であるはずの病院が、彼らのような考え方に陥ったら・・・。

診療費の高い診察を優先し、患者を薬漬けにしてしまう。

あってほしくはないですが、多少なりともあるのかもしれません。



近くで起こった事故により野戦病院と化したロビー。

ここで予告にあった田口が叫ぶ
「取材のヘリは飛ぶのに・・・どうしてドクター・ヘリは飛ばないの!!!」


"ジェネラル・ルージュ"と呼ばれる速水の"ルージュ"の本当の意味とは・・・。


そして速水はいったい何本チュッパチャプスを食べたのか!!!


是非、劇場でお確かめください♪










| 映画 《サ行》 | 14:39 | comments(8) | trackbacks(57) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 14:39 | - | - | pookmark |
COMMENT
なぎささ〜ん
面白かったですよね!!

私も前作でガッカリ、こちらも原作がとっても面白かっただけに前作同様のガッカリを味わうのは辛い・・と思っていたのですが心配無用。

笑いもあり感動ありですごく満足でした♪

今回は田口&白鳥よりも速水の存在感が大きいっていうのは原作もそうだったので、ある意味とても忠実だったのかもしれないですね〜

ヘリを迎える速水、ストレッチャー(?)を倉庫から出すシーン、思わず涙が出ちゃいました。

山本太郎いい味だしていましたね〜
| hito | 2009/03/12 9:48 AM |
なぎささんこんにちは♪
いやーーーーやっぱり堺さん目当てで見にいきましたが、正解でしたね〜♪
原作のファンとしてはかなり突込みどころあるのですが、そんなことより彼がよかったですわ♪
| Nakaji | 2009/03/12 12:35 PM |
こんにちは♪
私も前作がアレだったから迷ってたんですが、堺さんが出てるので観に行きました。
いやぁ〜良かったですよねぇ。
阿部ちゃんもいい感じに笑いを提供してくれましたし、同じ監督さんとは思えない良い出来でした。
| ゆかりん | 2009/03/12 12:48 PM |
>hitoさんへ
hitoさん こんにちは♪

うんうん、良かったですぅ〜今回は!!!

>ヘリを迎える速水、ストレッチャー(?)を倉庫から出すシーン、思わず涙が出ちゃいました。

あのシーンですよね!
なんだか鳥肌モノでした♪
"サカマサ"最高っす!

>山本太郎いい味だしていましたね〜

彼ねぇ〜良い役貰ってますよねぇ。
大好きなんですよ♪
心臓マッサージとか、かなり練習されてたみたいです。

いやほんと今回は秀作でしたね!

| なぎさ | 2009/03/13 8:27 AM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜Nakajiさん♪

>堺さん目当てで見にいきましたが、正解でしたね〜♪

今回はそこを目当てで行くのが正しい鑑賞でしょうねぇ〜(笑)
良い意味で見事に裏切られて嬉しかったです!
この人の演技の引き出しの多さに驚かされました。

| なぎさ | 2009/03/13 8:30 AM |
>ゆかりんさんへ
ゆかりんさん こんにちは〜♪

>私も前作がアレだったから迷ってたんですが

ですよね!
前作のダサダサ感を思い出すと食指が動かなかったのですが、この人が出てるってことを忘れちゃってました・・・私バカでした(笑)

>同じ監督さんとは思えない良い出来でした。

この監督さんって『アヒルと鴨〜』の方でしたよねぇ。
やれば出来る方だったんですよね(爆)
| なぎさ | 2009/03/13 8:33 AM |
前作は観てないのですが、とっても楽しく観れました!
やっぱり堺さん目当てだったのですが、
彼の演技、存在感圧倒的でしたね。
でも、ガリバーのところで笑いを誘うあたり
出番は少なく完全に主役の座を奪われてしまった
白鳥も健闘してましたよね〜( ´艸`)
| miyu | 2009/03/15 7:09 PM |
>miyuさんへ
こんにちは〜miyuさん♪

前作は観てなくても支障無く観れる作りになってましたね。

>やっぱり堺さん目当てだったのですが、
彼の演技、存在感圧倒的でしたね。

いやぁ〜、ほんと堺さんって凄い演技のできる人だったんだって改めて実感させられましたよ。
奥にはメラメラと燃える怒りと情熱を持ちつつ表面には不敵な笑みをいつもたたえてるというねぇ〜。
それがある時、瞬間に爆発するんですから!

