<< THE BEST HITS 100 SUPER DISCO | Main | YATTERMAN〜ヤッターマン〜 >>
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.03.05 Thursday author : なぎさ

オーストラリア

JUGEMテーマ:映画



2009年2月28日 公開

★★★☆☆ 想像してた以上でもなく以下でもなく・・・ 星3っつ!


ナラ!ナラはどこぉ〜!

ミエとワカヤマの間です!
ヾ(*^ー^)ゞ


もね、最初っからさぁ、ジョン・カビラさんがオーストラリアの観光宣伝してるやぁ〜ん。。。


映画の中も・・・
ほらぁ、オーストラリアにはまだまだこぉ〜んなに自然がたっくさんありますよ〜。

見てぇ〜、美しい大自然でしょ〜。

みたいな・・・みたいな・・・み・た・い・な (−゛゛−;)


だいたいタイトルが「オーストラリア」て。


なんかもぉちょっとヒネりのきいたタイトルなかったんでしょうか。


しかも3時間弱ありますからね。

『ベンジャミン・バトン』『チャンジリング』も上映時間長かったけど、ほとんど長さを感じさせないほど集中して観れました。


でもこれはかなり長いと感じてしまった。




ドローヴァー役は当初ラッセル・クロウだったみたいですね。

いやぁ〜でもこのドローヴァー役はヒュー・ジャックマンで正解でしょうね!


ニコール・キッドマンは意外にも前半なんかはコミカルな要素のある役でしたね。




この子がやっぱり良かったかなぁ〜。
混血の少年ナラを演じたブランドン・ウォルターズ君。



1996年生まれ、やはりアボリジニの家系だそうです。
なんかね、白人の子役には無い可愛さがあったと思う。


あの1本足で立ってるスピリチュアルじいさんは脳裏に焼きついた!


鑑賞中はほとんど睡魔と中だるみとの闘いみたいだったんですけど。
脚を組み替えたり、座ってる向きを微妙に変えたり、腕を組んでみたり、ほおづえついたり、飴なめたり・・・。

でも、あのシーンは思わずカラダがビクッとしましたね!

ニコール演じるサラがオーストラリアに到着後、ドローヴァーの運転する車に揺られていて、ふと横を見るとカンガルーが並んで走ってる。

「可愛いわぁ〜、見て!まぁ〜なんて可愛いんでしょ」

こっちも気を許して観てるといきなり

ズドン!!!

カンガルー崩れ落ちる・・・って、あそこねぇ。



まぁでも、見所と言えば牛の暴走シーンですよね!

崖っぷちに追い込まれた牛たちがナラの呪文で一瞬にして

牛ストップ!!! 


牛に踏み殺されたフリンさん(ジャック・トンプソン)は可哀想でしたけども。

この出来事でサラ(ニコール・キッドマン)は、それまでの貴婦人のプライドを振り払いたくましく成長した瞬間でもありました。


あとはラスト間近の空襲シーンですかね。

日本兵出てきましたね!

日本人もっすごい悪もんになってるし〜。




貴婦人だったサラが大自然に触れ、ドローヴァーたちと生活する中で次第にたくましく変っていくのですが。

この物語の根底には先住民族アボリジニや黒人、さらには当時まだ身分の低い扱いをされていた女性などに対する差別的な行為が終始描かれていて、どちらかと言えばそちらのほうがウエイトは大きいと感じました。


この映画のロケ中にオーストラリアにある"子宝に恵まれる"と云われる滝に入ったニコールと女性スタッフのうち、彼女を含め何人かが実際に妊娠したと聞きました。


大作には違いないかもしれないですが、コレというものが余りないように思いました。
お時間あれば、水分を控えて鑑賞に臨んでみてください。




| 映画 《ア行》 | 08:21 | comments(8) | trackbacks(28) | pookmark |
2009.05.25 Monday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 08:21 | - | - | pookmark |
COMMENT
にゃはは、なぎささんはイマイチでした?
長時間で確かにダレはあったんですけど、
ヒュー様があたしを寝かせてくれなかったわ〜♪
だって、彼ったら、もう素晴らしかったものwww
ジョン・カビラさん出てました?(´▽`*)アハハ
| miyu | 2009/03/05 9:26 AM |
こんにちは!!!

友達とうわさしてたんですよ。。。
オーストラリアといえば、ラッセル。。
彼なら3時間はもたないねって。。。

目の保養になるから、ながくても耐えれましたわ!!
| Nakaji | 2009/03/05 3:09 PM |
オーストラリアの観光映画は覚悟してたんですけど、
大雑把なオージビーフを食べさせれた感じでしたよ。
私は、
カンガルー撃ち殺して笑いをとろうとするセンスがまず、嫌いかな。
ドキッとした後、しらぁ〜となりますやん。
笑いの緩急のリズムもなく、万事このリズムで来るから
牛の暴走シーンも、ラブシーンもなんだか。
でも、
原住民のおじいさんは、良かったよ。
| kino | 2009/03/05 11:08 PM |
>miyuさんへ
こんにちは〜miyuさん♪
ダメだったわぁ〜これ。。。
好きな俳優さんが出てないのも要因でしょうか。
もともとN・キッドマンも好きではないので(ノー^*)
ちなみに、キレイ過ぎてひがんでいるわけではないのですよ(爆)

>ジョン・カビラさん出てました?(´▽`*)アハハ

本編開始前にいきなり出てきてました(笑)
おいおい、やっぱりそういうことかってここで半分ゲンナリでしたぁ〜。
| なぎさ | 2009/03/06 8:14 AM |
>Nakajiさんへ
こんにちは〜Nakajiさん♪

>彼なら3時間はもたないねって。。。

なるほどねぇ〜恐らくそうなんでしょうね。

しかし、この映画は"大河ロマン"なんですかねぇ。
よく分からない作品でした。
N・キッドマンの走り方がちょっとツボでしたけど(笑)
| なぎさ | 2009/03/06 8:17 AM |
>kinoさんへ
こんにちは〜kinoさん♪

>大雑把なオージビーフを食べさせれた感じでしたよ。

うまい!
そぉ〜そぉ〜そんな感じでしたね!