>出番は少なく完全に主役の座を奪われてしまった
白鳥も健闘してましたよね〜( ´艸`)

ほんとですぅ。
いささかお株を取られてはいましたが、あれはあれで白鳥さんがいなくちゃ始まりませんものね!
| なぎさ | 2009/03/16 8:45 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1007
TRACKBACK
田口も働こうよ・・・。  
| Akira's VOICE | 2009/03/11 4:14 PM |
「ヤッターマン 」のフカキョンドロンジョも、ちょっと興味あるけど^^; 映画としては、どうなのか? ここは、とりあえず「ジェネラル・ルージュの凱旋 」を選択。
| いい加減社長の日記 | 2009/03/11 4:14 PM |
 「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞してきました現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女性医師・田口とキレモノ役人・白鳥の活躍を描いた「チーム・バチスタの栄光」の続編。原作シリーズ第3作目を映画化。再びコンビを組むハメになった田口
| 日々“是”精進! | 2009/03/11 4:18 PM |
ジェネラル・ルージュの凱旋’09:日本 ◆監督・脚本: 中村義洋「ジャージの二人」「チーム・バチスタの栄光」◆出演: 竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、中林大樹、林泰文、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平
| ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ | 2009/03/11 4:59 PM |
『チーム・バチスタの栄光』に続く田口センセと白鳥調査官シリーズ第2弾。主演は前作と変わらず竹内結子と阿部寛。今回はメインの登場人物、タイトルにもなっている“ジェネラル・ルージュ”を堺雅人が演じます。監督はこれまた前作と変わらず中村義洋。原作小説がベス
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/03/11 10:25 PM |
☆今、映画に限らず、書かなくてはならないことが多過ぎるので、足早に記させて頂く。  短く記すわけだが、いや、この作品は面白いよ、私は大好きだ。  シリーズ前作の『チーム・バチスタの栄光』(クリック!)も、私はとても面白かったのだが、ネット映評では評判
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 | 2009/03/11 10:35 PM |
2008年2月に劇場公開された映画『チーム・バチスタの栄光』の続編。救命救急センター長にかけられた疑惑を巡り、病院内の問題を暴く物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/03/11 11:12 PM |
現役医師・海堂尊のベストセラー小説を竹内結子と阿部寛のコンビで 映画化した『チーム・バチスタの栄光』の続編。 ジェネラル・ルージュの異名でと呼ばれる救命救急センター長・速水に かけられた疑惑をめぐり、窓際医師・田口と厚生労働省の切れ者役人・ 白鳥のコン
| だらだら無気力ブログ | 2009/03/11 11:39 PM |
切実な医療問題を分かりやすいエンタメとして提供するミステリー・シリーズ第2弾。おっとり型の窓際医師・田口公子と、口が悪い厚生労働省の役人・白鳥圭輔のにわか探偵コンビが、医療メーカーと病院の癒着にからむ事件の謎を追う。激務の救命救急センター長を演じる堺
| 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/03/11 11:54 PM |
「ジェネラル・ルージュの凱旋」は「チームバチスタの栄光」の続編となる映画で、心療内科医の田口公子が事件後倫理委員長に就任し、田口の元に告発状が手元に届き厚生省秘書の白鳥と共に事件を追っていくストーリーである。救命救急現場において命に大切な事とお金がな
| オールマイティにコメンテート | 2009/03/12 12:29 AM |
                         「ジェネラル・ルージュの凱旋」 あの珍コンビが帰ってきました!窓際医師・田口(竹内結子)×厚生労働省のキレ者キャリア・白鳥(阿部寛)の二人です(^^♪。 田口のもとに差出人不明の院内便が届きます。 開けて
| ひきばっちの映画でどうだ!! | 2009/03/12 5:56 AM |
監督:中村義洋 出演:阿部寛、竹内結子、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、貫地谷しほり、高嶋政伸、國村隼、野際陽子、玉山鉄二、佐野史郎   シロか、クロか。 「東城大学付属病院の心療内科医田口は、バチスタ事件後倫理委員会の会長にされていた。その彼女
| 日々のつぶやき | 2009/03/12 9:44 AM |
ミステリーとしてみると、先の展開が早いうちから読めてしまいシリーズ前作である「チームバチスタの栄光」に比べドラマとしての面白味には欠けていたけれど、医療現場の現実という社会性をもったテーマをエンタテイメントと両立させて描いていたという点では評価される
| 俺の明日はどっちだ | 2009/03/12 10:06 AM |
『チーム・バチスタの栄光』の続編です。同じ病院、同じ主人公でそうそう大事件が続くわけないじゃんとは思うものの、これは医療ドラマのお約束なんですよね。この続編、私は何が楽しみかって言えば予告編でセクシーなダーティーヒーローの香りを放っていた堺雅人さんで
| カノンな日々 | 2009/03/12 11:35 AM |
□作品オフィシャルサイト 「ジェネラル・ルージュの凱旋」□監督・脚本 中村義洋□脚本 斉藤ひろし □原作 海堂尊 □キャスト 竹内結子、阿部 寛、堺 雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、野際陽子、平泉成、國村 隼、林 泰文、佐
| 京の昼寝〜♪ | 2009/03/12 12:32 PM |
公開:2009/03/07製作国・年度:日本、2009年上映時間:123分鑑賞日:2009/03/07監督:中村義洋出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼シロか、クロか。+あらすじ
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2009/03/12 12:47 PM |
シロか、クロか。 製作年度 2009年 上映時間 123分 原作 海堂尊 監督 中村義洋 出演 竹内結子/阿部寛/堺雅人/羽田美智子/山本太郎/高嶋政伸/貫地谷しほり/尾美としのり/中林大樹/林泰文/野際陽子/國村隼 現役医師の作家・海堂尊によるベストセラー小説を基に、窓際女
| to Heart | 2009/03/12 5:14 PM |
『チーム・バチスタの栄光』に続く……“田口・白鳥シリーズ”映画化第?弾『ジェネラル・ルージュの凱旋』を観てきましたSTORY:東城大学付属病院の窓際医師・田口は「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の倫理委員会長になってしまっていた。 そんな彼女の元
| 恋する図書館。 | 2009/03/12 7:00 PM |
"中村義洋" について書かれたエントリを検索してみました。 ジェネラル・ルージュの凱旋 | UkiUkiれいんぼーデイJUGEMテーマ: 映画 2009年3月7日 公開 ★★★★★ 前作がアレだったから全く期待していなかった
| 注目の男性をウォッチンGoo!! | 2009/03/12 7:11 PM |
東城大学付属病院の窓際医師・田口公子は、院内倫理委員会の委員長に任命されてしまった。 さっそく一通の告発文書が届く。 「救命救急センターの速水センター長は医療メーカーと癒着している。 看護師長は共犯だ。」 告発された医療メーカー支店長が院内で自殺。 
| 象のロケット | 2009/03/12 7:36 PM |
《ジェネラル・ルージュの凱旋》 2009年 日本映画 東城大学付属病院、不定愁訴
| Diarydiary! | 2009/03/12 8:26 PM |
バチスタ事件からようやく立ち直りの気配が見えてきた東城大学医学部付属病院に、再びトラブルの影が?! 倫理委員会の委員長も勤める”グチ外来”の田口の元へ、匿名の告発文書が届いた。 「救急救命センターの速水センター長が、医療メーカーと癒着している。」 高
| 【徒然なるままに・・・】 | 2009/03/12 11:02 PM |
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を鑑賞しました。
| FREE TIME | 2009/03/12 11:08 PM |
  シロか、クロか。   ■「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届
| 唐揚げ大好き! | 2009/03/13 5:42 AM |
救急救命士の資格をとりましょう。あなたも人の命を預かる仕事をやってみませんか。
| 救急救命士の資格 | 2009/03/13 11:34 AM |
「バチスタ事件」からようやく立ち直ってきた東城大学付属病院。グチ外来の田口は、院長の推薦で倫理問題審査委員会を任され、多忙な日々を送っていた。そんな時、田口の元に、救急センターの速水通称ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)が医療機器メーカーと癒着
| 5125年映画の旅 | 2009/03/13 9:40 PM |
シロか、クロか?__バチスタの謎の先にある救命救急医療の深い闇。 物語:「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/03/13 11:06 PM |
ジェネラル・ルージュの凱旋 監督: 中村義洋 出演:  竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子 公開: 2009年3月 昨年公開された「チー...
| 映画@見取り八段 | 2009/03/14 1:32 AM |
原作の海堂尊著『ジェネラル・ルージュの凱旋』は大好きー前作の映画(『チーム・バチスタの栄光』)は、原作の良さが出ていないし、ユルユルで苦手だったのだが(汗)、、、今回はどうかな?【story】チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/03/14 9:47 AM |