>カンガルー撃ち殺して笑いをとろうとするセンスがまず、嫌いかな。

言えてるぅ〜!
いきなりズドンてねぇ。
あそこで笑えってことだったのかぁ〜。
いやいや、笑えまへんなぁ。

>でも、
原住民のおじいさんは、良かったよ。

ウヒャヒャヒャ、そうなんですよね。
鶴みたいに片足立ちしてる姿がインパクトあった!
しかも〜、あのおじいさん細くてスタイル良いのよね。
ちょっと江頭みたいだったけど。


| なぎさ | 2009/03/06 8:22 AM |
3時間という長い映画、そしてあまりよくない評判の中、気が重くなりつつも覚悟を決めて観てきました。今週見ないと終わっちゃうもんね・・・・
が!しかし、よかったです、確かに長すぎます!腰が痛くなりましたとも!
しかしラストは感動したし、あのアボリジニのじーちゃん、ただものじゃなかったっす!片足で立ってるのは伊達じゃなかったですね(笑)
| Vita | 2009/03/22 4:25 PM |
>Vitaさんへ
こんにちは♪

Vitaさんは高評価ですね。
私はね、これ、イマイチでした。(笑)
長かったこととアボリジニのじいちゃん以外は次第に忘れていきそうな・・・。
| なぎさ | 2009/03/22 6:13 PM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://nagisanodate.jugem.jp/trackback/1004
TRACKBACK
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/05 9:24 AM |
映画オーストラリアに関する予備知識がなかったからか
| ネット社会、その光と影を追うー | 2009/03/05 11:52 AM |
オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオ&ジュリエット」◆出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・
| ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ | 2009/03/05 3:10 PM |
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラ
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/03/05 8:02 PM |
ようこそ、オーストラリアへ! 雄大なオーストラリアの自然に抱かれ、繰り広げられる壮大なロマンス! ってわけじゃないですよ。 どち...
| 映画通信みるみる | 2009/03/05 11:09 PM |
"ケラリーノ・サンドロヴィッチ" について書かれたエントリを検索してみました。 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン:罪とか罰とか公式サイト。ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督、成海璃子、永山絢斗、段田安則、犬山イヌコ、山崎一、奥菜恵、大
| 話題の女性にズーム・イン | 2009/03/06 3:54 AM |
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。バズ・ラーマン監督作品。『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演
| シネマ親父の“日々是妄言” | 2009/03/06 10:54 PM |
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/03/07 10:52 AM |
[オーストラリア] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年21本目(19作品)です。 第2次世界大戦を目前に控えた1939年のオーストラリア。 夫を訪ねて、ロンドンからやってきた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、到着した夫の領
| 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! | 2009/03/07 11:03 AM |
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いなが
| ともやの映画大好きっ! | 2009/03/07 5:46 PM |
日本スケート連盟は21日の理事会で、フィギュアスケ
| ネット社会、その光と影を追うー | 2009/03/07 10:55 PM |
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える  
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/03/08 12:45 PM |
「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために...
| クマの巣 | 2009/03/08 6:38 PM |
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
| FREE TIME | 2009/03/09 12:35 AM |
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う...
| 心のままに映画の風景 | 2009/03/09 12:46 AM |
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャン
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/03/10 11:24 PM |
Australia (2008年) 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブランドン・ウォルターズ 第二次世界大戦前、オーストラリアにやって来たイギリス人女性が現地のカウボーイや先住民の少年らとの交流を通して、
| Movies 1-800 | 2009/03/10 11:24 PM |
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 ************
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/03/12 1:26 AM |
【AUSTRALIA】 【監督・製作・脚本】 バズ・ラーマン   【脚本】 スチュアート・ビーティー、ロナルド・ハーウッド、リチャード・フラナ...
| +++ Candy Cinema +++ | 2009/03/14 11:21 PM |
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫は
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2009/03/15 7:03 PM |
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく
| よしなしごと | 2009/03/15 7:22 PM |
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人
| 日々“是”精進! | 2009/03/15 7:31 PM |
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオー
| Yuhiの読書日記+α | 2009/03/15 8:20 PM |
「オーストラリア」★★★☆ ニコール・キッドマン 、ヒュー・ジャックマン 主演 バズ・ラーマン 監督、2008年、165分、オーストラリア 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、 イギリス人貴族の主人公がやって来た、 オーストラリアの近代史と恋愛をも
| soramove | 2009/03/15 9:42 PM |
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオース
| 銅版画制作の日々 | 2009/03/20 9:47 PM |
とても上映時間が長い、評判も悪いオーストラリア しかし、前売りを買っていたうえに、もうすぐ上映が終わってしまうので、覚悟を決めて観に行きました。 舞台は第2次世界大戦前のオーストラリア、一向に帰って来ない夫を連れ戻しにイギリスからやってきたサラ(ニコー
| 犬・ときどき映画 | 2009/03/22 4:23 PM |
2008 オーストラリア 洋画 ラブロマンス アドベンチャー 作品のイメージ:笑える、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ、スゴイ 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン 観る前は166分の長
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/06/08 11:47 AM |
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』
| サーカスな日々 | 2009/10/20 3:30 PM |