『チーム・バチスタの栄光』に続く、海堂尊の小説の第二段。今回は、東城大学付属病院を救命救急センターを舞台にスキャンダル引き起こされます。 当然ですが、田口が原作とは異なり女性となった設定は前回のままです。で、今回、田口(竹内結子)・白鳥(阿部寛)の凸
| 勝手に映画評 | 2009/03/14 4:58 PM |
「ジェネラル・ルージュの凱旋」★★★ 竹内結子 、阿部寛 、堺雅人 主演 中村義洋 監督、2009年、123分 「サスペンスモノとしては、弱く 社会性も描こうとしてるが どちらも中途半端な感じがした、 でも お医者さんご苦労様ですと言いたくなる映画」
| soramove | 2009/03/14 8:11 PM |
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました!! 前作の「チーム・バチスタの栄光」がなかなか見ごたえのある、いい作品でしたからね。 海堂尊原作の“田口・白鳥シリーズ”映画化第2弾ということで、公開前からずっと楽しみにしてたんですよ。 「ジェネラ
| Thanksgiving Day | 2009/03/15 1:41 AM |
40代の男子ふたりが主役だと非常に暑苦しいと思ったせいか、田口役をぐっと年齢を下げ女性役にした映画版。1作目は未見なのですが、本作に関してはちょっとあだになっちゃったかなぁ〜。もともと原作自体も、田口白鳥コンビはあまり出てこないというか、主軸ではないん
| not simple. | 2009/03/15 11:13 AM |
 『シロか、 クロか。 バチスタの謎の先にある、救命救急医療の深い闇』  コチラの「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、現役医師の大人気小説家の海堂尊の同名ベストセラー小説を映画化した3/7公開の医療ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪実は昨日
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/15 7:09 PM |
・ジェネラル・ルージュの凱旋(3月9日公開) 昨年公開された「チーム・バチスタの栄光」の続編もの。前作に比べるとサスペンス的なものはそれほどなく(殺人事件は起きるのだが、その殺された内容や犯人の行動や態度がちょっといい加減に描かれている)、むしろ、今
| 充実した毎日を送るための独り言 | 2009/03/15 7:58 PM |
監督:中村義洋原作:海堂尊出演:竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、中林大樹、林泰文、佐野史郎、玉山鉄二、野際陽子、平泉成、國村隼公式サイトはこちら。<Story>東城大学付属病院の窓際医師・田口(竹
| NiceOne!! | 2009/03/15 9:29 PM |
▼動機 前作以下って事はないだろう・・・ ▼感想 前作以下ってどういうことよ? ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ▼あらすじ チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センタ
| 新!やさぐれ日記 | 2009/03/16 10:22 PM |
「チーム・バチスタの栄光」の続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」、前作と同じく中村
| はらやんの映画徒然草 | 2009/03/16 10:35 PM |
感染列島の宣伝で、リアルで驚きましたー的なコメントをしている医者を見て、えぇー!?あれでリアル言っちゃう?と、この国の医療にたずさる人達に不安を感じたのだけど、この映画に関してはまだそのような応援を見てません。 ウィルスに感染したのに移動しまくりで
| えいがのはこ。 | 2009/03/18 12:25 PM |
「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観てきました〜♪ 東城大学付属病院の医師・田口(竹内結子)は、病院内の倫理委員会の委員長を務める。そんな田口のもとへ、「救命救急センターの速水(堺雅人)は、医療機器メーカーと癒着しており、花房看護師長(羽田美智子)も
| 観たよ〜ん〜 | 2009/03/18 7:51 PM |
[ジェネラル・ルージュの凱旋] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年23本目(21作品)です。 チーム・バチスタの事件から1年後の設定です。 不祥事から立ち直りつつある東城大学付属病院で、「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」の異名をとる救命救
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/03/19 12:23 AM |
前記事 で とけい様より「盗聴器」の件でご質問 を頂きました。 原作を読んでいないこともあり、よくわからないところがあったのですが・・・...
| 『映画な日々』 cinema-days | 2009/03/21 9:34 PM |
★★★☆  前作の『チームバチスタの栄光』の続編、というより竹内結子のおとぼけ探偵シリーズになってしまったようである。前作では、一番犯人らしくない人が犯人、というミステリーの定石通りの展開だったが、今回は打って変わって、一番怪しい人が犯人という全く工
| ケントのたそがれ劇場 | 2009/03/25 1:19 PM |
作品としてはもう少し短く、演出にもテキパキ感が欲しいところである。そのあたりは非常に不満なのであるが、今回は主役級の堺雅人が非常にいい。このところ映画では「アフタースクール」と「クライマーズハイ」でそれぞれ違ったキャラクターを演じているが、今回は物語
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/03/26 8:04 AM |
3月27日(金) 18:50〜 キネカ大森2 料金:1000円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ジェネラル・ルージュの凱旋』公式サイト 本当は、「テクテク」とかいう絶対ヒットしていないだろう、無名アイドルたちのホラー映画を見るつもりだ
| ダイターンクラッシュ!! | 2009/03/28 3:30 AM |
この映画は「白鳥・田口コンビ」シリーズというべきものの第2作目であるが、このコンビよりは堺雅人演じる救急救命センター長が、主役以上に存在感がある。そのような人物配置や演出も、シリーズものとしては許されると思う。さて、この「白鳥・田口コンビ」なのである
| 映画と出会う・世界が変わる | 2009/03/30 7:49 PM |
◆堺雅人さん(のつもり)堺雅人さんは、現在公開中の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』に速水晃一 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/03/31 2:11 PM |
 エビマヨが勝手につけたサブタイトル 〜チュッパチャプスの罠〜ほん最近、あんな殺人事件が起きた病院で またもや 姉さん、事件ですっ田口先生と白鳥のコンビ復活であ〜る白鳥は登場の仕方からして笑える 救急で運ばれてくるとは しかも 全く似つかわしくない 
| HAPPYMANIA | 2009/04/02 4:38 AM |
 今年20作品目は、ジェネラル・ルージュの凱旋を観てきました。
| よしなしごと | 2009/04/03 8:03 AM |
先日、昨年ウキウキとお金を払って(←ココ大事)鑑賞した「チーム・バチスタの悲劇」がとっとと地上波で、たった一年で放送になってしまったので、「こりゃまたコレも来年早々に地上波か?」と観る気が若干失せていた、「ジェネラル・ルージュの凱旋」。またまたとって
| 紫@試写会マニア | 2009/04/09 12:24 PM |
救命救急センターを巡る怪文書と 名指しされた医療メーカーの支店長の死。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2009/04/21 9:17 PM |
2009年度 日本作品 123分 東宝配給 STAFF 監督:中村義洋 脚本:中村義洋 斉藤ひろし 原作:海堂尊『ジェネラル・ルージュの凱旋』 CAST 竹内結子 阿部寛 堺雅人 羽田美智子 山本太郎 高嶋政伸 國村隼 野際陽子 これに関しては原作を読んでいないためか、そ
| pure's movie review | 2009/04/24 10:47 PM |
重苦しく悲しい 『チェンジリング』 の次というコトと、 読まずに聞いて理解できるというコトですんなりと楽しめた。 竹内結子さん演じ...
| 映画館で観ましょ♪ | 2009/05/23 4:15 PM |
…ということで「シネマイッキ塾」の後の打ち上げはなし…… うーん、寂しいねぇ。。 まあ、ここは気持ちを切り替えて映画を見ることにした。 丸の内線で新宿に移動し、新宿ピカデリーへ。 ここで2本くらい見れるな。 『イエスマン』でも見よう
| CHEAP THRILL | 2009/05/28 11:58 AM |
ブログネタ:自分に絶対向かない職業 参加中 医者がどんどん減っていると聞きますが、 近年、訴訟問題とかも増えて来て 昔よりもいろいろ大変になっているのだろうと思います。 いろいろ粗相が多い私は絶対無理ですね。 頭もよくなくてはいけない上に 人間の
| 映画、言いたい放題! | 2009/12/07 10:19 PM |
今回は『ジェネラル・ルージュの凱旋』 前作『チーム・バチスタの栄光』に続く、 田口&白鳥シリーズ。 今回の舞台は救命救急センター。 一通の告発文書が届く。 その内容は『救命救急の速水晃一センター長 (堺 雅人) は 医療メーカーと癒着してい
| Lemon Tea のマイブーム | 2010/01/28 11:23 PM |
あらすじ「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた?(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く。その内容は『救命救急
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2010/02/25 9:59 PM |